アフリカ

アフリカを旅した筆者がオススメする!ゲストハウス5選!

取材・写真・文:

ニュージーランド在住
訪問エリア:25ヶ国

2019年2月19日更新

366view

お気に入り

日本にいたら想像できない未開の土地、アフリカ。今回は、2018年に南アフリカを中心にアフリカ5カ国を旅した筆者が、ここなら安心!と自信を持ってオススメする宿泊先をご紹介します!

この記事の目次表示

アフリカのおすすめツアー
≪3名様参加専用コース≫◆◇長距離区間は飛行機利用で楽々移動!◇◆…━大人気青の街シャウエン&エネルギッシュな街マラケシュ&迷宮都市フェズを自由に散策━…[各都市送迎&朝食付]6日間
134,800円~284,800円
【観光重視の決定版!】<安心の日本語ガイド&専用車>6大ピラミッドを古い順に巡る!古代・中世の歴史探訪!カイロ14の世界遺産を巡る旅6日間(ピラミッズ・プラザ指定/成田発着/エミレーツ航空利用)
168,000円~338,000円
<羽田発着>「世界遺産」世界3大瀑布ビクトリア滝&チョベ国立公園でサファリ体験!ケープタウンでは安心のウォーターフロント地区「コモドール(4つ星)」に2連泊!南部アフリカ3ヶ国周遊7日間(ケープタウンでは日本語ガイド・専用車で終日観光付き!)
438,000円~578,000円

①Lusaka Backpackers@ザンビア(ルサカ)

  • ルサカバックパッカーズの外観

ザンビアの首都ルサカの街にある、ルサカバックパッカーズ。夜間は赤く厚い扉で閉じられており、見張りのスタッフもいるので安心です。

  • かわいい猫たちがお出迎えしてくれます。
  • プールやバーも完備されている

レセプション、エントランスエリアにはプール、バーが完備されており、ゲストハウスから外に出ることなくお酒を飲むことができます。

また中庭にはレストランのほか、キッチンがあり、自炊もできます。

  • 中庭にはキッチン、レストランもあります。

部屋は広々としており、どのベッドにも蚊帳がついています。シャワールームは室内と屋外があり、水圧も問題ありません。

  • 部屋の様子
  • シャワールームの様子
  • 女性ドミトリールームの様子

またタクシーで5分ほどで、各地方行きのバスターミナルにも行くことができます。

  • バスターミナル
【料金】
女性専用ドミトリー (4人部屋) US$13.5(約¥1,481)
プライベートルーム(3人部屋) US$25(約¥2,743)
Wi-Fiあり、共用バスルーム
ルサカバックパッカーズ
ザンビア / ホステル
住所:lusaka backpackers地図で見る
Web:http://www.lusakabackpackers.com/default.asp

②Fawlty Towers@ザンビア(リヴィングストン)

  • 外観

世界三大瀑布、ビクトリアフォールズを訪れるのであればこちらのお宿がおすすめ。ホテル内には、トラベルデスクもあるので、気軽にツアーを申し込むことができます。

  • ホテル内にツアーカウンターがあるので安心

共用スペースには、プールやレストランがあり、外出することなく食事ができます。

  • プールも完備されている
  • 夜のライトアップも素敵

朝食(有料)はレセプションにてチケットを購入します。

  • 朝食のチケット

キッチンも完備しているので、自炊も可能です。

  • キッチンの様子
【料金】
エンスイート(ツインベッド) US$35(約¥3,840)
ドミトリーUS$8(約¥880)※2018年時点
朝食 US$3(約¥329)
Wi-Fiあり、トイレ・シャワー付き
Fawlty Towers
ザンビア / ホステル
住所:Fawlty Towers, Box 61170, Livingstone地図で見る
電話:+ 260 213 32 34 32
Web:https://adventure-africa.com

③Never@Home @南アフリカ(ケープタウン)

  • Never@homeの外観

ケープタウン中心部にあるこちらの宿。ウォーターフロント徒歩圏内にあるので、観光にも便利です。

  • 海沿いにあるので散策するにも便利な立地

敷地内にはバー、キッチン、TVルームなどの充実した施設があります。

  • 共用ルームの様子
  • 敷地内のバー
  • トラベル本やトラベルデスクもある

筆者の滞在時は、リノベーションが終わったばかりだったので、とても綺麗で居心地がよかったです。

  • 共用スペースの様子

部屋はオレンジと紺色を基調としたシンプルなお部屋です。

  • ダブルルームの様子
【料金】
ダブルルーム 約US$66(約¥7,250)
Wi-Fiあり、バス・トイレ付き
ネバー@ホーム
南アフリカ / ホステル
住所:Never@Home地図で見る
Web:https://neverathomeworld.com

④The Nightingale Guesthouse@南アフリカ(ブルームフォンテーン)

  • フロントドアの鍵と部屋の鍵がついている

レソトから2時間弱の場所に位置する南アフリカの街、ブルームフォンテーンにある宿。

分厚い壁に仕切られた敷地内には駐車場もあるので、防犯面、そしてレンタカーを借りる方にぴったりです。

  • 室内の様子

一部リノベーション途中の部分はあるものの、リフォーム済の部屋は清潔感があり、値段にしては贅沢な広さ。

  • バスルームの様子

朝食はメニューの中から1つ選ぶことができ、そのほかコーヒーや、シリアルなども用意されています。

  • 朝食メニュー
  • コーヒーやフルーツ、シリアルなどが朝食に用意されている
【料金】
ダブルルーム 約US$41 (約¥4,556)
Wi-Fiあり、バス・トイレ付き、朝食付き
ナイチンゲールゲストハウス
南アフリカ / ホステル
住所:The Nightingale Guest house地図で見る
Web:http://nightingaleguesthouse.co.za

