徳島
徳島観光
”阿波踊り”が有名な、自然の名勝が豊富な地域

【徳島・鳴門】緻密に再現された「陶板名画」で世界の名画を存分に楽しもう「大塚国際美術館」

取材・写真・文:

東京在住

2020年12月1日更新

1,918view

お気に入り

写真:Emily

ゴッホ、ピカソ、ダヴィンチ、モネ…世界中の絵画をその土地で見るのも旅行の楽しみの一つですよね。でも、「この名画たちを一度に見ることができたら」「人があまり多くないところでじっくり見られたら…」と思うことはありませんか。今回ご紹介する大塚国際美術館はそんな夢をかなえてくれる場所です。「日本で一度に見られるなんて、贋作でしょう?」と思われる方もいるかもしれません。もちろん「本物」の作品ではありませんが、驚くべき方法で再現された絵画たちです。本物以上に絵画を楽しめる大塚国際美術館を今回はご紹介します。

この記事の目次表示

大塚国際美術館とは

  • 写真:Emily

「大塚国際美術館」は、ポカリスエットやボンカレーで有名な大塚グループが設立した日本最大級の常設展示スペースを持つ美術館。その広さはなんと29,412㎡。ただし、その内部に飾られている作品たちは、何一つ「本物」ではなく、「再現」されたものなのです。

陶板名画とは

  • 写真:Emilyムンク作「生命のダンス」

陶板名画とは、陶器の大きな板に原画に忠実な色彩・大きさで作品を再現したものです。大塚国際美術館には古代壁画から、世界25ヶ国・190余の美術館が所蔵する現代絵画まで、1,000点以上の陶板名画が展示されています。

大塚グループの底力!? 名画の再現のされ方が半端ない!

大塚グループである大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術によって、オリジナル作品と同じ大きさで忠実に原作を陶板に再現しています。この陶板名画は、経年劣化や雨風による劣化も気にすることもないので、これからの文化財の記録保存の在り方に大いに貢献するもの、と注目を集めている技術でもあります。

陶板名画ができるまで

大塚国際美術館に飾られている陶板名画はすべて、原画の著作権者・所有者から陶板名画として複製をつくることの許諾を得ています。複製の許諾が得られてから、原画作品に使われた塗料や塗られ方、現地で展示されている際にどのように作品に光が当たっているか等、隅々まで分析し、その後長い時間をかけて忠実に復元。

作品が完成したら監修の方や原画を所有されている方などに検品をお願いし、問題なければようやく展示、という流れです。いわば、大塚国際美術館に飾られている作品たちは「名画の持ち主たちによってお墨付きが出た再現画」とも言えます。

名画が飾られている環境をまるごと再現!

大塚美術館の一つの特徴に、名画が飾られている空間や環境を丸ごと再現している点があります。大きさや、部屋の広さ、光の当て方まで細部にわたって再現。まるでその土地に行ったかのような臨場感を味わうことができます。

システィーナ礼拝堂天井画および壁画/ヴァティカン

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

美術館に入って一番初めに見るのがこの部屋。礼拝堂を再現した空間は圧巻、の一言です。

スクロヴェーニ礼拝堂/パドヴァ、イタリア

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

こちらも礼拝堂をそのまま再現しています。ここでは実際に結婚式も行われるそうで、とても素敵です。

聖マルタン聖堂壁画/ノアン=ヴィック、フランス

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

パリから300kmほど南にある小さな村「ノアン=ヴィック村」にある聖堂をそのままの大きさで再現しています。素朴な色遣いの中に臨場感が感じられます。

モネの「大睡蓮」/オランジュリー美術館、フランス

  • 写真:Emily

こちらは「展示の環境を再現した」のではなく、モネの「自然光の中で見てほしい」という願いを実現した展示の仕方です。陶板名画であれば、屋外に飾っていても太陽光や風雨による劣化を心配する必要はありません。青空の下で見る「大睡蓮」は本当に綺麗です。

陶板名画の楽しみ方

緻密に再現された陶板名画の楽しみ方をご紹介!

