小樽市
小樽市観光
ロマンチックで異国情緒溢れる運河の街

【北海道】絶景とグルメを堪能できる港町・小樽散策5つの楽しみ方

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:47都道府県

2021年6月10日更新

2,428view

お気に入り

写真:サトホーク

札幌駅から電車で約35分〜でアクセスできる港町・小樽。明治時代から北海道の経済・物流の中心地として繁栄した町で、今もその面影を感じさせるスポットが残っています。さらに寿司や絶品スイーツが食べられるお店もあり、1日で十分楽しめるスポットやお店が満載!初めて小樽に訪れる方にもピッタリな散策の楽しみ方をご紹介します。

この記事の目次表示

【1】街のシンボル・「小樽運河」でロマンチックな景色を楽しむ!

  • 写真:サトホーク小樽運河

大正12年(1923年)に作られた、日本でも珍しい「埋め立て式運河」。全長1,140メートルの運河に沿って、物資を運ぶ小舟が行き交っていたといわれています。整備された石畳の遊歩道を歩きながら、石造りの倉庫群や洋館を眺めてみましょう。

小樽運河
小樽市 / 観光名所 / 夜景 / デート / 女子旅
住所:北海道小樽市港町 小樽運河地図で見る
電話:0134-32-4111(小樽市観光振興室)
Web:https://www.city.otaru.lg.jp/kankou/miru_asobu_tom...

散策だけでなく、船上からも石造りの倉庫群を楽しもう!

  • 写真:サトホーク小樽運河クルーズ

小樽運河は船上から眺めるのもおすすめ。「小樽運河クルーズ」は石造りの倉庫群から小樽港、北運河を巡る約40分間のコース。ナイトクルーズを含めて1日24便運航しています。

  • 写真:サトホーク

最初は街のシンボルである小樽運河の倉庫群からスタート。かつて海運で使われた倉庫群はリノベーションされ、レストランや結婚式場、観光施設として活用されています。

  • 写真:サトホーク

橋をくぐった後、小樽港に出ます。カモメを見られるのと同時に、北海道警察の船や大型客船を引くタグボートなどを見ることができます。ガイドの案内に耳を傾けながら、快適な船旅を楽しみましょう!

小樽運河クルーズ
小樽市 / クルーズ / 夜景 / デート
住所:北海道小樽市港町5−4地図で見る
電話:0134-31-1733
Web:http://otaru.cc/

【2】「ニトリ小樽芸術村」でステンドグラスと銀行の歴史を学ぼう!

  • 写真:サトホークニトリ小樽芸術村

小樽運河の近くにある歴史的建造物を利用したステンドグラスや絵画、アンティークを展示する3つの美術館と「旧三井銀行小樽支店」からなる芸術村。大手家具メーカー・ニトリが所蔵する貴重な作品が展示公開されています。

色とりどりの光の絵画をチェックしよう!「ステンドグラス美術館」

  • 写真:サトホーク神とイギリスの栄光

2016年7月にオープンした大正時代に建てられた旧高橋倉庫を利用したステンドグラス専門の美術館。19世紀後半から20世紀初頭にイギリスで作られた、約140点の教会のステンドグラスを展示しています。

館内最大級の規模を誇る「神とイギリスの栄光」は、第一次世界大戦の戦勝記念と戦没者の追悼の意を込めて制作され、教会に寄進された作品です。

  • 写真:サトホーク最後の晩餐

また2階には聖書で有名な「最後の晩餐」「種をまく人」などの作品も展示されています。目の前で光り輝くステンドグラスの作品を鑑賞してみて。

ステンドグラス美術館
小樽市 / デート / 美術館 / 女子旅 / 雨の日観光 / 建造物 / 歴史的建造物
住所:北海道小樽市色内1-2-17地図で見る
電話:0134-31-1033
Web:http://www.nitorihd.co.jp/otaru-art-base/stained-g...

“北のウォール街”を代表するスポット「旧三井銀行小樽支店」

  • 写真:サトホーク旧三井銀行小樽支店

かつて北海道経済の中心地として栄華を誇り、“北のウォール街”と呼ばれていた小樽。その当時を代表する建物のひとつが「旧三井銀行小樽支店」です。昭和2年(1927年)に建てられたもので、2017年9月1日から一般公開されます。

  • 写真:サトホーク

館内には銀行に関する貴重な資料が展示されているほか、貸金庫や応接室、会議室など、普段はめったに見られない部屋を見学できます。

旧三井銀行小樽支店
小樽市 / 建造物 / 歴史的建造物
住所:北海道小樽市色内1-2-17地図で見る
電話:0134-31-1033
Web:http://www.nitorihd.co.jp/otaru-art-base/former-mi...

2017年9月オープンの「似鳥美術館」も注目!

  • 写真:サトホーク似鳥美術館(旧北海道拓殖銀行小樽支店)

また2017年9月1日には、かつて北海道拓殖銀行小樽支店だった建物をリノベーションした「似鳥美術館」もオープン。明治から昭和を代表する日本画家・横山大観や川合玉堂の作品をはじめ、19世紀から20世紀のフランスを代表する「アールヌーヴォー・アールデコグラス」の作品が展示公開されます。

小樽運河の散策とあわせて、レトロな建築巡りと貴重な作品を見に行きましょう!

似鳥美術館
小樽市 / 雨の日観光 / 美術館 / 女子旅 / デート / 建造物 / 歴史的建造物
住所:北海道小樽市色内1-3-1地図で見る
電話:0134-31-1033
Web:http://www.nitorihd.co.jp/otaru-art-base/nitori-mu...
小樽芸術村
小樽市 / 美術館 / 観光名所
住所:北海道小樽市色内1-2-17地図で見る
電話:0134-31-1033
Web:http://www.nitorihd.co.jp/otaru-art-base/

【3】堺町通りの人気海鮮丼専門店「小樽海鮮丼エン」で海鮮ひつまぶしを食べよう!

  • 写真:サトホーク小樽海鮮丼エン

小樽ガラスの老舗「北一硝子(きたいちがらす)」やお土産店が立ち並ぶ「堺町通り」。その中で絶品の海鮮丼を味わえるお店が「北一ヴェネツィア美術館」の近くにある「小樽海鮮丼エン」です。

  • 写真:サトホーク海鮮ひつまぶし(税込2,138円)

おすすめの一品が「海鮮ひつまぶし」。小樽の市場で仕入れたウニやイクラ、カニ、アナゴ、サーモンなど11種類の新鮮な魚介を贅沢にのせたどんぶり。まずはそのまま食べた後、鯖節でとった「だし」と醤油、みりんを加えた「かえし」をあわせて作った「特製かえし醤油」と薬味を加えて食べます。

  • 写真:サトホーク

半分ほどになったところで「特製だし」をかけてお茶漬けにして食べるのもおすすめ。ご飯と新鮮な海の幸との相性は抜群ですよ♪

小樽海鮮丼エン
小樽市 / 魚介・海鮮料理 / ランチ / 海鮮丼 / うに / いくら
住所:北海道小樽市堺町5-25地図で見る
電話:0134-21-1000
Web:http://www.otaru-en.com/

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021年版】みんなが行った国内の人気観光スポットランキングTOP50!

2021年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン...


【2022最新】全国の人気水族館TOP35!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

【2022】北海道で買うべきお土産55選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

大人気スイーツから海鮮、チーズやヨーグルトといった北海道らしいグルメに、旅の記念になる雑貨まで、旅行ツウのトラベルライターが選んだ、北海道でしか買えないおすすめ...

北海道の人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

小樽運河や大通公園、函館山展望台など、北海道の数ある観光スポットの中で、トリップノートの6万3千人を超える旅行好きのトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に...

全国のおすすめ鉄道博物館&資料館24選!

歴代の東海道新幹線など39両の実物車両を展示する「リニア・鉄道館」や、充実の展示内容で1日遊べる「鉄道博物館」、運転シュミレータが人気の「京都鉄道博物館」など、...

この記事を書いたトラベルライター

日本の魅力を発信する旅男(タビオ)!
<★実績★>
☆トラベルライターアワード 2020年・年間☆
「国内記事部門 アクセストップ賞」受賞
☆トラベルライターアワード 2018年・年間☆
「国内記事部門 SNSシェアトップ賞」受賞
☆トラベルライターアワード 2017年上半期☆
「編集部特別賞」受賞

はじめまして。サトホークと申します。

旅とグルメが大好きなフリーライターです。2013年から旅行会社で約2年間販売業務をした後、広告会社で大手旅行会社の旅行商品パンフレットを中心とした約7か月間の編集職の経験を経て、現在は旅行やグルメの記事を中心に執筆活動を行っています。

日本国内を中心に有名な観光スポットから穴場スポットまで、月に1回、日帰りを含めて旅行に出かけてスポットの魅力を個人のホームページやブログで公開しています。

日本の四季の風景や観光施設、グルメまでおすすめポイントと散策の楽しみ方等をご紹介しています。
多くの皆さまに行ってみたいと感じていただける記事を執筆したいと考えています。
また取材依頼も待っています。Facebookまたはinstagramからメッセージを送っていただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
http://ameblo.jp/satohawk/

東京のブルックリン!蔵前で行きたい散策スポット・お店20選

東京を代表する下町・浅草の近くにある蔵前。駅近くには隅田川が流れていて、カフェや雑貨店など、倉庫をリノベーションしたおしゃれな建物がある点がニューヨーク・ブルッ...


【岡山】おすそ分けしたい!倉敷美観地区で買えるお土産のお店10選

風情のある白壁の街並み・倉敷美観地区周辺の観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買うだけ!でも、スイーツや雑貨など、いろんなお店が集まっていてどこで買おうか迷っち...


箱根の玄関口・箱根湯本を散策しよう!おすすめスポット・お店15選

新宿駅から小田急線の特急ロマンスカーで、東京駅からJRと箱根登山鉄道に乗って約1時間30分のところにある「箱根湯本」。大涌谷や芦ノ湖、仙石原といった箱根で人気の...

【滋賀】SNS映えしそう!長浜のおすすめ観光スポット・お店10選

豊臣秀吉が城を築いた城下町として栄えた滋賀県長浜市。長浜城をはじめ、「黒壁スクエア」や琵琶湖に浮かぶ「竹生島(ちくぶじま)」などインスタグラムに投稿してみたい観...

【岡山】倉敷美観地区で観光&グルメを満喫♪おすすめスポット10選

かつて江戸幕府の直轄地であり、輸送物資の集積地として栄えた町、岡山県・倉敷。日本初の私立近代西洋美術館をはじめ、町家や白壁の蔵をリノベーションしたお店まで、十分...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります