横浜
横浜観光
海のある風景から西洋の町並みまで魅力いっぱいの港町

【横浜】イチゴにときめく365日♡東京ストロベリーパークの5つの楽しみ方

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:28都道府県

2019年5月16日更新

2,887view

お気に入り

写真:あやか

2018年4月29日にオープンした「東京ストロベリーパーク」。イチゴは冬や春の時期にしか食べられないと思っていませんか?実はそんなことないんです。この「東京ストロベリーパーク」では、なんと一年中イチゴが楽しめます。今回はイチゴのテーマパークと呼ばれる「東京ストロベリーパーク」のおすすめの楽しみ方をご紹介します。

この記事の目次表示

「東京ストロベリーパーク」とは?

「東京ストロベリーパーク」は、365日、一年中イチゴを楽しむことができる日本初の施設です。“大切な人との1日をイチゴで彩ってほしい”そんな願いのもと誕生しました。

イチゴ狩りのハウス、クッキングスタジオの調理器具など、施設の全てが電力でまかなわれています。オール電化だからこそ、細かい温度設定によりイチゴ一粒一粒を丁寧に作ることができるのだそう。

  • 写真:あやか入り口を入ってすぐのところにあるインフォメーション/案内マップをもらえます

入り口を入ってすぐのところに置かれている施設案内マップには、全部で12の見どころが紹介されています。

  • 写真:あやかデザインも可愛らしい案内マップ

その12は以下となります。

  • 1.イチゴ型ネオン
  • 2.パークサイドキッチン ※要予約
  • 3.ストロベリーファーム ※要予約
  • 4.スタジオスイッチ ※要予約
  • 5.ベリーグットショップ
  • 6.イチゴラボ
  • 7.かぜまるくん
  • 8.ベリーベリーガーデン
  • 9.イチゴチョコテント
  • 10.ハグストロベリー
  • 11.なかよし広場
  • 12.いこいの丘

時間が許す限り、1日かけて全て見て、食べて、体験してもらいたいですが、要予約のスポットもありますので、今回はこの中から筆者おすすめの5つの楽しみ方を紹介します。

イチゴのテーマパーク!東京ストロベリーパークの楽しみ方5選

【その①】写真を撮る手が止まらない!入り口からインスタ映え!

「東京ストロベリーパーク」では、施設内の様々な場所がインスタ映えするようなデザインとなっています。入り口を入ってすぐ目の前にあるのが、上記の見どころでも紹介した「ハグストロベリー」です。大きなイチゴにハグをして写真を撮りましょう。

  • 写真:あやか大きなイチゴ「ハグストロベリー」

この「ハグストロベリー」以外も施設内はイチゴのテーマパークらしく、イチゴがデザインされています。また、下記写真のように、誰でも楽しめる工夫も♩

  • 写真:あやかかわいい工夫がたくさんあります!

友人やカップル等で訪れた際は、お互いに写真を撮りあってみてはいかがでしょうか。

  • 写真:あやか施設内もイチゴのデザイン

【その②】一年中OK!「ストロベリーファーム」でイチゴ狩り

「東京ストロベリーパーク」の一番の見どころと言っても過言ではないのが「ストロベリーファーム」です。

  • 写真:あやか「ストロベリーファーム」外観
  • 写真:あやか「ストロベリーファーム」入り口

「ストロベリーファーム」の特徴は、なんと一年中イチゴ狩りができてしまうこと。その秘密は全部で3つあります。

  • オール電化のハウスで徹底した温度・湿度管理
  • 環境を守るエコハウス
  • 時期に合わせた旬のイチゴをセレクト

以上により、どの時期でも美味しいイチゴを食べることができるのです。

  • 写真:あやか「本日のレーン」でイチゴ狩りができます。

上記写真のように「本日のレーン」と記載された場所でイチゴ狩りを楽しむことができます。また、ハウス内の床は全てコンクリートで出来ており、車椅子の人でも安心して参加することができます。イチゴがなかなか食べられない夏や秋の時期に訪れてみてはいかがでしょうか。

「ストロベリーファーム」の詳細情報
・食べ放題コース(1月~6月)/大人:2,000円、小学生以下:1,500円、3歳以下:無料
・食べ放題コース(7月~12月)/大人:2,980円、小学生以下:2,480円、3歳以下:無料
・300gの持ち帰りカップ(1月~6月)/800円
・300gの持ち帰りカップ(7月~12月)/1,400円
※完全予約制のため、公式サイトの予約ページより事前予約を。

