モロッコ
モロッコ観光
活気あるマラケシュから世界遺産の町にサハラ砂漠まで

【モロッコ】女子オススメ宿!お姫様になれる「リャド エ パレデ プランセス」inマラケシュ

取材・写真・文:

訪問エリア:41ヶ国

2019年12月23日更新

196view

お気に入り

写真:Emmy

モロッコに来たら絶対泊まりたいリヤド。リヤドとは、モロッコの古い邸宅を改装した宿のことです。中でもモロッコのマラケシュ旧市街でおすすめなのが、日本人女性に大人気の「リャド エ パレデ プランセス(Riad Palais Des Princesses)」。まるで宮殿のような空間で、お姫様気分を味わうことができます。

この記事の目次表示

リヤドとは

モロッコの伝統的な邸宅を利用した宿を「リヤド」と呼びます。中庭があるのが特徴的で、モロッコの伝統的な装飾やインテリアなども楽しめ、よりモロッコを堪能することができます。

  • 写真:Emmy

元々はお家として建てられた建物なので規模は小さめ。日本でいうペンションに近い、アットホームな雰囲気も魅力です。

リヤド エ パレデ プランセスをお勧めする理由

  • 写真:Emmy

マラケシュ旧市街には、たくさんのリヤドがあります。その中でも「リヤド エ パレデ プランセス」は、モロッコのリヤド特集の本にも紹介されており、日本人女性に大人気。その人気の秘密を詳しく見ていきましょう。

【1】女子にはたまらない装飾やインテリア

名前の通り宮殿を模したリヤドで、とにかく内装が豪華で素晴らしいのひとこと。どこもかしこも乙女心くすぐる装飾やインテリアで、女子に人気なのが頷けます。まるでお姫様になった気分で過ごすことができます。

  • 写真:Emmy

【2】ハマムが体験できる

リヤドにはハマム(モロッコ式のスパ)がついており、マッサージなども楽しむことができます。ハマムに行く際は荷物や貴重品の管理に困りますが、宿についていると便利で安心ですよね。女子旅で楽しめるのも魅力。

【3】フナ広場まで数分の好立地

マラケシュ旧市街の中心であるフナ広場から徒歩数分(約3~4分)という立地の良さもポイントです。マラケシュ旧市街の必須観光スポットのバヒア宮殿にも近いです。モロッコは暑いので、疲れたら観光途中に宿に戻って一休みできるのも嬉しいです。

  • 写真:Emmyフナ広場
ジャマ・エル・フナ広場
モロッコ / 観光名所
住所:Derb Chtouka, Marrakech 40008地図で見る

【4】豪華なのに低予算で泊まれる!

物価が安いモロッコですが、高級リヤドはお値段も張ります。しかしこちらのリヤドはこんなに豪華なのに、驚くべき安さです。シーズンにもよりますが、なんと2人で一泊約7,000円から泊まることができます。もちろんリヤド内は綺麗に清掃されており、ホスピタリティもあり、本当に全てが◎の宿です。

リヤド エ パレデ プランセスの紹介

それでは、気になるリヤド エ パレデ プランセスについて写真と共にご紹介致します。

まるで隠れ家のような入り口

どこのリヤドも旧市街の奥まった場所にあり、見つけるのがちょっと大変。探検気分で探しましょう。

  • 写真:Emmyリヤド・ズィトン・ケディム通り

リヤド エ パレデ プランセスはお店が並んでる賑やかな通り、「リヤド・ズィトン・ケディム通り」と「リヤド・ズィン・エル・ディド通り」の2つの通りの間にあり、どちらからも迷路のような路地を抜けて辿り着きます。下の写真2枚は、リヤド・ズィン・エル・ディド通りから向かう場合の路地。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

