台北
台北観光
おいしくて楽しくて癒やされる♪週末ふらり旅もできる人気都市

台北MRT忠孝復興駅すぐ!「阿宗麺線」忠孝店で頂く台湾B級グルメ

取材・写真・文:

台湾在住
訪問エリア:4ヶ国

2017年3月19日更新

3,809view

お気に入り

写真:Chocolate ice cream

台湾のB級グルメの中でも人気が高い「麺線(ミェンシェン)」。やわらかい麺と、とろみのあるスープのハーモニーがおいしいこのローカルフードは、日本人にも大人気です。台湾には麺線を提供するお店が数多くありますが、特に「阿宗麺線(アゾンミェンシェン)」は連日行列ができるほどの人気店。阿宗麺線は、本店である西門店が有名ですが、座ってゆっくり食べたい時にはMRT忠孝復興駅近くにある忠孝店がおすすめ。西門店にはないテーブル席があり、きれいな店舗で座りながらゆったりと麺線が味わえるんですよ。

この記事の目次表示

台北のおすすめツアー
【WEB限定xホテル指定なしでお得に】■エバー航空*羽田午前発/現地午後発■『2.5つ星エコノミークラスホテル(指定なし)』宿泊*送迎なしのフリープラン*台北2泊3日間
38,200円~106,000円
【WEB予約限定商品】■エバー航空*羽田午前発/現地午後発■リピーター様続出!穴場的な『VIPホテル』宿泊*送迎なしのフリープラン*台北2泊3日間
39,500円~85,600円
【WEB限定xホテル指定なしでお得に】■エバー航空*羽田午前発/現地午後発■『3つ星スタンダードクラスホテル(指定なし)』泊*送迎なしのフリープラン*台北2泊3日間
40,200円~107,800円

テーブル席がある「阿宗麺線」忠孝店

  • 写真:Chocolate ice cream「阿宗麺線」忠孝店

本店の「阿宗麺線」西門店では、連日多くの人が立ちながらこのB級グルメを味わっている姿を見かけます。でも実は「阿宗麺線」はMRT忠孝復興駅近くにも支店があり、テーブル席で座りながらゆったりと麺線が味わえるんです。

忠孝店は、MRT忠孝復興駅4番出口から歩いてすぐとアクセスも便利。SOGO忠孝館の横にある、小さな道沿いにあります。

MRT忠孝復興駅は、人気の観光地「九份(キュウフン)」行きのバスが出ていることでも知られていますが、バスに乗る前に軽く食事をしたい、という時にも利用しやすいでしょう。

またお店の隣には、マンゴースイーツで有名な「Mango ChaCha」もあります。「阿宗麺線」忠孝店で麺線を味わった後、隣でマンゴースイーツをいただく、という楽しみ方も良いかもしれません。

メニューはとってもシンプル

  • 写真:Chocolate ice cream

メニューは至ってシンプル。阿宗麺線の大か小を選ぶだけです。大椀(ダーワン)は65元(日本円で約240円)、小椀(シャオワン)は50元(日本円で約185円)となります。

※レートは2017年3月現在

あっという間に注文完了

  • 写真:Chocolate ice cream

そのためお店の人に大か小、パクチーを入れるか入れないかを伝えればあっという間に注文完了です。しかも店員さんは会計も調理もとってもスムーズ。その場で、目にも止まらない速さで麺線をよそってくれます。

人気店なので店の前に列ができていることもよくありますが、店員さんの手際が良いため待つ時間は思ったよりも短く感じることでしょう。

こちらが台湾B級グルメ「阿宗麺線」

  • 写真:Chocolate ice cream

こちらが、台湾B級グルメとして人気の阿宗麺線(小椀)です。とろみのあるスープは鰹節が効いていて、やわらかい麺とのハーモニーが抜群。

具として入っている大腸は味がしっかり染みていて、これがまたおいしいです。麺線はパクチーと一緒に口に入れることで、味の変化も楽しむことができます。リピーターが多いというのも納得のお味です。

味の調整も可能

  • 写真:Chocolate ice cream

店内には調味料が置かれているコーナーがあり、味の調整も可能です。辣椒(ラージァオ)と呼ばれる辛いタレ、蒜醤(スアンジャン)と呼ばれるにんにくのすりおろし、烏酢(ウーツー)と呼ばれる黒酢をお好みで加えることができます。食べている途中で調味料を追加して、味の変化を楽しむのも良いですね。

おわりに

「阿宗麺線」忠孝店は、座ってゆっくりと台湾ならではのB級グルメ「麺線」をいただける穴場スポットです。一人でも入店しやすい雰囲気なので、一人旅の食事にもおすすめですよ。ぜひ、台湾ならではの味を存分に楽しんでくださいね!

阿宗麺線 忠孝店
台北 / 中華料理
住所:台北市忠孝東路4段17巷2号地図で見る

台北旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならば台北のツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房で台北のすべてのツアーをみる>>

台北の旅行予約はこちら

台北のパッケージツアーを探す

台北のホテルを探す

台北の航空券を探す

台北の現地アクティビティを探す

(レストラン)

(チケット)

(現地ツアー&体験)

台北のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


台湾暮らしの筆者が厳選!台湾グルメおすすめランキングTOP10

台湾旅行ではひたすらおいしいものを食べ尽くしたい!という方は多いでしょう。この記事では、台湾で暮らす筆者が日本人の口にも合う絶品台湾グルメを、おすすめ店と一緒に...


台湾朝ごはんや夜食は豆乳店で!台北MRT中山駅近く【四海豆漿大王】

台湾旅行でぜひ楽しみたいのが、台湾ローカル朝ごはん。台湾の街には特色ある朝ごはん屋がたくさんありますが、台湾朝ごはんデビューにおすすめなのが「豆漿店(豆乳店)」...

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...

台湾朝ごはんの定番「豆漿店」を徹底攻略!おすすめメニュー7選

朝早くに台湾の街を散策していると、「豆漿」という文字が含まれている朝ごはん屋が賑わっているのを目にすることでしょう。豆漿(ドウジャン)とは豆乳のことで、豆漿店は...

【台湾で絶対食べるべきグルメ9選】実際に食べて美味しかったおすすめグルメ厳選!

台湾といえば、安くて美味しいグルメが目白押し!何を食べるか迷っちゃう、という方向けに、実際に食べて特に美味しかった台湾グルメと、そのグルメを食べられるお店をおす...

この記事を書いたトラベルライター

台湾の街歩き&グルメ情報ならおまかせ♪
台湾への語学留学、ワーキングホリデーを経て現在も台湾と日本をしょっちゅう行き来しているトラベルライターです。他のWEB媒体ではYui Imaiというネームも使用しています。

台湾で長く生活していくうちに、あたたかくてエネルギッシュでちょっぴりおせっかいな台湾がすっかり大好きに♪台湾を中心におすすめの観光スポットやグルメ、お土産情報など、はじめて旅行される方にもわかりやすい情報を発信していきたいと思います。
http://mangoxuehua.blog.fc2.com/

【台湾台北】リピートしたい台湾の人気土産!おすすめ10選

台湾旅行で気になるお土産選び。何を買って帰ろうか迷ってしまいますよね。この記事では、台湾暮らしの筆者が実際に渡して喜ばれた人気台湾土産を10選紹介します。ちょっ...


台湾朝ごはんや夜食は豆乳店で!台北MRT中山駅近く【四海豆漿大王】

台湾旅行でぜひ楽しみたいのが、台湾ローカル朝ごはん。台湾の街には特色ある朝ごはん屋がたくさんありますが、台湾朝ごはんデビューにおすすめなのが「豆漿店(豆乳店)」...

台湾朝ごはんの定番「豆漿店」を徹底攻略!おすすめメニュー7選

朝早くに台湾の街を散策していると、「豆漿」という文字が含まれている朝ごはん屋が賑わっているのを目にすることでしょう。豆漿(ドウジャン)とは豆乳のことで、豆漿店は...

台湾桃園国際空港第一ターミナルフードコートでグルメ旅!おすすめ店5選

台湾桃園国際空港には一体どんなレストランがあるんだろう?と思われるかもしれません。特に第一ターミナルは機内食が有料となるLCC路線の多くが発着することもあり、フ...

台湾土産に!台北・迪化街【紅海棠】の小さなプーアル茶がかわいい♪

台湾旅行で気になることの1つがお土産選び。「選ぶの楽しい!大好き!」という方もいれば、「何を差し上げたらよいのだろう」と頭を悩ませてしまう方もいらっしゃるかもし...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で台北の音声ガイドを聴く

台北の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?