埼玉
埼玉観光
経済的に発展しながら、自然も豊か

【川越】迷ったらコレ!お土産に喜ばれる定番のさつまいものお菓子4選

取材・写真・文:

千葉在住

2021年2月4日更新

335view

お気に入り

写真:自由旅クリエイターにじねこMii

小江戸として人気の川越は、さつまいもが有名です。でもお土産を選ぶ際、種類が多すぎてどれがいいのか分からない!なんてことも。そんなときは地元で愛される定番をあえて選んでみてはいかがでしょう?今回は川越でおなじみのさつまいものお菓子を4つご紹介します。

この記事の目次表示

【1】真っ黒い見た目にくぎづけ!「あまたまかりん」(1個¥161-税込)

  • 写真:自由旅クリエイターにじねこMii

あまたまかりんは「小江戸蔵里」でだけ買うことができるお菓子。紋蔵庵(もんぞうあん)という和菓子屋さんで作られています。

  • 写真:自由旅クリエイターにじねこMii

まん丸で真っ黒な見た目がインパクト大!生地には竹炭と金ごまが練り込まれているそうですよ。中にはさつまいも餡とこし餡が入っていて、ひと口噛むとカリッとした口当たり。いわゆるかりんとう饅頭です。香ばしい風味が口の中に広がって、やみつきになるおいしさ!

  • 写真:自由旅クリエイターにじねこMii

時間がたつとしっとりとした食感になるので、そのときはオーブントースターで温めてサクッとさせるのがおすすめです。

小江戸蔵里
埼玉 / おみやげ屋 / 日本酒
住所:埼玉県川越市 新富町1丁目10−1地図で見る
電話:049-228-0855
Web:http://www.machikawa.co.jp/

【2】あったかい蒸したてがおいしい「いも恋」(1個¥180-税込)

  • 写真:自由旅クリエイターにじねこMii

「いも恋」は「菓匠右門(かしょう うもん)」というお店が販売しているお菓子。「小江戸蔵里」でたまたまお話した地元の方が、「あまたまかりん」とともにおすすめしてくれました。なんでも川越ではおなじみの味なんだとか!

「いも恋」は温めて食べるお菓子です。川越に6店舗ある「菓匠右門」のうち、いくつかの店では蒸したての「いも恋」を買うことができます。筆者も「一番街店」で湯気に誘われ、熱々をいただいたのですが、店頭には行列ができるほどの人気でした。

  • 写真:自由旅クリエイターにじねこMii

山芋ともち粉を混ぜたモチモチの生地に、輪切りのさつまいもと粒あんが包まれた「いも恋」。ちなみにこの包む作業は機械ではできないため、すべて人の手でやっているんだそうです。

素材の味そのままのおいしさでクセになります。川越を代表するお菓子のひとつとして、地元の人に愛されているのも納得です♪

菓匠右門 一番街店
埼玉 / スイーツ / 和菓子 / 食べ歩き
住所:埼玉県川越市幸町1-6地図で見る
電話:049-225-6001
Web:https://imokoi.com/

【3】ちょっとおしゃれな懐かしの味♪「揚げたて芋けんぴ」(お土産用¥500-税込/食べ歩き用¥300-税込)

  • 写真:自由旅クリエイターにじねこMii

「芋けんぴ」といえばまさに「THE さつまいものお菓子」。昔懐かしのおやつというイメージですよね。そんなイメージを覆すようなお店がこちら「川越けんぴ工房直売店」。あか抜けておしゃれな雰囲気で、芋けんぴのイメージがガラリと変わりそうです。

  • 写真:自由旅クリエイターにじねこMii

じつは「川越けんぴ工房直売店」は「いも恋」を作っている「菓匠右門」の関連店のひとつ。市内にある菓匠右門のお店6店舗のうちの1店舗ですが、ここでは「いも恋」は販売しておらず、揚げたての「川越けんぴ」と「お芋のソフトクリーム」の専門店となっています。

  • 写真:自由旅クリエイターにじねこMii

「揚げたて芋けんぴ」は食べ歩き用とお土産用があり、一本一本が長くて食べ応えあり♪さつまいものおいしさがダイレクトに味わえるので、あっという間になくなっちゃいますよ。

川越けんぴ工房直売店
埼玉 / スイーツ / 食べ歩き
住所:埼玉県川越市中台元町2丁目9−3地図で見る
電話:049-223-2323
Web:https://imokoi.com/news/%E5%B7%9D%E8%B6%8A%E3%81%9...

【4】誰にでも喜ばれるお菓子「べにあかくん」(4個入り¥720-税込)

  • 写真:自由旅クリエイターにじねこMii

「べにあかくん」はテレ玉(テレビ埼玉)で流れるコマーシャルの、「和菓子屋さんのスイートポテト」というキャッチフレーズでご存知の方もいるかもしれません。

  • 写真:自由旅クリエイターにじねこMii

作っているのは「くらづくり本舗」という、明治20年創業の老舗の和菓子屋さん。バターの風味が効いたしっとりとした味わいで、いくつでも食べられそう♪お子さんからお年寄りまで、幅広く喜ばれるお土産だと思います。こちらも「あまたまかりん」でご紹介した、小江戸蔵里で購入できます。

さいごに

ご紹介したお菓子はどれもさつまいもを使っているのに、味わいも食感もまったく違い、それぞれの個性が楽しめるものばかり。地元で愛されるおなじみのお菓子だけあって、お土産にも喜ばれること間違いありません。もしお土産に迷ったらぜひ買ってみてくださいね。

埼玉の旅行予約はこちら

埼玉のパッケージツアーを探す

埼玉のホテルを探す

埼玉の航空券を探す

埼玉の現地アクティビティを探す

埼玉のレンタカーを探す

埼玉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年2月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


小江戸・川越で行きたい!SNS映えスポット15選

古くから商人の町として賑わった町、埼玉県・川越。「小江戸」とも呼ばれており、蔵造りの町並みをはじめ、季節ごとに祭りが行われる「川越氷川神社」など、インスタグラム...


川越散歩でお土産見つけた!美味しいものから雑貨まで19選

埼玉県・川越の魅力は、タイムスリップしたような蔵造りの町並みや、昔懐かしい菓子屋横丁など、歩いて散策できるスポットが集中していること。その上、おいしい食べ歩きグ...

埼玉・秩父の人気観光スポットTOP15!旅行好きが行っている観光地ランキング

長瀞や羊山公園、三峯神社に秩父神社などをはじめとする埼玉・秩父の観光スポットの中で、トリップノートの4万人の旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が実際に...

秩父好き筆者のリピート品!西武秩父駅前温泉「祭の湯」で買えるオススメお土産3選

自然あふれる埼玉県秩父市。そんな秩父市に2017年4月24日、駅直結の複合型温泉施設としてオープンしたのが、西武秩父駅前温泉「祭の湯」です。今回は何度も秩父へ訪...

埼玉の新スポット【ところざわサクラタウン】の5つの見どころ徹底ガイド

2020年11月、埼玉県・所沢市にオープンした商業施設「ところざわサクラタウン」。話題の「角川武蔵野ミュージアム」をはじめ、ホテルや飲食店、さらに「チームラボ」...

この記事を書いたトラベルライター

元バックパッカー、今はママライター。たくさんの楽しいを見つけたい!
独身時代はニュージーランドでのワーキングホリデーを経て、ヨーロッパを半年間放浪しました。帰国後は住み込みの派遣をしながら国内を転々としましたが、現在は2児の母。

レンタサイクルやローカル線、青春18きっぷを使って、近場で自由に楽しむ旅が好きです。
夢は子どもたちとのバックパッカー旅。
世界はまだまだ出会ったことのないもので溢れてる!


【好きなもの、興味のあるもの】
🌸世界各国の料理
🌸おいしいご当地グルメ
🌸江戸の庶民文化

ブログも日々更新中。

記事の執筆依頼お受けします。
https://cmiyumiyu.hateblo.jp

【東京】都内で富士山を参拝しよう~富士塚のある神社4選

富士山は昔から人々の信仰を集めてきた神聖な山。江戸時代には富士山に登って参拝する「富士詣で(ふじもうで)」が流行し、関東各地には富士山を模した「富士塚」がつくら...


【伊豆】絶品!「下田バーガー」と石廊崎のオドロキの場所にある「石室神社」

伊豆半島の中でも、南伊豆は明るく美しい海が印象的なエリア。そんな中、今回ご紹介するのは、下田に行ったらぜひ一度は食べておきたいボリューム満点の絶品「下田バーガー...


【茨城】おいも好きの聖地「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」はお楽しみ満載!

茨城県はおいも好きにはたまらない、全国でも有数のさつまいもの産地。中でもおすすめの場所が「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」です。ここは子どもから大人ま...

出身者がリアルに買って帰る自宅用の山形のお菓子7選

旅行にでかけると、お土産を何にしようか頭を悩ますことって結構ありますよね。しかもお土産選びで時間をとりすぎて、旅を楽しむ時間がなくなっては元も子もありません。そ...

繁忙期にも使える!JR東日本「えきねっとトクだ値」~早めの予約で新幹線や特急をお得に

旅行を計画する際に悩むことの一つが交通手段。ツアー参加、あるいは宿+新幹線などのお得なセットプランならそんな心配は不要ですが、中には宿泊先と交通機関のきっぷを別...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります