ソウル
ソウル観光
気軽に行ける海外旅行先として人気

【ソウル】朝鮮王朝へタイムスリップ!宮廷ドラマの舞台「昌慶宮」の歴史&見どころ11選

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:4ヶ国

2019年5月8日更新

6,167view

お気に入り

この記事の目次表示

【見どころその7】涵仁亭

科挙(朝鮮王朝時代に官僚を選ぶために国が行った試験)に合格した人々を王がもてなした場所が「涵仁亭(ハミンジョン)」です。

  • 写真:あやか涵仁亭

もともと「仁陽殿」という建物があった場所に建てられました。柱のみで構成された開放的な建築様式が特徴です。

▼涵仁亭の焼失と再建の歴史
1484年/前進である「仁陽殿」が創建
1592年/文禄・慶長の役で焼失
1634年/仁慶宮の「涵仁堂」を移築し「涵仁亭」と改称
1830年/大火で焼失
1833年/再建
現在に至る

【見どころその8】歓慶殿

王が実際に生活をしていた場所が「歓慶殿(ファンギョンギョン)」です。

  • 写真:あやか歓慶殿

第11代国王・中宗(チュンジョン)がここで崩御した後、第25代国王・哲宗(チョルジョン)に至るまで主に棺の安置場所として使われていたそうです。

また、日本でもNHKで放送され人気となった歴史ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』の主人公であるチャングムが中宗の治療を行った場所でもあります。

▼歓慶殿の焼失と再建の歴史
1484年/創建
1592年/文禄・慶長の役で焼失
1616年/再建
1624年/李适(イグァル)の乱(※)で焼失後すぐ再建※朝鮮王朝内で起きたクーデター
1830年/大火で焼失
1834年/再建
現在に至る

【見どころその9】通明殿

王妃の寝所が「通明殿(トンミョンジョン)」です。

  • 写真:あやか通明殿

女性の生活空間らしく、建物の周辺に花壇などがありました。また、宴会の場所としても使用されました。また、ここは「昌慶宮」の歴史でも紹介した禧嬪張が処刑された場所でもあります。

▼通明殿の焼失と再建の歴史
1484年/創建
1592年/文禄・慶長の役で焼失
1616年/再建
1624年/李适の乱で焼失後すぐ再建
1790年/火災で焼失
1834年/再建
現在に至る

【見どころその10】景春殿

1484年、王と王妃の生活空間として建てられたのが「景春殿(キョンチュンジョン)」です。

  • 写真:あやか景春殿

「昌慶宮」の歴史の中でも紹介した、ドラマ『イ・サン』でお馴染みの第22代国王・正祖(チョンジョ)と第24代国王・慶宗(ホンジョン)が誕生した場所でもあります。また「景春殿」と書かれた扁額は、第23代国王・純祖(スンジョ)の直筆によるものです。

▼景春殿の焼失と再建の歴史
1484年/創建
1592年/文禄・慶長の役で焼失
1616年/再建
1830年/大火で焼失
1834年/再建
現在に至る

【見どころその11】養和堂

「養和堂(ヤンファダン)」は、王妃の生活空間として建てられました。

  • 写真:あやか養和堂

1636年、清が朝鮮へと侵攻した丙子胡乱(ピョンジャホラン/へいしこらん)の際に第16代国王・仁祖(インジョ)が南漢山城(ナマンサンソン)に避難、翌年都に帰還するにあたり、ここ「養和堂(ヤンファダン)」に留まったと言われています。

▼養和堂の焼失と再建の歴史
1484年/創建
1592年/文禄・慶長の役で焼失
1616年/再建
1624年/李适の乱で焼失後すぐ再建
1636年~1637年/丙子胡乱で焼失後すぐ再建
1830年/大火で焼失
1834年/再建
現在に至る

世界遺産「昌徳宮」との連絡通路あり!

「昌慶宮」は世界遺産「昌徳宮」に隣接しており、連絡通路があります。

  • 写真:あやか世界遺産「昌徳宮」との連絡通路

隣接しているものの、正門同士が離れているために連絡通路が設けられているのです。正門近くにもチケット売り場はありますが、連絡通路前にもあるため、両方訪れる方はこの中間通路を利用すると便利です。チケットを提示すれば、自由に出入りできます。

昌徳宮
ソウル / 建造物
住所:서울특별시 종로구 율곡로 99地図で見る
Web:http://www.cdg.go.kr/eng/

「昌慶宮」の基本情報

営業時間

  • 9:00~21:00(入場は20:00まで)
  • 日本語ガイド案内あり/10:00・14:00(事前予約なし、【見どころその2】で紹介の玉川橋前集合)

休業日

  • 月曜日(祝日の場合は営業)

入場料

  • 小中高生/500ウォン(約50円)
  • 19歳~64歳/1,000ウォン(約100円)
  • 満5歳以下と満65歳以上は無料
◎「昌慶宮」をお得に楽しむ方法
①景福宮・昌徳宮・昌慶宮・徳寿宮・宗廟のセットチケット(有効期限1か月)/10,000ウォン(約1,000円)
②ディスカバーソウルパス
③「文化のある日」に訪問する
①〜③の方法についての詳細は下記の記事内で詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください。
【ソウル】五大古宮で唯一の世界遺産!最も美しいと称される「昌徳宮」徹底ガイド!
※「韓服を着て入場無料」になる方法はここでは対象外なのでご注意を。

アクセス

  • 地下鉄4号線/恵化駅4・5番出口より徒歩14分
  • 地下鉄3号線/安国駅3番出口より徒歩20分

※記事内1,000ウォン=100円で換算しています。

昌慶宮
ソウル / 建造物
住所:서울특별시 종로구 창경궁로 185地図で見る
Web:http://jpn.cha.go.kr/japanese/html/sub6/sub3.html

この記事を書いたトラベルライターから一言

  • 写真:あやか王様がここに居たんだなと思うと感動です!

筆者は以前より韓国の宮廷ドラマが好きで、現在も暇を見つけては最新作を見るほどのファン。「昌慶宮」は数々の歴史的な事件が起きた場所として有名でしたので、見学することを楽しみにしていました。当日はガイドツアーの時間に訪問できたため、参加したのですが、ガイドさんが「ここはドラマ◯◯の…」といった解説をしてくださり、非常に分かりやすく、私が何度も頷いていたことに気づいたのか「よく見てますね」とお褒めの言葉を頂きました(笑)。他の古宮に比べて人が少なくのんびり散策できるので、歴史好きにはおすすめですよ♩(あやか)

ソウルの旅行予約はこちら

ソウルのパッケージツアーを探す

ソウルのホテルを探す

ソウルの航空券を探す

ソウルの現地アクティビティを探す

ソウルのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ソウル】五大古宮で唯一の世界遺産!最も美しいと称される「昌徳宮」徹底ガイド

韓国・ソウルにある五大古宮をご存知ですか?古宮は、約500年続いた朝鮮王朝時代の生活を見ることができる歴史的な建物です。今回は、そんな五大古宮で唯一の世界遺産に...


韓国・ソウルの人気観光スポットTOP10!旅行好きが行っている観光地ランキング

韓国・ソウルの数ある観光スポットの中で、トリップノートの3万8千人を超える旅行好きのトラベラー会員(2019年6月現在)が実際に行っている人気の観光地をランキン...

【ソウル】歴史を知ってより楽しめる!路上美術館「梨花洞壁画村」でアート散策&見学における注意事項ガイド

日本から約3時間弱で行けるお隣の国、韓国。グルメ、ファッション、ドラマ、K-POPなど今や日本の若者にとっても身近な国ですね。そんな韓国・ソウルで、アートで町お...

【2019年版】みんなが行った海外の人気観光スポットランキングTOP50!

2019年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った海外の人気観光地ランキング...

乗り継ぎ時間に無料ツアー!仁川空港トランジットツアーのすすめ

世界約180都市に就航し、日本人旅行客も多く利用する韓国・仁川(いんちょん)国際空港。スカイトラックスが実施する空港ランキングで、2017年には「乗り継ぎにベス...

この記事を書いたトラベルライター

旅する歴女
東京生まれ、東京育ち。
田舎暮らしを求めて、2021年4月に茨城県の県北エリアに移住しました。

介護福祉士▷▷▷アーカイブ・大学史編纂の調査員▷▷▷地域おこし協力隊(現在)
フリーライターとしても活動中です。

好きなこと=「ことばとデザイン」を生業に、
生きていく方法を日々模索中。
https://note.com/ay_writer/n/n42f53162dc40

1日で満喫できる!尾道・しまなみ海道【生口島】のおすすめ観光プラン

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ全長約60キロメートルに及ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。瀬戸内海にある6つの島を9本の橋で結び、美しい景観やグルメ...


【鬼怒川温泉】駅周辺で買える!オススメお土産5選&お土産店のご紹介

「東京の奥座敷」と呼ばれる関東有数の温泉地、鬼怒川。鬼怒川温泉駅周辺にはいくつものお土産屋さんがあります。今回この記事では、実際に筆者が購入して良かったお土産を...


【栃木】鬼怒川温泉エリアをのんびり観光!1泊2日モデルコース

「東京の奥座敷」といわれる鬼怒川温泉。今回この記事では、実際に筆者が体験した、鬼怒川温泉の1泊2日のモデルコースをざっくりの時間と共にご紹介します。時間がなくて...

【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...

【栃木】車がなくても満喫できる!那須と宇都宮餃子を楽しむ日帰り観光プラン

東北新幹線や東北自動車道が通じており、都心からも日帰り可能な那須エリア。雄大な自然に囲まれ、夏は涼しく避暑地としても有名で、美術館や牧場など観光名所も沢山ありま...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります