鎌倉
鎌倉観光
古都の町並みが美しい日本を代表する観光地のひとつ

鎌倉どこ行こう?迷ったら鎌倉寺院の要素がぎゅっと詰まった「円覚寺」へ。

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2018年9月6日更新

3,684view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

数々の寺院が立ち並ぶ古都・鎌倉。いざ鎌倉!と思っても、調べてみると見どころがありすぎて、どこに行けばいいのか悩んでしまいます。もちろん全てのお寺に行ければ悩む必要はないのですが、限られた時間で鎌倉を楽しみたいのなら、ぜひ「円覚寺」に行ってみてください。鎌倉寺院の特徴をバランス良く持ったお寺なので、円覚寺を見るだけでも十分楽しむことができますよ。

この記事の目次表示

円覚寺が持つ鎌倉寺院の要素とは?

鎌倉寺院の主な特徴に、禅寺、歴史、景観美があります。円覚寺が持つその特徴を、ささっとご紹介しましょう。

禅寺

鎌倉時代に幕府が制定した代表的な禅寺を「鎌倉五山」と言います。「第1位 建長寺」「第2位 円覚寺」「第3位 寿福寺」「第4位 浄智寺」「第5位 浄妙寺」と、位と共に制定されました。円覚寺は、第2位に位置付けられた立派なお寺なのです。

禅寺には、用途ごとに建物をわけているという特徴があり、これからご紹介する円覚寺も、修業の場や住居など用途にわけて建てられています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto選佛場内部

歴史

円覚寺は、鎌倉幕府8代執権・北条時宗が創建した歴史ある寺院です。かつてモンゴルと日本が戦った時に、その両方の戦没者を追悼するために、建立したと言われています。

景観美

鎌倉寺院は、庭園や池、周囲の山々からの借景など、景観美を意識して作られている寺院が多く、また境内に植えられている木花は季節折々に纏う色を変え、訪れる人々の目を楽しませてくれます。円覚寺は、この要素を全て持ち、季節ごとに何回でも訪れたくなる寺院でもあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto

さあ、それでは円覚寺をまわりながら、見どころをご紹介してまいりましょう。

ちなみに、読み方は「えんがくじ」です。円覚寺の「覚」は普段「かく」と読むことが多いことから、たいていの人が境内で「えんかくじ」と誤って呼んでいます。これを読んだあなたは、境内でツウっぽく「えんがくじ」と言いながらまわってくださいね。

三門

円覚寺の境内に入って、さっそくあらわれるのは三門。門の形をよく見てみてください。門の柱が3つの区画にわかれていますね。こういう形状を「三門」といいます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto三門

よくお寺の門を「山門」と言いますが、それとはどう違うかご存知ですか?

お寺にはふつう「〇〇山」と呼ばれる山号がついていて、その入り口の門という意味で「山門」といいます。「山門」は、お寺の門として広く使われる分類名で、「三門」は形状の違いからみた分類名なのです。

三門はその3つの区画に様々な仏教の教えをこめています。三門は正式には「三解脱門」といい、三解脱は、3つの苦しみ(欲望、怒り、愚痴)から解脱しようという考え方です。三門をくぐることで解脱できると考えられています。

通ってみると、「あら不思議、解脱してる!」とはいきませんが、門の意味を知ったうえでくぐると、少し自分の日々を振り返ってみようか、という気になるから不思議です。

円覚寺の三門は、その内部の装飾もすばらしいので、じっくりと、時間をかけて見ておきましょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto三門 柱に刻まれた彫刻

仏殿

ビャクシンの木々が、参道の両サイドをどっしりと守り固める奥に、崇高な気配を漂わせた仏殿があります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto仏殿

仏殿にはご本尊がおさめられていて、「宝冠釈迦如来」が安置されています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto宝冠釈迦如来

この「宝冠釈迦如来」は、読んで字のごとく、冠を被った釈迦如来です。

釈迦如来とは、仏教の開祖であるお釈迦様を模したもので、お釈迦様が修業しているときのお姿をしています。そのため、質素な衣服をまとい、装身具はつけないのが基本です。でもこちらは華やかな冠を付けていますね。けっこう珍しい釈迦如来なんですよ。

こんどは、そこから上を見てみましょう。天井には猛々しい姿の龍が我々を見下ろしています。お寺をめぐっていると、こうした雲龍図を見ることがあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto雲龍図

この雲龍図にはどんな意味がこめられているかご存知ですか?龍は仏教を守護する神様です。天井にいる龍は、人々に仏法の教えを雨のように降らせると言われています。

選佛場

仏殿の横には、茅葺屋根に白壁の選佛場があります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto選佛場外観

選佛場とは、読んで字のごとく「佛(仏)を選びだす場所」という意味で、修行僧の坐禅道場として使われています。

中に入ってみると、坐禅の場ということで、内部は広々とした畳敷きとなっています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto選佛場内部

坐禅場の奥中央に位置するのは、薬師如来像です。薬師如来と言えば、なんとなく座っているお姿のイメージがありませんか?

こちらの薬師如来は麗しげな立ったお姿です。全体のたわやかな印象とは対照的に、意志の強そうなしっかりした眼差しに、ついつい時間を忘れて眺めていたくなります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto薬師如来像

次のページを読む

鎌倉の旅行予約はこちら


鎌倉のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

鎌倉のホテルを探す

鎌倉の航空券を探す

鎌倉の現地アクティビティを探す

鎌倉のレンタカーを探す

鎌倉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本のおすすめパワースポット24選!全国の最強パワースポット特集

日本の総氏神のように信仰される天照大御神をお祀りする伊勢神宮や、”願いが叶うパワースポット”として有名な来宮神社、全体が最強パワースポットと言われる皇居など、日...


【2023年版】旅行者が行った日本国内の人気観光スポットランキングTOP48!

2023年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた国内の人気観光スポットランキング【202...

【関東】6月のおすすめ花畑29選!6月に見頃を迎える花の名所ガイド

6月は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーに蓮などの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空の下に広がる花畑の光景を見に出かけませんか。6月に見頃を迎...

【2023年版】全国の人気神社・お寺TOP52!旅行好きが訪れた寺社ランキング

2023年の1年間にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた国内の寺社ランキング【2023年...

運気が上がる神社に自然のパワースポットも!関東のおすすめパワースポット30選

パワーをもらえると近年話題の「亀岩の洞窟」や東洋のナイアガラと言われる「吹割の滝」、三猿の彫刻で有名な「日光東照宮」やメディアでの評判も高い「三峯神社」など、関...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

超超超初心者におすすめ!本当に楽な神奈川のハイキング5選

神奈川県には気軽に登山・ハイキングできる自然がたくさんあります。でも、「初心者におすすめ」の情報を見て、行ってみたらキツかった。なんてことはありませんか。超がつ...

【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります