ホノルル
ホノルル観光
ビーチもショッピングも大満足のオアフ島の中心

【ワイキキ】ゴールはヒルトンの花火!ピンクライントロリーで金曜無料イベント巡り★

取材・写真・文:

アメリカ在住
訪問エリア:36ヶ国

2018年5月7日更新

6,173view

お気に入り

ハワイ・ワイキキ周辺では、観光客向けの無料イベントが各所で開催されてます。まず訪れたいのが「ハイアット・リージェンシー」で行われる、無料のレイ作りやフラダンスショー。お隣のファーマーズマーケットで軽食をテイクアウトし、さらに高橋果実店のジェラートに舌つづみ。締めくくりには、「ヒルトン」のビーチで打ち上げる花火を見物!ピンクライントロリーを乗りこなせば、これらがすべて夕方からの数時間で楽しめてしまうんです。0円でワイキキの【フライデーナイト】を遊び尽くす裏ワザをご紹介します♪

この記事の目次表示

【フライデーナイト】ならではのお楽しみ!無料イベント巡り

ホノルルで金曜の夜、といえばハワイ好きの方はピンとくるはず。4つ星ホテル「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート&スパ」(※以下「ヒルトン」)のラグーンで、花火が打ち上げられるのは有名ですよね。日本からのツアーは金曜朝に到着する日程が多いため、初日の夜はまず花火…という方も多いでしょう。

  • 出典:www.photo-ac.com「レインボータワー」のすぐ横に花火が打ち上がります
  • 写真:かなたあきこヤシの木のシルエットと花火!いかにもハワイらしい風景

しかし、花火以外にも金曜のホノルルはお楽しみがいっぱい!今回は、乗り降り自由のトロリーバス「ピンクライン」を使って、すべて無料で遊び尽くす“フライデーナイト@ワイキキ”のモデルコースをご紹介します。

金曜無料イベント「タイムスケジュール」

  • 16:30 「ハイアット・リージェンシー」でレイ作り
  • 17:00  〃 フラダンス&ファイヤーダンス鑑賞
  • 17:45 「キングス・ヴィレッジ」ファーマーズマーケットで軽食購入
  • 18:40 「高橋果実店」でジェラート
  • 19:40 「ヒルトン」に到着、花火まで芝生or砂浜で軽食をいただく
  • 20:00 花火鑑賞

ワイキキトロリー「ピンクライン」とは?

ホノルルの主要ホテルとショッピングスポットを巡る便利な路線

ホノルル観光には欠かせない交通手段の「ワイキキトロリー」。乗り降り自由のトロリーバスが、ワイキキを中心とした主要観光地を定期的に循環しており、2018年4月現在で5つの路線があります。中でもよく利用されるのが、ワイキキのホテルとショッピングスポットを巡る路線、「ピンクライン」です!

ワイキキトロリーの公式HP(日本語)はコチラ

路線図もわかりやすいので、初心者でも安心!

今回の無料イベントで訪れるのは、こちらのMAPのエリア。まずは②「モアナ・サーフライダー・ウェスティン」と③「デューク・カハナモク像」の間の、ホテル「ハイアット・リージェンシー ワイキキビーチ リゾート&スパ」(※以下「ハイアット・リージェンシー」)からスタートしましょう。

【16:30】「ハイアット・リージェンシー」でオーキッドのレイ作り

「ハイアット・リージェンシー」の1F中庭はショッピングコートになっており、宿泊客でなくとももちろん利用OK。こちらの広場で毎週金曜16:30から開催されているのが、オーキッド(蘭)の生花を使ったレイ作りです。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこホテルの中庭はオープンエアで、開放的な雰囲気!

オーキッドの花に針で糸を通し、一つ一つ結んでいきます。英語がわからなくとも、見よう見まねで大丈夫。お姉さんがにこやかに対応してくれるので、子どもでもスムーズに作ることができます。

  • 写真:かなたあきこ

子どもには首飾りでなく、花冠に仕上げてくれました。完成した冠を一人ひとりに笑顔でかぶせてくれ、ハワイアン・ホスピタリティをたっぷり感じることができます。子どもにもとても良い思い出になりますよ♪

  • 写真:かなたあきこ

タトゥーペイントサービスも!

同じ会場内に、マジックペンでタトゥーペイントを描いてくれるサービスも。映画『モアナと伝説の海』のマウイばりの立派なタトゥー(こちらは本物)が入ったお兄さんが、器用にササッと描いてくれます。かなり精巧な出来栄え☆

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

【17:00】無料のフラダンスショー&ファイヤーダンスを鑑賞

17時頃になるとおもむろにハワイアンミュージックが流れ出し、フラダンスショーが始まります。2~3組のチームがそれぞれの衣装で登場し、ゆったり目からハードなものまで、見事なフラを披露。フィナーレは本格的なファイヤーダンス!目の前で炎が上がり、熱さを感じるほど臨場感あふれるショーです。

  • 写真:かなたあきこ

この日登場していたのは、代々ミクロネシアの伝統舞踊を受け継いできた家系のダンサーだそうで、権威あるコンテストの受賞歴もあるとか。無料とはいえ、侮れないレベルのダンスが鑑賞できることもあるので、ぜひお見逃しなく!

次のページを読む

ホノルルの旅行予約はこちら


ホノルルのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

ホノルルのホテルを探す

ホノルルの航空券を探す

ホノルルの現地アクティビティを探す

ホノルルのWi-Fiレンタルを探す

ホノルルのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ハワイのインスタ映え「スタバ」3選!ミント色のスタバやリザーブを紹介!

世界中で愛されているスターバックスコーヒーですが、ハワイにもオシャレなスタバがたくさんあります!その中でも、ミントグリーンのスタバは一生に一度は行っておきたいほ...


ハワイのチーズケーキファクトリーはランチ推奨!お勧めメニューも紹介!

ハワイ(オアフ島)のワイキキにある「チーズケーキファクトリー」は、ガイドブックに必ずと言っていいほど掲載されている、超王道の人気店!予約不可の店として知られてい...

ハワイ・ワイキキ周辺でディナーを食べるならここ!おすすめレストラン12選

ハワイ州オアフ島ホノルルの中心地でハワイ州最大のリゾート地、ワイキキエリアには数多くのホテル、コンドミニアム、ショッピングセンターや飲食店が立ち並び、年間を通し...

ハワイのロイズワイキキは「サンセットアワー」がお勧め!メニューや雰囲気を解説!

ハワイ・ワイキキにある「ロイズワイキキ」。やや格式高めのレストランながら、比較的お手頃な値段で、最高級の食事とサービスを堪能できる、日本人にも人気のお店です。特...

【オアフ島】王道から穴場まで!おすすめトレイルコース12選!!

オアフ島の観光で絶対に外せないおすすめのトレイルコースから、観光客がめったに行かないような穴場コースまでを、アクセスの仕方や気を付けておきたい点もあわせてご紹介...

この記事を書いたトラベルライター

フリーランスライター
◆◆トラベルライターアワード 2018年上半期・2018年年間・2019年上半期
◆◆「国内記事部門 アクセストップ賞」三期連続受賞!
◆◆https://tripnote.jp/minna/award/2019/1



学生時代のダイビング、社会人からのトレッキングを経て、海も山もあらゆる旅行&アクティビティが好きです。過去には夫の海外勤務に帯同し、2年半ほどドイツ・ミュンヘンで暮らしたことも。どこまでも地続きであるヨーロッパの利点を活かし、休みのたびにいろいろな国や街へ強行ドライブ旅を敢行していました。(1歳・3歳の子連れで、土日でミュンヘン⇔ミラノ往復など無茶もしました・・・)
帰国後数年間の東京暮らしを経て、2021年夏からアメリカへ移住。アメリカならではの大自然を満喫するのが楽しみです!

【豊洲】「チームラボ プラネッツ」徹底ガイド!お台場との違いは?

「チームラボ」のデジタルアートが体感できる【チームラボ プラネッツ】。お台場の【チームラボ ボーダレス】との違いは?会期はいつまで?などの疑問を解消しつつ、チケ...


【名古屋】「JR名古屋タカシマヤ」デパ地下で買いたいフード系お土産21選

名古屋駅に隣接する「JR名古屋タカシマヤ」で買いたい、おすすめの名古屋土産を厳選!甘・辛両方のスイーツやデパ地下ならではのお総菜、定番の名古屋土産の“タカシマヤ...


【上野動物園】シャンシャン観覧方法の裏ワザ❤混雑回避したい方必見!

2018年6月5日から、上野動物園の赤ちゃんパンダ【シャンシャン】の観覧方法が、整理券配布式から「並んだ順」に変更されました。連日混雑が続く中、できるだけ並ばず...

【舞浜】ボン・ヴォヤージュ&イクスピアリ!ディズニーグッズお買い物ガイド

東京ディズニーリゾートを訪れる楽しみの一つとして、可愛いディズニーグッズのお買い物が挙げられます。本記事では、舞浜駅前にあるTDR公式グッズショップ「ボン・ヴォ...

【奈良】女子旅で買いたい“かわいい”お土産10選

奈良の女子旅で買いたい、ビジュアルが可愛いお土産を厳選!人気の鹿モチーフをはじめ、奈良でしか買えないキュートすぎるお土産10点をご紹介します。奈良を旅する女子必...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります