三重
三重観光
古くからの巡礼の地であり、日本を代表する高級ブランド牛の生産地

三重・なばなの里イルミネーションを宿泊して楽しもう

取材・写真・文:

奈良在住
訪問エリア:25都道府県

2018年10月23日更新

1,308view

お気に入り

写真:ゆきたか

三重県桑名市で開催される「なばなの里イルミネーション」は、圧倒的なスケールと美しさが人気です。混雑を避けてゆっくり楽しむには、周辺の宿泊施設に泊まるのもおすすめです。イルミネーションの見どころや宿泊施設を紹介します。

この記事の目次表示

なばなの里イルミネーションとは?

なばなの里イルミネーションは、毎年10月から翌年5月にかけて、三重県桑名市にある総合リゾートエリア「ナガシマリゾート」内の植物園「なばなの里」で開催されるイベントです。面積約43,000平方メートルの花園「花ひろば」などがある広大な敷地では、LED電球だけで装飾された灯りが美しく煌めき、その規模は国内最大級とも言われています。

▶2018年~2019年のイルミネーション日程
2018年10月20日(土)~2019年5月6日(月)

イルミネーションを満喫しよう

なばなの里に入園して、イルミネーションを鑑賞しましょう。入園料は、大人・小学生とも2,300円で、こちらには園内での食事、買い物などに使える1,000円分の金券が含まれています。

以下に見どころを紹介しましたので、そちらで記念撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。掲載している写真は、2017年度のものです。イルミネーションの内容は毎年若干変わりますので、参考にしていただきますと幸いです。

水上イルミネーション

  • 写真:ゆきたか川の流れを表した水上イルミネーション。奥にはチャペルが見える。

水上イルミネーションは、園内の池の上に設けられた大規模なイルミネーションです。幅約5メートル、長さ約120メートルの光の川は、なばなの里のそばを流れている木曽三川(木曽川・長良川・揖斐川)の流れを表しています。

園内の広範囲から眺められますが、特におすすめの場所は、チャペル対岸の橋の上です。次々と色が変わる光の川や、池に映るチャペルの灯り、光に照らされた木々が見渡せる、非日常の光景を楽しむことができますよ。

光の雲海

  • 写真:ゆきたか

光の雲海は、一面青いLEDで装飾されたエリアです。青い雲海のような広場には、細い小道があり、クリスタルホワイトのアーチが設けられています。このアーチを2人で通り抜けると幸せになるかも?といつからか言われるようなったこともあり、カップルに特に人気のあるスポットとなっています。

ツインツリー

  • 写真:ゆきたか

園内チャペルの前にある2本の木に、LEDを丁寧に装飾した「ツインツリー」では、毎年チャペルの鐘の合図とともに点灯式が行われます。約20メートルもあるヒマラヤスギが煌めく姿は、うっとりするような美しさで、園内でも多くの人を集めるスポットです。天然木の枝先まで装飾された豪華なイルミネーションを見逃さないでくださいね。

光のトンネル(回廊)

  • 写真:ゆきたか200メートルの光のトンネルは圧倒的なスケール。

2006年に登場した「光のトンネル」は、なばなの里イルミネーションを一躍有名にしたエリアで、園内でも一番の見どころです。約200メートルも続く圧倒的なスケールに驚かされますが、LEDに花びらの装飾がされた柔らかな光は、不思議と落ち着くものです。ゆっくりと歩いて鑑賞しましょう。

  • 写真:ゆきたか色の変化が楽しめる100メートルの光のトンネル。

光のトンネルは、もう1ヵ所あります。こちらは約100メートルと少し短いですが、調光プログラムにより、灯りがさまざまな色に変化することが特徴です。

筆者が訪れた2017年度は、サクラ色とグリーンのLEDが交互に煌めくもので、真冬でありながら春の訪れを期待させられるようなイルミネーションを楽しむことができました。2018年度は、ラベンダー色とグリーンのイルミネーションが点灯される予定です。

テーマエリア

  • 写真:ゆきたか

テーマエリアでは、毎年違ったテーマの映像を、多数のLED電球だけで表現する、壮大なイルミネーションが楽しめます。

  • 写真:ゆきたか2017年度のテーマは熊本県。くまもんや熊本城が映し出された。

2017年度のテーマは熊本県で、熊本城や阿蘇、天草などの風景のほか、熊本県のマスコットキャラクター「くまもん」がLEDにより映し出されました。

  • 写真:ゆきたか

映像投影を使わず、LED電球だけで立体的でなめらかな映像を表現しているのは珍しく、多くの人が足を止めてイルミネーションに見入っています。テーマエリアが見渡せる建物の2階では、寒い時期にうれしい温かい飲み物なども販売されています。こちらで休憩しながら鑑賞するのも良いでしょう。

2018年度のテーマは「JAPAN」~日本の情景~で、日本を代表する景観「富士山」や日本各地の景勝地など複数シーンが映し出される予定です。毎年訪れてみたくなりますね。

次のページを読む

三重の旅行予約はこちら

三重のパッケージツアーを探す

三重のホテルを探す

三重の航空券を探す

(中部国際空港)

(県営名古屋空港)

三重の現地アクティビティを探す

三重のレンタカーを探す

三重の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年10月23日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本一の花火に日本三大花火も!日本の有名花火大会12選

日本の夏の風物詩と言えばやっぱり花火大会!日本一打ち上げ数の多い花火大会や、日本三大花火大会をはじめ、各地で度肝をぬく花火大会が開催されています。一度は行きたい...


9月のイベント・行事まとめ!一度は足を運びたい全国のおすすめイベント特集

9月は秋季の例大祭やオクトーバーフェスト、見頃を迎える曼珠沙華やコスモスのイベントが各地で開催される時期です。9月に行われる全国のおすすめイベントをご紹介します...

1泊2日でお伊勢参りを満喫♪観光モデルコースをご紹介!

一生に一度は行きたい「お伊勢参り」。伊勢神宮への参拝は決まっているけど、グルメやショッピングはもちろん、温泉にも入りたい・・・。そんなあなたでも1泊2日で十分楽...

2020年12月のイベント・行事31選!一度は足を運びたい全国のおすすめイベント特集

12月はクリスマスを中心としたイルミネーションイベントや冬の花火大会など、冬の夜を楽しむイベントが各地で盛んに開催される時期です。12月に行われる全国のおすすめ...

2020年11月のイベント・行事36選!一度は足を運びたい全国のおすすめイベント特集

11月は西日本を中心に見頃を迎える紅葉のイベントが各地で開催され、イルミネーションイベントも本格化する時期です。11月に行われる全国のおすすめイベントをご紹介し...

この記事を書いたトラベルライター

奈良在住 日本酒好きなブロガー&ライター
半日でも時間があれば、どこかへ出かけたい性格です。行ったことのない街やカフェ、公園などに出かけ、お気に入りの場所を増やしていくことを楽しんでいます。日本酒が好きで、旅先では必ず地酒を買い求めます。公共交通機関を使って旅行やお出かけをすることも多いので、列車などでの旅を楽しみたいという方の参考になるような記事も書いていきたいと思っています。
http://odekake-ks.jugem.jp/

ピクニックに行こう!お弁当持参OKの関西の公園9選

今回は、お弁当を持ってお出かけするのに適した、関西の公園を紹介します。散策が楽しめる広い公園や、施設の充実した農業公園まであるので、ピクニックのついでに園内で遊...


【奈良】穴場あり!地元民がおすすめする桜の名所8選

奈良県には、吉野をはじめとする桜の名所がたくさんありますが、今回はその中から、奈良在住の筆者が選んだお花見スポットを8か所ご紹介します。多くの人が訪れる有名なス...


青い海を眺めてくつろごう!神戸で海の見えるカフェ4選

港町神戸を散策していると、あちこちにカフェを見かけます。スイーツが人気のお店、紅茶専門のお店など、個性的なカフェも多いのですが、眺望を売りにしたカフェもまた良い...

地元民が選ぶ奈良県の素敵なカフェ13選

奈良県のおすすめカフェを、長年奈良に住んでいる筆者が実際に訪れて選びました。スイーツやコーヒーが美味しい店、眺めの良い店、ホッと落ち着ける古民家カフェまで、個性...

【奈良】ハイキング初心者におすすめ!景色の良い明神山

奈良県王寺町にある明神山は、標高273メートルの小さな山です。ふもとの住宅地から山頂まで、徒歩約40分ほどで登れるため、ハイキング初心者や子ども連れにもおすすめ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります