神戸
神戸観光
日本を代表する港町が魅せる異国情緒漂う街並み

ダルビッシュ選手のミュージアム!SPACE 11 DARVISH MUSEUM【神戸・北野】

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:44都道府県

2020年6月15日更新

137view

お気に入り

写真:まき子

プロ野球選手として日本を代表するだけではなく、アメリカのメジャーリーグでも活躍している【ダルビッシュ有】のミュージアムが、神戸は北野にあります。どんな楽しみ方ができるのか、また神戸とダルビッシュ有のご縁もご紹介いたします。

この記事の目次表示

【ダルビッシュ有】の軌跡(2020年6月時点まで)

プロスポーツ選手が個人的なミュージアムを建てるのは、今やそう珍しいことではありませんが、せっかく行くならやはりその選手のことを少しは知っておきたいもの。

もちろん、その選手の大ファンであれば調べるまでもないと思いますが、あまり知らない人に向けて、ダルビッシュ有 という野球選手について少しご紹介いたします。

  • 写真:まき子

ダルビッシュ有 といえば、アメリカのプロ野球の大舞台、MLB(メジャーリーグ)で活躍する投手として知られています。大阪は羽曳野(はびきの)市で生まれ、小学校から始めた野球でメキメキ頭角を現し、中学校3年生では「羽曳野ボーイズ」のエースとして全国大会ベスト8に導いたそう。

そして、2002年に 東北高等学校 に入学したあと、甲子園で大活躍したことで日本全国区の有名人に。高校3年生で、球速150km/h という、一軍のプロ野球選手並みのすごい記録も残しています。

当然、日本のプロ野球界では各チームが欲しがる期待の星となるわけで、2004年のドラフトでは1巡目で 北海道日本ハムファイターズ に単独1位指名され、入団した年から5勝をマーク。

そして、2011年のオフシーズンにMLBの テキサス・レンジャーズ に移籍することに。その後、ロサンゼルス・ドジャース、シカゴ・カブスへと移籍していますが、テキサス・レンジャーズ時代で絶好調だった 2013年 に、【SPACE 11 DARVISH MUSEUM】という名のダルビッシュミュージアム が、神戸は 北野 にOPENしました。

【SPACE 11 DARVISH MUSEUM(スペース11・ダルビッシュ・ミュージアム)】で過去から現在までを知る!

  • 写真:まき子

北野 は異人館なども多くあり、神戸に訪れる観光客に人気のエリア。その中でもメインストリートの1つである 北野坂 に、このミュージアムがあります。

ミュージアム名にある「SPACE 11」というのは、ダルビッシュ選手が、日本ハム〜レンジャーズ時代、そして2020年6月現在所属しているシカゴ・カブスでも付けている 背番号#11 が由来です。2013年にOPENした時も、11月11日11時11分 に公開というこだわり。

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

なお、建物全体がミュージアムではなく、2020年現在では3Fのワンフロアのみ。3Fまでエレベーターで上がると、入場料を払うカウンターがあります。大人500円、中・高300円、小学生10円(税抜)です。

中に入ると、途端にダルビッシュ選手一色!どんな展示があるのか、もっと細かくご紹介します。

館内は4つのゾーニングで構成

  • 写真:まき子

館内にはたくさんの展示物があり、スクリーンもいくつかあります。そして、大きく分けて4つのコーナーに分けられています。

【1:FIGURE】超リアルで迫力満点なフィギュア

まず3Fでエレベーターを降りると目の前にババーン!と現れるのが、ダルビッシュ選手が勝利の雄叫びをあげている表情の 等身大フィギュア。第2回WBCの優勝シーンを再現したんだそう。

その背後に置かれているケースにはたくさんのボールが並んでいます。これは、メジャーでも 奪三振王 を狙うダルビッシュ選手が、三振を1つ奪うごとにボールを1球ずつケースに追加しているのだとか。

なお、この入口にあるフィギュアだけ撮影禁止です。

  • 写真:まき子

それ以外は撮影OKです。フロア中央にはテキサス・レンジャーズ時代のユニフォームで、今にも投球しそうな勢いのあるフィギュアが。

  • 写真:まき子

奥には、シカゴ・カブスのユニフォームを着たフィギュアが。これらは、“4Dフィギュアクリエイター” と称される 遠藤慎也 さんが手がけたもので、肌の質感、血管の浮き具合、ひげや腕の毛など…とにかく、ものすごいリアルです。

【2:HISTORY】小学生からメジャーリーガーへ羽ばたくまでの軌跡

  • 写真:まき子

ヒストリーゾーン では、小中学時代、高校時代、日本ハム時代、MLB時代と4つの時代に分けられており、メジャーリーガーとして羽ばたくまでの軌跡を伺うことができます。

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

当時使用していた道具やユニフォームなどを中心に、約100点もの展示品がディスプレイされていて、ムービーやパネルでも様々なシーンを見ることができます。

また、今は有名な選手であっても、たいていの場合、一般人に名前が知れ渡るのは甲子園で活躍してから。なので、ダルビッシュ選手の小中学生時代の一辺を見られるのは、なかなか貴重です。

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

上記2つの写真は、東北高等学校の時に身につけていたものや、2004.3.26 NO-HITTER 76th highschool Championship と書かれた記念ボールです。

次のページを読む

神戸の旅行予約はこちら

神戸のパッケージツアーを探す

神戸のホテルを探す

神戸の航空券を探す

神戸の現地アクティビティを探す

神戸のレンタカーを探す

神戸の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年6月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


神戸の人気観光スポットTOP30!旅行好きが行っている観光地ランキング

南京町(中華街)やメリケンパーク、北野異人館街をはじめとする、神戸の観光スポットの中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)...


カップルで行きたい関西のおすすめデートスポット45選!

ずらっと並ぶ鳥居が神秘的な伏見稲荷大社に、2人で思いっきり楽しめるUSJ、風情あるお出かけが楽しめる嵐山の渡月橋や竹林の道など、カップルで行きたいデートにおすす...

【2020】12月の国内おすすめ旅行先28選!冬・年末の旅行にぴったりな観光地特集

12月はイルミネーションに雪景色など、全国各地で冬ならではの絶景に出会えるシーズン。雪見温泉も格別な時期です。12月の週末や年末旅行におすすめの国内旅行先をご紹...

【2019年版】みんなが行った国内の人気観光スポットランキングTOP50!

2019年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン...

関西のおすすめドライブスポット・コース55選!日帰りでお出かけしよう

爽快な景色が楽しめるドライブルートに、花や緑が豊かな景勝地、美しい夜景が望める展望スポットなど、日帰りで行ける関西のおすすめドライブスポット・コースをご紹介しま...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

【フランクフルト】歴史的な見所いっぱい!りんご酒もドイツ料理も美味しい!

通称【フランクフルト】と言われるドイツの都市の正式名称は【Frankfurt am Main フランクフルト・アム・マイン】。世界的にも最大級のハブ空港「フラン...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?