関西屈指の南国リゾート!絶対に外せない南紀白浜の絶景スポット3選

295

view
   2017年5月5日更新

和歌山県南部の町・白浜町。この辺りは“南紀白浜”と言って、白良浜海水浴場に代表されるように、まるで遠い南の島の美しいビーチを連想させるような豊かな自然があります。また、東京の上野動物園や神戸の王子動物園を遥かに上回るジャイアントパンダの飼育数を誇る、アドベンチャーワールドなどの大型アミューズメントパークもあり関西でも人気のリゾート地です。今回は、そんな南紀白浜を訪れたのなら必ず見ておきたい、絶景が楽しめる観光スポットを3つご紹介いたします。

【1】南紀白浜のシンボル!美しい夕陽の絶景が楽しめる「円月島」

  • 円月島

南紀白浜のシンボルと言えば、こちらの「円月島」!正式には高嶋(たかしま)と言って、臨海湾の少し沖合に浮かぶ南北およそ130m、東西に約35mの島になります。写真の通り、島のちょうど真ん中にぽっかりと丸い穴が開いているため、円月島という通称で親しまれています。

昼間も美しい南紀白浜の海と一緒に、大変素晴らしい景色を楽しませてくれるこちらの円月島ですが、おススメは太陽が地平線の海に沈む夕日の時間帯。

  • 円月島の夕日

西側に広大な太平洋の海が面している南紀白浜の中でも円月島は人気の夕日スポットで、日没の頃になると、その美しい景色を一目カメラに収めようと、島に面している県道沿いには“夕日待ち”の人だかりが出来るほどです。

春分の日や秋分の日の前後には、なんと円月島の真ん中に開いている丸い穴のトコロにちょうど太陽が重なって、海蝕洞越しに太陽が沈んでいく特別な景色を見ることも出来るんだとか。

そんなロマンチックな光景が楽しめる円月島の夕日は、特にカップルに人気の高いデートスポットにもなっていますので、ぜひとも最高の絶景を楽しみに訪れてみてはいかがでしょうか?

円月島

和歌山 / その他スポット / 観光名所

【2】美しい太平洋の海を見ながら散策!国指定の名勝「千畳敷」

  • 千畳敷

先程の円月島と並んで、南紀白浜を代表する景勝地として知られる「千畳敷」。広さ約4ha、その名の通り、まるで千枚の畳を敷けるほどのだだっ広い岩盤の層が太平洋の海沿いに突き出ています。

数百万年前の砂岩層が侵食されたことによって形成された千畳敷。「円月島(高嶋)及び千畳敷」の名称で国の名称にも指定されている貴重な天然記念物ですが、こちらの千畳敷はなだらかな岩盤の上を自由に歩くことが出来るようになっています。

そのため、綺麗な南紀白浜の海を眺めながら散策するにはピッタリの観光スポット!残念ながら、海が荒れている時や波浪注意報・警報が発令されている時などは千畳敷の上を散策することは出来ませんが、白波が勢い良く千畳敷にぶつかって、ダイナミックな水しぶきを上げる様子もまた迫力満点です。

千畳敷

和歌山 / 自然・景勝地 / 観光名所

【3】迫力満点のダイナミックな景色に感動!南紀白浜の景勝地「三段壁」

  • 三段壁

ラストに紹介するのは、千畳敷より南方へおよそ1km、歩いても20分ほどで辿り着ける、南紀白浜もう1つの景勝地「三段壁(さんだんべき)」です!

もともとは漁師が高台から船や魚の群れを見下ろす“見壇(みだん)”から転じて三段壁と呼ばれるようになったそうですが、高さおよそ50mにもなる断崖が連なり、太平洋の海に落ち込んでいくダイナミックな光景はまさに見事の一言。

冒頭の写真のように、三段壁の全景を見渡せる場所には展望台が設けられていますので、ぜひともこの迫力ある大絶景と一緒に記念写真を撮っていくと良いでしょう。

  • 三段壁の断崖の上から展望台を振り返る

また、こちら三段壁も先ほど紹介した千畳敷同様に、断崖の上を自由に散策することが可能で、上の写真はその断崖の上から展望台の方向を振り返った様子を撮影したものになります。

およそ50mの高さと言えば、だいたいビル15階分の高さに相当しますので、ちょっぴりスリリングな散策になりますが、断崖の上から見下ろす三段壁の景色も素晴らしいものがありますので、時間に余裕がある場合はぜひともチャレンジしてみることをおススメします。

三段壁

和歌山 / 自然・景勝地 / 観光名所

関東からでも南紀白浜空港へわずか75分でアクセス!

南紀白浜の景勝地を巡る絶景の旅はいかがでしたでしょうか?今回紹介した南紀白浜は、冒頭にも説明した通り、和歌山県南部に位置する観光地になりますので、大阪や京都などの関西の主要都市からは特急などでアクセスできます。

また関東方面からも、南紀白浜空港へ飛行機でアクセスすることが可能です。羽田空港から、南紀白浜空港へ出発する便は1日3便設定されていて、所要時間およそ75分のフライトです。気軽に南紀白浜の南国リゾート気分を感じる絶景巡りの旅に、出掛けることも出来ますよ!

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年4月22日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
日本全国を駆け巡る国内旅行専門の旅ブロガー

どうもみなさまこんばんは。個人で「日本全国旅そうだんBlog」という旅ブログを営んでいるてっぴいと申します。関東在住の20代で、休日や祝日は主にサイクリングやドライブを通じて西へ東へ飛び回っています。学生時代には自転車の荷台にテントや寝袋などの荷物を山ほど積んで、2週間や3週間、長期の旅に出掛けていたこともありました。現在はドライブや旅先でのサイクリングが中心ですが、そんな私が今まで見てきたこと、体験してきたこと全てひっくるめて、国内旅行の魅力について紹介していけたらと思いますので、よろしくお願いします。

http://cyclingtour587.blog.fc2.com/

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2017上半期 受賞結果発表】2017年上半期の人気記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!