ロンドン
ロンドン観光
古い建物が残る街並みが美しく交通機関が発達

店舗総数は1,000軒超え!ロンドンのカムデン・マーケットで外せない厳選ショップ21選

取材・写真・文:

千葉在住

2018年9月4日更新

51,376view

お気に入り

この記事の目次表示

キーワード2: 食べる!

カムデン・マーケットの中には、テイクアウトもイートインもできる、様々なジャンルのフード店があります。イタリアン、バーガー、グルテンフリーのチリ、ベトナム、スモークハウス、インド、イスラエル、スムージー、ビーガンのラップ、とんかつ、フライドチキン、ステーキハウスなど、あげ始めたら終わりません!

ここでは、イギリスらしさを味わえるお店など、オススメのお店を3つご紹介します。マーケットにあるフード店の情報は、オフィシャルサイトでも見ることができます。載っていないお店は、行ってのお楽しみに!

  • 写真:Noz食事のチョイスもたくさんあります!
CAMDEN MARKET - HUNGRY
URL:http://www.camdenmarket.com/food-drink

17. POPPIE’S

イギリスの食事といえば、フィッシュ&チップスを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?ロンドンに店舗を構える老舗の専門店が、ここカムデン・ロックにキオスクを立ち上げました。サクサクに揚がったバター(イギリスでは衣をバター/butterと呼びます)が、魚の旨味と油をしっかりと包んで逃がしません。レモンと塩、お好みでビネガーも振ってから、ロンドンでも指折りのフィッシュ&チップスをお楽しみください!

  • 写真:NozPOPPIE'Sのテイクアウト。
ポピーズ
ロンドン / 洋食・西洋料理
住所:Unit 339 - 341 Camden Lock Place London NW1 8AH地図で見る
Web:https://www.camdenmarket.com/food-drink/poppies

18. Miss Poppy Cakes

ヴィンテージなティールームに腰を落ち着けて、お茶とケーキで一休みしませんか?可愛らしい食器とインテリアの店内は、不思議の国のアリスのティーパーティーのようです。そして、ガラスケースに並ぶカップケーキ、チーズケーキ、チョコレートケーキ、キャラメルプッディング、ブラウニー、タルト、レモンケーキなどを見たら最後、食べずに去るわけにはいかないでしょう!

  • 写真:NozMiss Poppy Cakesの外観。名前だけで既に可愛い!
Miss Poppy Cakes
ロンドン / カフェ・喫茶店 / スイーツ
住所:Camden Stables Market, Chalk Farm Rd. Unit 739, NW18AH地図で見る
電話:07564135416
Web:http://www.misspoppycakes.co.uk/home/4572052450

19. THE OTHER SIDE

フライドチキンのバーガーが名物のお店です。クリスピーな食感を出すために2度揚げされた骨なしのチキンフィレは、見ただけでお腹がなりそう!その上には特製ソースのsmoked honey butterがかかり、ピクルス、キャベツ、そしてカリカリのベーコンをバンズで挟んで、ガブリ!車のキッチンで作っていますので、熱々をテイクアウトしてください。

アザーサイド
ロンドン / ハンバーガー
住所:West Yard Camden Lock Place London NW1 8AF地図で見る
Web:https://www.camdenmarket.com/food-drink/other-side

キーワード3: 聴く!

カムデン・マーケットの歴史は、音楽なしでは語ることはできません。現在も音楽とファッションを発信し続けるそのパワーを、是非、ライブ音楽を通して体感してみてください。

20. DINGWALLS

500人を収容することができる会場は何と19世紀に建てられたヴィクトリア建築の建物で、1973年にオープンして以来、多くの賞を獲得して来ました。フー・ファイターズやザ・ストロークなどのアメリカのバンドをはじめ、マムフォード・アンド・サンズなどのイギリスの有名なバンドも演奏しています。

  • 写真:NozDingwallsの外観。手前にあるのはリージェンツ・カナル(Regent's Canal)。

最新のイベント情報や、その他の会場で行われるイベントの情報は、随時オフィシャルサイトに掲載されます。

DINGWALLS
URL:http://dingwalls.com
ディングウォールズ
ロンドン / 建造物
住所:Middle Yard, Camden Lock, London NW1 8AB地図で見る
Web:http://dingwalls.com/

キーワード4: 笑う!

「深夜2時まで踊って、飲んで、食べて、笑って過ごす」、そんな憩いの場として愛されてきたその姿は、現在も変わりません。週末にはコメディアン達が集まり、観客は楽しくリラックスした時間を過ごします。

カムデン・マーケットの宝探しの旅の終盤をマーケットの来客者と共に笑って過ごせば、お土産話しに尽きない思い出の詰まった旅行になるでしょう。そして、気がついたら、すでに再来の計画を考えているかも知れませんね。

21. Comedy Loft

金曜日から日曜日までの3日間、そしてクリスマスなどのスペシャル企画があります。チケットを購入してショーを楽しんだ後は、その後に始まるパーティーに参加してワインや食事、音楽やダンスなど、自由に楽しむことができます。

コメディ・ロフト
ロンドン / エンターテイメント
住所:11, East Yard, Chalk Farm Rd, London NW1 8AB地図で見る
Web:http://www.thecomedyloft.co.uk/camden-comedy/

おまけ

カムデン・マーケットに興味を持たれた方のために、ここでは、マーケットの発展の背景や歴史などについて、簡単にご紹介します。

カムデン・マーケットのはじまり

1974年、鉄道の建設予定地だった場所に数店舗のクラフトショップが集まり、日曜日だけ営業する仮設のマーケットができました。日曜日に営業することは法律で禁止されていた時代なので、当時では異例のことです。そして、1976年に鉄道建設の計画が頓挫し、仮設マーケットの規模が大きくなります。人々が集まると同時に住宅などの居住地も広がり、現在のカムデン・タウンを形成していきました。

新しいもの、古いもの、カムデン・マーケットには何でも集まる!

仮設のマーケットとしてスタートしたカムデン・マーケット。隣接するディングウォール・ダンシングホール(Dingwalls dancing hall)は、「食事、お酒、腕利きのバンドによる生演奏とダンスが、深夜2時まで楽しめる場所」として大盛況していました。

切っても切れない音楽とファッションの関係は、マーケットの発展の中心的な存在です。モッズやロック、パンクなどの音楽を愛する人々がファッションアイコンになり、彼らが買い求めた革のジャケットや破れたリーバイス、履き古されたドクターマーチンのブーツは、たちまち人気のファッションアイテムになりました。マーケットにはそれらの商品を中心に販売するヴィンテージ店が出現した一方で、オリジナルブランドを立ち上げる店も現れます。その中には、ストリートスタイルのデザインで表彰を受け、靴を中心に取り扱う人気ブランドのRed or Deadなどがあります。

馬のブロンズ像があちらこちらにあるのは、なぜ?

マーケットの中には、Stables MarketやHorse Tunnelと呼ばれるエリアがあります。Stableとは馬小屋を意味するのですが、その名の通り、このエリアには主に鉄道の運搬などで利用されていた馬の小屋や専門の病院がありました。多い時には800頭近い馬が行き来していたそうです。現在は、馬小屋のスペースはマーケットの店舗として活用されています。

  • 写真:NozThe Stablesの歴史が書かれた案内版。

エイミー・ワインハウスのブロンズ像

2011年、27歳の若さで亡くなったイギリスのシンガーソングライター、エイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)は、日本にも多くのファンを持つミュージシャンでした。彼女が最後に住んでいた自宅はカムデンにあり、Roudhouseに現れたのが、大衆に見せた最後の姿でした。

2014年、カムデンの象徴的な存在でもあった彼女のブロンズ像が、イギリス人の彫刻家によってStables Marketに建てられました。

  • 写真:NozRoudhouseでは、Apple Music Festivalが開催されていました(2016年9月18日撮影)。
カムデン・マーケット
ロンドン / 市場・朝市
住所:Camden Lock Place London NW1 8AF地図で見る
Web:https://www.camdenmarket.com/

ロンドンの旅行予約はこちら

ロンドンのパッケージツアーを探す

ロンドンのホテルを探す

ロンドンの航空券を探す

ロンドンの現地アクティビティを探す

ロンドンのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年11月2日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【イギリス】『ハリー・ポッター』ロケ地巡り!ファン必見のロンドン近郊完全版!

本場イギリスの『ハリー・ポッター』のロケ地。フォトジェニックなファン必見の名所を、ロンドン、そしてロンドンからアクセス可能なオックスフォード、コッツウォルズから...


ヨーロッパの人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

ローマのコロッセオやパリのエッフェル塔などのヨーロッパの観光名所の中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行ってい...

ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP30!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城などヨーロッパの城・宮殿の中から、トリップノートの6万3千人の旅好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行って...

【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第一弾

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...

ロンドン土産はこれで決まり!老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)の可愛いオリジナル商品♡

ロンドン旅行者必見のおすすめお土産!イギリスを代表する老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)のオリジナル商品は、おしゃれで品質も良くロンドンっ子や女性観光客...

この記事を書いたトラベルライター

何でも見たい知りたい食べたい、そして伝えたい!
東京生まれ、東京育ち、なのにイギリスと縁がある、関東在住のトラベルライターです。動物好きが高じて英語を習得し、イギリスを訪れるようになりました。今では旅行人と地元人の両方の視点で情報を集めています。一方で、下町情緒あふれる門前仲町、新旧の文化が入り混じる麻布など、近場を日帰りで散策するのも好きです。最近になり運転免許を取得してからは、六甲山や那須塩原など散策の範囲が大きく広がりました。^ ^ 新しいこと、美味しいもの、楽しいこと、、何でも知りたい、そして伝えたい!旅の計画から週末の予定まで、役立つ情報を発信していきます。

外国人に喜ばれる!日本のお土産の選び方&おすすめの品14選!

海外に住む外国人の友人や家族には、どのような日本のお土産をあげると喜んでもらえると思いますか?外国人観光客が増え、今や空港のみならず街中でも日本のお土産ショップ...


下町情緒あふれる!【東京】月島&佃エリアのおすすめ観光スポット

月島を訪れたら食べたいのが、もんじゃ焼き。50店舗以上が集まるもんじゃストリートはいつも活気と笑い声に溢れています。そして近代化した街中に未だ江戸情緒が残る佃は...


イギリス随一の城郭都市「チェスター」のおすすめ観光スポット10選

チェスター(Chester)は、イギリス北西部にあるチェシャー州の州都で、ウェールズとの境に位置しています。街の中心部には中世の雰囲気漂う城壁や円形劇場があり、...

東京・港区にある天然の山:愛宕山を散策しよう!

地上40階を超える超高層ビル、ランチで行列ができるレストラン、 ユニークな建築デザインが目を引く各国の大使館。東京都港区の神谷町エリアには、こういった景色が広が...

千葉・浦安のオススメ散策スポット9選 〜古い町並みが残る元町〜

浦安市と聞いてすぐに思い出せなくても、「ディズニーランドがある所」と聞けばすぐに思い出す。そんな浦安ですが、侮るなかれ?!爽やかな海風が通り抜ける街中に踏み込め...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でロンドンの音声ガイドを聴く

ロンドンの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります