メキシコ
メキシコ観光
世界遺産の古代遺跡巡りやカリブ海のビーチリゾート

【メキシコ】タコスの本場でうまい店を探す方法!

取材・写真・文:

2020年5月16日更新

97view

お気に入り

写真:Yasu

メキシコのローカルフードと言えばやはり「タコス」。色んなお肉とシャキシャキの野菜を香り豊かなトルティーヤに包んだもので、このシンプルな食べ物が恐ろしくうまいんです!本場メキシコでタコスを食べまくった筆者が、タコスの食べ方からうまいお店の見つけ方まで徹底紹介いたします!

この記事の目次表示

メキシコの国民食「タコス」

誰しも一度は聞いたことがある「タコス」というメキシコの国民食。トウモロコシの粉(※)から作る「トルティーヤ」と呼ばれるクレープ状の皮に、肉や野菜などさまざまな具材をのせ、「サルサ(ソース)」をかけ、手で包んでかぶりつくというのが一般的なスタイルです。(※メキシコ北部では小麦粉から作られたトルティーヤも見かけます)

  • 写真:Yasu

そもそも、taco(タコスの単数形)には「軽食」という意味があります。ちょっと歩けば簡単にタコスのお店が見つかり、道ばたや広場なんかにもタコスの屋台は並んでいます。メキシコではタコスは誰からも愛されるファストフードなんです。

豊富過ぎるタコスの種類

「タコス」と一口に言っても種類は1つではありません。地域やお店によってさまざまなタコスが楽しめます。あまりに種類が多いのでここでは代表的なものを紹介します。

ビステック

タコスの基本とも言えるのがこのビステックでしょう。塩、こしょうで味付けされた牛肉を細かく刻んだものになります。とてもシンプルなタコスですが、どんな野菜をトッピングしても間違いなくおいしくなる一品です。

  • 写真:Yasu

アラチェラ

筆者が個人的に一番好きなのがこのアラチェラ。牛の横隔膜にあたり、日本の焼肉屋では「ハラミ」と呼ばれている部位です。もともと柔らかい部位ですが、メキシコではビールなどに漬けてさらに柔らかくし、下味をつけていることも多いです。どの店にもあるわけではないですが、筆者は見かけたら必ず注文していました。

カルニータス

ビステックに勝るとも劣らない人気具材がカルニータス。蒸し焼きした豚肉を細長く引き裂いたもので、肉がとても柔らかくなっていて、口の中でホロホロと旨味をたっぷり染み出しながら崩れていきます。シャキシャキした野菜と相性抜群です。

  • 写真:Yasu

パストール

豚肉のかたまりをケバブのように回転させながらバーナーで焼き、その肉をそぎ落としたものを具にするもの。パイナップルをトッピングするのが一般的です。メキシコ北部よりも、中心部から南部にかけてよく見かけるタコス。一度食べると癖になりますよ。

  • 写真:Yasu
  • 写真:Yasu

チョリソー

ピリ辛のソーセージをほぐしたものです。ピリ辛ソーセージの旨味が、野菜とトルティーヤの香ばしさで優しく包まれます。ちょっと違った味を・・・という時にぴったりです。日本でイメージするメキシコ料理っぽさがあるのはチョリソーかもしれません。

その他

牛タンの煮込み、豚の頭、ホルモン系、鶏肉、羊肉、ヤギ肉、魚などなど・・・。何でもありなんです。そもそも、メキシコではどんな料理を食べるにしてもトルティーヤが付いてきます。そこに何かの具材をのせて包んでしまえばタコスの出来上がり。つまり、タコスに決まりきった形式なんて存在しません。自由に楽しめるのが「タコス」なんです!

  • 写真:Yasu
  • 写真:Yasu

タコスの食べ方

特に決まりはないですが、タコスの食べ方をご紹介します。お店によって多少の違いはありますが基本的な部分は変わりません。

屋台では、注文すると手際よく肉と野菜をトルティーヤにのっけて、「ハイヨ!」という具合にお皿に盛りつけたものを手渡してくれます。

  • 写真:Yasu

お好みで目の前に並んでいるサルサをかけます。けっこう辛いのもあるので要注意!でも、それが癖になるんです。そして、忘れてはいけないのがライムを絞ること。現地では「レモン」もしくは「リモン」と呼んでいます。サルサの辛さを程よく加減し、うまみを一層引き立てます。

  • 写真:Yasu

野菜は自分でトッピングをするお店もあります。

  • 写真:Yasu
  • 写真:Yasu

トッピングの種類が豊富な場所では欲張ってしまい、タコスかなんだかよくわからなくなります。

  • 写真:Yasu

こんな時はトルティーヤだけ追加注文すれば問題なし。

またこのように、専用のお皿にトッピングの野菜やサルサなどを持ってきてくれるお店もあります。

  • 写真:Yasu

野菜、サルサ、ライムの量を調整して、自分流のタコスの食べ方を見つけ出しましょう。ちなみに筆者は玉ねぎ多め、ライムたっぷりが好みです。

  • 写真:Yasu
  • 写真:Yasu

タコスがうまい店の見つけ方

あちこちに店が並んでいるため、どの店を選ぶのか本当に悩ましいところです。そこでタコスを食べまくった筆者が、主観ではありますがうまい店の見つけ方を皆さんに伝授します。ただ、これに関しては好みにもよるのであくまでも参考程度にしてください。自分のフィーリングを信じて飛び込むのも旅の醍醐味です。

客の数

もちろん多い方がいいでしょう。タコスは提供までに時間がかからないので、少し混雑していても長時間待つなんてことはありません。きれいなレストランで観光客が多い店よりも、地元の人々で溢れている屋台が個人的にはおすすめです!

  • 写真:Yasu
  • 写真:Yasu

トルティーヤは自家製か

多くの店はトルティーヤは外注しています。ただ店によっては、トルティーヤを自らの店で手作りしている場合があります。生地をのばす機械でプレスしてトルティーヤを焼いているのを目撃したら、そのお店はトルティーヤにもこだわりがあるということ。うまい店である可能性が高いです。

店主の表情と手際

その人の感覚の問題となってしまいますが・・・、やっぱり店主の表情から店の良し悪しは見えてくるものです。また、おいしいものが素早くお客の元に届くよう、手際良く作業しているかにも注目してみてください。

  • 写真:Yasu
  • 写真:Yasu

肉を刻む音

タコスのお店に近づくと、焼いた肉、煮込んだ肉を包丁で「カツカツカツ!」とリズムよく刻んでいる音が聞こえてくることがあります。この音が力強く、それでいて心地のいいいリズムのお店は、どういうわけかどの店も絶品でした。

  • 写真:Yasu

最後に・・・

今回はメキシコのタコスを紹介しました。タコスと言ってもそこに決まりきったルールは存在しません。メキシコではファストフードとして食べられており、1つ100円もしないものばかり。お店ごとの違いがあるので、様々なお店で色んな種類を食べ比べるのも面白いでしょう。ぜひ、メキシコに行った際には、自分No.1タコスを見つけ出してください!

メキシコの旅行予約はこちら

メキシコのパッケージツアーを探す

メキシコのホテルを探す

メキシコの航空券を探す

メキシコの現地アクティビティを探す

メキシコのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2020年5月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


キューバ・ハバナへの行き方&治安解説!子連れ旅行は可能?

現在、日本からの直行便は就航していないキューバの首都ハバナ。実際に2017年4月に家族旅行で行ってきた筆者の体験を元に、ハバナまでの行き方と現地の治安、子連れで...


コロナだけじゃない!メキシコはビール天国だった<世界のビール探訪>

マヤ文明やティオティワカン文明のピラミッド、美しい海が広がるカンクンなどで観光客に人気のメキシコ。世界各国を旅するとき、観光地だけではなく、ひとつの軸を持って複...

メキシコのコンセント・プラグ・電圧を解説!変圧器は必要?

メキシコ旅行の前に知っておきたい、コンセント・プラグ・電圧について日本との違いを徹底解説!変圧器がどんな時に必要か、また持っていくと便利なおすすめ電源グッズもご...

【カンクンより魅力的?!】メキシコのプラヤ・デル・カルメン滞在をおすすめする理由

メキシコのリゾートに旅しようと考えた際、真っ先に思い浮かぶカンクン。でも実は、カンクンよりもおすすめのリゾートが、同じユカタン半島にあるんです。今回は、メキシコ...

【グアダラハラ】メキシコ有数のインスタ映えスポット♡トラケパケの楽しみ方8選

メキシコのグアダラハラにある「トラケパケ」は、街全体がカラフルで、メキシコでも有数のインスタ映えスポット。今回は、国内からも国外からも人気となるこの街をしっかり...

この記事を書いたトラベルライター

自転車世界一周中の旅人
2011年に自転車で日本一周。そして、2017年6月から自転車で世界一周中です。
2017年6月から11月でオーストラリアとニュージーランドを走破。一時帰国し、2018年5月から北米~中米~南米~アフリカ~ヨーロッパ~アジアを走る予定です。

自然、文化、食・・・世界のあちこちからさまざまな情報を発信していきます。
https://feel-the-real-tell-the-real.jimdo.com/

【メキシコ】マヤ文明の美しき遺跡4選

アメリカ大陸の3大文明の1つであり、今なお多くの謎に包まれているマヤ文明。メキシコのユカタン半島には、そんなマヤ文明の遺跡が数多く残されています。今回は特におす...


【ニュージーランド】気軽に楽しめる2つの氷河 「フランツ・ジョセフ」と「フォックス」

日本では、簡単に見ることの出来ない氷河ですが、ニュージーランド南島には、近くの町から気軽に見に行くことが出来る氷河が存在します。その名も「フランツ・ジョセフ・グ...


【アメリカ】絶景の宝庫!グランドサークルの定番&穴場スポット

グランドサークルとは、アメリカのユタ州とアリゾナ州の境にあるエリアの総称。グランドキャニオンを筆頭に、国立公園が10ヵ所、国定公園が16ヵ所ある絶景の宝庫です。...

【オーストラリア】世界遺産「ブルーマウンテンズ」の定番&超穴場ビューポイント

オーストラリア最大の都市といえばシドニー。オペラハウスやハーバーブリッジが有名ですが、そんな街からたった2時間で行ける「世界自然遺産」があります。その名もブルー...

【ニュージーランド】エイベル・タスマン国立公園で海と森の大自然を満喫する!

ニュージーランド南島の北端に位置するエイベル・タスマン国立公園。国内では最も小さな国立公園でありながら、夏になると最も多くの人が訪れると言われています。今回は「...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?