路線バスに乗っているだけで次々に観光名所が!ロンドンバス・ルート11

293

view
   2017年9月18日更新

なんと、ロンドンの路線バスには乗っているだけで有名な観光地を縫うように進むルートがあるのです!バス停を拠点に移動すれば迷わず観光地を回れるお助けツールに!また、乗りっぱなしで始発から終点まで所要時間約1時間(道路状況による)と、飛行機のトランジットや出張で時間はないけどロンドンを一通り見てみたい、などと言う方にはまさにぴったりです。11番バスに乗り2階の前席を確保してロンドン観光を簡単にお金をかけず楽しみましょう!

ダブルデッカーに乗ろう!

旅行の醍醐味のひとつに、現地の交通機関に乗る!ということがありますね。

しかし、バスに関しては「路線が複雑で」と、二の足を踏む方もいらっしゃると思います。ただ、今回ご紹介するルートは、乗り換えいらずで、しかも観光名所名がバス停名になっているところがほとんどなので、難しいことはありません。

ロンドンを走る路線バスの多くが2階建てのダブルデッカーで、しかも2011年から2017年まで製造された型のバスは「ニュー・ルートマスター」の愛称の、他ではちょっと見られないとても斬新なデザインです。地下鉄と違って車窓の風景が楽しめるバス。ロンドンを訪れた記念に是非バスに乗ってみませんか?

ルート11番でGO!

ロンドン中心部のイギリスの重要拠点を押さえて走るルート

今回ご紹介するロンドンバスのルート11番は、何度か若干の変更を加えながらも、なんと1906年から運行されている歴史あるルートです。

11番バスはロンドン中心部から少し西に寄ったフラムとロンドン東側のリバプールストリート駅の間を走るルートで、イギリスの政治経済を担って来た歴史的な建物の間をつなぐように走るルートです。そのため観光客にとっては路線バスに乗っているだけで観光名所を巡ることのできる大変便利なルートとなっています。

今回は、そんな東西に走る11番バスのルートの西側から東側に進みながら、主な見どころを紹介していきたいと思います。ちなみにこの11番バスは、映画『ダ・ヴィンチ・コード』で、テンプル教会で物語の鍵となる秘密に気づき、アイザック・ニュートンの埋葬されているウェストミンスター寺院へ向かう主人公たちが乗るバスとして登場します。

こちらに11番バスのバス停名一覧が載っています。また「Map view」のアイコンをクリックすると路線地図が表示されます。

車窓に続く超高級住宅街

東向きの11番バスの始点は、フラムブロードウェイ駅から150mほどの、Harwood Road にあるフラムタウンホールと言うバス停です。バスの行先名は「リバプールストリート駅」です。尚、フラムタウンホール前には、フラムタウンホール H、R、S、T の4つのバス停があり、11番バスが出るのは「フラムタウンホール R」ですのでご注意ください。

ルートの最初の部分、フラムキングスロードスローンスクエアベルグレイヴィアにかけては、超のつく高級住宅街です。バスの車窓からは現在のロンドンのお金持ちが、どのようなところに住んで、どのようなお店で買い物をするかが垣間見えると思います。

  • Fulhamエリアにあるイタリア食材店 Luigi's Delicatessen
  • Sloane Squareの超高級住宅街

その中で、キングスロードは60年代はモッズ、70年代はヒッピーやパンクなどのカウンターカルチャーの中心地となった場所です。

現在では若者のカルチャーの発信地という役割は終え、すっかり高級住宅街のショッピング通りとなっていますが、興味のある方は下車して、ヴィヴィアン・ウエストウッドの World's Endなど当時から現存するお店を訪れてみると、その時代に思いを馳せることができるかも知れませんね。

また、キングスロードには、展示に定評のある近代美術館のサーチギャラリーがありますので、興味のある方は降りて寄ってみても良いと思います。

フラムタウンホール R(バス停)

ロンドン / 駅・空港・ターミナル

 
サーチギャラリー

ロンドン / 博物館・美術館

 

ロンドンを代表する建造物が次々と!

ビクトリア駅

ロンドンの主要駅のひとつであるビクトリア駅を過ぎると、バスは段々とイギリスにとって重要な建物の多い地域へと入って行きます。有名な観光名所がルート上に現れて来るのはこの辺りからですので、滞在プランによってはここからバスに乗っても良いかと思います。

ビクトリア駅は大きな駅でバスはルートにより乗り場が分かれていますが、東向き11番は「Victoria STN/ Grosvenor Gardens S」というバス停から乗ります。Buckingham Palace Road沿い、Ferdinand Foch像付近になります(Grosvenor Garden Qというバス停とは異なりますのでご注意ください)。

ビクトリア駅

ロンドン / 駅・空港・ターミナル

 
ビクトリア駅/グローブナーガーデン(バス停 S)

ロンドン / 駅・空港・ターミナル

 

ウェストミンスター大聖堂

ビクトリア駅を過ぎてまず現れる歴史的建物は、石とブロックの織りなすストライプが特徴的なウェストミンスター大聖堂です。イングランドとウェールズにおけるカトリックの本山ですが、オープンは1903年と比較的新しい建物です。

  • Westminster Cathedral
ウェストミンスター大聖堂

ロンドン / 社寺・教会

 

ウェストミンスター寺院、ビッグベン、ロンドンアイ

バスがさらに進んで行くと、ウェストミンスター寺院ビッグベンロンドンアイがいっぺんに視界に入って来ます!

ウェストミンスター寺院は、11世紀に建設されて以来改築を重ねて現在の姿になった大聖堂で、歴代の英国国王の戴冠式が行われたり、歴代の王や女王に加え著名な政治家や科学者などが、壁と床に埋葬された墓地としても有名な寺院です。

バスは右側にウェストミンスター寺院の側面を眺めながら進みます。

  • Westminster Abbey側面

ロンドンのシンボルとも言えるビッグ・ベンは、国会議事堂であるウェストミンスター宮殿に付属する時計台ウェストミンスター大時計の愛称、と思われがちですが、実は大時計の中の、時を知らせる鐘の最も大きなものにつけられている愛称なのだそうです。ビッグベンの時計台もバスの2階からとてもよく見えます。

  • Big Benの愛称で呼ばれていますが、英語での正式名は Elizabeth Tower。

尚、バスから姿は見えるものの、ロンドンアイ(1999年のオープン当時世界一の大きさだった大観覧車)は、テムズ川をはさんだ反対側にあり、バス11番は近くは通りません。

ウェストミンスター寺院

ロンドン / 社寺・教会

 
ビッグベン

ロンドン / 観光名所 / 建造物

 
ウェストミンスター宮殿

ロンドン / 建造物

 
ロンドン・アイ

ロンドン / テーマパーク・レジャー

 

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月2日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
観光地のすき間に入り込んじゃう自由トラベラー

海外生活在住10年目、ロンドン、オーストラリア、フランクフルトと渡り歩き現在はシンガポール生活満喫中。さらに40カ国におよぶ旅行体験、元外資系企業勤務、そして欧州人夫との国際結婚からのマルチカルチャー経験を生かし通訳をやらせてもらっています。
TOEIC900点台の英語力を武器にしてネット、知り合ったローカルや各国人から聞いた口コミ、ニュースサイト等を駆使し日本人にとって当たり前でない現地情報を元に楽しく海外生活、旅行を満喫しています!

http://unasaka8.jimdo.com/

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2017上半期 受賞結果発表】2017年上半期の人気記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!