鎌倉
鎌倉観光
古都の町並みが美しい日本を代表する観光地のひとつ

禅を知るならココに行け!鎌倉の荘厳な禅寺「建長寺」

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2018年9月5日更新

9,259view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

たくさんのお由緒ある寺院が立ち並ぶ古都鎌倉。そんな寺院のなかでも「鎌倉五山」と呼ばれるお寺をご存知でしょうか?鎌倉時代に制定された5つの禅寺で、日本で最初の禅寺である「建長寺」がその筆頭に立っています。鎌倉幕府が五山のひとつに定めた建長寺は、これぞ「禅」と言える見どころが、わんさか詰まっています。語っても語っても語っても語りつくせない禅寺「建長寺」。「禅」に興味のある方は、まずはここを訪れなければ、禅を語ることはできませんよ~?

この記事の目次表示

禅寺ってそもそも一体なあに?

禅寺と言われても、そもそもどういったお寺を禅寺というのかご存知ですか?

坐禅を組んだ人の後ろに、細長い板を持ったお坊さんがあらわれて、肩のあたりを「パシッ」とたたく。そんな修業をしているのが禅寺というイメージで、実は何なのかよく知らない、という方がほとんどではないでしょうか。

禅宗は、鎌倉時代に一大ブームがわき起こりました。鎌倉時代は、それまで貴族が統治していた社会から、源頼朝に台頭される武士がおさめる世の中へと変わった時代でした。

禅とは、心を澄まして、自分の中にある真理を知るという教えで、その活動は、自分の心の内へ内へと向かいます。おのずと自分の心の外にある生活は質素になり、それが華美生活を好んでいた貴族とは違い、質素な生活をしていた武士社会に受け入れられ、ブームへとつながったのです。

こうして、全面的に武士社会に受け入れられた禅寺は、幕府によってオフィシャルな寺が制定されました。

鎌倉時代に制定された寺を「鎌倉五山」と言います。名が示すとおり5つあり、「第1位 建長寺」「第2位 円覚寺」「第3位 寿福寺」「第4位 浄智寺」「第5位 浄妙寺」と位と共に制定されました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto建長寺の天下門。「五山第一」と書かれている。

第1位の建長寺は、日本で最初の禅寺です。「禅」を知るなら、まずは建長寺を見るべきというのはこういう理由から。

いままで何となくしか知らなかった禅寺。さあ、それでは「建長寺」をまわりながら禅寺の理解を深めていきましょう!

勢いあふれる総門

建長寺にはいくつかの門があります。先ほどの「五山第一」と書かれた天下門をくぐると、今度は総門があらわれます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto総門

総門の見どころは、頭上に掲げられた「巨福山」の文字。字をよ~く見てください。「巨」の文字に違和感を感じませんか?

巨の下の部分に、点が打ってあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto山号

これは、昔の住職が山号を書くときに、勢い余って巨に点を余分につけてしまったのです。

文字の正確さよりも、「意外といいじゃん!」的な粋な判断により、そのまま掲げられることとなりました。

点を打ったことにより、文字が引き締まって見えることから、百貫(貫は昔の重さの単位。百貫は現代の単位に直すと約375キロ。)の価値があるものとされ、「百貫点」とも呼ばれています。

ところで、山号って何なのかご存知ですか?「巨福山」のように、お寺には「〇〇山」という名前が付けられていて、これを「山号」といいます。山にあるお寺だから、こういう名前を付けたのかな?と思うかもしれませんが、実は平地にあるお寺にも山号が付いています。

お寺は普段の生活から離れた、世俗から遠いところ。それが山の意味と重なり、山号が付けられているのです。

仏教の教えを込めた三門

総門をくぐると、木々の奥にまた次の門があらわれます。建長寺のように規模が大きいお寺になると、こんな風にいくつも門があったりします。天下門、総門に続き、これで三つ目ですね。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto三門

この門は「三門」といいます。三つ目に現れた門だから「三門」と言うのではありませんよ。少し木々に隠れていてわかりにくいですが、門の下部が3つにわかれています。

この3つにはさまざまな意味があり、欲望や怒りや愚痴のような3つの悪いことから解脱しよう!という意味や、心を無にしなさい、祈るときは無心に祈りなさい、仏様にお願いする気持ちも無くしなさい、という3つの無をあらわしたりと、仏教の教えをこの門に込めているのです。

ちなみに建長寺では、この三門の下で定期的に法話を行っています。若い方から人生ベテランの方々まで、気軽に参加しています。もし、法話の時間帯に訪れることができたら、ぜひ聞いていきましょう。人生広がりますよ!

絢爛な天井の仏殿

三門を抜けると、参道を立派なビャクシンの木々が飾り、雄大な存在感をもって奥に仏殿が鎮座しています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto仏殿

参道両脇に植えられているビャクシンの木は、神奈川県の名木100選、鎌倉市指定保存樹木に選ばれるほど立派なもの。

木の周囲は最大6.5m、樹齢760年で、種からここまで育ったと言われています。ずっと長い年月をかけて建長寺を見守ってきたビャクシンの木々は、その姿を見るだけで思わずうなるものがあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoビャクシンの木

それでは仏殿に入ってみましょう。

見上げてみると、長い年月の気配が漂う金色の天井が迫ってきます。格子天井の花鳥図は、質素な中にも禅寺第1位の威厳をあらわすものとして、私たちの目を楽しませてくれます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto豪華絢爛な格子天井

仏殿には、地蔵菩薩が安置されています。通常、お寺の要となるお堂にはお釈迦様系の仏像を安置することが多いのですが、建長寺は「地蔵」菩薩と意表をついています。

実は、ここ建長寺の敷地は、建立以前はもともと処刑場で、「地獄谷」なんて呼ばれちゃうくらいおどろおどろしい場所でした。その時代は、お地蔵様が祀られており、その流れをくんで建長寺の本尊が地蔵菩薩となったと言われています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto地蔵菩薩

地蔵菩薩は、地獄に落ちた人々を救ってくれる菩薩で、大「地」の「蔵」する力を使って苦しむ人々を救います。だから「地蔵」って言うんですね。

次のページを読む

鎌倉の旅行予約はこちら

鎌倉のパッケージツアーを探す

鎌倉のホテルを探す

鎌倉の航空券を探す

鎌倉の現地アクティビティを探す

鎌倉のレンタカーを探す

鎌倉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年1月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


関東のデートスポット35選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...


【関東】6月のおすすめ花畑29選!6月に見頃を迎える花の名所ガイド

6月は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーに蓮などの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空の下に広がる花畑の光景を見に出かけませんか。6月に見頃を迎...

関東のおすすめドライブスポット・コース55選!日帰りでお出かけしよう

景色が楽しめる絶好のドライブルートや、都市部から少し離れた自然豊かな景勝地や観光スポットなど、日帰りで行ける関東のおすすめドライブスポット・コースをご紹介します...

日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...

【2020年版】みんなが行った国内の人気観光スポットランキングTOP50!

2020年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」で鎌倉の音声ガイドを聴く

鎌倉の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります