タイ
タイ観光
多彩な魅力をもつタイには世界中から多くの旅行者が訪れる

【2020】タイのおすすめお土産16選!女性に喜ばれるお土産特集

取材・写真・文:

2020年3月6日更新

5,022view

お気に入り

ココナッツやバナナなどの南国らしい果物を使ったバラまきにぴったりなお菓子に、人気スパブランドの石鹸やジムトンプソンのシルク製品&お菓子などちょっと高級なお土産まで、女性に喜ばれるタイのおすすめ土産をご紹介します!

この記事の目次表示

1.BANGKOK COOKIESのトムヤム味

発酵させたタイ米を揚げて、トムヤムフレーバーで味付けしたもの。こぶりなサイズで軽い食感の、おせんべいのようなお菓子です。箱の中には個包装のパッケージが2袋入っています。他にもさまざまなフレーバーのクッキーが販売されているので、気になるフレーバーのものを選んでみて。甘いいわゆるクッキーも同シリーズで販売されています。

  • 1箱:180バーツ(約614円)

2.キングパワーのココナッツチップス

ココナッツチップスはタイの定番のお土産の一つ。こちらはタイの免税店であるキングパワーのもので、細長い形に薄くカットしたココナッツを乾燥させたものが、ダークチョコレートでコーティングされています。甘さは控えめで、食感も軽いので、パクパク食べられてしまいますよ。チョコがかかっていないプレーンなチップスも人気です。

  • 1袋:85バーツ(約290円)

3.Koh-Kaeのカシューナッツ

タイの人気リゾート地であるプーケットが名産地ということもあり、カシューナッツもタイの定番お土産の一つ。スーパーやお土産店でもいろんなカシューナッツが販売されています。

こちらはKoh-Kaeというタイのお菓子メーカーが販売している、トムヤムフレーバーのカシューナッツ。レモンライムを中心にハーブが効いていて、本格的なトムヤム味!お酒のおつまみにも良さそうな味わいです。25バーツ(約85円)とリーズナブルなのでバラまき土産にぴったり。

Koh-Kaeからは他にもいろんなナッツや豆のお菓子が販売されており、コンビニやスーパー、お土産店などいろんなところで購入することができます。

  • 1袋:25バーツ(約85円)

4.キングパワーのカシューナッツ

こちらは空港にも入っている免税店・キングパワーで販売されているもの。バターでローストされており、食塩は不使用ですが風味が豊かで物足りなさは感じません。値段は300バーツ(約1,023円)とさほどお手頃価格とは言えませんが、パッケージもきれいで値段なりの高級感はあります。

  • 1箱:300バーツ(約1,023円)

5.ブルーエレファントのタイ料理キット

バンコクにある高級タイ料理レストラン「ブルーエレファント」のタイ料理キット。写真左からパッタイ、トムヤムスープ、グリーンカレー、マッサマンカレーのキットで、それぞれにスパイスや調味ペーストなど味付けの決め手となる調味料が入っています。いずれも英語でのレシピがパッケージ裏面に書かれているので、チャレンジしやすいはず。

ブルーエレファントは平日のランチでも日本円で2,000円〜、ディナーになると1万円は下らない高級店ですが、キットは60バーツ(約202円)から購入でき、味もとっても本格的なので、お料理好きの方やタイ料理好きの方へのお土産としておすすめ。スーパーなどで購入できます。

  • パッタイ・トムヤムスープ・グリーンカレーぞれぞれ1箱:120バーツ(約404円)、マッサマンカレー1箱:60バーツ(約202円)

6.フリーズドライマンゴーチョコ

フリーズドライのマンゴーの周りにミルクチョコレートをたっぷりまとわせたお菓子。サクサクとした食感の甘酸っぱいマンゴーと、チョコレートがよく合っています。ドライマンゴーだと定番すぎるという方にも、一味違うマンゴー味のお土産としておすすめです。

  • 1箱:240バーツ(約819円)

7.JIRAPORNのナチュラルバナナ

JIRAPORNのナチュラルバナナは、時間をかけて育てた完熟バナナを太陽の光でゆっくり乾燥させたもの。ねっとりした食感で、バナナのおいしさがギュッと濃縮されています。原材料はバナナのみ、100%ナチュラルなのも嬉しい。一つずつ個包装になっているので、バラまき土産にもおすすめです。

  • 1箱:110バーツ(約375円)

8.ロールバナナ

縦に薄くスライスしたバナナを重ねて、ロール状に巻いて乾燥させたもの。砂糖不使用の自然な甘さで、バナナの風味も豊かです。タイでバナナのお土産といえばバナナチップも定番ですが、揚げているバナナチップと比べてヘルシーなのも嬉しいポイントです。

  • 1パック:230バーツ(約784円)

9.ジムトンプソンファームのフルーツゼリー

タイシルクで有名な「ジムトンプソン」の農園、「ジムトンプソンファーム」ブランドのお菓子。目を惹く黄色のパッケージに小さめのゼリーがたっぷり入っており、フレーバーはパパイヤ、パイナップル、グアバ、ジャックフルーツにストロベリー、メロンの6種類。

小さくカットされたフルーツが10%、フルーツジュースも15%の割合でゼリーに入っており、それぞれの果物の風味がしっかり感じられるフルーツゼリーです。ジムトンプソンの店頭などで購入できます。

  • 1つ:165バーツ(約563円)

10.タイのご当地プリッツ

タイの定番料理の一つ、ラーブ味のプリッツ。ラーブとはひき肉とハーブを使った辛いサラダのことで、お肉のフレーバーとピリッとした辛さが特徴のプリッツです。グリコの現地法人であるタイグリコが作っているだけあって、安定のおいしさ。こちらもバラまき土産に◎

  • 1箱:13バーツ(約44円)

11.シンハービール

タイのビールのトップブランドといえばシンハービール。日本でも輸入食料品店などで購入できますが、やはりタイで購入した方がリーズナブルなので、お酒好きの方へのお土産におすすめです。購入する場所によって値段はかなり変わってしまいますが、スーパーであれば比較的安く手に入るでしょう。

  • 1本:40バーツ(約134円)※スーパーで購入した価格

12.生姜茶

原材料は生姜とお砂糖だけの100%ナチュラルティー。タイではマッサージの後に生姜茶が出されることもしばしばあります。乾燥させて粉末状になった生姜がたっぷり使われており、お湯で溶かして飲むと喉にぴりぴりと刺激を感じるほど。身体が温まるので、冷え性の方へのお土産にもおすすめです。

  • 1箱:170バーツ(約580円)

13.ジムトンプソンのシルク製品

タイのシルク製品メーカーを代表する「ジムトンプソン」。スカーフや洋服、バッグなどさまざまなシルク製品を販売しており、タイ国内に複数のショップがあります。シルクなので高価ですが、比較的手が届きやすいのがポーチなどの小物類。さらにバンコクやプーケットにあるアウトレットの店舗ならば、定価の半額ほどで手に入るので、タイシルクをお土産にしたいという方はぜひ立ち寄ってみて。

  • ポーチ:580バーツ(約1,980円)※アウトレット価格
ジムトンプソン アウトレット スクンビット soi 93
オンヌット / 雑貨・インテリア
住所:153 Soi Sukhumvit 93, Bangchak, Phakanong, Bangkok 10260地図で見る
電話:02-332-6530〜4
Web:https://www.jimthompson.com/
ジム トンプソン アウトレット (カナルビレッジ店)
プーケット / 雑貨・インテリア
住所:Canal Village Laguna Shopping, Choeng Thale, Thalang District, Phuket 83110 タイ地図で見る
Web:https://www.lagunaphuket.com/canalvillage/?
ジム トンプソン アウトレット(コートヤード店)
プーケット / 雑貨・インテリア
住所:The Courtyard, Wichit, Mueang Phuket District, Phuket 83000 タイ地図で見る
Web:https://www.jimthompson.com/the-courtyard-outlet-s...

14.sabooの石鹸

石鹸もタイの定番お土産の一つ。こちらはいろんなお土産店で見かけるsabooのもので、南国らしいハーブや花のフレーバーが揃う、100%手作りの石鹸です。バンコクのドンムアン空港では1つ90バーツで販売されていましたが、街中のお土産店などで購入すればより安く手に入る場合も。

  • 1つ:90バーツ(約307円)

15.HARNNの石鹸

こちらはタイの高級スパブランド「HARNN」のもの。石鹸としては安くありませんが、「HARNN」ブランドの製品の中では手の届きやすいお値段です。香りの良さはもちろんのこと、パッケージにも高級感があるので、お土産として渡したらきっと喜んでもらえるはず。

  • 1つ:175バーツ(約597円)

16.ヤードム

こちらもタイの定番土産。ミントの香りが強いアロマスティックで、眠気覚ましやリフレッシュしたい時にぴったりなアイテムです。使い方は2通りあり、匂いを嗅ぐ、あるいは直接肌に塗って使うこともできます。

写真のものはポイシアンというブランドのもので、タイでは定番中の定番品。コンビニやスーパーなどで簡単に手に入り、リーズナブルなのでバラまき土産におすすめです。

  • ヤードム(ポイシアンのもの)1個:20バーツ(約67円)

※記事中の日本円換算額は、2020年3月6日時点でのレートで計算しています。

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
タイの旅行予約はこちら

タイのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

タイのホテルを探す

タイの航空券を探す

タイの現地アクティビティを探す

タイのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


プーケット通がおすすめ!喜ばれるお土産29選

プーケットはタイで最もポピュラーなリゾートアイランド。タイならではのお土産はもちろん、プーケット発の名産品まで。お菓子や調味料、雑貨、ファッションアイテムなど、...


【タイ】100バーツ(約300円)で買える! JJマーケットのお土産5選!

日本人にも大人気の都市バンコク。数ある観光地の中でも、JJマーケットは安くてかわいい雑貨が買えることで大人気の場所です。そこで今回は、JJマーケットで買える10...

【タイ土産】好評につき第二弾!お土産にひときわうるさい元添乗員が太鼓判のおすすめ②

お土産ほど、あげる人と貰う人との距離や呼吸が現れるものはありません(笑)。「バラマキお土産でいいのよ」の距離感、「これあの人に良さそう」とその場にいない人を思い...

安くて使える!タイに行ったら絶対買いたいお土産8選!

3か月に1度のペースでタイ・バンコクに遊びに行くほどタイ好きの筆者。今回は、筆者が本当に大量買いしてくる、リーズナブルなのに優秀な品を集めました。どれも日常で使...

【決定版】お土産にも最適!現地人も太鼓判のタイのソープ&シャンプーブランド3選!!

タイの土産といえば、皆さん何を想像しますか?ドライマンゴーやタイパンツなどタイならではのお土産はたくさんありますが、実はソープやシャンプーを買って帰られる方も多...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2022】京都でしか買えないお土産人気ランキングTOP33!

お団子を瓶に詰めた「果朋だんご」や、マスカルポーネチーズを挟んだもなか「あんぽーね」などの京都でしか買えないお土産を、トリップノートでのアクセス数を元に人気ラン...


【2022】北海道で買うべきお土産55選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

大人気スイーツから海鮮、チーズやヨーグルトといった北海道らしいグルメに、旅の記念になる雑貨まで、旅行ツウのトラベルライターが選んだ、北海道でしか買えないおすすめ...


東京女子旅のおすすめ観光スポット31選!最新の話題スポットやおしゃれスポットまとめ

東京へ女子旅するなら、東京らしいおしゃれなスポットや話題のスポットに行きたい!そんな東京女子旅にぴったりの観光スポットや、最新の人気エリア・ショップをご紹介しま...

【2022】仙台で買うべきお土産20選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

牛タン、笹かまなど定番のご当地グルメから大人気のスイーツまで、旅行経験豊富なトリップノートのトラベルライターが選んだ仙台の厳選のお土産をご紹介します。仙台のお土...

東京のおすすめデートスポット47選!大人デートにぴったりな穴場スポットも

話題の街・清澄白河や蔵前、渋谷スカイなどの注目スポットから、旧古河庭園にサントリー武蔵野ブルワリーなどの穴場スポットまで、大人カップルのデートにもおすすめな東京...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でタイの音声ガイドを聴く

タイの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります