ニュージーランド
ニュージーランド観光
都市型の北島と大自然を楽しむ南島からなる

【ウェリントン】バスで30分!大自然と野生のオットセイがみられるアイランド・ベイ&オフィロ・ベイ!

取材・写真・文:

ニュージーランド在住

2020年1月8日更新

58view

お気に入り

写真:mumin

ニュージランドの首都、ウェリントン!街からバスで30分ほどの郊外にある「アイランド・ベイ」や「オフィロ・ベイ」に足を運べば、写真でみるような壮大な景色や不思議な成り立ちのレッドロックス、野生のオットセイを見ることができます。ここでは、そんな素敵なスポット、アイランド・ベイとオフィロ・ベイへの行き方や見どころをご紹介します。

この記事の目次表示

ニュージーランド・ウェリントンって?

  • 写真:mumin

北島と南島の2つの島からなるニュージーランドの、ちょうど中央に位置する街がウェリントンです。ニュージーランドの首都になります。カルチャーが発達した街で、アートやファッション、個性的なレストラン・カフェが数多くあります。

ウェリントンはバスの便がよく、バスを利用して少し郊外に出れば、海や山などのニュージーランドらしい壮大な景色を簡単に望むことができます。街中ではシティライフ、郊外に出ればアウトドアや大自然と、両方の魅力を気軽に楽しめる素晴らしい街です。

ウエリントン
ニュージーランド / 町・ストリート
住所:Wellington ニュージーランド地図で見る

アイランド・ベイ(Island Bay)、オフィロ・ベイ(Owhiro Bay)とは

アイランド・ベイ

  • 写真:mumin

アイランド・ベイは、ウェリントンの中心地から南方約5kmにある港町です。ウェリントンからバスで約30分のところにあります。町はフィッツロイ湾、クック海峡に面しており、かわいらしいレストランやカフェ、ギャラリーなどがあります。ビーチからはタプテランガ島の美しい景色も望めます。

オフィロ・ベイ

  • 写真:mumin

アイランド・ベイのお隣にあるのがオフィロ・ベイ(Owhiro Bay)になります。アイランド・ベイからは徒歩20分ほどの距離です。町が栄えているアイランド・ベイと比べると、オフィロ・ベイは、レッドロックスや野生のオットセイが見られる自然豊かな場所なのが特徴です。

観光客が少なくガヤガヤしていないので、ゆっくり過ごしたい方やニュージーランドの自然をたっぷり堪能したい方におすすめです。

アイランド・ベイ〜オフィロ・ベイへの行き方

ウェリントンの街中からは、車またはバスで向かう方法があります。バスを利用して行く場合、オフィロ・ベイへ向かうには途中で乗り継ぎが必要なため、アイランド・ベイまで1本で向かい、そこから歩いて観光するとわかりやすいです。

ウェリントンの「シティセントラル」とよばれる中心地から1番のアイランド・ベイ(Island Bay)行きのバスに乗り、30分ほどで到着します。下車するバス停は終点となります。

バス料金は、現金かウェリントン市内で販売されているバスカード「スナッパー(Snapper)」での支払いが可能です。クレジットカード払いはできません。運賃は、現金の場合$5(約350円)。バスの運転手に行き先を告げて支払います。

スナッパーを利用する場合、通常の運賃より少し安くなります。日本のSuicaのように、乗降時に入り口付近にあるカード機にタッチしてください。ちなみに、バスの中ではスナッパーの購入やチャージができないので、気をつけてください。

車で訪れる場合には、GPSなどを利用してアイランド・ベイ、もしくはオフィロ・ベイを目指してください。レッド・ロックスへの入り口となる場所にはビジターセンターがあり、そこに無料の駐車場があります。

観光前のポイント

  • アイランド・ベイとオフィロ・ベイの両方を観光して、徒歩約3時間のコースです。オフィロ・ベイのみを観光する場合は、徒歩で約2時間となります。
  • オットセイは冬の例年5月から10月頃に訪れます。年中いる訳ではないのでご注意を。それ以外の時期でも、1〜2頭みられるようです。
  • 後で紹介するレッドロックスへは、マウンテンバイクや4WD自動車でも乗り込むことができます。乗用車であれば、レッドロックス付近にあるビジターセンターに無料の駐車場があるので、そちらを利用することができます。
  • 歩きやすい靴と、海辺を歩くため肌寒くないよう上着、日の出ている日は日焼け止めや帽子、サングラス、水分に軽い軽食を持参することをオススメします。

アイランド・ベイの見どころ

Mc CORMACKのギャラリー

  • 写真:mumin

バスを終点で下車すると、まずはじめに現れるのが、壁に素敵なアートが描かれたMcCORMACK(マコーマック)のギャラリー。

アイルランド出身のアーティスト、マイケル・マコーマックのギャラリーで、ウェリントンの街や海辺の景色などを描いたポストカードやノートを販売しています。温かみのあるタッチで、ポストカードを集めているファンもいるほど。ぜひ覗いてみてください。

マコーマック・スタジオギャラリー
ニュージーランド / その他スポット
住所:McCormack Studio Gallery, 355 The Parade, Island Bay Wellington New Zealand 6023地図で見る
Web:https://www.michaelmccormack.co.nz

