鳥取
鳥取観光
砂丘で知られ、漫画家・水木しげる氏の関連スポットが人気

【鳥取県】国指定史跡・鳥取城跡!久松山山麓から山頂まで見所ガイド

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:25都道府県

2017年10月10日更新

1,789view

お気に入り

写真:SaoRi

鳥取城跡が残る久松山はJR鳥取駅から車で約10分の距離にあり、市街からもその頂きがよく見えます。山麓付近は久松公園として整備されており、かつての鳥取城を十分に感じさせてくれる二の丸跡や三の丸跡、国内唯一の球面石垣である天球丸跡などは比較的楽に散策することができます。しかし、山頂を中心とした山上ノ丸にある天守櫓や車井戸、鳥取市を一望できる絶景スポットまでは、それなりの装備と覚悟が必要な険しい道です。簡単に行きやすい山麓と、標高263mの登山を要する山頂の、両方の鳥取城跡の見所について紹介します。

この記事の目次表示

鳥取城とはどんなお城?

鳥取城は、戦国時代から明治維新に至るまで、久松山の自然地形を利用して築かれた山城です。

  • 写真:SaoRi

因幡地方の政治拠点として長く存続したことにより、土でできた中世城郭と石垣でできた近世城郭が併存しています。

  • 写真:SaoRi

日本城郭史上でも珍しく、昭和32年には学術的・歴史的にも貴重な城郭として国指定史跡に選ばれています。

鳥取城の有名な歴史

鳥取城は戦国時代に、織田氏と毛利氏の対立により、二度にわたって羽柴秀吉の攻撃を受けています。
特に、天正9年に鳥取城将・吉川経家との戦いで秀吉が行った徹底的な兵糧攻めは「鳥取の渇え殺し」として広く知られています。

  • 写真:SaoRi

全国最大級とも言われる強固な包囲網で山全体を幾重にも取り囲み、最後は経家の自刃により幕を閉じました。

  • 写真:SaoRi

久松山には現在でも、多くの陣跡が残っています。

お手軽散策!山麓の見所8選

冒頭にも書きましたが、久松山の山麓付近は久松公園として整備されています。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

山頂ほどの険しさや危険な場所はなく、道や階段なども歩きやすいです。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

それでいて、十分に史跡も楽しめるのでお散歩や観光、気軽な城巡りにオススメです。

山麓の見所その1:北ノ御門跡

北ノ御門跡は、鳥取県立博物館側の入り口にあります。

  • 写真:SaoRi

袋川が悠然と流れており、石垣とのコラボレーションの景色には風情があります。

  • 写真:SaoRi

山麓の見所その2:表御門跡

表御門跡の周辺は高い石垣が連なっています。

  • 写真:SaoRi

周囲を石垣に囲まれた道を歩いているとタイムスリップしたような気分を味わえます。

  • 写真:SaoRi

山麓の見所その3:二ノ丸跡

二ノ丸跡は鳥取城山下ノ丸のほぼ中央部に位置しています。

  • 写真:SaoRi

広場には草や木々が生え、見晴らしも良く、憩いの場としても活用されています。

山麓の見所その4:石切場

石切場は、かつて石垣を築くために石を切り出した場所です。

  • 写真:SaoRi

崖の表面には、「矢穴」と言われる長方形の穴があり、この穴に「矢」と呼ばれるクサビを入れ、大きなハンマーで叩いて岩を割り、石を切り出したそうです。

  • 写真:SaoRi

現在でも、その長方形の矢穴がしっかりと残っているので、ぜひ注意深く見てみて下さいね。

山麓の見所その5:三階櫓跡

この場所には、創建当時の最新建築様式だった層塔型の三階櫓がありました。

  • 写真:SaoRi

層塔櫓とは、正方形の櫓台に上階を下階より規則的に小さくして積み上げた櫓のことをいい、一階は八間四方、二階は六間四方、三階は四間四方で、山陰地方で初めて建てられたものでした。

  • 写真:SaoRi

元禄5年に山上ノ丸の天守櫓が焼失してからは、この三階櫓が鳥取城の象徴となっていましたが、明治20年に解体撤去され、現在その姿は残っていません。

山麓の見所その6:菱櫓跡

菱櫓は、土地と建物が共に菱型であり、西南隈の三階櫓と東南隅のこの菱櫓の対比で鳥取城の風格を現していました。

  • 写真:SaoRi

明治維新までその偉容を誇っていましたが、現在は跡地だけとなっています。

  • 写真:SaoRi

山麓の見所その7:三ノ丸跡

三ノ丸の城郭は、池田長吉の時代に鳥取城大改造によって築造されました。

  • 写真:SaoRi

江戸時代中頃以降には藩主の御殿が建てられ、城内の最も重要な場所として発展しました。

  • 写真:SaoRi

また三ノ丸の背後には庭園があり、その跡地を望むこともできます。

  • 写真:SaoRi

城郭内の庭園は、この鳥取城のほかに、数える程しかなく、大変貴重な庭園跡といえます。

山麓の見所その8:天球丸巻石垣展望所

山麓の見所紹介の中では一番高い場所にある、国内唯一の球面石垣である天球丸巻石垣展望所。

  • 写真:SaoRi

印象的な大きな木が二本生えており、視界的にも開けていて、静寂さがあります。

  • 写真:SaoRi

鳥取市街を見渡すこともできるので、山麓周辺の史跡巡りを楽しまれる方はここをゴールとして目指すことをオススメします。

  • 写真:SaoRi
久松公園
鳥取 / 公園・動植物園
住所:鳥取県鳥取市東町2地図で見る
電話:0857-22-3318

次のページを読む

鳥取の旅行予約はこちら

鳥取のパッケージツアーを探す

鳥取のホテルを探す

鳥取の航空券を探す

(鳥取空港)

(米子鬼太郎空港)

鳥取の現地アクティビティを探す

鳥取のレンタカーを探す

鳥取の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


春の国内旅行におすすめの観光地45選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...


国内のおすすめドライブスポット・コース55選!車でのお出かけを楽しもう

絶景ドライブを楽しめる角島大橋や、富士山の眺めが見事な箱根スカイラインに西伊豆スカイライン、四季折々に花々が咲き誇る房総フラワーラインなど、車でのお出かけにおす...

全国のおすすめ花畑85選!一面に絶景が広がる花の名所ガイド

チューリップにバラ、ひまわりに菜の花など、季節ごとにカラフルな花畑が広がる、全国のおすすめの花の名所をご紹介!カメラ片手に、全国の花の絶景を見に出かけませんか?

【島根】出雲・松江1泊2日王道モデルコース!2泊3日もOK!

縁結びで有名な「出雲大社」を始め、島根県の主要観光地を巡るモデルプラン。女子旅や週末旅におすすめです。さらに2泊3日できる方に向けて、近郊の島根・鳥取県おすすめ...

【国内】女子ひとり旅におすすめ旅行先6選と各観光スポット!第一弾

1泊2日や2泊3日で一人旅を計画している女子必見!初心者にもおすすめの国内旅行先と各観光スポットをご紹介。京都を始め、一度は行きたい厳島神社や出雲大社、法隆寺な...

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
子供の頃から現在に至るまでの生粋の転勤族!転勤の先々でその地ならではの良さを暮らしながら体感し、ディープに発信していきたいと思います!

特に体や足を使ったアクティブな取材が大好きなので、登山や探勝路などで出会った絶景や情報などをお伝えしていければと思います♪
https://www.one-access.work/

ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...


【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...

【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...

鳥取砂丘は冬がオススメ!?地元民だからこそ知っている冬の魅力!

雪がとけて春の息吹が感じられるようになる頃から少しずつ観光客が増し、ゴールデンウィークから夏過ぎまで、その数がピークに達する鳥取砂丘。そんな大人気の鳥取砂丘の冬...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります