神戸
神戸観光
日本を代表する港町が魅せる異国情緒漂う街並み

【グリコピア神戸】工場見学だけじゃない!無料なのに見所いっぱい♪

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:44都道府県

2019年12月27日更新

16,816view

お気に入り

国民的な銘菓「ポッキー」や「プリッツ」の製造工程だけではなく、商品の要になるチョコレートもカカオからの製造工程から見学できちゃうのが【グリコピア神戸】。しかもただの工場見学だけではなく、子供からパパママ、おじいちゃんおばあちゃんまで、色々楽しめる工夫もされています。これだけ楽しめて無料だなんて!

この記事の目次表示

開館30年を記念に大幅リニューアルオープンした【グリコピア神戸】

「glico グリコ」といえば、日本を代表するお菓子。1922年の創業から国民に愛されており、今や海外でもグリコの商品はたくさん見かけます。

そんなお菓子工場の中を一般人が見学できるように、工場(ファクトリー)に隣接して建てられた施設が【グリコピア】。1988年に一番最初に開設されたのは神戸の【グリコピア神戸】。その後、埼玉の【グリコピア・イースト】、千葉の【グリコピア CHIBA】と続々開設されています。

今回は、開設30年を記念して2018年に大幅リニューアルオープンした【グリコピア神戸】をご紹介します。工場の見所ポイントのほとんどが写真撮影禁止ではありますが、ホームページの写真 と合わせて、様子が少しでも分かればと思います。

無料なのに超充実した工場見学!

新しくなった【グリコピア神戸】は、あちこちに楽しい工夫があります。例えば、正門の駐車場にある旗。

よーくポールをみてください。プリッツ、ポッキー、いちごポッキーになっていますよね!また、土台の芝生の形は、キャラメルグリコのハートの形になっています。

こんな「グリコならでは」の見た目の面白さにもこだわって作られたグリコピア、相当お金がかかっていそうですが、見学だけならなんと 無料なんです!!!見学させてもらえる内部も「これだけ楽しめて無料でいいんですか?!」と驚くはず。

ではさっそく工場内の様子もご紹介していきます。

エントランスをくぐると、目の前に大きな黄色い穴がドドーン!思わず「何あれ?」と吸い寄せられますが、その前に左手のカウンターで受付を済ませ、ネックストラップを受け取ってくださいね。

グリコの「創意工夫」についてシアターで鑑賞

まず最初は、黄色い穴の右手にあるシアターで、グリコの「創意工夫」について紹介した映像を鑑賞します。

創業者の「江崎利一」さんの考えや、代表的なお菓子の形のトリビアなど、幼い頃からグリコのお菓子を知っている大人は「ほぉぉぉ〜」と楽しめます。

ですが、未就学児には、まだちょっと難しいお話。工場見学にはそのような小さなお子様もたくさん来るため、子供たちが辛抱できるよう鑑賞タイムは5分程度と、短く構成されています。

鑑賞が終わったら、だいたい12人前後のグループに分けられます。大勢が一気に全員で動くと、見学もしづらいですし、ガイドさんの話も聞けませんもんね。

映画付き!グリコの自動販売機

シアターのすぐ向かいに、創業者「江崎利一」さんの銅像と、オレンジ色のボックスがあります。このオレンジ色のボックス、なんと1931年(昭和6年)に開発された【映画付きグリコ自動販売機】なんです。

自動販売機には「十銭入レルトオイシイグリコガ出テオマケニ活動寫眞モ見ラレテ樂シイ音樂ガ聞ヘ其ノ上二銭ノオツリガ出マス」とあります。

当時、グリコは10銭で売られていましたが、この自動販売機に10銭入れると、活動寫眞 = 映画が見られ、グリコとともに2銭のお釣り(おまけ?)まで出てくるという!しかも、主演は当時の大スター「市川右太衛門」さん!これは当時の人からしたら画期的ですよね。

東京を中心に約100台ほど設置されて行列ができるほど人気があったそうですが、世界大戦などにより現物は残っておらず、ここにあるものは再現されたもの。これを使って、ガイドさんがお金を入れるところから、映画を見られるところ、グリコと2銭が出てくるところまで再現してくれます。

大きなポッキーのトンネルをくぐろう!

工場見学は1Fから4Fまであります。2F以上へはエレベーターを使っていくのですが、そのエレベーターへ行く時に通るのが、エントランスにドドーン!と構えていた、あの黄色い大きな穴。

横から見て気づいたのですが、これは 大きなポッキーのトンネル なのですね。

中を通ると、「ピューン!ピュピューン!」と、某映画のワープのような光が走り、ワクワク感が増します。

歴代の「おまけのオモチャ」がズラ〜り

グリコといえばおまけ付き! 3Fに到着すると、目の前にババーン!と広がる歴代のおもちゃに驚きます。

一番古いものは創業1922年のおもちゃから。「自分がよく見たおもちゃは…そうそう!この辺!」と大人が盛り上がる一方、子供達は、真新しい方の年代で自分たちが知っているおもちゃを探したり…みんなそれぞれの楽しみ方をしています。

それにしても、やっぱり初代のおもちゃは見応えがありますね!今まで、そんなに気にしなかった「グリコのおまけ」、当初はこんなものだったんだなぁ…とじっくり観て楽しめます。

次のページを読む

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
神戸の旅行予約はこちら

神戸のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

神戸のホテルを探す

神戸の航空券を探す

神戸の現地アクティビティを探す

神戸のレンタカーを探す

神戸の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022】12月の国内おすすめ旅行先28選!冬・年末の旅行にぴったりな観光地特集

12月はイルミネーションに雪景色など、全国各地で冬ならではの絶景に出会えるシーズン。雪見温泉も格別な時期です。12月の週末や年末旅行におすすめの国内旅行先をご紹...


【2022最新】全国の人気水族館TOP35!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

カップルで行きたい関西のおすすめデートスポット45選!

ずらっと並ぶ鳥居が神秘的な伏見稲荷大社に、2人で思いっきり楽しめるUSJ、風情あるお出かけが楽しめる嵐山の渡月橋や竹林の道など、カップルで行きたい関西のおすすめ...

【2021年版】全国の人気神社・お寺TOP55!旅行好きが訪れた寺社ランキング

2021年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた国内の寺社ランキング【2021年版】をご...

神戸デートに!カップルにおすすめのデートスポット24選

洋館が立ち並ぶ北野異人館街に、夜景もロマンチックなメリケンパーク、クルーズ船にも乗船できる神戸ハーバーランドなど、カップルで行きたい神戸デートにおすすめのスポッ...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

【大丸神戸店】デパ地下で楽しくお買い物!神戸土産にもぴったりな名物13選

神戸観光の人気エリア、旧外国人居留地にある【大丸神戸店】は、神戸元町を象徴する建物として鎮座しており、地元人も観光客もショッピングや飲食に訪れる人気スポット。そ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります