埼玉
埼玉
経済的に発展しながら、自然も豊か

【埼玉・秩父】長瀞ラインくだりで地球が創った渓谷美を楽しもう

2018年6月15日更新

91view

お気に入り

東京からわずか2時間たらずでアクセスできる埼玉県秩父市にある長瀞町。ここは世界的にとーっても貴重な場所ってご存知ですか?地中奥深くで行われた地質活動を、目の前で見ることができる世界でも類を見ない場所。長瀞一帯が地質学の研究拠点となり、多くの地質学者も輩出しました。「日本地質学発祥の地」と呼ばれるほどなんです。地質学と聞くと、ちょっと硬いイメージになってしまいますが、暑い時期には最高の渓流アクティビティとセットで楽しめるんです。清涼な水しぶきを浴びながら、ちょっと賢くなれる旅をしてみませんか?

この記事の目次表示

長瀞の由来は?

今回訪れる地は「長瀞(ながとろ)」です。どういった意味かご存知ですか?聞きなれない「瀞」は「水の流れがゆるやかな所」という意味です。水の流れがゆるやかで、長い川なので「長瀞」という名になったんですね。

  • 水の流れがゆるやかな所「長瀞」

東京から電車で2時間というアクセスの良さ、そして地質学的に貴重な土地ということで、年間の観光客数は約300万人に迫る勢いだそうです。長瀞で有名なのは何といってもラインくだり。長瀞のバラエティ豊かな自然を船から眺めることができます。

コースは3種類

長瀞ラインくだりには、3種類のコースがあります。Aコースと呼ばれる親鼻橋から岩畳までの約3キロと、Bコースと呼ばれる岩畳から高砂橋の約3キロ。そして、A,Bを一気に下る全コースの3種類です。

  • Aコース

ただし、混雑時やその日の水量によって案内されるコースは異なり、希望のコースをくだれないこともあります。できればAコースに乗れたらラッキーです。「長瀞のラインくだり」がメディアで紹介されるときに使われる画像・映像には、Aコースを紹介したものが多いんです。本記事では、そんな写真映えするAコースをご紹介します。


親鼻橋乗船所

券売所でチケットを買った後、Aコースの場合は船着場までシャトルバスで向かいます。ほんの数分車を走らせると、親鼻橋乗船所に到着。ここではズラズラっと並べられた細長い船が、我々の乗船を待っています。

  • ラインくだりの船

船頭さんの案内で、乗客は奥から順に着席。その際にライフジャケットを装着します。船頭さんの軽快な棒さばきにより、船は一気に川の本流へ!

  • 軽快な操舵

荒川橋梁

まず最初に現れるのは荒川橋梁。通称、親鼻鉄橋は、秩父線で使われている橋です。長瀞の川を横断するように掛けられた全長153mの橋で、秩父鉄道最長の橋です。

  • 荒川橋梁

こちらがまず最初のフォトスポット。橋の足の部分がかなり独特な形状なのがおわかりですか?よく見てみると、4段にわかれた楕円形をしています。この橋は「近代土木遺産」に選ばれています。

亀の子岩

次に現れるのは「亀の子岩」。そう、亀の形に見えるから「亀の子岩」です。ぼんやりしてると気づかず通り過ぎそうですが、ちゃあんと船頭さんが案内してくれますよ。

  • 亀の子岩

小滝の瀬

長瀞のラインくだりでよくTVに紹介されるのが、ここ「小滝の瀬」です。その名の通り、ここは小さな滝があり、こうしたラインくだりでちょっとしたスプラッシュ感を楽しむのにちょうどいいんです。地味すぎず、急すぎず、観光向けには本当にちょうどいんですね。

船には両サイドにビニールが取り付けられています。船頭さんの合図で、みんなでビニールを上にひっぱり上げます。小滝の瀬で、乗客に水がかかってくるようなところでは、このビニールで濡れないようにするんですね。自分たちでやるところが、さらにアトラクション感を盛り上げてくれて面白いです。

  • 小滝の瀬

ちなみに100%濡れないことを保障するものではありません。水量や座席の位置によっては結構水がかかってしまうことも。筆者が訪れた時は、進行方向前方の乗客2名が、荷物、半身ずぶぬれでした・・・。

この滝、長い長瀞の中で出てくるのは、ほんの一瞬だけです。長い川の中にどうしてちょっとだけ滝ができたのかというと、もともと進行方向に対してもっと右側に川がありました。そこががけ崩れにより埋まってしまい、今の場所に水が流れてきたのです。本来と違う方向に曲げられた川のエネルギーが、川の底を少しづづ削って、小さな滝を作り上げたのです。


秩父赤壁

今度は、両サイドに見上げるほどの断崖が現れます。川に沿った荒涼とした風景。高さ100m、幅500mで通称「秩父赤壁」と呼ばれています。「赤壁」と言えば中国揚子江の「赤壁」が有名ですね。「レッドクリフ」の呼び方で映画のタイトルにもなったので、そちらのほうがピンとくる人も多いかも。あの中国の赤壁に似ているということで名付けられました。

  • 船は秩父赤壁へ

残念ながらはっきり赤色をしているわけではないのですが、特に似ているのはこの形状。ここまでスパっと滑らかに断崖絶壁になっているところは、とっても珍しいんです。

  • 見事な断崖絶壁

長い年月をかけて地面から隆起した岩が、その際に生じた亀裂や割れ目にそって川に浸食され、このようなまっすぐな地形となりました。もともと切れ込みのあったところに力が加わって、こんなに綺麗に削がれたんですね。

部分部分赤いのは、岩の中に含まれる鉄分が表面にでてきて、酸化により赤くなったものです。

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月1日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...

鎌倉の恋の神様にご縁を願おう「葛原岡神社」

鎌倉の縁結びの神様として女性参拝者に人気なのが、「葛原岡神社」。縁結びのご利益を持つ神様はたくさんいらっしゃいますが、女性に人気なのは、至る所に女子力を高めてく...

お金を水で洗って収入UP!?鎌倉「銭洗弁天」

数々の有名な神社仏閣が密集する武家の古都・鎌倉。様々なご利益のスポットがありますが、中でも異彩を放つのが「銭洗弁天」。読んで字のごとく、ここでは「銭を洗う」ので...

どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅

「鎌倉」と言えば多くの人が連想するのが、青銅色の巨大な大仏様ではないでしょうか?そんな鎌倉のシンボル的な存在でありながら、実はいつ誰が何のために建造したものなの...

鎌倉で脅威の出世運を願うならココ!「佐助稲荷神社」

数々の有名な神社仏閣が密集する武家の古都・鎌倉。そんな鎌倉の中でも最強の出世運を誇る「佐助稲荷神社」。歴史上の超有名人をメキメキと出世させた実力を持つ神社です。...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?