1) 近づいて絵をよく見る

  • 写真:Emily

本物の名画であれば、ある程度の近さ以上は近づけないように、ロープなどが引かれていたりするもの。この大塚美術館ではロープなどは一切ありません。筆遣いも緻密に再現されているので、作家の筆跡を近づいてよく見ることができます。

2) 触ってみる

  • 写真:Emily

本物であれば絶対御法度の「触ってみる」という体験。そんな絵画を触るという楽しみ方も陶板名画だからこそです。実際に幾つかの作品の横には「触ってみよう」というコーナーもあります。

3) 座って、時間をかけて楽しんでみる

  • 写真:Emily

本物の作品が展示されているスポットはおおむね観光客がとても多く、あまり時間をじっくりかけて楽しむことができないでしょう。そんな名画たちもここであれば、椅子に座って、ゆっくりとその世界観に浸ることができます。

展示数が多く、「どれから見ればいいのか分からない!」という方にはツアーガイドもありますので、それを利用するのも楽しみ方の一つです。

次のページを読む

徳島の旅行予約はこちら

徳島のパッケージツアーを探す

徳島のホテルを探す

徳島の航空券を探す

徳島の現地アクティビティを探す

徳島のレンタカーを探す

徳島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


春の国内旅行におすすめの観光地45選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...


全国の人気美術館TOP33!旅行好きが行っている美術館ランキング

全国の数ある美術館の中から、トリップノートの6万3千人を超える旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行っている順に、全国の人気美術館ランキングをご...

国内のおすすめドライブスポット・コース55選!車でのお出かけを楽しもう

絶景ドライブを楽しめる角島大橋や、富士山の眺めが見事な箱根スカイラインに西伊豆スカイライン、四季折々に花々が咲き誇る房総フラワーラインなど、車でのお出かけにおす...

【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...

日本の人気の橋TOP20!旅行好きが行っている橋ランキング

姿形が美しい橋や絶景が眺められる橋など、全国各地にある観光スポットとして人気の橋の中から、トリップノートの4万人の旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が...

この記事を書いたトラベルライター

グルメもアートも世界遺産も絶景も!とことん貪欲トラベラー
普段は粛々と、黙々と、真面目に仕事をこなす30代会社員。でも、心の中はいつでも、次の休みはどこに旅行しようかな〜と考えている。友達とワイワイ行く旅行も好き。一人で現地で知り合った方とビールを飲みながらお話しするのも好き。旅先で欠かせないものはその土地ならではの食、世界遺産、美術、そして人との交流!せっかく旅行するのなら貪欲に自分のやりたいこと、見たいもの、食べたいものはぜーんぶ楽しむ♪ アメリカ・フロリダ州オーランドとシンガポールは1年ずつ住んでいたことがあるので、特に好きなところ!

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...


【フランス・トゥールーズ】「バラ色の街」の観光必須スポット11選

フランスというと多くの人はその首都「パリ」を思い浮かべますが、ワインで有名なボルドーやバカンスの地として人気があるニース、食の街リヨンなど、個性豊かな都市がいく...


【ミャンマー】絶景!!落ちそうで落ちない不思議なゴールデンロック

東南アジア最後のフロンティアとして昨今注目を集めているミャンマー。国民の90%以上が仏教徒と言われています。パゴダという仏塔を配した寺院に行くと人々が熱心に信仰...

【オーストリア・ウィーン】宮殿の味!ターフェルシュピッツの名店「プラフッタ」

オーストリア料理の名物と言えば、薄くて大きい「ウィーン風カツレツ」でしょうか。しかし、「ターフェルシュピッツ」という料理も名物中の名物!日本ではなじみのない名前...

【山形・鶴岡】 山形のお土産がたくさん!日本一癒されるトイレも名物!?「HOUSE 清川屋」

旅のお土産に、その土地の特産品は必須ですよね。今回は山形の特産品を使った商品をたくさん取りそろえたお土産やさん「HOUSE 清川屋」をご紹介します。実はこの「H...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります