韓国
韓国観光
日本から3時間足らず!激辛グルメや韓国コスメに大満足

【韓国】新羅の古都・慶州で絶対に訪れたい世界遺産・仏国寺

取材・写真・文:

京都在住
訪問エリア:20ヶ国

2019年7月5日更新

527view

お気に入り

写真:safarina

韓国の南東部に位置する慶州(キョンジュ)は、1000年にわたって新羅の首都として栄えた場所で、「屋根のない博物館」と呼ばれるほど、数多くの文化財が残されています。その中でも、韓国で最も有名な寺と言われる、世界遺産・仏国寺をご紹介します。

この記事の目次表示

6つの国宝を有する世界遺産・仏国寺

  • 写真:safarina

仏国寺(プルグッサ)は吐含山(トハムサン)のふもとにある寺院で、1995年に石窟庵(ソックラム)とあわせて「石窟庵と仏国寺」として世界遺産に登録されました。仏の世界を再現することを目的に建てられたと言われており、入口から門をくぐる度に煩悩を清め、仏の世界へ入っていくという作りになっています。6つの国宝を始め、新羅時代の貴重な文化財をたっぷりと拝観できます。

見どころ

天王門

  • 写真:safarina

仏国寺の入口の一柱門(イルチュムン)をくぐって中に入ると、次に出てくるのが天王門(チョナンムン)。門の中には巨大な四天王が睨みをきかせ、寺を邪悪なものから守っています。その眼力に圧倒されると同時に、一体一体の極彩色に見入ってしまいます。

  • 写真:safarina
  • 写真:safarina

広目天、多聞天、持国天、増長天(写真左から順)の迫力に、門を通る時には思わず気持ちも引き締まります。

青雲橋・白雲橋(国宝第23号)

  • 写真:safarina

天王門を抜けて進み続けると、目の前に階段が出てきます。紫霞門(チャハムン)に続くこの階段は、下の16段が青雲橋(チョンウンギョ)、上の18段が白雲橋(ペグンギョ)と呼ばれ、俗世と仏国土を結ぶ橋の役割を担っています。現在は通行不可となっています。

蓮華橋・七宝橋(国宝第22号)

  • 写真:safarina

青雲橋と白雲橋の左側にも上下に区別された階段(写真の手前側)があります。こちらの階段は安養門(アニャンムン)に続いており、下の10段が蓮華橋(ヨナギョ)、上の8段が七宝橋(チルボギョ)と呼ばれています。青雲橋・白雲橋と同様、極楽世界に渡る橋の役割を持ちます。

大雄殿

  • 写真:safarina

青雲橋・白雲橋の右側にある緩やかな坂道をのぼっていくと、仏国寺の本堂にあたる、大雄殿(テウンジョン)の領域に入ります。大雄殿の本堂の中には金色に輝く釈迦牟尼像(しゃかむにぞう)が納められており、多くの方が参拝に訪れます。

大雄殿の裏手に回り奥へ進むと、毘盧殿(ピロジョン)が現れます。こちらには、金銅毘盧遮那仏坐像(こんどうびるしゃなぶつざぞう)(国宝第26号)が安置されています。

  • 写真:safarina

大雄殿を囲む回廊の一角に吊るされている木魚と雲板。木魚は頭が龍、胴体が魚のユニークなデザインです。

多宝塔(国宝第20号)

  • 写真:safarina

大雄殿の前に立つ石塔。写真を見ると分かる通り、多宝塔(タボタプ)は下から四角、八角、円形と、形の違う石の層がひとつの塔に組み込まれており、造形美を見ることができます。隣には釈迦塔(ソッカタプ)(国宝第21号)が立っており、多宝塔と比べ、同じ形の屋根が重なっていくシンプルなデザインになっています。

極楽殿

  • 写真:safarina

阿弥陀仏の極楽世界を再現している極楽殿(クンナッチョン)。建物の中には、金銅阿弥陀如来坐像(こんどうあみだにょらいざぞう)(国宝第27号)が安置されています。

  • 写真:safarina

極楽殿の前にいる金ピカの豚、福豚(ポッテジ)。福豚の身体を触ると、触った部分と同じ自分の身体の部分にご利益があるそうです。頭はやっぱり大人気でみんな集中的になでなで~。

その他の施設

  • 写真:safarina

寄進すると瓦にお願い事を書けるコーナーがあり、日本では馴染みがなく、ディスプレイがおしゃれ。その隣には売店のような小さなお土産屋さんもあります。

施設情報

  • 写真:safarina
  • 【営業時間】2月:7:30~17:30、3月~9月:7:00~18:00、10月:7:00~17:30、11月:7:00~17:00、12月~1月:7:30~17:00
  • 【定休日】年中無休
  • 【料金】大人 (19歳以上) :5,000ウォン(約470円)、青少年 (13~18歳) :3,500ウォン(約330円)、子供 (8~12歳) :2,500ウォン(約230円)
  • 【アクセス】慶州駅またはバスターミナルから市内バス(10、11番)で約30分。新慶州駅からタクシーで約45分。

終わりに

筆者が訪れた日はお釈迦様の誕生祭が近かったため、仏国寺全体にカラフルな提灯などの特別な装飾が施されていました。普段は提灯などがないので、その時には、落ち着いた寺院らしい雰囲気をより味わえると思います。

仏国寺と併せて世界遺産に登録された石窟庵は、仏国寺からバスで15分ほどの距離にあります。仏国寺と同様に仏の世界を表現しているお寺ですが、岩で作られた石窟寺院であり、仏国寺とは雰囲気が全く異なっています。慶州を観光する際には、仏国寺だけでなく、石窟庵もセットで訪れることをおすすめします。

仏国寺
韓国 / 社寺・教会 / 観光名所
住所:385, Bulguk-ro, Gyeongju-si, Gyeongsangbuk-do, South Korea 38127地図で見る
Web:http://www.bulguksa.or.kr/

韓国の旅行予約はこちら

韓国のパッケージツアーを探す

韓国のホテルを探す

韓国の航空券を探す

(プサン(釜山))

(ソウル)

韓国の現地アクティビティを探す

韓国のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年7月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ソウル】五大古宮で唯一の世界遺産!最も美しいと称される「昌徳宮」徹底ガイド

韓国・ソウルにある五大古宮をご存知ですか?古宮は、約500年続いた朝鮮王朝時代の生活を見ることができる歴史的な建物です。今回は、そんな五大古宮で唯一の世界遺産に...


韓国の人気観光・グルメスポットTOP30!旅行好きが行っている観光地ランキング

景福宮や明洞、明洞餃子などをはじめとする韓国の観光・グルメスポットの中で、トリップノートの4万7千人の旅行好きトラベラー会員(2019年10月現在)が実際に行っ...

【釜山・機張】海東竜宮寺と海女村ワンデートリップ!

航空便の増便や新規就航、新スポットの開発により徐々に注目度が高まっている韓国第二の都市・釜山。海と都市が融合した遊び甲斐のある街です。今回はそんな釜山の中心部を...

【韓国】まるで白川郷の韓国版?安東の伝統がそのまま残る世界遺産・安東河回村

韓国には全部で13の世界遺産があります(2019年5月現在)。今回はその中でも2010年に「韓国の歴史的集落群:河回と良洞」の名称で世界遺産に登録された村のひと...

この記事を書いたトラベルライター

アフリカ大好き字幕翻訳家
鳥取生まれの自然と動物をこよなく愛するsafarinaです。
旅に行くからには、したいことは全部したい!
限られた時間でどれだけその旅先を楽しめるかを考え、旅の計画を立てるのが好きです。
充実旅のお役に立てるような情報を発信していけたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします!

♡好みの旅先♡秘境・ジャングル・自然・動物がいる所・世界遺産・田舎・カラフルな所

【島根】隠岐の島観光モデルコース!隠岐の島町と西ノ島町を上手に巡る!よくばり1泊2日プラン

島根県の日本海沖にある隠岐の島(隠岐諸島)は、4つの有人島を2つのエリアに分け、西ノ島(にしのしま)、中ノ島(なかのしま)、知夫里島(ちぶりじま)の3島を島前(...


【中国】癒されること必至!パンダ天国・成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地

上野動物園のシャンシャン公開により再びパンダが人気を呼んでいますが、中国には、パンダ・パンダ・パンダ!パンダづくしのパンダ天国な施設があります。パンダ好きの人も...


【フィジー】透明度抜群の海の上で至福のひと時を!南国の海に浮かぶ水上バー・Cloud9

抜けるような青空と、どこまでも青く透き通る海に、白い砂浜。フィジーといえばそんなイメージを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。そんなイメージ通りのリゾート...

【ソロモン諸島】固有種も生息する秘境を探検しよう!サンゴ礁でできた世界遺産・東レンネル

ソロモン諸島は聞きなれない国かもしれませんが、日本と同じ島国です。小さな国ではありますが、手つかずの自然が多く残り、美しい海が広がっています。今回は、秘境ともい...

【チュニジア】ローマ時代の雰囲気が漂う世界遺産4選

国の一部が地中海を臨むチュニジアは、アフリカ大陸にありながらもヨーロッパの雰囲気を強く持っています。その理由にはフランスの支配下にあったことと、遥か昔にローマ帝...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります