シンガポール
シンガポール観光
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

【シンガポール】 ガーデンズバイザベイ見学のついでにローカルフードでおなか一杯になろう「サテー バイ ザ ベイ」

取材・写真・文:

東京在住

2019年7月24日更新

977view

お気に入り

ここ10年でたくさんの観光スポットができたシンガポール。その一つがガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。不思議な雰囲気を醸し出している巨木が立ち並び、SF映画のような風景がとても有名です。今回はそのガーデンズ・バイ・ザ・ベイの敷地内にあり、ローカルフードを思う存分楽しめる「サテー・バイ・ザ・ベイ(Satay by the Bay)」をご紹介します。

この記事の目次表示

最大88%OFF!格安航空券をお得に探す

サテー・バイ・ザ・ベイとは?

この施設の名前にある「サテー」とは、実は食べ物の名前です。一口大よりも少し小さめにカットした牛肉・鶏肉・羊肉・豚肉などを、香辛料で作ったタレでマリネし、串にさして炭火で焼いたものが「サテー」です。ピーナッツソースをつけながら食べるので、炭火の香ばしさとピーナッツの香ばしさが、肉汁とともに口の中に広がる一品です。日本で言うと「焼き鳥」に近いかもしれません。

  • 出典:www.flickr.comSatay @ Satay by the Bay (Singapore) by MarPa87

このサテーを中心に、シンガポールのローカルフードが食べられる屋台が10店舗以上集まっているフードコート(シンガポールでは「ホーカーズ」と呼びます)が、今回紹介する「サテー・バイ・ザ・ベイ」です。

サテー・バイ・ザ・ベイはどこにある?

サテー・バイ・ザ・ベイは、シンガポールの人気観光地の一つ「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」の敷地内にあります。

  • 出典:www.flickr.comLong Exposure: Supertree Grove by Marco Verch Professional Photographer and Speaker

有名な「巨木」スーパーツリーグローブ(Supertree Grove)からも歩いていけます。標識も出ているので、迷うことはありません。

  • 写真:Emily

サテー・バイ・ザ・ベイで何が食べられる?

それでは以下より、サテー・バイ・ザ・ベイで食べられるシンガポールのローカルフードをいくつかご紹介します。

1) サテー

ホーカーズ(フードコート)の名前にもなっている「サテー」。このお店がとても多く、サテー・バイ・ザ・ベイの「名物」の一つでもありますす。1本70セント(約55円)で、7本以上のオーダーから受け付けてくれます。

  • 写真:Emily

筆者は、豚肉・鶏肉・羊肉・牛肉をそれぞれ2本ずつオーダー。オーダーを受けてから炭火で焼いてくれます。

  • 写真:Emily

ピーナッツソースをつけなくてもおいしいくらい、香辛料で作られたタレがお肉にしみこんでいるのですが、やはりピーナッツソースをつけるとよりおいしい!ビールがぐんぐん進む一品です。

2)バクテー

  • 写真:Emily

漢字だと「肉骨茶」と書く「バクテー」。その漢字から推測するとおどろおどろしいものが出てきそうですが、実はスペアリブをコショウなどの香辛料と一緒に煮込んだスープで、ご飯にかけて食べることが多い一品です。一緒に煮込む香辛料が漢方であることも多いので、滋養にもいいのだとか。シンガポール人にとって薬膳料理でもあり、さっと食べられるファーストフードでもあるようです。

3) チキンライス

  • 写真:Emily

シンガポールと言えばチキンライス。茹でた鶏を載せた「ホワイトチキンライス」と、表面を焼いた鶏を載せた「ブラウンチキンライス」、どちらも楽しむことができます(4.5ドル(約356円)から)。

4) チリクラブ

  • 写真:Emily

甘辛いチリソースがたっぷりかかったチリクラブは「揚げ饅頭」を一緒にオーダーし、ソースをつけながら食べるのがおすすめ。お値段は張りますが、ビニール手袋を使いながらカニを豪快に割っていってカニ肉にかぶりつき、そのままソースもいただけば満足感は大きいです。手を汚したくない!という方も大丈夫。ビニール手袋が付いてきます!(45ドル(約3,563円)~※値段は季節による)

最後に

今回紹介した4品が、主なシンガポールのローカルフードですが、ここサテー・バイ・ザ・ベイにはほかにもシーフードの専門店があったり、カレーや麺のお店があったりと、なんでもあります。

また、ビーチにも近いので、雰囲気もとてもよく、ドリンク類を扱っているお店は24時間営業なのもうれしい点。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイを訪れたときはぜひ、サテー・バイ・ザ・ベイにも訪れてみてくださいね

サテー・バイ・ザ・ベイ
マリーナ / フードコート / アジア料理
住所:18 Marina Gardens Drive, Singapore, 018953地図で見る
電話:6538-9956
Web:http://www.gardensbythebay.com.sg/en/dining/satay-...
Booking.com

シンガポールの旅行予約はこちら

シンガポールのパッケージツアーを探す

シンガポールのホテルを探す

シンガポールの航空券を探す

シンガポールの現地アクティビティを探す

シンガポールのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年7月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


シンガポール料理・ご飯のおすすめ14選!シンガポールで食べたいローカルフード厳選

中国やマレーシアの食文化も入り交じったローカルフードが揃い、多彩な食事が楽しめるシンガポール。現地でぜひ食べておきたい、おすすめのシンガポール料理をご紹介します...


シンガポール在住者がおすすめするチリクラブの名店10選!気になる食べ方は?

シンガポール名物のチリクラブ。現地在住の日本人に人気の名店10選をご紹介します!気になる食べ方も解説していますので、これさえ読めばシンガポールのチリクラブ選びの...

シンガポールで食事するならココ!おすすめグルメ・レストラン25選

シンガポールでおすすめのグルメ・レストランを一挙にご紹介!観光地からもアクセスしやすい人気店を厳選しました。シンガポール旅行中の食事はこれでもう悩まない!

シンガポール・チキンライスのおすすめ名店7選!マリーナ・オーチャードなど人気エリアから厳選

シンガポールのオーチャードやマリーナなど観光客に人気のエリアにあるお店を中心に、有名店から穴場の人気店まで、シンガポールでチキンライスが食べられるおすすめの名店...

シンガポールでローカルな朝食を食べられるおすすめ店6選

シンガポールに来たからには、ローカルな雰囲気のお店でローカルなお客さんたちと、ローカルな朝食を食べたい!毎日とは行かないまでも、旅行中の一日ぐらいは、ローカル気...

この記事を書いたトラベルライター

グルメもアートも世界遺産も絶景も!とことん貪欲トラベラー
普段は粛々と、黙々と、真面目に仕事をこなす30代会社員。でも、心の中はいつでも、次の休みはどこに旅行しようかな〜と考えている。友達とワイワイ行く旅行も好き。一人で現地で知り合った方とビールを飲みながらお話しするのも好き。旅先で欠かせないものはその土地ならではの食、世界遺産、美術、そして人との交流!せっかく旅行するのなら貪欲に自分のやりたいこと、見たいもの、食べたいものはぜーんぶ楽しむ♪ アメリカ・フロリダ州オーランドとシンガポールは1年ずつ住んでいたことがあるので、特に好きなところ!

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...


【フランス・トゥールーズ】「バラ色の街」の観光必須スポット11選

フランスというと多くの人はその首都「パリ」を思い浮かべますが、ワインで有名なボルドーやバカンスの地として人気があるニース、食の街リヨンなど、個性豊かな都市がいく...


【ミャンマー】絶景!!落ちそうで落ちない不思議なゴールデンロック

東南アジア最後のフロンティアとして昨今注目を集めているミャンマー。国民の90%以上が仏教徒と言われています。パゴダという仏塔を配した寺院に行くと人々が熱心に信仰...

【オーストリア・ウィーン】宮殿の味!ターフェルシュピッツの名店「プラフッタ」

オーストリア料理の名物と言えば、薄くて大きい「ウィーン風カツレツ」でしょうか。しかし、「ターフェルシュピッツ」という料理も名物中の名物!日本ではなじみのない名前...

【フランス・トゥールーズ】A380が目の前に!エアバス社見学ツアー

世界初の総二階建ての旅客機として2005年に初飛行をして以来、世界中で多くの人を運んでいる、エアバス社のA380。このA380の組み立て工場がフランス・トゥール...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?