このような路地を右に行ったり左に行ったり、隠れ家を探している気分です。

下の写真はリヤド・ズィトン・ケディム通りから行くと辿り着くリヤドの入り口。本当にこの先に宿があるの?と思うような雰囲気です。でもよく見ると看板がありますね。

  • 写真:Emmy

美しいエキゾチックな中庭

ちょっとドキドキしながらもリヤドの入り口に辿り着き、中に入るといきなり中庭が広がります。リヤドの質素な入り口からは想像もつかない豪華で美しい空間!ここは宮殿??と思ってしまいます。

  • 写真:Emmy

特に夜間、上の階のテラスから望むと、より幻想的に見えます。モロッコ独特のエキゾチックな雰囲気にうっとりしてしまいます。

  • 写真:Emmy

この中庭に面してフロントやお部屋に続く階段があるのですが、その扉の装飾も素晴らしいです。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

写真左がフロントの入り口。壁には丁寧に彫り込まれた石膏細工、木製の扉にも美しい彫刻と花模様が描かれていて、圧巻の芸術品です。そして右がお部屋へ続く階段の入り口です。まるで秘密の通路に続いているようですね。

可愛いお部屋

いくつかお部屋のタイプはあるのですが、今回は筆者が泊まったお部屋をご紹介します。

こちらがそのお部屋です。こじんまりとしていますが、居心地の良い空間です。ベッド上には本物の薔薇の花びらが散りばめられ、とってもロマンチック!

  • 写真:Emmy

壁に描かれたお花のペイントも、乙女心をくすぐるたまらない可愛さです。モロッコ家具やインテリアにも目を奪われます。

  • 写真:Emmy

ミントティーのウェルカムドリンクも用意してくれます。熱々の香り高いミントティーはモロッコの味です。

  • 写真:Emmy

こちらのお部屋はバスルームが室外にあります。もちろん自分専用なので安心です。バスルームにも花びらが散りばめられています。トイレットペーパーもお花の形に折られていたり、細かな気配りを感じます。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

開放的な屋上テラス

それでは、こちらもリヤドの見所である屋上テラスへ向かいましょう。リヤドの屋上は通常テラスになっており、宿泊者は自由に行くことができます。

シャンデリアのある豪華な階段を登っていきますが、本当にどこもかしも素敵すぎて目が泳ぎます。途中、中庭を覗けるバルコニーにも行けるので、まるで迷路のようなリヤドの中を探検してみましょう。

  • 写真:Emmy

そして屋上にたどり着きました!屋上は思った以上に広く、開放的!

  • 写真:Emmy

ソファのような椅子が置かれ、のんびりできるように工夫されています。旧市街の喧騒から離れて、ほっと一息つける場所です。

  • 写真:Emmy

旧市街も見渡すことができますよ。上から眺める旧市街もまた特別。特に夕暮れ時が美しいです。

  • 写真:Emmy

落ち着ける朝食会場

こちらが朝食会場で、白を基調とした落ち着いた雰囲気です。お野菜からスイーツまで、充実した内容です。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

終わりに

いかがでしたか?

  • 写真:Emmyリヤドの近くに素敵カフェもある(ラ・ファミーユ)

筆者は1年で3回モロッコに行き、リヤドに泊まるのが旅の楽しみの一つになっていました。リヤドは外からは想像つかない程豪華で開放的で、そのギャップに驚きます。そして装飾や色使い、インテリアや家具は本当に素敵でうっとりします。マラケシュ旧市街は人も物も多く、すぐに疲れてしまうので(笑)宿の快適さはとても重要です。泊まって絶対損はない「リヤド エ パレデ プランセス」で、ぜひお姫様の気分を味わってみて下さいね。

リヤド エ パレ デ プランセス
モロッコ / ホテル
住所:41 Derb Jamaa, Rue Riad Zitoun El Keddim, 40 000 Marrakech Medina,地図で見る
Web:http://www.palaisdesprincesses.com/en/

モロッコの旅行予約はこちら

モロッコのパッケージツアーを探す

モロッコのホテルを探す

モロッコの航空券を探す

モロッコの現地アクティビティを探す

モロッコのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年12月23日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【モロッコ】まるで異世界!アイット・ベン・ハドゥを個人旅行で楽しむ方法

土壁でできた城砦の集落「カスバ」。いくつか残るカスバの中で、世界遺産にも登録されている有名なカスバが、今回紹介するアイット・ベン・ハドゥです。映画『ソドムとゴモ...


【モロッコ】サハラ砂漠でいざキャンプ!砂漠での過ごし方とは?

モロッコにある世界一大きな砂漠である「サハラ砂漠」。サハラ砂漠でテント泊を楽しめる「ドュンズ・ラグジュアリー・キャンプ」と砂漠での過ごし方についてご紹介します!...

【モロッコ】星空のサハラ砂漠に宿泊!リヤド・マムーシュのラクダツアー

世界最大の砂漠といわれ、アフリカ大陸の3分の1近くを占めるサハラ砂漠。このサハラ砂漠を楽しく手軽に楽しむことができる、メルズーガの町にあるホテル「リヤド・マムー...

【モロッコ】フェズ旧市街のおすすめリヤド「Riad53」 伝統的な邸宅に泊まろう

モロッコでは古い邸宅を改装した素敵な「リヤド」に泊まれます。フェズ旧市街には多くのリヤドがありますが、立地、価格、スタッフなど全てが◎のフェズ観光初心者におすす...

【モロッコ】幻想的な青い町シャウエンの楽しみ方♡おすすめ宿やアクセスも

モロッコ人気観光地のシャウエンは、町全体がフォトジェニックな世界。何から何までブルーで染められた幻想的な町には、可愛い猫やモロッコ雑貨、展望スポットなど楽しみが...

この記事を書いたトラベルライター

✿ かわいいと不思議と古いものが好き ✿
2018年間 “審査員特別賞”
2019上半期 “フォトジェニック賞”
2019年間 “アクセストップ賞” をいただきました

旅が人生のモチベーション。年々好奇心だけが向上していく30代。

一人旅の魅力を知ってから、国内外問わず旅に出ています。念入りな下調べ、計画は欠かせない慎重派。宿を決めない自由旅は憧れ。

メジャーな場所より、あまり人が行かないスポットに惹かれます。

可愛い街並みはもちろんのこと、
摩訶不思議な光景、大自然、秘境、
古い建築物、遺跡、お城やお寺 etc…

訪れた国は現在41ヶ国、国内は39都道府県。
海外も好きだけど日本も好き。

主に一人旅やフリーの旅人を意識して、詳しく正確な記事を心掛けています。

【イギリス】『ハリー・ポッター』ロケ地巡り!ファン必見のロンドン近郊完全版!

本場イギリスの『ハリー・ポッター』のロケ地。フォトジェニックなファン必見の名所を、ロンドン、そしてロンドンからアクセス可能なオックスフォード、コッツウォルズから...


【イギリス】コッツウォルズおすすめの可愛い村完全ガイド!8つの村の見所とアクセス方法!

路線バスと列車で巡る「コッツウォルズ」周遊の旅!定番のバイブリーやボートン・オン・ザ・ウォーター、『ハリー・ポッター』ロケ地のレイコックなど、8つの村を訪れるモ...


ロンドン土産はこれで決まり!老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)の可愛いオリジナル商品♡

ロンドン旅行者必見のおすすめお土産!イギリスを代表する老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)のオリジナル商品は、おしゃれで品質も良くロンドンっ子や女性観光客...

【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第一弾

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...

【京都】絶品抹茶スイーツ5選!話題のとろける抹茶ティラミスも!

抹茶好き必見!インスタ映え「抹茶館」の抹茶ティラミスや絶品抹茶チーズケーキ、祇園の町家カフェのスイーツなど、抹茶好きの筆者がおすすめする、京都で味わえる5つの絶...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?