三重
三重観光
古くからの巡礼の地であり、日本を代表する高級ブランド牛の生産地

【三重】イルミネーション以外で!なばなの里のマニアックな楽しみ方

取材・写真・文:

訪問エリア:45都道府県

2021年9月19日更新

69view

お気に入り

写真:mikish

今や全国的にも知られる、三重県の観光スポット「なばなの里」。イルミネーションが有名ですが、実はその他にもたくさんのお楽しみがある事をご存じでしょうか?これまでに何度も「なばなの里」を訪れた筆者が、ベゴニア、鯉のエサやり、ランチ、花市場など、なばなの里の奥深い魅力に迫ります。

この記事の目次表示

なばなの里でイルミネーション以外に何する?

国内最大級のイルミネーションが有名な「なばなの里」。お出かけスポットとして候補に挙がることも多いですが、小さな子供がいるなどの理由で「イルミネーションは夜遅くなるから行けない」なんてお考えの方!実は、なばなの里はイルミネーションだけじゃないんです。

入村料(入園料のこと)はかかりますが、その分昼間の園内は空いていて、子供ものびのびと遊べるスポットもたくさんありますよ。下の写真のように、イルミネーションが点灯している時は長蛇の列の撮影スポットも、昼間なら並ばずに撮影できるんです。

  • 写真:mikishイルミネーションスポットにあるコーヒーカップ

日中だけでも行く価値アリ、十二分に楽しめる「なばなの里」の、今回はイルミネーション以外、昼間にやれることばかりをご紹介します。

1.入館料を払ってでも入るべき!ベゴニアガーデン

  • 写真:mikish

なばなの里に入園する際必要な入村料は、イルミネーション期間中(10月下旬~5月末まで)は、大人2,300円(金券1,000円付)、それ以外の期間は大人1,600円。この入村料には、金券1,000円分が付いています。決して安くはないのですが、園内の施設「ベゴニアガーデン」への入館には、さらに1,000円が必要です。

施設の前では多くの人が、「果たして追加で1,000円も支払う価値があるんだろうか」なんて話し合っている様子を見かけますが、筆者の意見としては、「入るべき!!!」です。

  • 写真:mikish写真では全然伝わらない素晴らしさ

写真では伝わりにくいですが、館内はベゴニアを中心に、とても凝った植物園になっており、圧倒的な世界が広がっています。思わず感嘆の声を上げてしまうことでしょう。もちろんインスタ映え確定のスポットです。

またベゴニアガーデンという名前ですが、ベゴニア以外の植物もたくさん見ることができます。

  • 写真:mikish
  • 写真:mikish

珍しい食虫植物などが展示されていたり、

  • 写真:mikish
  • 写真:mikish

とっても映える可愛らしい展示があったり。敷地内のローズガーデンでは、完璧に育てられた見事なバラの花を見ることができます。写真にはありませんが、蘭の展示コーナーでは至福の香りに包まれて、まさに天国気分を味わうことのできる施設なのです。

  • 写真:mikish

外から想像するより遥かに広い空間が広がっているので、気になる「三密」とも無縁ですし、子供も大人も大興奮して、充実した時間を過ごせますよ。

ちなみに入園するタイミングによっては、チケット売り場にて「ベゴニアガーデン大人半額券」をもらえることもあるので、ぜひ活用してくださいね。

ベゴニアガーデン
三重 / 植物園 / 女子旅 / インスタ映え
住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270地図で見る
Web:http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html...

2.子供だけじゃなくて大人もやって!鯉のエサやり

鯉のエサやりは、子供が好きな遊びランキングに入選すること間違いなしですよね。なばなの里でも、1回100円でエサやりを楽めます。自販機に100円玉を入れると、粒状になったがエサが入っているモナカを入手できるので、モナカを割って、橋の上から投げ入れてみましょう。

  • 写真:mikishこの後大量の鯉が押し寄せました

こちらで飼われている鯉はすごく大きく数も大量なので、一斉にエサに群がる様子は圧巻。子供はもちろん、大人も、夢中になってエサやりできる楽しすぎるスポットです。

余談ですが、その日見かけた大人のお客さんの中に、モナカを割らずにそのまま投げ入れて、鯉たちを大混乱させている人もいました。100円玉を何枚かあらかじめ用意しておいて、心ゆくまで鯉のエサやり…!おすすめのアクティビティです。

3.食事に迷うならこれ食べて!海老かき揚げ

はじめにお伝えした通り、なばなの里の入村券には1,000円分の金券が含まれています。この金券は、園内のどこでも使うことが可能で、例えばベゴニアガーデンの入館料に充てたり、お土産に使ったり、日帰り温泉「里の湯」に使ったりと自由に利用できます。

そんな中、筆者がおすすめしたいのは「麺料理 芭蕉庵」で、海老かき揚げを食べるという使い方です。

  • 写真:mikish

こちらの写真が名物海老かき揚げ丼(1,450円)。ぱっと見た感じでは、油っぽくて重そうだなぁなんて思われるかもしれませんが、食べ始めてみればあら不思議♪サクサク軽い食感と、海老のプリプリした食感がクセになり、箸が止まらなくなること請け合いです。お蕎麦が好きな方には、ざる蕎麦とのセット(1,650円)もおすすめですよ。

ちなみにこちらのお店は大変人気店で、土日のお昼時は並ぶ覚悟が必要です。並びたくないという方なら、あえて15時頃の「おやつ時」に行って、空いた店内の静かな窓際の席でゆっくりと食事を楽しむのがおすすめ。サクサク食べられるので、「おやつ」としても最適です。

芭蕉庵
三重 / 和食 / そば / ランチ
住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270地図で見る
電話:0594-41-0772
Web:https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/restauran...

【おまけ】とにかく並ばずにランチをしたい方におすすめの方法

①前日までに電話でランチ(3,900円以上)の予約をする

3,900円と聞くと高く感じますが、実はこの代金の中には入村料が含まれているんです。イルミネーション期間中でしたら入村料は2,600円ですから、1,300円分の美味しい料理を並ばずに食べられるという、相当おトクな方法であるといえます。

詳しい情報はこちらをご覧ください。

②ランチをパンにする

あまり知られていませんが、なばなの里の出入り口横お土産売り場エリアにはパン屋さん「テンツーファイブ」があり、好きなパンをいくつか買って、店内席または外のベンチで食べることができます。またベーカリーにはちょっとしたケーキ売り場もあるので、デザートまでしっかり楽しめますよ。

レストランに並ぶのは骨が折れますし、ランチは簡単にパンを選ぶ、というのも一つの有意義な選択肢になることでしょう。パンだけでは物足りない場合は、先述したように、「おやつ時間」にレストランへ行けばよいですね!

テンツーファイブ
三重 / パン・サンドイッチ
住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270地図で見る
電話:0594-41-0761
Web:https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/shopping/...

次のページを読む

三重の旅行予約はこちら

三重のパッケージツアーを探す

三重のホテルを探す

三重の航空券を探す

(中部国際空港)

(県営名古屋空港)

三重の現地アクティビティを探す

三重のレンタカーを探す

三重の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年9月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021】12月の国内おすすめ旅行先28選!冬・年末の旅行にぴったりな観光地特集

12月はイルミネーションに雪景色など、全国各地で冬ならではの絶景に出会えるシーズン。雪見温泉も格別な時期です。12月の週末や年末旅行におすすめの国内旅行先をご紹...


【2020年版】みんなが行った国内の人気観光スポットランキングTOP50!

2020年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン...

【2020年版】全国の人気神社・お寺TOP60!旅行好きが訪れた寺社ランキング

2020年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた国内の寺社ランキング【2020年版】をご...

【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

【2022】2月の国内おすすめ旅行先40選!冬の旅行にぴったりな観光地特集

2月は北はまだまだ雪深く、この時期ならではの雪や氷のイベントが開催されている一方で、南は梅や早咲きの桜が開花し始める時期です。2月の週末旅行におすすめの国内旅行...

この記事を書いたトラベルライター

[国内97温泉地滞在]温泉旅をこよなく愛する子連れトラベラー
私にとって、未知なる場所へ行くことは最高の楽しみです。
目的地へ向かう道中も含めて、旅行が大好き。
そこで出会う人、景色、そして食べ物、すべてに心ときめきます。

大学卒業後は温泉に夢中になり、一日でも休みがあれば温泉旅行へ。
仕事帰りに夜行バスに乗って日本国内を周りました。

現在は1児の母として育児に奮闘しながら、のんびり家族旅行を楽しんでいます。

育児に頑張るママさんパパさん方へも
疲れた心と体を癒す旅行の情報をお伝えできれば幸いです。

【豊田市】鞍ヶ池公園にある無料動物園のクセがすごい!デートにもファミリーにもおすすめ

東海環状自動車道のハイウェイオアシスでもあり、アクセス良好な愛知県豊田市立鞍ヶ池公園は、ボート池・動物園・芝生広場・植物園など盛りだくさん。カップルにもファミリ...


共通語は英語!?クラブメッド石垣島で海外リゾート気分を満喫しよう!!

フランス発のリゾート、クラブメッドをご存知でしょうか?オールインクルーシブ(つまり滞在中は食べ放題&飲み放題&遊び放題)のリゾートです。沖縄県にあるクラブメッド...


【愛知】絶景ありグルメありブランコあり!日間賀島で遊びつくそう!

ご存知でしょうか?日本三大都市のひとつ名古屋市からたったの1時間強で行ける離島、日間賀島(ひまかじま)。昔から、近海でたくさん獲れるタコとフグがとても美味しいこ...

【豊田市】夏の香嵐渓で「流しそうめん」と森林浴!三州足助屋敷で過ごす涼しい週末

東海地方が誇る紅葉の超名所「香嵐渓(こうらんけい)」が、実は夏も楽しめるスポットだということをご存じでしょうか?流しそうめんなどのイベントも盛りだくさん、家族み...

【沖縄】ジャグジーから満天の星空も!カヌチャリゾートで過ごす休日

今度の大連休はリゾートへ行こう!という時にまず思いつくのが沖縄ですよね。今回は、沖縄県に数あるリゾートホテルの中でも広大な敷地面積を誇る「カヌチャベイホテル&ヴ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります