鳥取
鳥取観光
砂丘で知られ、漫画家・水木しげる氏の関連スポットが人気

【鳥取県】トンネル向こうの原風景。板井原集落で古民家カフェ「歩とり」に癒される

取材・写真・文:

鳥取在住
訪問エリア:20都道府県

2017年8月18日更新

975view

お気に入り

写真:SaoRi

鳥取県にある伝統的建造物群保存地区の板井原集落は、深い山々で囲まれた秘境のような地。集落へ行くための公共交通機関はなく、アクセス方法は歩いて峠道を越え集落に入るか、車で県道八頭中央線を行き、板井原トンネルを通って集落に入るかの大きく2つです。山腹を貫く細く暗いトンネルを抜けると、どこか懐かしく感じる山里の原風景が広がり、集落内の古民家カフェ「歩とり(ほとり)」に行けば、日常の喧騒を忘れられるまさに極上のひと時に。それでは早速、現代の日本人が潜在的に知っている「古き良き時代」の旅に出かけましょう。

この記事の目次表示

日本の原風景・板井原集落までの道のり

今回は車でのコースをご紹介します。車といっても、その道は楽なものではありません。険しい道が4kmほどに渡って続き、急カーブを繰り返しながら標高を上げていきます。道幅も狭く、対向車が来た際には、交わすのに一苦労するでしょう。

  • 写真:SaoRi

道沿いのガードレールにいくらかの安心感を覚えますが、それも2km地点くらいまで。途中から、命綱のような存在のガードレールも消え、かわりに「路肩注意」や「落石注意」を始めとする危険を知らせる看板が次々と目に飛び込んできます。

  • 写真:SaoRi

時速30km未満ぐらいの速度でようやく上り詰めると、そこに待っているのは通るのを躊躇してしまうような、薄暗く長いトンネルです。

  • 写真:SaoRi

歴史を感じさせるトンネルを前に不安が膨らみますが、ご安心を。トンネルを超えると、そこまでの険しい道はもうありません。日本の山里の原風景を残した、美しい板井原集落に到着です。

  • 写真:SaoRi

伝統的建造物群保存地区・板井原集落

まず目に飛び込んでくるのは、やはり茅葺き屋根の民家でしょう。

  • 写真:SaoRi

現存する茅葺き屋根の家はこの1棟だけですが、そのほかの主屋や土蔵も伝統的な手法で建設されています。また、集落内のほとんどの建物は築50年以上を経ており、中には築約300年を超える建物も残っています。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

集落の中まで足を踏み入れると、畑や作業小屋、薪などが見られ、ところどころに昭和30年代のような日本の山村風景を感じることができます。

  • 写真:SaoRi

幅員6尺(2m弱)ほどの、昔から村内の主要な道路として使われている六尺道や、明治6年建築の一間社流造で覆殿(おおいでん)のなかに本殿をかまえる向山神社など、集落内には見どころが満載です。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

他にも、地元の野菜や山菜を使用し、水車で精米したお米をカマドで炊いて食べることができる食事処「火間土」など、板井原集落ならではの食を感じることもできます。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi
板井原集落
鳥取 / 町・ストリート
住所:鳥取県八頭郡智頭町市瀬板井原地図で見る
電話:0858-76-1111(智頭町総合案内所)

古民家カフェ「歩とり(ほとり)」で日常の喧騒を忘れる

板井原集落の目玉的存在である茅葺き屋根のすぐ隣。そこに、思わず「ただいま」と言ってしまいたくなるような古民家の喫茶店ギャラリー「歩とり」はあります。

  • 写真:SaoRi

約100年前の古民家(養蚕農家)を復元した喫茶店で、店内も店外も情緒にあふれています。民芸品が飾られた玄関を開けると障子があり、その隙間からは囲炉裏が目に入ってきます。

  • 写真:SaoRi

奥へ進むとちゃぶ台に座布団、椅子の席もあり、なんとも言えない風情が漂っています。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

玄関先の蚊取り線香の匂い、風が揺らす木々の葉の音、優しい光の照明。日々の喧騒を忘れ、心から落ち着ける空間。夏休みに都会から田舎のおばあちゃんの家に帰ってきた、そんな気分に浸れます。

  • 写真:SaoRi

集落内の食材や手作りパンなど、充実した「歩とり」のメニュー

お店の雰囲気はもちろんのこと、「歩とり」はメニューにも風情があります。私が実際にお店に行った際にはランチのメニューが2つあり、地元食材や手作りパンなど、どちらにもこだわりが感じられました。

  • 菜食ごはんアイタルランチ900円
  • 写真:SaoRi

疲れた体に嬉しい、さっぱりとしたヘルシーな味わい。食べることで、体中にエネルギーが満ち溢れてくる、「歩とり」ならではのアイタルフード(野菜中心の自然食のこと)です。

  • クロックムッシュランチ900円
  • 写真:SaoRi

自家製パンに豆乳で作ったベシャメルソース、若桜のナチュラルポークの手作りハムが挟まれたホットサンドイッチはボリュームも十分。頼まずにはいられない魅力があります。また、主食だけではなく、デザートやドリンクも充実しています。

  • 写真:SaoRi黒みつきなこぜんざい氷550円

かき氷の氷には、板井原の湧水が使われており、口どけの良い食感です。

  • 写真:SaoRiオーガニックココア(豆乳・牛乳)450円

ココアもオーガニックココアで牛乳と豆乳どちらかが選べ、どこまでも体に優しいメニューが揃っています。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

山村の原風景の中にある、約100年を経た風情ある古民家カフェ。そこで食べる、体に優しくて美味しい料理。ここでしか味わえない極上のひと時に、心も身体も癒されてください。

古民家喫茶店ギャラリー 歩とり
鳥取 / カフェ・喫茶店
住所:鳥取県八頭郡智頭町市瀬1947地図で見る
電話:0858-75-3017

おわりに

昭和30年代の山村風景を色濃く残している板井原集落、そして、そこならではの料理と雰囲気で癒してくれる古民家カフェ「歩とり」はいかがだったでしょう?

  • 写真:SaoRi

昭和や日本の原風景を知らない世代の関心も集める板井原集落。若者の心にもこの素晴らしさが染み渡るのは、日本人が潜在的に古き良き時代の日本の感覚を持っているからではないでしょうか。

  • 写真:SaoRi

老若男女がイメージとして持っている「日本らしい原風景」が板井原集落には現存しているのです。

夏休みの格安航空券をskyticketで検索

鳥取の旅行予約はこちら

鳥取のパッケージツアーを探す

鳥取のホテルを探す

鳥取の航空券を探す

(米子鬼太郎空港)

(鳥取空港)

鳥取の現地アクティビティを探す

鳥取のレンタカーを探す

鳥取の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年8月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2019】11月の国内おすすめ旅行先28選!秋を満喫できる観光地特集

11月は各地で紅葉が見頃のピークを迎え、夜のライトアップが楽しめるほか、イルミネーションイベントも全国で始まる時期。11月の連休や週末におすすめの国内旅行先をご...


【国内】女子ひとり旅におすすめ旅行先6選!迷ったらココ!

1泊2日や2泊3日で一人旅を計画している女子必見!初心者にもおすすめの国内旅行先と各観光スポットをご紹介。京都を始め、一度は行きたい厳島神社や出雲大社、法隆寺な...

【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...

2019春の旅行に!3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先・観光地45選

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...

女子旅にオススメ♡【鳥取】倉吉市のお勧め観光スポット6選

鳥取県の代表的な観光スポットと言えば、鳥取東部の鳥取砂丘と、鳥取西部の水木しげるロードが真っ先に思い浮かぶ方が多いかと思います。今回ご紹介する倉吉市は鳥取中部に...

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
トリップノートでトラベルライターをさせて頂いている傍ら、鳥取県の地域情報メディア「とっとりずむ」で、観光・グルメ・育児のライターをさせて頂いています!

敏腕編集長と地元民のライターさんに混ぜて頂き、鳥取勤務の間は、メジャーな情報はもちろんのこと、マイナーでコアな鳥取情報も発信していきます。

ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...

鳥取砂丘は冬がオススメ!?地元民だからこそ知っている冬の魅力!

雪がとけて春の息吹が感じられるようになる頃から少しずつ観光客が増し、ゴールデンウィークから夏過ぎまで、その数がピークに達する鳥取砂丘。そんな大人気の鳥取砂丘の冬...

いつ行く?鳥取砂丘!~鳥取砂丘の季節別楽しみ方&見どころガイド~

一生に一度は行っておきたい鳥取砂丘!「今年こそは行くぞ」と意気込んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?さて、漠然と「今年こそは」と考えているものの、どの...

【北海道】本店ならではのレアな商品がいっぱい!六花亭帯広本店の魅力

「マルセイバターサンド」のお土産などで全国的にも有名な、北海道を代表するお菓子メーカー・六花亭。帯広市周辺や札幌市周辺を中心に喫茶室を併設したお店が数多く展開さ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?