岡山
岡山観光
桃太郎伝説の舞台として有名な、中国地方の交通拠点

目の前にダムが広がる絶景混浴露天風呂【岡山・湯原温泉】砂湯の魅力

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:20都道府県

2019年12月13日更新

1,642view

お気に入り

岡山県真庭市にある湯原温泉のシンボル・砂湯は、目の前にダムが広がる珍しい無料の混浴露天風呂です。最高のロケーションの中で楽しめるその露天風呂は、諸国露天風呂番付で「西の横綱」と称されており、地元の方々から観光客の方々まで多くの人々で賑わっています。今回は、目の前にダムが広がる絶景混浴露天風呂・砂湯の魅力についてご紹介します。

この記事の目次表示

砂湯とは?

岡山県真庭市の湯原温泉郷にある砂湯は、温泉街を流れる旭川の川底から湧く温泉を岩で囲った、24時間無料の天然混浴露天風呂です。

  • 写真:SaoRi

川の底から砂を噴き上げながらお湯が湧いていることから「砂噴き湯(砂湯)」の名称で呼ばれています。

  • 写真:SaoRi

塩素添加による消毒や濾過装置などは使われておらず、利用者のマナーと地元の皆さんの管理によって成り立っています。

  • 写真:SaoRi

「旅行作家の会」代表の野口冬人氏により、1977年に日本温泉協会発行の「温泉」誌上にて、この砂湯を諸国露天風呂番付において「西の横綱」と発表し、その規模やロケーションなどが高く評価されていることでも有名です。

川のせせらぎに大迫力のダム!最高のロケーション

砂湯は温泉街を抜けた奥にあり、湯原ダムのすぐ手前にあります。

湯場に到着すると、まず目に飛び込んでくるのは、大迫力の湯原ダムです。

  • 写真:SaoRi

湯原ダムは、高さ74メートル、長さ194メートルの大きさで、貯水量は中国地方一を誇っています。

全国的にもダムを眺めながら入れる露天風呂は珍しく、このロケーションを楽しみに来られる方も多いです。

ダム以外にも、旭川沿いに整えられた湯場では、川のせせらぎや風にそよぐ木々の音、鳥のさえずりなど、豊かな自然を楽しむこともできます。

  • 写真:SaoRi

お肌がすべすべになる低張性アルカリ高温泉の泉質に加え、この最高のロケーションでの入浴は、露天風呂番付で西の横綱と称されていることを実感・納得できる素晴らしさがあります。

入浴前に!入浴指南と心得を読もう

湯原温泉の名所として多くの観光客や地元の方で賑わう砂湯ですが、住民の方によって管理されており、一定のルールの元で広く開放されています。

  • 写真:SaoRi

砂湯保護のため、周辺の多くの場所にルールについて書かれた看板などが立っています。

  • 写真:SaoRi

以前は男女ともに裸で入ることが許されていましたが、平成24年の4月1日より入浴マナーが改正され、男女ともにタオルなどで前を隠し、みだりに裸を露出しないようにと注意が呼びかけられています。

  • 写真:SaoRi

他にも、湯尻より入って身を清めながら上流に移動することや、石鹸の使用禁止、飲食・飲酒の禁止など多々書かれています。

  • 写真:SaoRi

一見当たり前のことのように思えますが、ついうっかりしてしまいそうなことも多々書かれているので、入浴前には一度目を通してみるようにしましょう。

砂湯までのアクセス

砂湯がある湯原温泉郷は、米子自動車道湯原ICを降りて3kmほどの距離にあります。

砂湯より下流に約100m地点(湯原国際観光ホテル前)と、約300m地点(プチホテルゆばらリゾート前)に無料で駐車できる河川敷の駐車場があるので、そちらに車をとめましょう。

  • 写真:SaoRi

露天風呂がある上流側へと向かう歩道が整備されており、案内板も数多く立っているので、看板を頼りに進むと迷うことはありません。

  • 写真:SaoRi

露天風呂のすぐ近くにある寄りそい橋までは車で行くこともできますが、そこから先は車両進入禁止なので歩いて向かいましょう。

  • 写真:SaoRi

寄りそい橋を通り過ぎて奥へと進むと、ほどなくして砂湯に到着します。

おわりに

大迫力のダムと豊かな自然に囲まれた湯原温泉郷のシンボル・砂湯はいかがだったでしょうか?

  • 写真:SaoRi

砂湯のすぐ近くにある温泉街には、自由に楽しむことができる足湯や湯原温泉ミュージアムなどがあり、観光スポットも豊富にあります。

  • 写真:SaoRi

ぜひ、露天風呂番付で「西の横綱」を誇る砂湯の素晴らしさを体感されてみて下さいね。

【関連記事】

ダムのほとりに広がる温泉郷【岡山】湯原温泉の見どころ6選

手湯足湯鼓の湯
岡山 / 足湯・手湯
住所:岡山県真庭市湯原温泉地図で見る
湯原温泉ミュージアム
岡山 / 博物館・美術館
住所:岡山県真庭市湯原温泉124地図で見る
電話:0867-62-3485
Web:http://www.yubara.com/on-myu/
湯原温泉 砂湯
岡山 / 日帰り温泉
住所:岡山県真庭市湯原温泉地図で見る
電話:0867-62-2526
Web:http://www.yubara.com/onsen/higaeri/

岡山の旅行予約はこちら

岡山のパッケージツアーを探す

岡山のホテルを探す

岡山の航空券を探す

岡山の現地アクティビティを探す

岡山のレンタカーを探す

岡山の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本三名園【偕楽園・兼六園・後楽園】&三大庭園に負けないおすすめ庭園3選!

日本三名園と称される偕楽園、兼六園、後楽園。そして国内にはこの三大庭園にも負けない、美しい庭園が他にもまだまだ存在します。この記事では日本三名園と、同じく名園と...


【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...

【岡山】映画『八つ墓村』のロケ地「満奇洞」と「笹畝坑道」めぐりはちょっと怖い

岡山には横溝正史の映画の舞台となった場所がたくさんあります。中でも有名なのが映画『八つ墓村』の洞窟「満奇洞」です。事件のお屋敷になった歴史的価値のある旧家も残さ...

【岡山】犬島は廃墟マニアにはたまらない瀬戸内アートの島

瀬戸内の島々は近年アートのある場所として世界的にも注目を集めています。その中でも犬島は閉鎖された精錬所跡地を美術館としてオープンさせ、アート好きはもちろん、廃墟...

【岡山県】行って良かった神社・仏閣・名城・史跡スポット8選

全国でも1、2を争う晴天率から「晴れの国おかやま」と呼ばれている岡山県。言わずと知れた桃太郎伝説発祥の地であり、国宝級の神社・仏閣・名城・史跡が数多く現存してい...

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
子供の頃から現在に至るまでの生粋の転勤族!転勤の先々でその地ならではの良さを暮らしながら体感し、ディープに発信していきたいと思います!

特に体や足を使ったアクティブな取材が大好きなので、登山や探勝路などで出会った絶景や情報などをお伝えしていければと思います♪

ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...


【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...

【北海道】本店ならではのレアな商品がいっぱい!六花亭帯広本店の魅力

「マルセイバターサンド」のお土産などで全国的にも有名な、北海道を代表するお菓子メーカー・六花亭。帯広市周辺や札幌市周辺を中心に喫茶室を併設したお店が数多く展開さ...

いつ行く?鳥取砂丘!~鳥取砂丘の季節別楽しみ方&見どころガイド~

一生に一度は行っておきたい鳥取砂丘!「今年こそは行くぞ」と意気込んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?さて、漠然と「今年こそは」と考えているものの、どの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?