四国
四国観光
”四国巡礼”で有名な、本州との交流が盛んなエリア

【四国】女子一人旅におすすめの観光スポット11選

取材・写真・文:

8,031view

お気に入り

この記事の目次表示

5.タオル美術館ICHIHIRO(愛媛)

タオルの生産量が日本一の今治市にある、世界的にも珍しいタオルをテーマにした美術館。

タオルの製造工程が見学できるブースやタオルアート、香り高い紅茶やお食事がいただけるカフェ、ヨーロピアンガーデンに面したレストラン、オリジナルのタオル販売など、様々な施設を併設しています。とくに「糸巻きの壁」はインスタ映えスポットとして人気!

タオル美術館ICHIHIRO
愛媛 / 女子旅 / 美術館 / インスタ映え
住所:愛媛県今治市朝倉上甲2930地図で見る
電話:0898-56-1515
Web:http://www.towelmuseum.com/

6.高知県立牧野植物園(高知)

昭和33年(1958年)、高知が生んだ植物学者・牧野富太郎(まきのとみたろう)の業績を称えるために開園された植物園が「牧野植物園」です。

約6ヘクタールの敷地内には「ダルマギク」や「ヒメノボタン」、「カトレア」、「イカリソウ」など、牧野氏が研究を重ねた季節の花や薬用植物のほか、高知で愛されてきた伝統園芸植物で、シャープな形をした「土佐寒蘭(とさかんらん)」など、約3,000種類が植栽されています。

まためしべやおしべ、受粉など、花の生態について詳しく紹介した「植物の世界」コーナーや、熱帯雨林さながらの温室のほか、緑に囲まれた癒しのカフェやレストラン、お土産さがしにもおすすめのミュージアムショップなども併設されています。

毎年2月に開催される「旅するラン展」はとくに人気の企画展で、温室内がカラフルなランに彩られた様子がSNS映えするとして女性に人気を集めています。

高知県立牧野植物園
高知 / 植物園 / インスタ映え / 桜の名所
住所:高知県高知市五台山4200-6地図で見る
電話:088-882-2601
Web:http://www.makino.or.jp/

7.臥龍山荘(愛媛)

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で一つ星を獲得した山荘。伊予の小京都と言われる大洲を流れる肱川の景勝地「臥龍淵」に臨み、肱川と冨士山を借景とした庭と茶室をもちます。

2016年には臥龍院、不老庵、文庫の3棟が国の重要文化財に指定されました。女子一人旅でゆったり、美しい庭園を眺める贅沢な時間を過ごしてみて。

臥龍山荘
愛媛 / 庭園 / 紅葉 / 観光名所 / インスタ映え
住所:愛媛県大洲市大洲411-2地図で見る
電話:0893-24-3759
Web:http://www.garyusanso.jp/

8.直島(香川)

香川県に属する瀬戸内の島の1つですが、位置としては岡山県宇野港からフェリーで約15分のところにある、人口約3,000人の小さな島です。

ベネッセコーポレーションが島内各地で行ってきたアート活動「ベネッセアートサイト直島」の取り組みなどをきっかけに、瀬戸内海でアート展示の先駆けの島となりました。

  • 出典:tripnote.jp黄かぼちゃ。この日は雨上がりだったので、柄が水たまりに反射しました!

世界的に人気の高い日本人アーティスト・草間弥生や建築家の安藤忠雄の作品もあり、現代アートの聖地として世界的にも注目されています。

直島
香川 / 町・ストリート / 島・離島
住所:香川県香川郡直島町地図で見る
電話:087-892-2299
Web:http://www.naoshima.net/

9.豊島(香川)

  • 出典:tripnote.jpphoto by ちゃん(ᵔᴥᵔ)さん

瀬戸内海の岡山と香川のちょうど間くらいに位置する、草間弥生のかぼちゃのオブジェで世界的に有名になった直島からフェリーで約20分、高松から約35分でアクセスできる人口800人の島です。

稲作、農業、そして酪農も盛んで、島の地形を生かした稲作の方法である棚田を利用した稲作がされており、現在でもその姿を見ることができます。2010年に豊島美術館がオープンしたことで、国内外から多くの観光客が訪れるようになりました。

豊島
香川 / 島・離島 / 女子旅
住所:香川県小豆郡土庄町 豊島地図で見る
Web:https://teshima-navi.jp/

10.女木島(香川)

瀬戸内海にうかぶアートな島のひとつ。その昔、鬼が住んでいたと言われる「鬼ヶ島大洞窟(通称:鬼ヶ島)」が中心にあり、その他のアート作品は港付近に集まっています。

カモメの駐車場は、女木島についてすぐの港にある作品。平面状になっているカモメたちは、海風でぱたぱたといろんな方向に動きます。そして段々の風は陶でできたブロックが積んである作品で、女木島にある段々畑を登って行くと、海を見渡す形で立っています。

女木島
高松市 / 島・離島 / 女子旅 / 桜の名所 / ハイキング
住所:香川県高松市女木町地図で見る
電話:087-813-0853

11.四国村(香川)

四国に点在していた、江戸時代から明治時代の古い民家33棟を移築した野外博物館。屋島の麓に1976年(昭和51年)に開館しました。約5万㎡の敷地には、祖谷のかずら橋や、現在ではほとんど見ることが出来なくなった小豆島の「農村歌舞伎舞台」などまであります。

お食事には、茅葺きの古民家を改装した「うどんのわら家」、神戸の異人館を移築した「ティールーム異人館」を利用できます。

四国村
高松市 / 博物館 / 紅葉 / 歴史博物館
住所:香川県高松市屋島中町91地図で見る
電話:087-843-3111
Web:http://www.shikokumura.or.jp/

次のページを読む

四国の旅行予約はこちら


四国のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

四国のホテルを探す

四国の航空券を探す

四国の現地アクティビティを探す

四国のレンタカーを探す

四国の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024】温泉街が有名な人気温泉地TOP18!旅行者が行っている温泉街・温泉地ランキング

有馬温泉や下呂温泉、草津温泉など、全国各地にある散策が楽しい温泉街が有名な温泉地を、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在...


一人旅におすすめ!車なしで巡れる日本の離島11選

満天の星空に癒される波照間島や、アートの島として人気の犬島、可愛いうさぎに触れあえる大久野島など、車なしでも島内を散策できる、一人旅におすすめの日本の離島をご紹...

【国内】女子ひとり旅におすすめ旅行先6選と各観光スポット!第一弾

1泊2日や2泊3日で一人旅を計画している女子必見!初心者にもおすすめの国内旅行先と各観光スポットをご紹介。京都を始め、一度は行きたい厳島神社や出雲大社、法隆寺な...

女子だけで楽しむ!女子旅におすすめの全国食べ歩きスポット11選

おしゃれなベーカリーも多い「旧軽井沢銀座通り」や、SNS映え抜群のスイーツが食べられる「仲見世通り」、あっと驚く最新グルメが満載の「竹下通り」など、女子だけで行...

国内おすすめの旅行先14選!女子旅・夫婦やカップルにもOKな大人旅♡

週末や3連休を使って国内旅行へ!全国各地を訪れた旅好きライターが、大人旅にぴったりな観光地を厳選しました。各県の主要スポットやおすすめスポットをご紹介しています...

この記事を書いたトラベルライター

一人旅大好きな編集部メンバー
女子一人旅歴10年以上!月1回は旅行に出かけ、47都道府県は一通り旅しました。観光が好きなので旅行先ではレンタカーを借りて、有名どころからマイナーだけど気になるスポットまで、できる限りたくさんの観光名所を巡ります。全国各地にある自分の好きな観光スポットをリピートする旅も、新しく好きな場所を開拓する旅もどちらも好きです。

【大阪】女子一人旅におすすめの観光スポット11選

レトロな街並みにおしゃれなカフェや雑貨屋さんが集まる中崎町や、岡本太郎の圧倒的スケールの世界観を楽しめる太陽の塔、ウォールアート探しも楽しい北加賀屋など、大阪の...


【関西】一人旅好きが選んだ!女子一人旅のおすすめ観光スポット24選

灯籠が連なる景観が人気を集める貴船神社や、ファッションをテーマにした神戸ファッション美術館、庭園を苔が緑の絨毯のように覆いつくす西芳寺など、一人旅好きの筆者が関...


【九州】女子一人旅におすすめの観光スポット18選

イギリス・コッツウォルズ地方を再現した湯布院フローラルビレッジや、自然の中で現代アートを楽しめる霧島アートの森、ぶらり散策が楽しい門司港レトロ地区など、九州の女...

【名古屋】日帰りの女子一人旅に!おすすめ観光スポット17選

アートにショッピングが楽しめる覚王山エリアや、御朱印が話題の別小江神社、名古屋を代表するパワースポット・熱田神宮など、名古屋の日帰り女子一人旅におすすめの観光ス...

【京都】一人旅好きが選んだ!女子ひとり旅のおすすめ観光スポット17選

ビロードのような苔の庭が美しい三千院や、ロケ地としても有名な水路閣も見どころの南禅寺、願いを一つだけ叶えてくれるお地蔵さんで知られる鈴虫寺など、一人旅好きの筆者...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります