鎌倉
鎌倉観光
古都の町並みが美しい日本を代表する観光地のひとつ

どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2018年9月5日更新

19,193view

お気に入り

この記事の目次表示

巨大なわらじ

さて、大仏胎内を出ると、目の前には巨大なわらじがあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoわらじ

これは、片足90cmx180cmで、重さ約45kgもあるという超特大サイズ。戦後復興中である1951年に開催された、とある産業祭に出品された大わらじを、「日本中の幸せを願って大仏さまに履いてもらおう」ということで奉納されたのがはじまりだそう。

今では、茨城県の子供たちが3年に1回のペースで作り替えて奉納しているのだそうですよ。

謎にあふれた大仏

さて、前述しているとおり、鎌倉の大仏様は非常に謎が多い存在です。通常、これだけ大掛かりなものであれば、その建立に関わる記録はしっかりと文献に残されているはずなのですが、鎌倉大仏は資料がなさすぎて、歴史的裏付けがとれないものが多いのです。

そのため、わずかに残る文献の中から、「はっきりとは書かれてないけれど、これはきっと鎌倉の大仏のことを書いたのではないか?」と思われる記述をつなぎ合わせて、様々な人がいろいろな推論をたてて研究しているのです。

多くの人が支持している代表的な説を例に、鎌倉大仏の謎をご紹介しましょう。

・1238年に大仏殿と大仏の建立が始まる。

・1242年の時点で青銅ではなく木造の大仏が目撃されている。※1

・1247年に台風で大仏が倒壊してしまう。

・1252年に金銅の大仏の建立が始まる。※1

・1334年に台風発生、1369年に台風発生、1498年の大地震と度重なる自然災害によって大仏殿が失われる。

・江戸中期に大仏の修復を行う。※2

※1: 1242年の木造の大仏と、1252年に金銅の大仏が作られています。これは、木造大仏が後に作られる金銅大仏の鋳型として作られたとする説と、木造大仏が何かの理由で無くなってしまい、代わりに金銅の大仏が作られたとする説があります。

ところが、現在の大仏は青銅色ですね。実は金銅の大仏の名残と言われている部分があります。大仏様のお顔をご覧ください。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto大仏様のお顔

右の頬の部分に、色の違う個所があるのがわかりますか?これが当時の金箔と言われています。

※2:江戸中期には台座を修復しています。当初、32枚の蓮弁(ハスの花弁のことで、仏様の台座の装飾などに使われます)を作る予定でしたが、どのような理由があったのか、完成したのは4枚のみでした。これは、大仏の背後に設置されています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto4枚の蓮弁

建立についての謎を紹介しましたが、そもそも、何のためにこのような大がかりな仏像をつくったのか、依然としてわかっていないのです。

古今東西で人気者の大仏

そんな謎だらけの大仏ですが、昔から今までその人気は不動のものでした。

鎌倉大仏を訪れると、外国人観光客の姿を多く見かけます。これは昔も同じ状況だったようで、鎌倉大仏に関する記述は、海外の古い書物の中にも多く見られるのだそうです。

主に16世紀頃、イギリス、オランダ、スペイン、ポルトガルなどの各国から大仏を訪れる人がいたらしいですよ。初めて見る異国の巨大な像は、きっとものすごいインパクトがあったに違いありません。

後に、鎌倉から少し離れた横浜に、外国人居留地が整備されます。この外国人の間でも、鎌倉は大人気観光スポット。近くて異国の様式の建物がわんさかある鎌倉と鎌倉大仏が、人気となったのも想像がつきますね。

当然日本でもその人気は不動のもの。著名人が大仏に時折触れています。境内にはこんな歌が残っています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto与謝野晶子歌碑

歌人、作家である与謝野晶子が歌を詠んでいます。「かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな」

「夏の木立のなかに鎮座する鎌倉の大仏様は、御仏という存在にもかかわらず、イケメンだわ~。」という、女性的な独特の観点で大仏様を評価しています。聖なる存在の大仏様を、「美男」と人間的な感覚で表現しているのが面白いですね。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoイケメン・・・?

さて、与謝野晶子は大仏様を「釈迦牟尼」と詠んでいますね。実はこれも小さい謎なのです。鎌倉大仏は、釈迦牟尼(釈迦如来)ではなく阿弥陀如来。意図してそうしたのか、はたまた間違えたのか?こんなところも謎だらけなのでした。

おわりに

いかがでしたか?超有名な鎌倉大仏は、意外にも謎だらけ!

謎を知っているのと知らないのでは、その楽しみ方が全然違いますよ!ぜひ、ご自身の目でその謎を確かめてみてくださいね。

鎌倉の大仏
鎌倉 / 寺 / 観光名所 / パワースポット / 女子旅
住所:神奈川県鎌倉市長谷4丁目2番28号地図で見る
電話:0467-22-0703
Web:http://www.kotoku-in.jp/

鎌倉の旅行予約はこちら

鎌倉のパッケージツアーを探す

鎌倉のホテルを探す

鎌倉の航空券を探す

鎌倉の現地アクティビティを探す

鎌倉のレンタカーを探す

鎌倉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


関東のデートスポット35選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...


関東のおすすめドライブスポット・コース55選!日帰りでお出かけしよう

景色が楽しめる絶好のドライブルートや、都市部から少し離れた自然豊かな景勝地や観光スポットなど、日帰りで行ける関東のおすすめドライブスポット・コースをご紹介します...

日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...

【2019年版】みんなが行った国内の人気観光スポットランキングTOP50!

2019年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン...

神奈川デートに!カップルにおすすめのデートスポット45選

ロマンチックな夜景が眺められる名所や海の見える公園、2人で思いっきり楽しめるレジャースポットに、絶景が魅力の観光スポットまで、カップルで行きたい神奈川のおすすめ...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で鎌倉の音声ガイドを聴く

鎌倉の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?