鹿児島
鹿児島観光
世界遺産・屋久島を代表とする離島観光が人気

奄美大島に行ったら体験したい8つのこと

取材・写真・文:

福島在住
訪問エリア:30都道府県

2019年4月22日更新

517view

お気に入り

写真:Olive

東洋のガラパゴスと言われる奄美大島。豊かな自然と個性的な島文化で、素敵な魅力にあふれています。奄美でしか見られないもの、奄美だからできること、奄美大島を訪れたら、絶対に体験したい8つの事に挑戦して思い出を作りましょう。

この記事の目次表示

【1】希少動物に出会いたい!

奄美大島に広がる亜熱帯の森には、島独自の固有種や、国内では希少な野生動物が数多く生息しています。特に珍しい植物の宝庫「金作原(きんさくばる)原生林」には手つかずの自然が残っていますが、危険も多く、個人で足を踏み入れることは推奨されていないので、ハードルが高くなります。

しかし!諦めるのは早すぎます。「野生」にこだわらなければ、奄美大島の中心地・名瀬(なぜ)周辺でも、希少動物の姿をみることは可能なのです!「それはないだろう!」と、突っ込みながら読んでいただけたらと思います。

ウミガメ@海洋展示館

  • 写真:Olive
  • 写真:Olive運が良ければウミガメの赤ちゃんに会えるかも

「海洋展示館」では、ウミガメの餌付けができます。年齢も様々なウミガメたちは、年老いてくると餌にもなかなか近寄れず、「がんばれ!」と応援したくなります。運がよければ、海岸で保護されたウミガメの赤ちゃんに会えるかもしれません。小さな姿で一生懸命に泳ぐ姿は胸キュンものです。

奄美海洋展示館
鹿児島 / 公園・動植物園
住所:鹿児島県奄美市名瀬小宿大浜 701-1地図で見る
電話:0997-55-6000
Web:https://www.ohama.marutani-amami.com/ocean-exhibit...

野鳥@潮の森マングローブパーク

  • 写真:Olive黒潮の森マングローブパークの展望台より
  • 写真:Olive国指定天然記念物のオーストンオオアカゲラ

「黒潮の森マングローブパーク」には、上空からマングローブの森を見渡せる展望台があるのですが、周辺では、鳥のさえずりがたくさん聞こえてきます。静かに行動していると、貴重な鳥に会えるかもしれません。筆者が見つけたのは、国指定の天然記念物、キツツキの仲間のオーストンオオアカゲラです。どこからかドラミング(木をつつく音)が聞こえたら、探してみてくださいね。

黒潮の森マングローブパーク
鹿児島 / 公園・動植物園 / 体験・アクティビティ
住所:鹿児島県奄美市住用町石原478番地地図で見る
電話:0997-56-3355
Web:http://www.mangrovepark.com/

天然記念物とレッドリスト@奄美博物館

  • 写真:Olive沖縄と奄美にしかいないイシカワガエル

はく製になってしまいますが、「奄美博物館」には、奄美大島のみに生息する天然記念物の鳥ルリカケスや、生きた化石とも言われる特別天然記念物のアマミノクロウサギが展示されています。そんな中での必見は、レッドリストにも登録されていて、地球上で奄美大島と沖縄本島にしか生息していない両生類イシカワガエルが、飼育展示されています。また、アマミノクロウサギに関しては、奄美空港の搭乗ロビーでも映像が流れています。

奄美市立奄美博物館
鹿児島 / 博物館・美術館
住所:奄美市名瀬長浜町517番地地図で見る
電話:0997-54-1210
Web:https://www.city.amami.lg.jp/bunka/kyoiku/bunka/ha...
 

ハブ@スーパー、原ハブ屋奄美

  • 写真:Olive
  • 写真:Oliveこれなら、お持ち帰りも可能です

奄美大島には、猛毒を持つハブが、なんと25万匹も生息していると言われています。夜行性ですが、どこにいてもおかしくないらしいので、気をつける必要があります。筆者は、会わずにすみましたが、思わぬところで出あってしまいました。スーパーのお土産コーナーです。焼酎に浸かったハブではなく、生きたハブに会いたい方は、「原ハブ屋奄美」で、ハブのパフォーマンスショーが見られます。

原ハブ屋
鹿児島 / その他スポット
住所:鹿児島県奄美市笠利町平字土浜1295-1地図で見る
電話:0997-63-1826
Web:http://harahabuya.com/

【2】亜熱帯の植物を見たい!

本土では見かけない植物もたくさん見られます。頭上から足元まで、注意深く見てください。

ハイビスカス

  • 写真:Oliveブッソウゲと呼ばれるハイビスカス

南国を代表するハイビスカスは、真冬にも咲いていて、見るだけでテンションが上がります。奄美生育のハイビスカスは、ブッソウゲと呼ばれる種類で、薬草や洗髪にも使用されていたそうです。

ガジュマル、アダンの木

  • 写真:Oliveまだまだ小さなガジュマル
  • 写真:Oliveパイナップルみたいなアダンの木

聖木として知られるガジュマルには、奄美の妖怪ケンムンが住んでいるという言い伝えもあって神秘的。たくましい立ち姿にパワーも感じます。海岸でよく見られるのが、アダンの木。パイナップルのような実ですが、食用には向かず、葉は煮て乾燥後、帽子やカゴを編む素材として利用されていました。

グンバイヒルガオ、糸バショウ

  • 写真:Oliveグンバイヒルガオ
  • 写真:Oliveバナナみたいな糸バショウ

同じく砂浜の足元で咲いているのがグンバイヒルガオ。葉の形が相撲の軍配に似ていることから名前がついています。花の色は薄紫色で、可憐な花です。バナナと同じバショウ科の植物糸バショウは、バナナの実に見えますが、種が多く食用にはむかないそうです。戦前までは、バショウから採れる繊維で芭蕉布を織っていました。

ソテツ、ヒカゲヘゴ

  • 写真:Oliveソテツ群生地
  • 写真:Oliveヒカゲヘゴ

島のいたるところで見かけるのがソテツ。現在は防風林や観賞用に植えられていますが、昔は実や幹を食べて飢えをしのいでいたこともあります。

何億年も昔には、恐竜の餌だったと言われるヒカゲヘゴも亜熱帯のムードを醸し出してくれます。最大で15mにもなると言われ、まっすぐに伸びる姿が特徴的。幹の丸い痕跡は、葉が落ちたあとで、これを見て樹齢がわかるそうです。

マングローブ、フクギ

  • 写真:Oliveマングローブの森

島でカヌーを楽しむ方は、絶対に目にするマングローブの森ですが、マングローブという名前の木はなく、熱帯や亜熱帯地域の河口、満潮になると海水が満ちる潮間帯に生える植物を、まとめてマングローブと呼ぶのだそうです。

  • 写真:Oliveフクギのトンネル
  • 写真:Oliveフクギの葉

国直集落のパワースポットとして有名なフクギのトンネル。フィリピン原産でオトギリソウ科の常緑木です。2枚の葉が揃っていることから、夫婦円満のご利益があるなど人気の場所となっています。

フクギのトンネル
鹿児島 / 自然・景勝地
住所:大島郡大和村国直68地図で見る
 

アコウイチジク、クワズイモ

  • 写真:Oliveアコウイチジク
  • 写真:Olive巨大なクワズイモ

海洋展示館の敷地内で見つけ、ギョッとした木はアコウイチジク。幹から実が直についているのですが、こういう木を幹生果(かんせいか)というそうで、実は熟すと食用になるそうです。ハートロックへの道で見る大きな葉は、クワズイモ。トトロを思い出さずにはいられませんね。観葉植物ではおなじみのクワズイモですが、奄美の気候だと、こんなにも大きくなるのかと感動です。

奄美海洋展示館
鹿児島 / 公園・動植物園
住所:鹿児島県奄美市名瀬小宿大浜 701-1地図で見る
電話:0997-55-6000
Web:https://www.ohama.marutani-amami.com/ocean-exhibit...
ハートロック
鹿児島 / 自然・景勝地
住所:鹿児島県大島郡 龍郷町赤尾木 ハートロック地図で見る

次のページを読む

鹿児島の旅行予約はこちら

鹿児島のパッケージツアーを探す

鹿児島のホテルを探す

鹿児島の航空券を探す

鹿児島の現地アクティビティを探す

鹿児島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年4月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

全国のおすすめ花畑85選!一面に絶景が広がる花の名所ガイド

チューリップにバラ、ひまわりに菜の花など、季節ごとにカラフルな花畑が広がる、全国のおすすめの花の名所をご紹介!カメラ片手に、全国の花の絶景を見に出かけませんか?

奄美大島から20分!天国のように美しい「加計呂麻島」の魅力とアクセス方法

奄美観光の超おすすめ穴場スポット「加計呂麻島」。息を飲むほどに美しい海はもちろんのこと、総面積の95%が山林という大自然が残る秘境です。時間が止まったような日本...


全国のおすすめ絶景47選!感動の景色に出会える観光スポット特集

透き通った海や湖、一面のお花畑に山奥の秘境にある景勝地など、写真に収めたくなる絶景が全国にはたくさんあります。全国各地の絶景が見られる観光スポットをご紹介します...

九州女子旅のおすすめ観光スポット14選!旅ツウのトラベルライターが厳選

温泉にパワースポット、自然に癒されるスポットやインスタ映えする夜景スポットなど、旅ツウのトラベルライターが、九州の女子旅におすすめの観光スポットをご紹介!九州で...


まるで無人島!奄美の秘境「加計呂麻島」で感動のシーカヤック&シュノーケルツアー!

奄美大島からフェリーで20分のところに浮かぶ加計呂麻島。言わずと知れた秘境ですが、ここでのシーカヤック&シュノーケルツアーが最高です!大自然の中、始終人に会うこ...

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...


これで完璧!【広島・宮島】の観光スポット10選と名物グルメ5選

海に浮かぶ社殿で有名な嚴島神社は、広島県にある世界遺産の一つ。本州の宮島口から10分ほどのプチ船旅で、神秘の島「宮島」に到着します。古より神の島として崇められ、...

茨城【ひたち海浜公園】駐車場攻略でネモフィラの青の世界にうっとり

書籍『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』にも掲載され、東京から日帰りで見に行けることからも大人気な国営ひたち海浜公園。2017年のゴールデンウイーク期間中の入園者...


岐阜「リスの森飛騨山野草自然庭園」のリスが可愛すぎてメロメロ

歴史的建造物が多く残る町並みや温泉郷など、見どころが多い飛騨高山観光で、ぜひ加えて頂きたいのが「リスの森飛騨山野草自然庭園」。放し飼いになっているリスたちと触れ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?