関東
関東観光
国内外問わず、多くの観光客が訪れる日本の中心エリア

西武鉄道の旅するレストラン「52席の至福」!極上の料理を味わう優雅で特別な週末秩父旅

取材・写真・文:

埼玉在住
訪問エリア:35都道府県

2019年5月17日更新

3,047view

お気に入り

写真:ある通訳案内士

首都圏近郊の人にはお馴染みの西武鉄道。西武鉄道には「52席の至福」という豪華列車があります! ちょっと優雅な週末に、美味しいフルコースのある秩父旅行はいかがでしょうか? 筆者の乗車体験をご紹介します!

この記事の目次表示

西武鉄道「52席の至福」とは?

  • 写真:ある通訳案内士華やかなお顔

「52席の至福」とは、西武鉄道が運行するオシャレな外装・内装の観光列車で、「旅するレストラン」というコンセプトで提供される、上質なサービスとコース料理が特徴です。

西武池袋駅あるいは西武新宿駅と西武秩父駅間、または、西武新宿駅と本川越駅間など、年間100日程度運行されており、週末を中心にブランチ(下り、一人10,000円)とディナー(上り、一人15,000円)を楽しむことができます。

完全予約制で、ブランチの方が予約が取りづらい傾向にあるようです。3か月ほど先まで予約できるので、行きたい日程を決めたら早めに予約しましょう!

価格は少々高めですが、首都圏にお住まいの方は、手軽に日帰りで優雅な週末を過ごすことができるのでオススメです! 首都圏と言わず、遠方からでもいらっしゃる価値はあります。価格には当日の西武線1日フリー乗車券や後述のサービスが含まれるので、個人的には割高感はありませんでした。

「52席の至福」の外装

  • 写真:ある通訳案内士秩父連山の紅葉のデザイン

華やかな「52席の至福」の外装ですが、車両ごとに秩父の四季をイメージしたデザインになっています。1号車は「春」で芝桜・長瀞の桜が、2号車は「夏」で秩父の山の緑が、3号車は「秋」で秩父連山の紅葉が、4号車「冬」は、あしがくぼの氷柱がデザインされています。四季折々の美しさが楽しめる秩父ならではですね! 埼玉の誇りです!(列車は東京も通りますが・・)

「52席の至福」はもちろん乗車を楽しむのがメインですが、外装も素晴らしいものとなっていますので、乗車前か乗車後に一目見ておきたいですね!

「52席の至福」の内装

  • 写真:ある通訳案内士ゆったりとした内装

「52席の至福」の内装は渓谷などの自然をモチーフとしており、豪華列車らしく洗練されています。しかも洗練されているだけではなく、秩父ならではの素材が美しく使われています!

  • 写真:ある通訳案内士通路にはチラシがオシャレに配置

車内とデッキの仕切りには有名な織物である秩父銘仙が、2号車の天井には渋柿和紙が、4号車の天井には西川材がそれぞれ使われています。

  • 写真:ある通訳案内士天井の西川材に感じる木のぬくもり

「52席の至福」のコース料理

  • 写真:ある通訳案内士コース料理にワクワク

「52席の至福」では、有名店・シェフが監修するコース料理が季節替わりで提供されます。イタリアンやフレンチのフルコースが多いそうですが、筆者がディナー時に乗車した際は中華風のフルコースでした!

  • 写真:ある通訳案内士旬菜美彩蝶〜春を告げる豆乳胡麻豆腐
  • 写真:ある通訳案内士冬瓜盅魚翅〜フカヒレの冬瓜煮込み
  • 写真:ある通訳案内士武州獅子頭~武州豚とズワイ蟹の肉団子
  • 写真:ある通訳案内士乗り物ならではの食器の工夫

ウェルカムドリンクやソフトドリンクは無料、アルコールは有料となっています。

料理の美味しさや見た目の美しさもさることながら、筆者が興味深く感じたのは、多少揺れる車内でも快適に食事ができる食器で料理が提供されていたことです。お皿は一枚一枚ドッシリと重く、ちょっとやそっとの振動では動きません。スタッフさんは運ぶ時に重たくて大変だったのでは・・と思いました。

また、デザートの杏仁豆腐はお皿の上にカップがのる形で提供されたのですが、そのカップが動かないように下のお皿に仕掛けがされていました!

次のページを読む

関東の旅行予約はこちら


関東のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

(首都圏)

(北関東)

関東のホテルを探す

(首都圏)

(北関東)

(北関東)

(南関東)

関東の航空券を探す

関東の現地アクティビティを探す

関東のレンタカーを探す

関東の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


食べ歩きが楽しい!関東のグルメな観光スポット16選

昔ながらの個人商店が多い「谷中銀座商店街」や、ご当地色豊かな食べ歩きメニューが揃う「長瀞商店街」、開放的な空間も魅力の「渋谷横丁」など、食べ歩きするのが楽しい、...


東京を一人で観光!ひとり旅でも楽しめるおすすめスポット39選

アートスポットや動物園、水族館に神社、おしゃれなショッピングスポットやグルメスポットまで、ひとり旅で気兼ねなく行ける、東京のおすすめ観光スポットを厳選してご紹介...

群馬デートに!カップルにおすすめのデートスポット35選

イギリスで建てられたお城を移築したロックハート城に、東洋のナイアガラと言われる吹割の滝、こんにゃく生産量日本一の群馬ならではのこんにゃくパークなど、カップルのお...

全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。

ひたち海浜公園とセットで行きたい!8つのコラボスポット【茨城】

「国営ひたち海浜公園」で大人気なのが、春のネモフィラシーズンと秋のコキアシーズン。この時期は朝一番に訪れるのがお勧めですが、その後は別の場所にも足を伸ばしてみま...

この記事を書いたトラベルライター

インドでIT企業に勤めていたバックパッカー
タイのバンコク留学や、インドのチェンナイ駐在を経験した通訳案内士登録者です。
自分が行って良かった場所について書いてます!

ASEANは全10カ国に行きました!
それぞれの国の魅力、語れます😃
https://zipanger777.com

観光地ではない【真の中華街】池袋北口を1時間で手軽に散策!

日本の中華街(チャイナタウン)と言えば、日本三大中華街の、①横浜中華街、②神戸南京町、③長崎新地中華街、が有名ですよね? こちら、もちろんれっきとした中華街なの...


【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...


【川久】元・超高級会員制ホテル!和歌山・南紀白浜温泉のバブル期の名残

1989年、日本がバブル絶頂期に「世界の数奇屋」を作るという壮大なプロジェクトによって建設された「ホテル川久」。ヨーロッパ、アフリカ、アジア、そして日本各地から...

真の理想郷??南インド・オーロヴィルで人生観が変わるかも

「理想郷」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか? 「理想郷」での暮らしは喜びに満ち溢れ、毎日幸せな日々を送ることができそうですね。そんな「理想郷」と呼ば...

バンコクから2時間!日帰り旅行OKなカンチャナブリで外せない3つのこと

カンチャナブリという街をご存知でしょうか? タイ・バンコクから西へ車で2~3時間の、中規模の街です。タイで最も美しいと評判の滝や、第二次世界大戦中に旧日本軍がタ...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります