佐賀
佐賀観光
吉野ケ里遺跡が所在する、陶器の名産地

【佐賀】地元の人にも大人気の「道の駅」5選

取材・写真・文:

佐賀在住
訪問エリア:33都道府県

2021年7月29日更新

706view

お気に入り

写真:hithit

ドライブ中、気分転換や休憩のため気軽に立ち寄れる「道の駅」は、日本全国に1,100以上あります。地域の特産品や採れたて野菜など、見るだけでも楽しめる施設ですが、佐賀県で地元の人たちに大人気の「道の駅」をご紹介します。

この記事の目次表示

1.お昼前には売切れる採れたて野菜が魅力!「道の駅 山内」

  • 写真:hithit

「道の駅 山内」は、佐賀県武雄市の中心地である武雄温泉駅から、車で西へ約10分の場所にあります。特産品売り場「黒髪の里」にて、格安で販売される採れたて野菜は地元の人にも大人気で、午前中にはほとんどが売切れてしまいます。地元レストランのシェフも買い出しに来ることがあるんですよ。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

野菜の他にも、生花や苗などの植物も豊富。この地域の特産品である黒米を使ったパンや麺類も人気があります。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

近隣にはたくさんの窯元が点在していることから、焼物コーナーが広く充実しているのも特徴的。様々な作品を気軽に手にとって見られるので、お土産にもぴったりではないでしょうか。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit
道の駅 山内
佐賀 / 道の駅・サービスエリア / おみやげ屋 / ファーマーズマーケット
住所:佐賀県武雄市山内町三間坂甲14697番地2地図で見る
電話:0954-45-6009
Web:http://www.michinoeki-yamauchi.com/

2.災害時の拠点機能をもった最新鋭の「道の駅 しろいし」

  • 写真:hithit

2016年に登録された、比較的新しい「道の駅」。豪雨災害などに備えて、いざという時の拠点としての機能を持たせたユニークな施設です。

2階には特産品を使った展望レストランが併設されていて、広大な平野を望みながらお食事ができます。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

白石地区は佐賀県内でも特にお米や麦、玉ねぎ、レンコンなどの生産が盛んで、一大農業地帯として知られています。農産物の種類も多く、この地域ならではの郷土料理なども買うことができます。

500年以上の歴史がある「須古寿司」

  • 写真:hithit白石町の郷土料理「須古寿司」450円(税込)
  • 写真:hithit

商品でおすすめなのは、白石町須古地区に昔から伝わる郷土料理「須古寿司」。もち米を加えた酢飯に様々な具をのせた彩豊かな押し寿司で、どこか懐かしい素朴な味わいです。

道の駅 しろいし
佐賀 / 道の駅・サービスエリア / おみやげ屋 / ファーマーズマーケット / ソフトクリーム
住所:佐賀県杵島郡白石町大字福富下分306-4地図で見る
電話:0952-87-2116
Web:https://michinoeki-shiroishi.jp/

赤身肉にこだわったTOMMY BEEF

「道の駅 しろいし」の斜め向かいにあるのが「Farm to Table=農場から食卓まで」というコンセプトで白石牛の飼育から販売まで展開している、こだわりの赤身肉専門店TOMMY BEEF

自慢の肉を使ったハンバーガーが食べられて、おしゃれなカフェやBBQテラスもあります。こちらもぜひ立ち寄ってほしいお店です。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit
TOMMY BEEF(トミービーフ)
佐賀 / 肉屋 / カフェ・喫茶店 / ハンバーガー / ランチ
住所:佐賀県杵島郡白石町大字福富3806地図で見る
電話:0952-48-0005
Web:https://tommybeef.jp/

3.有明海を望む「道の駅 鹿島」

  • 写真:hithit

佐賀県鹿島市七浦にある道の駅。駅内の直売所「千菜市」では、様々な特産品が販売されています。

  • 写真:hithit

有明海の特産物と言えば海苔。種類の豊富さに驚きます。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

むつごろうわらすぼは、全国的にもすっかり有名になりました。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit
  • 写真:hithitむつごろうの干物480円(税込)、わらすぼの干物350円(税込)
  • 写真:hithitまるでエイリアン。顔が怖い“わらすぼ”

冬季には名産の牡蠣も1kg1,000円前後で販売されます。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithitみかんのソフトクリームは350円(税込)

また佐賀はみかんもたくさん取れます。こちらは、爽やかな酸味が美味しいみかんのソフトクリームです。

干潟体験

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

隣接する干潟交流館では4月中旬~10月の期間、佐賀の名物でもある干潟体験を受け付けています。鹿島は、干潟の中で行われる鹿島ガタリンピックというイベントが開かれることでも有名です。

館内には、ミニ水族館や展望台もあります。干潮になる時刻は季節によって異なりますので、詳細はお問合せください。

道の駅 鹿島
佐賀 / 道の駅・サービスエリア / おみやげ屋 / ソフトクリーム
住所:鹿島市大字音成甲4427-6地図で見る
電話:0954-63-1768
Web:http://michinoekikashima.jp/main/

次のページを読む

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
佐賀の旅行予約はこちら

佐賀のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

佐賀のホテルを探す

佐賀の航空券を探す

佐賀の現地アクティビティを探す

佐賀のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。


春の国内旅行におすすめの観光地43選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...

諸説あり!「日本三大稲荷」に数えられる有名稲荷を一挙紹介

日本三大稲荷といえば総本宮の伏見稲荷大社は必ずその1つに挙げられますが、残り2社は諸説あり、比較的知られた説の中だけでもなんと計13もの神社が候補に挙がっていま...

全国のグルメな人気観光スポット38選!食べ歩きも楽しい大型市場・朝市・商店街特集

北は北海道から南は沖縄まで、全国の大型市場・朝市・商店街など食べ歩きが楽しいグルメスポットを厳選!観光スポットとしても人気のグルメスポットをまとめて紹介します。

国内のおすすめドライブスポット・コース55選!車でのお出かけを楽しもう

絶景ドライブを楽しめる角島大橋や、富士山の眺めが見事な箱根スカイラインに西伊豆スカイライン、四季折々に花々が咲き誇る房総フラワーラインなど、車でのお出かけにおす...

この記事を書いたトラベルライター

東京育ちの帰国子女>田舎暮らし満喫中のデザイナー
東京育ちの帰国子女。紆余曲折あってなぜか今は佐賀県在住。小さい頃からどこへでもひとりで出かける冒険家の一面を持つ。海外でも事前に収集した情報をもとに積極的に自力で目的地に向かっていく傾向がある。モットーは「旅先の予定外は想定内、トラブルは学びの種」。絶景はもちろん、面白いこと、文化、グルメまで幅広く欲張りな旅をします。
http://hithit26.blog.fc2.com/

【広島】人気の街「尾道」でオススメのお土産10選

昔から坂の町、映画の町として有名な尾道ですが、最近はすっかり猫の町として、またレトロかわいい物に出会えるリノベーションの町として、たくさんの観光客が訪れる人気の...


一生行かないなんてもったいない!知られざる佐賀の魅力16選

福岡と長崎に挟まれ「一生行くことがない県」と言われる佐賀。「佐賀県」と聞いて頭に浮かぶのは、大多数の方が「がばいばぁちゃん」や、佐賀県をテーマにした芸人はなわの...


【佐賀】陶器市じゃなくても焼き物三昧できちゃう有田の秘密スポット

日本最古の歴史を誇る陶磁器のメッカ有田では、毎年ゴールデンウィークの頃に町全体で陶器市が開催されます。この時期は、日本国内のみならず海外からも大勢の焼物ファンが...

【佐賀】あの「鍋島」が飲み放題!鹿島の「酒蔵ツーリズム」

佐賀は九州の中でもお米の産地として知られています。収穫量は全国的にはそれほど多くはありませんが、日本穀物検定協会が行っている「米の食味ランキング」で最高ランクの...

【佐賀】春まで待てない!本当は教えたくない桜の名所10選

福岡と長崎にはさまれ、九州の観光コースでは素通りされてしまう佐賀県ですが、その分、手つかずの自然や古くからの物が今なお大事に残されている点が見直され、最近では都...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります