ロンドン
ロンドン観光
古い建物が残る街並みが美しく交通機関が発達

【ロンドン】バス&地下鉄&タクシー&リバーバスの乗り方ガイド

取材・写真・文:

福島在住
訪問エリア:18ヶ国

2019年12月10日更新

899view

お気に入り

写真:Olive

赤い2階建てバスに黒いロンドンタクシーなど、ロンドンならではの乗り物はキャッチーなフォルムにワクワクしますね!この他にもチューブという愛称で親しまれる地下鉄や、ショートクルーズを楽しめるリバーバスまで、ロンドンにある乗り物&乗り方ガイドを紹介します!

この記事の目次表示

【1】バスの乗り方ガイド

  • 写真:Olive

地下鉄を補うように、ロンドンの街の隅々へのアクセスをカバーしています。ルートは700以上あり、とても複雑ですが、観光客が主に利用するセントラルロンドンなら、20本程度なので、上手に利用すると、とても便利です。

バスと一口に言っても、その形にはいくつかの種類があります。2階建てバスはダブル・デッカーと呼ばれており、1階建てや2両連結型のバスなども走っています。ルートマスターと呼ばれる旧型2階建てのバスは、希少なので会えたらラッキー?!

運行時間

通常の運行は、24:30頃までですが、それ以降、本数を減らして、翌朝の9:30までナイトバス(割高になる)が運行するルートもあります。

路線確認とバス停確認

まずは、観光案内所などでもらった路線図で、自分のいる出発地点の場所と、目的地を確認。両方のバス停にあるルート番号が、乗るべき路線です。

  • 写真:Olive

停留所にはアルファベットのついたポールがあるので、大変目立ちます。停留所(BUS STOP)のマークが白地に赤マークの場合、バスは必ずバス停で停車します。反転して、赤地に白マークの場合は、手をあげないと停車しない「Request Stop」という停留所となっています。

そのマークの下に入っているグレー帯が、バス停の名前。その下が、行先や向かう方面になっています。さらにその下の数字が路線番号で、番号の前にNがついているのは、ナイト(夜間)バスの番号です。

乗車は前から、旧型は後ろから

  • 写真:Olive

基本、乗車は前からですが、旧型の場合は後ろから乗車します。支払いは乗車時で、料金は一律£1.5(¥205)ですが、現金は受け付けられないので、旅行者はオイスターカードや、トラベルカードでの支払いになります。

  • 写真:Olive
  • 写真:Olive

オイスターカードは、乗車時にカードリーダーにタッチ、トラベルカードは運転手に提示します。降りる際は、ブザーやヒモで意思表示をします。降車時は、そのまま何もせずにおりて大丈夫です。

チャンスがあれば、2階席へ!

  • 写真:Olive
  • 写真:Olive

せっかくですから、ダブル・デッカーに乗車したら2階席へ上がってみましょう。眺めも良く、街並みを楽しめて、観光バスに乗車した気分です。2階席にも、アナウンスや電光掲示板があるので安心ですが、降りる際は、早めに準備しましょう。

【2】地下鉄の乗り方ガイド

  • 写真:Olive

地下鉄を利用しないでの観光は無理だと思うほど、観光客の強い味方になるのが地下鉄。チューブ(Tube)の愛称で親しまれており、市内で11路線あります。形が筒形で長いことから、ついた愛称です。各路線には、メトロポリタン・ライン、ピカデリー・ラインなど名前がついていて、色分けされているので、判りやすいです。

運行時間

  • 写真:Olive

運行時間は路線にもよりますが、月~土曜日が5:30~24:30頃まで。日曜日が、7:30~23:30頃まで運行しています。

路線確認

  • 写真:Olive
  • 写真:Olive

バスと同じく、路線図で自分のいる出発地点と行きたい目的地に応じて、路線を確認しましょう。同じ方角でも路線が分岐されるラインもあるので、終点場所の確認と、プラットフォームを間違えないよう、東西南北の確認も。地上へ出る場合は、WAY OUTの表示方向が出口です。

ZONEに注意

  • 写真:Olive

切符を購入して自動改札を通るのは日本と同じですが、料金は時間帯や乗車区間によって変わってきます。また、ロンドンの街全体がZONE分けされていて、1~9ゾーンまであり、移動ゾーンが広いほど運賃は高くなります。オイスターカードの場合、乗車時も降車時も改札でカードリーダーにタッチします。これを忘れるとペナルティを取られるので、忘れずに!

次のページを読む

ロンドンの旅行予約はこちら

ロンドンのパッケージツアーを探す

ロンドンのホテルを探す

ロンドンの航空券を探す

ロンドンの現地アクティビティを探す

ロンドンのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2019年7月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本とロンドンの時差は「9時間」!ロンドンへの飛行時間は?

ロンドン旅行に出かける前に知っておきたい、日本とロンドンの時差や、サマータイム、日本からロンドンへの飛行時間について解説します。


ロンドンの天気・気温・服装・旅行のベストシーズン!

ロンドン旅行の前に知っておきたい、この先の天気予報と月ごとの平均気温や降水量、気候の特徴、旅行の服装を徹底解説!いつ旅行するかお悩みの方向けに、ロンドン旅行のベ...

バッキンガム宮殿予約方法徹底解説【ロンドン】

一般庶民にとっては、遠い世界。あのロイヤルファミリーの宮殿へ潜入できるのが、女王陛下不在の夏のひと時。豪華絢爛な世界へ、足を踏み入れてみませんか?チケットの入手...

路線バスに乗っているだけで次々に観光名所が!ロンドンバス・ルート11

なんと、ロンドンの路線バスには乗っているだけで有名な観光地を縫うように進むルートがあるのです!バス停を拠点に移動すれば迷わず観光地を回れるお助けツールに!また、...

トラベルカードとオイスターカードどっちにする?【ロンドン】

公共交通機関の料金形態が複雑なロンドン。そんな旅先で街歩きの強い味方になってくれるのが、トラベルカードとオイスターカードです。2つを徹底比較して最適なものを選び...

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

これで完璧!奄美土産31選はここで買う!

島特有の文化が残る奄美大島では、古くから島に伝わる調味料や、加工品が多くあり、お土産としても喜ばれそうな品が豊富です。特産品を使ったお菓子や、珍しい雑貨などと共...


半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...


これで完璧!【広島・宮島】の観光スポット10選と名物グルメ5選

海に浮かぶ社殿で有名な嚴島神社は、広島県にある世界遺産の一つ。本州の宮島口から10分ほどのプチ船旅で、神秘の島「宮島」に到着します。古より神の島として崇められ、...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

【長野】湯田中温泉周辺の観光スポット10選&お土産

長野でも潤沢な湯量を誇る湯田中温泉周辺はとても魅力的な場所。車で1時間圏内には、人気の観光スポットが目白押しです。素朴な温泉街、美味しいものに溢れた町歩き、地獄...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でロンドンの音声ガイドを聴く

ロンドンの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?