日本

レトロで懐かしい!全国の昔ながらの遊園地12選

取材・写真・文:

2022年10月3日更新

1,624view

お気に入り

日本最古の遊園地・浅草花やしきや、1929年開業当時の乗り物が未だ現役の生駒山上遊園地、「にっぽんいちなつかしいゆうえんち」がコンセプトのるなぱあくなど、全国の昔ながらのレトロ遊園地をご紹介します。

この記事の目次表示

1.浅草花やしき(東京)

1853年(嘉永6年)に開業した日本最古の遊園地です。日本で現存する最古のローラーコースターやお化け屋敷、星型の乗り物がぐるぐる回転するリトルスターなど、どのアトラクションもレトロなところが他の遊園地とは一味違います。

  • 出典:tripnote.jp浅草花やしきのローラーコースター

小さい遊園地ながら20種類以上のアトラクションがあり、子どもに戻った気分ではしゃげるのが楽しい!

浅草花やしき
浅草・上野・谷根千 / テーマパーク / 遊園地 / 子供が喜ぶ / 遊び場
住所:東京都台東区浅草2丁目28−1地図で見る
電話:03-3842-8780
Web:http://www.hanayashiki.net/

2.生駒山上遊園地(奈良)

  • 出典:tripnote.jp園内で人気の高い「飛行塔」

生駒山の山頂にある遊園地です。1929年に開業した歴史ある施設で、奈良県で唯一の遊園地でもあります。園内にはファミリーや子ども向けの乗りもの、遊具があり、大阪平野や奈良盆地の景色を眺めながら、のんびりと過ごすことができます。

たくさんの乗り物のなかでも特に人気が高いものが、飛行塔です。アームからロープによって吊られたゴンドラが上昇しながら回転する乗り物なのですが、この飛行塔、なんと遊園地が開業した当初から稼働しているんです。この飛行塔からは、奈良盆地や大阪平野、さらには京都府方面まで眺められ、乗ると爽快な気分になれますよ。

生駒山上遊園地
奈良 / テーマパーク / 遊園地 / 子供が喜ぶ / 遊び場
住所:奈良県生駒市菜畑2312-1地図で見る
電話:0743-74-2173
Web:http://www.ikomasanjou.com/

3.前橋市中央児童遊園 るなぱあく(群馬)

1954年に開園してから今もなお人気の遊園地。「にっぽんいちなつかしいゆうえんち」をコンセプトにしており、子どもの頃に連れてきてもらった大人が今度は自分の子どもを連れてくる、という歴史あるテーマパークです。

注目は乗り物の安さ!メリーゴーランドや豆汽車など大きな乗り物は1回50円、小さな乗り物はなんと1回10円で乗れてしまうというから驚きです。週末を中心にキッチンカーも登場し、華やかな雰囲気も魅力。土日は午前中に駐車場が満車になってしまう、人気の遊園地です。

また2020年には大型迷路「立体迷路とことこ迷城」が登場!コースは知育・体力そして記憶力の3種類で、小さな子供からお年寄りまで楽しめます。所用時間は約20分で、入場料は1コース1人200円とこちらもリーズナブルです。

前橋市中央児童遊園 るなぱあく
前橋市 / 遊園地 / インスタ映え / テーマパーク / 子供が喜ぶ / 遊び場
住所:〒371-0026 群馬県前橋市大手町3丁目16−3地図で見る
Web:https://www.lunapark-maebashi.com/

4.八木山ベニーランド(宮城)

約30のアトラクションを有する老舗遊園地。八木山動物園のお向かいにあります。小さい子どもでも乗れるアトラクションも多く、家族連れにおすすめのスポットです。

園内ではヒーローショーやコスプレデー、モノづくり体験など様々なイベントも開催されているので、乗り物に乗るだけでなく様々な楽しみ方ができます。

なお、夏季、秋季、冬季はそれぞれ休園日が設定されているので、訪れる前にあらかじめ営業日を確認しておきましょう。

八木山ベニーランド
仙台 / テーマパーク / 遊園地 / 子供が喜ぶ / 遊び場
住所:宮城県仙台市太白区長町越路19-1地図で見る
電話:022-229-1603
Web:http://www.benyland.com/

5.渋川スカイランドパーク(群馬)

伊香保温泉の近く、標高460mの高台に位置する遊園地。3歳以上から乗れるジェットコースターやどんぐりの形をしたコーヒーカップ、メリーゴーラウンドのほか、おもしろ自転車やゴーカートなどで遊べます。

また無料の巨大迷路や水遊びスポット、らくがきコーナーなどもあり、まだアトラクションに乗れない小さい子も十分楽しめる要素がいっぱいです。園内を走る汽車「列車るんるん号」や、上越の山々を眺められる観覧車もおすすめ。

渋川スカイランドパーク
渋川市 / テーマパーク / 遊園地 / 子供が喜ぶ / 遊び場
住所:群馬県渋川市金井2843番地3地図で見る
電話:0279-20-1589
Web:http://www.skyland89.jp/

6.桐生が岡遊園地(群馬)

「桐生が岡動物園」の隣にある遊園地。入園料が無料で、乗り物代が200円(子どもは100円)というお得さが魅力です。敷地はコンパクトですが、観覧車やメリーゴーランド、コーヒーカップなど基本的なアトラクションはそろっています。

小さい子でも乗れるミニ機関車や車といったコイン遊具は50円、ゲームはなんと20円から遊べるのも嬉しいですね。

桐生が岡遊園地
桐生市 / テーマパーク / 遊園地 / 子供が喜ぶ / 桜の名所 / 遊び場
住所:群馬県桐生市宮元町4-1-1地図で見る
Web:http://www.kiryu-kanrikyoukai.jp/kirigaoka.html

7.とちのきファミリーランド(栃木)

栃木県総合運動公園内にある中規模の遊園地。日本でここにしかない、東北新幹線E5系はやぶさ型ジェットコースターが1番人気です(4歳以上から乗車可)。

またバッテリーカーや豆汽車、メリーゴーランド、ボートや観覧車など計13のアトラクションが揃っています。

週末を中心に大道芸人のパフォーマンスなども行われるなど、家族みんなで楽しめるテーマパークです。

とちのきファミリーランド
宇都宮市 / テーマパーク / 遊園地 / 子供が喜ぶ / 穴場観光スポット / 遊び場
住所:栃木県宇都宮市西川田4丁目1−1地図で見る
電話:028-659-1332
Web:https://www.park-tochigi.com/tochinoki/

8.別府ラクテンチ(大分)

ラクテンチはローカル感のある遊園地で、乗り物もレトロで子どもから大人まで楽しめる遊園地です。入り口はケーブルカーを利用する「メインゲート」と「乙原ゲート」の2つがあります。

日本でここだけの二重式観覧車、名物のアヒルの競争、距離感が近い動物とのふれあい、休憩所やお食事処などの施設も揃い、家族連れにぴったりのテーマパークです。

別府ラクテンチ
大分 / テーマパーク / 遊園地 / 夜景 / 子供が喜ぶ / 穴場デートスポット / 遊び場
住所:大分県別府市流川通り18丁目地図で見る
電話:0977-22-1301
Web:http://www.rakutenchi.jp/

9.だざいふ遊園地(福岡)

開園60年以上の老舗遊園地。太宰府天満宮の境内にあります。0~1歳でも楽しめるアトラクションが13種類と、比較的小さい子供向きのアトラクションが多くあるので、遊園地デビューにもおすすめです。

もちろん授乳室やキッズトイレなども完備。ベビーカーの貸し出しもありますよ。

だざいふ遊園地
福岡 / テーマパーク / 遊園地 / 子供が喜ぶ / 遊び場
住所:福岡県太宰府市宰府4丁目7-8地図で見る
電話:092-922-3551
Web:http://www.dazaifuyuuenchi.com/

10.函館公園こどものくに(北海道)

函館公園内にあるレトロな遊園地。小さな子でも乗れるアトラクションが揃っていますが、中でも注目は空中観覧車。日本最古の観覧車として2019年、登録有形文化財にも指定されました。2人乗りのベンチ型ゴンドラ8基がクルクル回る様子はとっても可愛いですよ。

そのほか、北海道新幹線型のミニトレインやバイキング、スカイチェアーなども子どもたちに人気です。

函館公園こどものくに
函館 / テーマパーク・レジャー / 遊園地 / 子供が喜ぶ
住所:北海道函館市青柳町17−4地図で見る
電話:0138-22-5039
Web:https://kodomonokuni.sakuraweb.com/

11.神野公園こども遊園地(佐賀)

佐賀市にある、入園料無料のコンパクトな遊園地。小さなお子さん連れのファミリーにおすすめの施設です。

大型遊具はメリーゴーランドやミニジェットコースター、スカイダンボなど計9種類が揃います。そのほかトランポリンやボールプール、のりものパークなどの遊び場も。

また公園内には小動物園もあり、クジャクやインコ、うさぎなどが飼育されています。

神野公園こども遊園地
佐賀 / テーマパーク / 遊園地 / 子供が喜ぶ / 遊び場
住所:佐賀県佐賀市神園 4丁目1番3号地図で見る
電話:(0952)30-8461
Web:http://haut.jp/kouno/

12.森とリスの遊園地 メルヘン村(佐賀)

武雄市にある、遊園地と動物園が併設されたテーマパーク。

大型遊具はてんとう虫コースターやトーマス列車、メリーゴーランドにスカイダンボなど、小さなお子さんが楽しめるアトラクションが中心です。またリスをモチーフにした巨大な滑り台や、ボールプールなどのアスレチックも。

動物園ゾーンではリス、ウサギ、ヤギ、アライグマなどが飼育されており、餌やり体験もできます。

森とリスの遊園地 メルヘン村
佐賀 / 遊園地 / テーマパーク / 子供が喜ぶ / 穴場観光スポット / 遊び場
住所:〒843-0232 佐賀県武雄市 西川登町20040地図で見る
電話:0954-28-2835
Web:http://www.marchen-mura.jp/

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
日本の旅行予約はこちら

日本のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

日本のホテルを探す

日本の航空券を探す

日本の現地アクティビティを探す

日本のレンタカーを探す

日本の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022年版】全国の人気遊園地・テーマパークTOP30!みんなが行った遊園地・テーマパークランキング

2022年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた全国の遊園地・テーマパークランキング【2...


【ほぼ網羅】USJに安く入る方法7選を大阪在住ライターが解説

この記事では、USJに少しでも安く・お得に入る方法(チケットを購入する方法)7選を、大阪在住でUSJに頻繁に通う筆者が解説します。一般的に意外と知られていないよ...

【TDL】知っておきたい!誕生日ディズニーを200%楽しむ7箇条!

みんな大好きな東京ディズニーランド。そんなディズニーでお誕生日を過ごしたい!大切な人へお誕生日サプライズをしたい。そう考える人も多いのではないでしょうか?今回は...

USJで誕生日にしたいサプライズ4選!チケットからケーキまで大解説!

USJで大切な家族・友達・恋人の誕生日を祝ってあげたい、と思う方は多いです。そんな時にUSJならではのサプライズがあれば、より一層素敵な誕生日になること間違いな...

パワーアップバンドの遊び方・キーチャレンジ完全まとめ【USJ任天堂エリア】

この記事では、USJ任天堂ワールドで使用できる「パワーアップバンド」について詳しく紹介します。パワーアップバンドの使い方やパワーアップバンドの必要性について詳し...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2023】京都でしか買えないお土産人気ランキングTOP33!

お団子を瓶に詰めた「果朋だんご」や、マスカルポーネチーズを挟んだもなか「あんぽーね」などの京都でしか買えないお土産を、トリップノートでのアクセス数を元に人気ラン...


【2023】北海道で買うべきお土産54選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

大人気スイーツから海鮮、チーズやヨーグルトといった北海道らしいグルメに、旅の記念になる雑貨まで、旅行ツウのトラベルライターが選んだ、北海道でしか買えないおすすめ...


東京女子旅のおすすめ観光スポット31選!最新の話題スポットやおしゃれスポットまとめ

東京へ女子旅するなら、東京らしいおしゃれなスポットや話題のスポットに行きたい!そんな東京女子旅にぴったりの観光スポットや、最新の人気エリア・ショップをご紹介しま...

【2023】仙台で買うべきお土産21選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

牛タン、笹かまなど定番のご当地グルメから大人気のスイーツまで、旅行経験豊富なトリップノートのトラベルライターが選んだ仙台の厳選のお土産をご紹介します。仙台のお土...

東京のおすすめデートスポット47選!大人デートにぴったりな穴場スポットも

話題の街・清澄白河や蔵前、渋谷スカイなどの注目スポットから、旧古河庭園にサントリー武蔵野ブルワリーなどの穴場スポットまで、大人カップルのデートにもおすすめな東京...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」で日本の音声ガイドを聴く

日本の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります