イスタンブール
イスタンブール観光
ヨーロッパとアジアにまたがるトルコ最大の都市

巡礼者が絶えない!ムスリムの聖地 イスタンブール☆エユップ☆

取材・写真・文:

訪問エリア:17ヶ国

2018年4月24日更新

1,343view

お気に入り

写真:Zon

ムスリム(イスラム教徒)にとって、とても重要なモスクが存在する地区がイスタンブールにあるのをご存知ですか?今回はイスタンブールのエユップという地区にあるモスクと、イスタンブールで金角湾を一番美しく見れることで有名なチャイハーネ(喫茶店)についてご紹介します。

この記事の目次表示

まずはエユップを目指そう!

トルコ、イスタンブールは世界で唯一ヨーロッパとアジアに跨る街です。さらにイスタンブールのヨーロッパ側は、金角湾によって旧市街と新市街に分かれています。

  • 写真:ZonEminönüから見た金角湾にかかるガラタ橋

その金角湾の奥まったところの旧市街側に、今回ご紹介するEyüp(エユップ)という地区があります。

旧市街の交通の要所となっているEminönü(エミノニュ)からだと、99系統のバスで行くことができます。渋滞に巻き込まれなければ20分ほどで到着できます。

エユップの魅力

Eyüp Sultan Camii (エユップ・スルタン・ジャーミィ)

イスタンブールには数えきれないくらいたくさんのモスクがありますが、エユップにあるエユップ・スルタン・ジャーミィ(ジャーミィとはトルコ語でモスクの意味)はムスリムにとっては特別なモスクのひとつです。エユップは、メッカやメディナなどに次ぐ聖地とされ、トルコ国内だけではなく世界中から巡礼者が耐えません。そんな聖地がイスタンブールにあったなんて、、、。

  • 写真:Zonエユップ・スルタン・ジャーミィ

バスから降りてからの道順もややこしくないので、迷うことなくモスクに辿りつけます。

  • 写真:Zonバスを降りるとすぐに辿りつけるエユップ・スルタン・ジャーミィの広場

モスクに辿り着くまでの道端には、飲食店や屋台がたくさん出ていて賑やかな雰囲気。

  • 写真:Zon屋台やベンチも多い

モスクの前の広場には大きな噴水があり、憩いの場となっています。平日の昼間でもたくさんの人が観光や礼拝にやってきます。

  • 写真:Zonエユップ・スルタン・ジャーミィ 広場の噴水

広場の穏やかな雰囲気を味わったら、いよいよモスク内部を見学してみましょう。

  • 写真:Zonエユップ・スルタン・ジャーミィ内部

エユップ・スルタン・ジャーミィは、ムスリムにとって特に重要なモスクというだけあって、内部の空気はほかのモスクとは少し違った印象を受けます。ここぞとばかりに写真を撮りまくっている観光客も少なく、敬虔な信者が祈りを捧げたり、クルアーンを熱心に読んだりしている人の姿がほかのモスクに比べて圧倒的に多いのです。

  • 写真:Zon祈りを捧げたりクルアーンを読んだり。

このモスクが特に重要といわれているのには、1300年以上前の歴史が関係しています。イスラム教の始祖であるムハンマドの盟友アイユーブ(トルコ語訛りでエユップ)は、ムハンマドの死後、軍を指揮してコンスタンティノープル(現在のイスタンブール)を包囲しますが、その後の聖戦で殉死してしまいます。

彼の墓は、死後8世紀もたってメフメット2世の時代に発見されたとされ、このモスクはエユップを祀るため、メフメット2世によって1459年に建てられました。それ以来、オスマン帝国では非常に重要なモスクとされ、スルタン(イスラム王朝の君主)が即位するときに、聖剣(オスマンの剣)を授与する儀式がここで行われていたといいます。

霊廟も見どころ!

