京都を感じるパワースポット、貴船神社へ行こう!

465

view
   2017年10月18日更新

京都市左京区に美しいパワースポット「貴船神社」があります。アクセスが優れていないこともあって、京都旅行の際に足を運ばれる方は少ないかもしれませんが、京都を訪れるなら必ず訪れてほしい美しいスポットです。また美しいだけでなく、自然に囲まれた神社としても非常に有名です。京都を語るなら、是非とも貴船神社は押さえましょう。

貴船神社とは

パワースポットとして、有名な貴船神社。貴船周辺に到着すると空気も一変。自然と穏やかな気持ちにさせてくれます。

京都の夏は非常に暑くて有名ですが、美しく、自然豊かな川の存在もあって、少し肌寒く、ひんやりとした空気が感じられます。また冬になると、京都特有の肌を突き刺すような寒さはありますが、冬の貴船の情緒溢れる景色が心を安らかにしてくれます。

貴船神社は、水の神様・高龗神(たかおかみのかみ)を祀り、昔から水を扱う商売をされている人々が多く訪れ、祈りをささげられています。

貴船神社は誰もが知っている、あの絵馬の発祥の地です。写真の馬の像は、絵馬で描かれている馬をモチーフにしているようです。絵馬発祥の地で是非、お願い事を書いてみましょう。願いが叶うかもしれませんよ。

貴船神社の見どころ

本宮参道までの道のり

貴船神社本殿に向かうには、階段を上がっていきます。貴船神社といえば、やはりこの階段が有名です。幻想的な雰囲気漂う階段は、見る人すべてを惹きつけます。階段を登るごとに見える景色に変化があり、いつまでも続く、シャッタースポットとなっています。

また冬に訪れると、このような雰囲気に。灯篭に雪が積もっていて、京の情緒溢れる冬を感じることが出来ます。積雪時には、階段が凍結をしている恐れもあるので、足が滑らないよう、ゆっくりとお歩きください。

本殿

本宮参道を登りきると、ひっそりと奥行きのある本殿に出会えます。本殿には水の神様、高龗神を祀っています。水は生命にとって必要不可欠なものです。当たり前に存在している水も、高龗神が守っているのかもしれませんね。しっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。

水占い

貴船神社を訪れたら、水占いに挑戦しましょう。200円納めて、水占いの専用の紙を自分で選びます。紙を選んだ時点では文字が記載されていないのですが、水占い専用の池、水占齋庭(みずうらゆにわ)に紙を浸すと文字が浮かび上がってきます。非常に良く当たると有名です!

筆者は中吉で、旅行の項目には「急ぐな、事故に注意」と記載されています。トラベルライターとして頑張ろうと思い始めた段階なのに・・・旅行中は楽しむことに夢中になってしまうので、今後は冷静さもしっかり持とうと思います。

周りの景観、川床情報

貴船周辺は、坂を登っていくような道のりとなっています。休憩できるスポット、喫茶店等もあるので、歩き疲れてしまったら休憩しましょうね。また道は非常に狭く、そして自動車も通ります。歩きスマホなどは絶対にダメですよ。

貴船といえば「川床」でのお食事です。例年5月~9月頃に利用することができます。5月、9月などは少し肌寒いので、羽織れる洋服を持っていたほうがいいかもしれません。また、和装スタイルでのお食事もいいですね。川床で着物や作務衣、甚平等でお食事をすると、非常に絵になります。

最後に

貴船神社は、パワースポットとも言われています。筆者自身も訪れた際には、心が落ち着くような不思議な感覚がありました。仕事や、人間関係で悩んでいる際は、貴船神社を訪れてみるのもいいかもしれません。悩んでいたことが、過去の事のようにリフレッシュできるかもしれませんよ。

アクセス

京都駅から直通での電車、バス等はございません。その為、電車での乗り継ぎ、バスへの乗り換え等が必要となってきます。電車の場合は、叡山電鉄貴船口駅が最寄り駅となっています。貴船口駅からは、京都バスで貴船神社に向かうこと事が出来ます。およそ京都駅から60分で到着します。

自動車で貴船神社に向かうことも出来ますが、駐車場も少ない為、夏などのハイシーズンに訪れる際は注意が必要です。

アクセスは非常に大変ですが、それをも上回る、美しいスポットにパワーをもらうことができますよ。

貴船神社

京都 / 社寺・教会 / 観光名所

 

住所:京都府京都市左京区鞍馬貴船町180

電話:075-741-2016

Web:http://kifunejinja.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月11日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
何でも屋さんライター

たっつんです。
奥さんと様々な国を旅行しています。
セーフティーなトラベルを心がけています!

https://www.lovewilltearusapart.world/

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!