【その③】ビュッフェレストラン「パークサイドキッチン」でランチ

「パークサイドキッチン」では、旬の野菜や食材を使用したイタリアンをビュッフェで堪能することができます。

  • 写真:あやかビュッフェレストラン「パークサイドキッチン」

イチゴのテーマパークならではの、イチゴを中心としたスイーツも食べ放題です。

  • 写真:あやかビュッフェ
  • 写真:あやかスイーツももちろん食べ放題

中でもアッと驚くのが、チョコレートファウンテン。

  • 写真:あやかフォンデュを楽しんで♩

果物やマシュマロにチョコレートをたっぷりかけて召し上がってみてください。筆者も何度もおかわりしてしまいましたよ(笑)

「パークサイドキッチン」の詳細情報
・WEEKDAYビュッフェ(11:00~14:30までの入店)/大人:2,100円、小学生以下:1,100円、3歳以下:無料
・HOLIDAYビュッフェ(10:00~16:30までの入店)/大人:2,500円、小学生以下:1,300円、3歳以下:無料
・平日休日共に、90分制のドリンクバー付き
※完全予約制のため、公式サイトの予約ページより事前予約を。
パークサイドキッチン
横浜 / 洋食・西洋料理
住所:神奈川県横浜市鶴見区大黒町11−1地図で見る
Web:https://tokyo-strawberry-park.jp/pages/psk

次のページを読む

横浜の旅行予約はこちら

横浜のパッケージツアーを探す

横浜のホテルを探す

横浜の航空券を探す

横浜の現地アクティビティを探す

横浜のレンタカーを探す

横浜の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年5月15日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気遊園地・テーマパークTOP50!みんなが行ってる遊園地・テーマパークランキング

全国各地の遊園地・テーマパークの中で、トリップノートの5万5千人のトラベラー会員(2020年1月現在)のみなさんが実際に行っている順に、全国の遊園地・テーマパー...


ここで買いたい!定番から珍品まで!横浜中華街のお勧めお土産17選

神戸、長崎と並び「日本三大中華街」で知られる横浜中華街。1859年の横浜開港以来、華僑たちによって外国人居留地に造られた街です。現在では、横浜で最もエキゾチック...

レトロな西洋菓子から最先端のスイーツまで!お土産にもなる横浜絶品スイーツ12選♪

みんな大好きスイーツ!おしゃべりのお供に、自分へのご褒美に、それに疲れたときの癒しにだって甘くて美味しいスイーツは欠かせません。早くから異文化を受け入れてきた地...

関東の人気遊園地・テーマパークTOP15!みんなが行ってる遊園地・テーマパークランキング

ディズニーランドや八景島シーパラダイスなど、関東にある遊園地・テーマパークの中で、トリップノートの4万人のトラベラー会員(2019年7月現在)のみなさんが実際に...

子ども喜ぶ!ユニークな体験ができる関東近郊お出かけスポット7選

今度の連休はどこ行こう?子どもが喜ぶ場所はどこ?今回は、GWや夏休みなどの連休の度にお悩みの方へオススメの、関東近郊のお出かけスポットをご紹介します。どのスポッ...

この記事を書いたトラベルライター

旅する歴女
はじめまして♩
小さい頃から歴史好きで、大学は歴史学科の出身。
大学を卒業後は、ごく普通の会社員勤務を経て、現在は博物館や歴史に関わるお仕事をしています。
まだまだ駆け出しです。これからの長い人生「好きを仕事に」が目標です◎
トリップノート以外でも地域情報やエッセイなどもマイペースに書いています。

***

国内も海外旅行も好きですが、海外は特に韓国が好きです。韓国の魅力も沢山お伝えできればと思っています。

***

【旅の主なキーワード】
博物館、美術館、水族館、歴史、城、アート、カフェ、海、島、温泉、絶景、自然など

【これまでの訪問エリア】
海外:韓国、フィンランド、スウェーデン、グアム
国内:28/47

取材依頼もお待ちしております!

1日で満喫できる!尾道・しまなみ海道【生口島】のおすすめ観光プラン

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ全長約60キロメートルに及ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。瀬戸内海にある6つの島を9本の橋で結び、美しい景観やグルメ...


【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...


【鬼怒川温泉】駅周辺で買える!オススメお土産5選&お土産店のご紹介

「東京の奥座敷」と呼ばれる関東有数の温泉地、鬼怒川。鬼怒川温泉駅周辺にはいくつものお土産屋さんがあります。今回この記事では、実際に筆者が購入して良かったお土産を...

【栃木】鬼怒川温泉エリアをのんびり観光!1泊2日モデルコース

「東京の奥座敷」といわれる鬼怒川温泉。今回この記事では、実際に筆者が体験した、鬼怒川温泉の1泊2日のモデルコースをざっくりの時間と共にご紹介します。時間がなくて...

2020年秋までの期間限定オープン!チームラボプラネッツ【東京・豊洲】

2018年6月にオープンしたお台場のデジタルアートミュージアムに引き続き、2018年7月には新豊洲駅前に「チームラボプラネッツ」がオープンしました。こちらのチー...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?