モスクのすぐ横には、英雄エユップの霊廟が併設されていて無料で見学できます。

  • 写真:Zonエユップの霊廟の壁面

霊廟には細やかで美しいイズニックタイルが装飾が施されていて、その豪華さに圧倒されます。何枚もの異なる繊細な絵柄のタイルが連続していて、モスクとはまた違ったイスラム芸術の素晴らしさを見て感じることができます。

  • 写真:Zon霊廟を彩る華やかなタイル
  • 写真:Zonアラビア文字とイズニックタイル

次のページを読む

イスタンブールの旅行予約はこちら

イスタンブールのパッケージツアーを探す

イスタンブールのホテルを探す

イスタンブールの航空券を探す

イスタンブールの現地アクティビティを探す

イスタンブールのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP30!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城などヨーロッパの城・宮殿の中から、トリップノートの6万3千人の旅好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行って...


ネタバレ注意!『オスマン帝国外伝』セリム2世にまつわるトルコの関連スポット5選

トルコのみならず世界中で人気を博した宮廷歴史ドラマ『オスマン帝国外伝』。兄弟間で繰り広げられた後継者争いを制し、スレイマン大帝の後継ぎとなったセリム2世にまつわ...

ネタバレ注意!『オスマン帝国外伝』ヒュッレム妃にまつわるイスタンブールの関連スポット4選

オスマン帝国を最盛期に導いたスレイマン大帝の時代を題材にしたトルコの宮廷歴史ドラマ『オスマン帝国外伝』は、いよいよ2020年8月にシーズン4が公開されます。ドラ...

ネタバレ注意!『オスマン帝国外伝』ミフリマー・スルタンにまつわるイスタンブールの関連スポット4選

世界中で人気を博し、2020年8月に日本でシーズン4の放送が始まったトルコの宮廷歴史ドラマ『オスマン帝国外伝』。ドラマの舞台であるトルコのイスタンブールで、皇女...

ネタバレ注意!『オスマン帝国外伝シーズン3』イスタンブールにおける関連スポット7選

スレイマン大帝の時代のオスマン帝国とそのハレムに焦点を当てて描かれた連続テレビドラマ『オスマン帝国外伝』は日本でも人気を博しました。シーズン3における登場人物や...

この記事を書いたトラベルライター

トルコの魅力をどこまでも発信!
トルコ、特にイスタンブールの魅力を発信中!
ガイドブックには載らないけれど魅力なスポット、現地の人と実際に触れ合うからこそ発見できるような場所、もちろん定番の観光スポットや食べ物もご紹介しています。

ロシアへの留学を含め、訪問した国は17ヶ国
海が見える場所、モスク、バクラヴァ、カフェ、ハマム、飛行機が大好き。

インスタグラム、FaceBookも日々更新しています。
https://ameblo.jp/zonistanbul

イスタンブール新空港⇔市内のアクセスならエアポートバス「Havaist」がおすすめ

2019年4月に本格的に始動したトルコ最大の国際空港、イスタンブール空港(イスタンブール新空港)。空港⇔市内間をバスでアクセスする方法や料金、所要時間などをご紹...


ネタバレ注意!『オスマン帝国外伝シーズン3』イスタンブールにおける関連スポット7選

スレイマン大帝の時代のオスマン帝国とそのハレムに焦点を当てて描かれた連続テレビドラマ『オスマン帝国外伝』は日本でも人気を博しました。シーズン3における登場人物や...


欧州のエアライン王者!ターキッシュエアラインズで飛ぶ快適な空の旅

みなさんはターキッシュエアラインズに搭乗されたことがありますか?トルコの国営航空会社であるターキッシュエアラインズは、どの航空会社よりも多くの国に運航していて、...

絶対に喜ばれるトルコ土産!ロクムの老舗ハジュ・ベキル

みなさんはトルコのお土産と聞くと何を想像しますか?色とりどりのトルコランプや繊細な模様が美しいトルコ絨毯、それともエキゾチックな香り漂う香辛料?選ぶのも迷ってし...

実際に買いました!おすすめのトルコ土産4選

トルコ イスタンブールには定番以外にも魅力的なお土産がたくさんあります。自分用にも友達用にも会社用にも、イスタンブールマニアの筆者が実際に買って「よかった!」と...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?