タプテランガ島

  • 写真:mumin

アイランド・ベイ沖に位置する島。上陸して散策やダイビングもできるようですが、海洋保護区になっているので、何も持ち帰らないように気をつけてください。

タプテランガ島
ニュージーランド
住所:Taputeranga Island地図で見る

カフェ「The Beach House and Kiosk」

  • 写真:mumin

アイランド・ベイからオフィロ・ベイに向かう途中にある、カフェ「The Beach House and Kiosk(ザ・ビーチハウス&キオスク)」。テラス席もあるゆったりとした店内です。ポーチド・エッグやグリルしたサーモンのサラダなどのブランチメニューが豊富なほか、軽食、キッズメニューも揃えています。

ドリンクメニューも豊富で、コーヒーやハーブティーのほか、インドのオーガニックティーなどの変わったものも。ビールやカクテルなどのアルコールの取り扱いもあります。

ザ・ビーチハウス&キオスク
ニュージーランド / カフェ・喫茶店
住所:410 The Esplanade, Island Bay, Wellington 6023, New Zealand地図で見る
電話:04 383 5108
Web:https://www.beachhouseandkiosk.co.nz

次のページを読む

ニュージーランドの旅行予約はこちら

ニュージーランドのパッケージツアーを探す

ニュージーランドのホテルを探す

ニュージーランドの航空券を探す

ニュージーランドの現地アクティビティを探す

ニュージーランドのWi-Fiレンタルを探す

ニュージーランドのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年1月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


一度は訪れてみたい憧れの場所!世界の有名映画ロケ地8選

大好きな映画のロケ地を訪れてみたい!一度はそんな風に考えたことのある人は多いのでは。今回は世界で愛されている有名映画のロケ地となったスポットをご紹介します。さあ...


年末年始の海外旅行におすすめの国・都市16選!お正月は海外で年越ししよう

お正月休みに海外旅行へ出かけたいという方に、冬にベストシーズンを迎える国や、年越しのカウントダウンイベントが魅力の旅行先など、年末年始の海外旅行におすすめの国・...

2泊3日で周遊可!ニュージーランド北島のおすすめ観光スポット6選

南北二つに分かれる島国ニュージーランドは、自然の雄大さから映画『ロード・オブ・ザ・リング』のロケ地として至る所で撮影がされており、中でも北島にはかわいいホビット...

ニュージーランドでのんびり クイーンズタウン&周辺の楽しみ方8選

ニュージーランドの南島にある、クイーンズタウンは山や湖に囲まれたコンパクトな街です。ニュージーランドの人達も大好きな場所で、世界中からも観光客がたくさん訪れる大...

【ニュージーランド】日本から最も気軽に行けるフィヨルド ミルフォード・サウンド

氷河によって削られてできた地形・フィヨルド。ノルウェーやアルゼンチンなど、世界数か所で見ることができますが、その中でも日本から最も行きやすいのがニュージーランド...

この記事を書いたトラベルライター

無計画さが玉にきず、自由気ままなトラベラー。
幼い頃からよく動き回る子どもだった私は、そのまま大人になり大の旅行好きとなりました。見知らぬ街で、はじめてみる景色や人との出会いが、冒険しているようで大好きです。国内外さまざまな場所へ行き、「旅をしながら暮らすこと」が将来の夢。自分の経験も踏まえつつ、読者の方に役立つ情報をお届けしたいと思います。

【岩手県】ここだけは行きたい!定番のおすすめ観光スポット5選

北海道に次いで広い面積をほこる岩手県は、世界遺産の「平泉」をはじめ、リアス式海岸で知られる「浄土ヶ浜」や「龍泉洞」など、歴史的建造物やうつくしい景勝の宝庫!日本...


冬の蔵王はこう楽しむ!山形・蔵王の見どころ4選&周辺のおすすめ観光スポット4選

宮城県と山形県の県境にそびえる「蔵王連峰」。日本百名山にも選ばれた美しい山は、夏はエメラルドグリーンの神秘の湖「御釜」や、冬にはスノーモンスターと呼ばれる「樹氷...


お土産も揃う、巨大市場!八戸観光の定番「八食センター」の見どころ10選

八戸観光といえばココ、「八食センター」。港町・八戸ならではの新鮮な魚介類や珍味、変わり種スイーツに八戸B級グルメモニュメントまで、ありとあらゆるものが揃う巨大市...

秋田観光の穴場、「抱返り渓谷」の見どころ完全ガイド!

神秘的な碧い渓流や、紅葉の名所として知られる「抱返り渓谷」。田沢湖や角館からも程近く、秋田観光の穴場スポットです。今回は抱返り渓谷に行くならおさえておきたい見ど...

岩手・三陸の景勝地「浄土ヶ浜」で、”青の洞窟”へ行ってみよう!

三陸がほこる、国の名勝「浄土ヶ浜」。まるで浄土のように美しいこの場所には、「青の洞窟」の異名をもつ魅惑のスポットがあるんです。ここでは浄土ヶ浜や青の洞窟の見どこ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?