ロサンゼルス
ロサンゼルス観光
ニューヨークに次ぐアメリカ第2の都市

【ロサンゼルス】人種のるつぼを体験、半日で市内満喫コース!

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:13ヶ国

2020年5月11日更新

281view

お気に入り

写真:cobhcmayu

アメリカ西海岸の代表、ロサンゼルス!見どころが沢山ありすぎて、なかなかスケジュールが組めない、初めてで右も左もわからない!そんな方たちにお勧めできる、半日あればOKな市内満喫コースを紹介させていただきます。徒歩で回ることでで色んな文化に出会えるのがロサンゼルス、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の目次表示

ロサンゼルス観光に行く前に

ロサンゼルスは、アメリカ合衆国カリフォルニア州にある都市のひとつです。同州最大の都市かつ全米有数の世界都市であり、国内ではニューヨークに次いで人口が多い都市となっています。

スペインの領土であったこともありヒスパニックと、さらにメキシコが近いことからラテン系の移民が多いことでも有名です。また、古くからアジアからの移民も受け入れていたため、各々のルーツに沿った文化が根付き発展。とてもユニークな都市の一つであるといえます。

  • 写真:cobhcmayu

ですが何事にも陰陽があるように、華やかなその反面では、ホームレスやギャングなどといった問題が多いことも事実です。自分は大丈夫という過信はせずに、治安の悪い通りを事前に調べるなどすると安心して過ごせることでしょう。

市内満喫コースの案内

今回紹介させていただくコースは、半日程度あれば歴史あるロサンゼルスならではの、人種のるつぼを目で見て体験していただけます。徒歩で周ることを前提にしたコースなので、街の雰囲気を身近に感じながら、思い出に残る異文化体験をしていただけるかと思います。

各スポットにその前段落で紹介しているスポットからの移動時間を記載していますので、参考にしてくださいね。

①グランドセントラルマーケットからスタート

こちらは1971年につくられた、歴史あるマーケットです。朝は8時からやっており、無休。観光客はもちろんLA市民にとっても、何でも揃う頼れるマーケットとなっています。

  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu

マーケット内には様々な食材から飲食店がならび、テイクアウトが中心。お昼時には会社員の方もランチで訪れています。いたる所にテーブルが設置されていて料理を食べられますので、自分の好きなものを購入したり、お友達とシェアし合って食べるのもおすすめです。

  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayuPRAWNはシーフード推しのお店
  • 写真:cobhcmayuシアトルフィッシュシチュー($14=約1500円)をいただきました。
グランドセントラルマーケット
ロサンゼルス / その他レストラン
住所:317 S. Broadway Los Angeles, CA 90013地図で見る
Web:http://www.grandcentralmarket.com/

エンジェルスフライト

マーケットのすぐ傍にあるエンジェルスフライトは世界一短い鉄道として有名です。黄色の可愛い車体がキャッチーであることと、急勾配にあることで利用客もそこそこいるのが面白いところ。利用料も1ドルとお安いので、観光アトラクションとして立ち寄ってみても面白いと思います。

  • 写真:cobhcmayu横の階段を使えばそのまま上へいけます
  • 写真:cobhcmayu
エンジェルス フライト レールウェイ
ロサンゼルス / 乗り物
住所:351 S Hill St, Los Angeles, CA 90013地図で見る
電話:(213) 626-1901
Web:https://www.angelsflight.org/

②ロサンゼルスシティホールを横目に(徒歩約10分)

ロサンゼルスシティホール(市庁舎)は、ついで程度に立ち寄っていただけるといいのですが、こちらなんと無料の展望デッキがあるんです。地上27階からみるダウンタウンのビル群を楽しむことができます。また、慣れない街並みを自分の目で上から把握する事もできますので、時間があれば立ち寄ってみるのをお勧めします。

  • 写真:cobhcmayu自由の国、プロテストも頻繁です
ロサンゼルス市庁舎
ロサンゼルス / 展望・景観
住所:200 N Spring St, Los Angeles, CA 90012地図で見る
電話:(213) 473-3231
Web:https://www.lacity.org/

③ユニオンステーションを見学(徒歩約15分)

ダウンタウンのアイコンともいわれるこちらの駅は、1939年に完成しました。駅舎は1,100万ドル(約11億8千万円)かけられたそうで、第二次世界大戦時には、何万人もの兵士を乗せる列車を毎日見送っていました。

現在も長距離列車の主要駅や地下鉄、アメリカ大陸鉄道アムトラックの出発駅として使われています。外見とは裏腹に豪勢な内装であることも含め、歴史ある駅舎として有名です。

  • 写真:cobhcmayu青空に映える外観
  • 写真:cobhcmayuカフェレストランも併設されています
  • 写真:cobhcmayu歴史に思いをはせることが出来ます
  • 写真:cobhcmayu
ユニオンステーション
ロサンゼルス / 駅・空港・ターミナル
住所:800 North Alameda Street, Los Angeles, CA 90012 アメリカ合衆国地図で見る

④オルベラストリートで小休憩(徒歩約5分)

ユニオンステーションからすぐの場所にあるオルベラストリートは、ロサンゼルスに受け継がれるメキシコ文化を祝うために、1930年に造られた通りです。19世紀の建物には伝統工芸品やレストランが並び、メキシコの市場のような活気のある雰囲気も魅力。テイクアウトのできるレストランで、大きなブリトーやタキートにトライするのも楽しいかと思います。

  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu
オルベラストリート
ロサンゼルス / 町・ストリート
住所:Olvela street地図で見る

⑤チャイナタウンで記念撮影(徒歩約15分)

ダウンタウンからはだいぶ離れていますが、このチャイナタウンもLAの歴史を作ってきた大切な見どころ。古くからアジア系移民も受け入れてきたLAということもあり、小さな中国を体験できます。飲茶を含めた本場中国の味を楽しむのはもちろん、ここではブルースリーの銅像と写真を撮るのをお忘れなく。

  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu立派な門からチャイナタウンへ
  • 写真:cobhcmayuブルースリー像の前で記念撮影
  • 写真:cobhcmayuコインが器に入るとそれが叶うとか
チャイナタウン
ロサンゼルス / 町・ストリート
住所:Los angeles chinatown地図で見る

番外編

こちらには今回メインのルートに含めなかったスポットをご紹介させていただきます。お時間がある方や、もう少しゆっくり観光したい場合などに参考にしてみてください。

リトルトーキョーで海外から見た日本を体験

わざわざアメリカに来たのにリトルトーキョー?という方もいらっしゃるかと思い、メインのほうへは書きませんでしたが、長く日本を離れていると日本が少し恋しいな、という方もいるかと思いますので、番外編でご紹介させていただきます。

移民が多い都市ならでは、ということでチャイナタウンだけではなく、日本人街ももちろんあります。ここはその名のとおり、小さい東京、右も左も日本雑貨や日本料理店が並びます。日本らしい外観も含め、異国の地で頑張っている中で日本のパワーを感じることができ、なんだかふつふつと元気が湧いてくる気がしますよ。

  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu
リトル東京
ロサンゼルス / 町・ストリート
住所:Downtown, Southeast of the Civic Center; bounded by 1st, Los Angeles, CA地図で見る
Web:http://www.littletokyola.org/

マイクロブルワリーで一息

日本でも近年人気が出てきているクラフトビール。LAはもちろんアメリカ全土でのマイクロブルワリーブームの勢いは止まりません。LAには現在約90のブルワリーまたはブルーパブがあります。

筆者はダウンタウン周辺で人気のあった、Angel City Brewingを訪ねてみましたが、雰囲気はもちろんビールの種類の多さも相まってつい長居をしてしまうほどの居心地の良さ。ボードゲームなども揃っているので、時間に余裕がある場合におすすめです。

  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu種類が多いのでフライトで
  • 写真:cobhcmayu工場の特徴を活かした内装

工場を改装して造られているので、古さの中にもクールさが残る雰囲気が何とも言えません。また地元のアーティストとのコラボレーション企画や、様々なイベントも頻繁に行われているのが特徴です。

  • 写真:cobhcmayuサーカスとのイベントのフライヤー
  • 写真:cobhcmayuフードトラックもあります
  • 写真:cobhcmayuバレル熟成のビールが並びます
エンジェル・シティ・ブルワリー
ロサンゼルス / 居酒屋・バー
住所:216 S Alameda St, Los Angeles, CA地図で見る
電話:+1 213-622-1261
Web:http://angelcitybrewery.com/

おわりに

今回は、半日で異文化体験をするにはもってこいのルートをご紹介させていただきました。ロサンゼルスでの滞在日数の少ない方や、ダウンタウンを拠点に過ごす方に参考にしていただければ幸いです。

  • 写真:cobhcmayuこのルートのどこかに...

ロサンゼルスの旅行予約はこちら

ロサンゼルスのパッケージツアーを探す

ロサンゼルスのホテルを探す

ロサンゼルスの航空券を探す

ロサンゼルスの現地アクティビティを探す

ロサンゼルスのWi-Fiレンタルを探す

ロサンゼルスのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年5月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021最新】アメリカの人気観光スポットTOP51!トラベラーが行っている観光地ランキング

タイムズスクエアやディズニーランドなど、アメリカの数ある観光スポットの中で、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っ...


【アメリカ】LAに行ったらここ‼︎定番スポット13選‼︎

一度は行ってみたいアメリカ・ロサンゼルス(Los Angeles)、通称「LA」!地名は有名だけれども、実をいうとどんな観光スポットがあるかは良くわからない・・...

アメリカ西海岸 LAで行きたいビーチ5選

アメリカ第2の都市ロサンゼルスには、世界中から多くの観光客が訪れます。そんなLAに行ったらぜひ訪れたいのが、ビーチです。今回は、そんなアメリカ西海岸を存分に味わ...

【アメリカ】本場LAのユニバーサル・スタジオに行こう!

アメリカ西海岸で人気の街、ロサンゼルス。今回はそのLA観光で外すことはできない本場のユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの楽しみ方をご紹介します。お友達ともご家族...

【ロサンゼルス】LAダウンタウンを満喫する観光スポット9選&おすすめモデルコース

西海岸で一番の大都市となるロサンゼルス。サンタモニカやグリフィス展望台など見どころも満載ですが、徒歩で手軽に観光できるのがダウンタウン!今回はおすすめの観光スポ...

この記事を書いたトラベルライター

ビールと甘いものが大好き!社会人トラベルライター
神奈川県の山奥出身、社会人メタラートラベルライターです。
私のお気に入りスポットが皆さんのお気に入りになるようにと、国内外問わず拙いながらも投稿させていただきますので、よろしくお願いします。

学生の時の留学でオーストラリアに恋をし、その後2年間ワーキングホリデービザで滞在していました。根っからのオーストラリア愛好家です。ベジマイトを美味しく頂くために日々研究しています。

訪問したことのある国:ハワイ、ニュージーランド、オーストラリア、イタリア、バチカン市国、イギリス、フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイ、韓国、アメリカ(カリフォルニア)、メキシコ、カナダ
現在カナダにワーキングホリデービザで滞在中。

【シドニー】の秋・冬に渡豪するべき5つの理由

日本とは季節がほぼ反対のオーストラリア。3月〜5月が秋、6月〜8月が冬の季節にあたります。オペラハウスの白い屋根に太陽が反射して、眩しい!なんていう夏のオースト...


【長野・豊丘村】ジブリファン必見!福島てっぺん公園で空飛ぶ魔女になる?!

魔女のようにほうきで空を飛んでみたい!と、子供の頃に一度は夢に思ったことはありませんか?長野県豊丘村には、あのジブリ映画の有名なシーンのように、空飛ぶ魔女になれ...


【ニュージーランド】絶対行きたい!話題のホビトン、徹底攻略!

ニュージーランドを訪れる人は、大自然に魅了され、空の青さに惹かれ、美味しいお料理を食べたいなど様々な理由があると思います。中でもマタマタにある映画『ロード・オブ...

【シドニー】ナイトアウト時の基礎知識と、初心者でも行きやすいおすすめスポット!

海外へ旅行へ行ったなら少しくらい夜遊び(ナイトアウト)を楽しみたい、と思っている方も少なくないと思います。筆者は居酒屋の多い日本ではなかなか味わえない、パブ文化...

【オーストラリア】死ぬまでに見たい!世界一有名な一枚岩~アボリジニの聖地・ウルル~

オーストラリアにある世界遺産の中でも、ひと際有名なウルル=カタ・ジュタ国立公園。「地球のおへそ」とも呼ばれるウルル(エアーズロック)ですが、みなさん一度は見たり...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります