アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

1日でこれだけ廻れる!【ボストン】のんびり散策

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2018年10月18日更新

1,366view

お気に入り

写真:まき子

今では治安が良く住みやすい街として留学生にも人気があり、スポーツ観戦や観光に訪れる人も多いボストンですが、かつては「ボストン虐殺事件」などアメリカ独立戦争の勃発となる事件に始まり、多くの血が流れた歴史的な都市でもあります。そんな街を初めて散策する方にオススメの観光ポイントをご紹介いたします。

この記事の目次表示

アメリカのおすすめツアー
[先着50名様限定価格]《とにかく安く!》【N.Y.2泊xラスベガス2泊周遊6日間】ニューヨークはマンハッタン地区のスタンダードクラス&ラスベガスはストリップ通り周辺のスタンダードクラス
98,800円~307,800円
[羽田発着]<価格重視の方におすすめ!/送迎なしプラン>…━プールバー付きの屋外プールがある『メインゲートレイクサイドリゾート』━…[航空会社未定]オーランド5日間
77,800円~257,800円
<成田~ニューヨーク間は直行便♪>【ニューヨーク&オーランド7日間】N.Y.はブロードウェイ鑑賞に便利な立地「エジソンホテル2泊」&「メインゲートレイクサイドリゾート3泊」│ユナイテッド航空
98,000円~307,000円

「ボストン」というと何を思い浮かべますか?

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

港町、治安が良い、リッチな雰囲気、歴史的な事件がいっぱい、名門大学がたくさん、スポーツが盛ん、地ビールのサミュエルアダムス…など、ボストンのイメージは様々。

実際、ボストンの観光エリアは7つに分けられ、それぞれに特徴があります。

【1. ダウンタウン Downtown】
ボストン観光するならまずはココ!ボストンの中心地で、歴史的な見所からグルメもショッピングも楽しめます。

【2. ウォーターフロント Waterfront】
古くから港町として発展したボストンを象徴するエリアで、ダウンタウンのすぐ東。ボストン茶会事件が起きた場所でもあります。

【3. ケンブリッジ Cambridge】
チャールズ川の西岸に広がるエリア。ハーバード大学はじめ多くの大学が点在し、学生による活気が溢れている街です。

【4. ノースエンド North End】
イタリア文化が古くから根付いている、いわゆる「リトル・イタリー」。イタリアングルメなどが楽しめます。

【5. ビーコンヒル Beacon Hill】
チャールズ川の東岸にある、石畳の街路とレンガ造りの街並みが特徴の高級住宅街です。

【6. バックベイ Back Bay】
ダウンタウンの南に位置し、レッドソックスのスタジアムや様々な美術館があります。

【7. チャールズタウン Charlestown】
ダウンタウンの北に位置し、かつてイギリス軍との激戦が繰り広げられたエリア。歴史的な見所もたくさん。

これだけあると、どこに行ったら良いかわからなくなってしまうかもしれませんが、今回は、初めての方でも ボストンらしさ を満喫できること、かつ 1日でも廻れること に焦点を当て、上記の 1〜3のエリア に特化してご紹介したいと思います。

「たった3つのエリア?」と思われるかもしれませんが、グルメ、ショッピング、歴史に触れる、学生気分を味わう、緑いっぱいの公園でまったりできる、など様々な楽しみ方ができますよ!

1:【ダウンタウン Downtown】は見所たくさん!

  • 写真:まき子

ダウンタウンはその名の通りボストンの中心地。ビジネス街、ホテル、州都ならではの政府機関、グルメにショッピングなど様々な一面が見られますが、やはり何と言っても歴史深さを感じたいエリアです。

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

元がイギリス植民地だったので、ヨーロッパのような石畳の小道やレンガ造りの古い建物がある一方で、近代的な建築も混在している面白い街並みです。

そんなダウンタウン観光をより一層楽しむためにも、ボストンの歴史について知っておくと良いポイントを2つだけ簡単にご紹介します。

1つは イギリスから独立することになった「アメリカ独立戦争」が勃発する “きっかけ” がいくつも起こった場所であること。

もう1つはその理由、当時のイギリスはボストンの市民に多額の税を課し、理不尽な統治法で圧力をかけていたこと。

古今東西、押さえつけようとすればするほど反発が起きるもの。ここボストンでも独立前は、まさにその状態でした。そんな歴史的背景をちょっとだけ頭の片隅に入れておいてみてください。

それでは、ダウンタウンの「ここは行くべき!」というおすすめポイントをご紹介していきます!

アメリカ最古の都市公園【ボストンコモン Boston Common】

  • 写真:まき子

最初に目指すなら、ダウンタウンの中心地にある【ボストンコモン Boston Common】という都市公園がオススメ!創立は1634年で独立戦争(1775年〜)のずっと前、アメリカ最古の都市公園と言われています。

  • 写真:まき子

敷地面積はなんと東京ドーム約4コ分もあり、独立戦争時はイギリス軍のキャンプ地だったそうですが、今となっては平和な雰囲気。芝生で寝転んで本を読んだり、ランチボックスを広げたり、青空チャリティコンサートを聴いたり。

  • 写真:まき子

この公園から、金ピカヘッドの大きな建物が見えると思いますが、これは ビーコンヒル のエリアにある現役の マサチューセッツ州会議事堂 Massachusetts State House です。

この公園の東の方に「観光案内所」があるので、そこで情報収集もできますヨ。

ボストン・コモン
アメリカ / 公園・動植物園
住所:139 Tremont St, Boston, MA 02111 アメリカ合衆国地図で見る
マサチューセッツ州会議事堂
アメリカ / 建造物
住所:24 Beacon St, Boston, MA 02133 アメリカ合衆国地図で見る

ボストン虐殺事件が起きた【旧マサチューセッツ州会議事堂 Old State House】

アメリカ独立戦争が勃発した “きっかけ” の1つとして有名なのが、1770年に 【旧マサチューセッツ州会議事堂 Old State House】で起きた 【ボストン虐殺事件】

  • 写真:まき子

上記写真の左にある建物が 【旧マサチューセッツ州会議事堂】で、事件が起きた場所は正確に言うと、その手前の広場、常に観光客が集まっているのですぐにわかると思います。

この事件、きっかけは1人のボストン市民と1人の兵との間に起きたちょっとしたイザコザでした。でも、イギリスに対して反感が強まっていた当時です。怒鳴り声に集まってきた市民はこの喧嘩にどんどん加勢、ついに暴徒と化した群衆に、イギリス兵8人が無差別発砲!結果、5人が射殺されました。

  • 写真:まき子

この事件後、アメリカの独立派は「ボストン虐殺」と謳い、より “イギリスからの独立” への拍車をかけていくことになります。事件跡の記念碑にも「there the child Independence was born」 “独立への小さなきっかけがここで生まれた” とあります。

旧マサチューセッツ州会議事堂
アメリカ / 建造物
住所:206 Washington St, Boston, MA 02109 アメリカ合衆国地図で見る

奴隷の反対運動はここから始まった!【パークストリート教会 Park Street Church】

  • 写真:まき子

場所は ボストンコモン に戻りますが、そこからも見える、白い八角形の塔が美しい教会が 【パークストリート教会 Park Street Church】

できたのは独立戦争の後で、独立後、 ウィリアム・ロイド・ガリソン というジャーナリストかつ社会改革者が、初めて 奴隷制の廃止 を訴える演説をした教会としても有名です。

  • 写真:まき子

観光客も気軽に中に入れますし、地元の信者のような方もたくさん出入りしている、街に馴染んだ教会です。

パークストリート教会
アメリカ / 社寺・教会
住所:1 Park St, Boston, MA 02108 アメリカ合衆国地図で見る

次のページを読む

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年10月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...


【アメリカ】LAに行ったらここ‼︎定番スポット13選‼︎

一度は行ってみたいアメリカ・ロサンゼルス(Los Angeles)、通称「LA」!地名は有名だけれども、実をいうとどんな観光スポットがあるかは良くわからない・・...

アメリカの人気観光スポットTOP50!旅行好きが行っている観光地ランキング

タイムズスクエアやディズニーランドなど、アメリカの数ある観光スポットの中で、トリップノートの3万8千人を超える旅行好きのトラベラー会員(2019年6月現在)が実...

サンフランシスコ在住者がおすすめする名物グルメ・レストラン10選

人口比に対してレストランの軒数が世界一ともいわれる美食の街・サンフランシスコ。サンフランシスコ在住の筆者が、お財布への負担も考慮しながら、サンフランシスコで食べ...

2019-2020年末年始の海外旅行におすすめの国・都市16選!お正月は海外で年越ししよう

2019〜2020年の年末年始は9連休!お正月休みに海外旅行へ出かけたいという方に、冬にベストシーズンを迎える国や、年越しのカウントダウンイベントが魅力の旅行先...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...

ワシントンDCは政治の街だけじゃない!【ナショナルモール】の魅力

ワシントンDCの街の光景は、日本でもニュースや映画などでよく目にするので、馴染みがあるかもしれません。しかし、1つ1つ実際に見ると、その威厳ある佇まいや規模の大...

日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?