⑤Kick4life Hotel & Conference@レソト(マセル)

南アフリカの中に位置する国、レソトの首都マセルにあるこちらの宿。

  • レセプションの様子

フットサル施設内にある宿で、フットサル場はもちろん、レストランやバーベキュースペースも完備されています。

  • フットサル場

バルコニーでは綺麗な夕焼けを見ながらマセルの景色を一望できます。

  • 2階バルコニーからの景色

朝食付きで、宿泊施設隣のレストランのメニューから選ぶことができます。

  • 朝食の例

ダブルルームは広々としており、ウェルカムフルーツが置かれていたり、水のリフィルをきちんと提供してくれるなど、スタッフの対応が良かったです。

  • ダブルルームの様子
【料金】
ダブルルーム 約US$52 (約¥5,733)
Wi-Fiあり、バス・トイレ付き、朝食付き

おわりに

  • ヴィクトリアフォールズの様子

いかがでしたか?

南アフリカという未知の世界、しかしながらそこにはたくさんの素敵な景色があなたを待っています。これから旅行する方に少しでもお役に立てれば幸いです。

アフリカ旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばアフリカのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でアフリカのすべてのツアーをみる>>

アフリカの旅行予約はこちら

アフリカのパッケージツアーを探す

アフリカのホテルを探す

アフリカの航空券を探す

アフリカの現地アクティビティを探す

アフリカのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年2月18日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【モロッコ】星空のサハラ砂漠に宿泊!リヤド・マムーシュのラクダツアー

世界最大の砂漠といわれ、アフリカ大陸の3分の1近くを占めるサハラ砂漠。このサハラ砂漠を楽しく手軽に楽しむことができる、メルズーガの町にあるホテル「リヤド・マムー...


【モロッコ】サハラ砂漠でいざキャンプ!砂漠での過ごし方とは?

モロッコにある世界一大きな砂漠である「サハラ砂漠」。サハラ砂漠でテント泊を楽しめる「ドュンズ・ラグジュアリー・キャンプ」と砂漠での過ごし方についてご紹介します!...

ガーナ随一の観光地!ビーチと世界遺産のある街ケープコーストの楽しみ方5選

ガーナって何があるの?サファリ?ライオンとかシマウマ?・・・申し訳ありませんが、みなさんの思い描くTHE・アフリカな大スペクタクルをガーナには期待しないでくださ...

【ガーナ】1月1日のお祭り:マスカレード・カーニバル「ファンシー・ドレス」って?

マスカレード・カーニバル(仮面舞踏会)はヨーロッパだけのものじゃない!なんと、西アフリカのガーナにもあります。マスカレードと言えば、妖艶なイメージですが、ガーナ...

ガーナ伝統のお祭り「アボアチレ」~GWは鹿追い祭りに参加しよう!

観光地としては、知名度が低めのガーナ。ライオンもシマウマもいないし、東アフリカと比べたらちょっと地味。そんなガーナの魅力、それは文化と人!ガーナはあまり観光開発...

この記事を書いたトラベルライター

水と旅と友達が生きがいな自由人
はじめまして。
トントントラベルと申します。
滝や川、渓谷などの水が大好きで、国内外にマイナスイオンを求めて旅をしています。
夢はダイエットしながら旅をすること。現在25カ国、26都道府県制覇中!
オーストラリアの2年間のワーキングホリデー生活を終えて、現在ワーホリ3カ国目のニュージーランドにて、新たな生活をはじめています。
現地情報から今まで旅した場所まで、皆様のお役に立てる記事を作成したいと思っております。
留学・バックパッカー等の質問もぜひぜひお役に立てていければと思っております。
どうぞよろしくお願いします。
https://ijustwannasaythankyou.amebaownd.com/

【アメリカ】LAに行ったらここ‼︎定番スポット13選‼︎

一度は行ってみたいアメリカ・ロサンゼルス(Los Angeles)、通称「LA」!地名は有名だけれども、実をいうとどんな観光スポットがあるかは良くわからない・・...


【カナダ】トロントと言ったらココ!定番の楽しみ方8選

カナダ屈指の大都市トロント!せっかく楽しむなら、ここは行くべき!という定番スポットを、留学経験があり、2016年・2017年と立て続けに訪問しているトロント大好...

【アメリカ】ニューヨーク行くならここ!定番スポット12選!

エンターテインメント都市ニューヨーク!有名な観光地だけど、どこを抑えればいいのかわからない!そんなあなたにぜひオススメな定番スポットをご紹介致します。

【オーストラリア・メルボルン】バリスタも行きたくなる!本格カフェ9選

オーストラリアの中でもカフェ文化が栄えている都市メルボルン!今回は、コーヒーは好きだけど知識は素人な筆者が、日本でバリスタをしている友人と共に''味わうカフェ巡...

【ペルー・マチュピチュ】行く時に確認すべき7つのコト

世界遺産のひとつとして有名なマチュピチュ!人生で一度は訪れてみるべきスポットです。今回は2016年に現地を訪れた筆者が実際に体験し実感した、行く前に確認しておく...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?