モロッコ
モロッコ観光
活気あるマラケシュから世界遺産の町にサハラ砂漠まで

【モロッコ】フェズ旧市街のおすすめリヤド「Riad53」 伝統的な邸宅に泊まろう

取材・写真・文:

訪問エリア:41ヶ国

2019年6月18日更新

762view

お気に入り

写真:Emmy

モロッコでは古い邸宅を改装した素敵な「リヤド」に泊まれます。フェズ旧市街には多くのリヤドがありますが、立地、価格、スタッフなど全てが◎のフェズ観光初心者におすすめの「リヤド53」をご紹介します。

この記事の目次表示

リヤドとは

リヤドとは本来「中庭をもつ邸宅」を意味するアラビア語です。現在では主にモロッコの伝統的な邸宅を改装した宿を意味し、古いもので14世紀頃の邸宅をリノベーションしたリヤドもあります。

  • 写真:Emmy

リヤドの特徴

  • アットホームな小規模宿:部屋数が少なくオーナーが滞在していることが多いため、アットホームな雰囲気です。まるでモロッコ人のお宅に泊まらせてもらうような感覚を楽しめます。
  • 内装やインテリアが素敵:モロッコの伝統的な邸宅なので、中の装飾やインテリアがとっても素敵です。モロッコを思いっきり味わうことができます。
  • 1,000円台から泊まれる:高級リヤドもありますが、物価が比較的安いモロッコでは1,000円台からリヤドがあり、基本的には朝食付き1万以下で十分素敵なリヤドでに宿泊できます。
  • 写真:Emmy

「リヤド53」をおすすめする理由

メディナ(旧市街)の中には数えきれないほどのリヤドがありますが、その中でも「リヤド53」をおすすめする理由をご紹介します。

①迷わない便利な立地

メディナの中にはタクシーは入れません。迷路のように細い路地が入り組んでいて、特にリヤドはわかりにくい場所が多いです。メディナの中をスーツケースをもって自力で行くのは至難の業で、人が全く歩いていない路地も多いです。

  • 写真:Emmyメディナの路地
  • 写真:Emmy昼間でも薄暗いところがある

そのため宿は立地が一番大事です。詳しいアクセスは後述しますが、リヤド53は、タクシーを降りてから数秒で辿りつけ、メディナのシンボルである「ブー・ジュルード門」までも徒歩5分という好立地です。

  • 写真:Emmyブージュルード門

②素敵な中庭がある

中に入るとそこは別世界。タイルが美しい明るい中庭が広がります。厚い壁が外の音を遮断し、とても静かな空間です。

  • 写真:Emmy

中庭はリヤドで最も重要な空間で、ここはかつて家族や来客が集まって談笑するスペースでした。床のタイルや絨毯、扉の彫刻が素晴らしく、ここは滞在中自由に使用することができます。

  • 写真:Emmy

上を見上げると吹き抜けになっていてとても開放的です。

③モロッコらしい可愛いお部屋

それでは気になるお部屋をご紹介します。筆者が泊まったのは落ち着いた雰囲気のブラウンのお部屋(朝食付き一泊7,700円)です。こちらのダブルベッドの他にソファベッドもついています。

  • 写真:Emmy

他にもボルドーのお部屋、ブラック&ホワイトのお部屋があり、それぞれのカラーに合わせたお部屋になっています。

こちらがバスルーム。綺麗にお掃除されていて清潔です。お湯もしっかり出ますよ。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

趣あるモロッコ家具やインテリアが可愛くてたまりません。

  • 写真:Emmy

アラビアンな雰囲気漂うモロッコランプや絨毯も。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

お部屋には鉄製の格子窓が付いています。外からは中の様子が見えませんが、中からは見えるというマジックミラーのような役割をしています。

  • 写真:Emmy

この格子窓からは中庭が覗けます。

  • 写真:Emmy

④テラスでのんびりできる

リヤドの屋上にはテラスがついているのが通常です。メディナの風景を見渡すことができます。

  • 写真:Emmy

メディナの散策に疲れたら、リヤドに戻って屋上でまったりしたりできます。夜も幻想的です。

  • 写真:Emmy

⑤優雅な朝食を楽しめる

朝食会場は屋上になっています。こちらが朝食で、左からモロッコ風のクレープ、パンケーキ、マフィン、そしてフランスパン。たっぷりのフルーツ盛り合わせもついています。もちろんオレンジジュースは搾りたてオレンジ100%です。

  • 写真:Emmy

雰囲気の良いこちらで頂けます。

  • 写真:Emmy

フェズ観光情報

メディナ観光

スタッフに頼めばフェズの公認ガイドの手配もしてくれます。事前にメールで予約しても当日申し込みでもOK。英語半日ガイド250DH(約3,000円)、1日ガイド600DH(約6,000円)。日本語ガイドもいますがもう少し割高になり、人数が少ないので希望出来ない場合もあります。

  • 写真:Emmyメディナ観光で見られる光景

午前中に半日ガイドを頼んで名所を周ってもらったら、午後は自由に散策してみるのがおすすめです。素敵なカフェもたくさんありますよ。

ハマム体験

モロッコ伝統のハマムも紹介してもらえます。ローカルなハマムもありますが、リヤドで紹介されるのは送迎付きの外国人観光客用ハマムです。全身マッサージ付きで500DH(約7,200円)とモロッコ価格では高めですが、送迎付き&清潔なのでやっぱり安心です。

フェズ鉄道駅から「リヤド53」までのアクセス

フェズの鉄道駅からタクシーで約10分、メディナの郵便局前で降ろしてもらいましょう。相場は約15~20DH(約180~240円)。郵便局前にメディナの入り口があるので、入ったらすぐ右手に小さな階段があります。そこを降りたら右手にこの茶色い門があります。

  • 写真:Emmyリヤド53のメイン扉

迷うことなく、路地に入ることもなくすぐに辿りつけます。ちなみにその先はこのような路地が続いています。

  • 写真:Emmy

まっすぐ歩いて行くと旧市街のメイン通りの一つ「タアラ・セギーラ通り」に出ます。本当に便利な立地です。

終わりに

いかがでしたか?

  • 写真:Emmyフェズのメディナ最大の見所タンネリ(革なめし工場)

モロッコで絶対に泊まってみたいリヤドですが、たくさんありすぎてどこにすればいいか迷ってしまうと思います。リヤド53は立地も良いですが何よりスタッフが皆とても親切で、泊まってよかったと心から思える宿です。迷宮フェズで楽しいひと時をお過ごしください。

リヤド53
モロッコ / その他宿泊施設
住所:53 Derb Serraj , batha , fes madina | A Coté De La Poste Batha, Fez 30030, Marruecos地図で見る
Web:https://www.facebook.com/riad53fez/

モロッコの旅行予約はこちら

モロッコのパッケージツアーを探す

モロッコのホテルを探す

モロッコの航空券を探す

モロッコの現地アクティビティを探す

モロッコのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年6月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【モロッコ】サハラ砂漠でいざキャンプ!砂漠での過ごし方とは?

モロッコにある世界一大きな砂漠である「サハラ砂漠」。サハラ砂漠でテント泊を楽しめる「ドュンズ・ラグジュアリー・キャンプ」と砂漠での過ごし方についてご紹介します!...


【モロッコ】幻想的な青い町シャウエンの楽しみ方♡おすすめ宿やアクセスも

モロッコ人気観光地のシャウエンは、町全体がフォトジェニックな世界。何から何までブルーで染められた幻想的な町には、可愛い猫やモロッコ雑貨、展望スポットなど楽しみが...

【モロッコ】星空のサハラ砂漠に宿泊!リヤド・マムーシュのラクダツアー

世界最大の砂漠といわれ、アフリカ大陸の3分の1近くを占めるサハラ砂漠。このサハラ砂漠を楽しく手軽に楽しむことができる、メルズーガの町にあるホテル「リヤド・マムー...

【モロッコ】まるで異世界!アイット・ベン・ハドゥを個人旅行で楽しむ方法

土壁でできた城砦の集落「カスバ」。いくつか残るカスバの中で、世界遺産にも登録されている有名なカスバが、今回紹介するアイット・ベン・ハドゥです。映画『ソドムとゴモ...

意外と安全! 一人旅も安心の北アフリカ「モロッコ」 マラケシュから観光ガイドにない秘境と世界遺産を越えラクダでサハラ砂漠へ

北アフリカで一番治安が良く、世界中の旅行者に大人気のモロッコ。古くからヨーロッパと文化的交流もあり、海から砂漠まで特殊な自然環境に適応して多種多様な町を生み出し...

この記事を書いたトラベルライター

✿ かわいいと不思議と古いものが好き ✿
2018年間 “審査員特別賞”
2019上半期 “フォトジェニック賞”
2019年間 “アクセストップ賞” をいただきました

旅が人生のモチベーション。年々好奇心だけが向上していく30代。

一人旅の魅力を知ってから、国内外問わず旅に出ています。念入りな下調べ、計画は欠かせない慎重派。宿を決めない自由旅は憧れ。

メジャーな場所より、あまり人が行かないスポットに惹かれます。

可愛い街並みはもちろんのこと、
摩訶不思議な光景、大自然、秘境、
古い建築物、遺跡、お城やお寺 etc…

訪れた国は現在41ヶ国、国内は38都道府県。
海外も好きだけど日本も好き。

主に一人旅やフリーの旅人を意識して、詳しく正確な記事を心掛けています。

【イギリス】『ハリー・ポッター』ロケ地巡り!ファン必見のロンドン近郊完全版!

本場イギリスの『ハリー・ポッター』のロケ地。フォトジェニックなファン必見の名所を、ロンドン、そしてロンドンからアクセス可能なオックスフォード、コッツウォルズから...


ロンドン土産はこれで決まり!老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)の可愛いオリジナル商品♡

ロンドン旅行者必見のおすすめお土産!イギリスを代表する老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)のオリジナル商品は、おしゃれで品質も良くロンドンっ子や女性観光客...


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第一弾

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...

【イギリス】コッツウォルズおすすめの可愛い村完全ガイド!8つの村の見所とアクセス方法!

路線バスと列車で巡る「コッツウォルズ」周遊の旅!定番のバイブリーやボートン・オン・ザ・ウォーター、『ハリー・ポッター』ロケ地のレイコックなど、8つの村を訪れるモ...

【ポルトガル】女子旅にぴったり!ポルト観光おすすめ1日コース〜あの『魔女の宅急便』のモデルになった街〜

リスボンに次ぐ第二の都市ポルト。実はここポルトも『魔女の宅急便』のモデルとなったと言われているんです。それも納得、ドロウ川沿いの丘に立ち並ぶカラフルな家々は映画...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?