アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

【グランドサークルの旅】自然が刻む奇跡の景観!アメリカ・アリゾナ州「ザ・ウェーブ」実際のタイムラインと知っておきたい5つのこと

取材・写真・文:

アメリカ在住
訪問エリア:24ヶ国

2020年6月29日更新

2,166view

お気に入り

写真:KatieM

波立つようにうねった薄い砂岩の層が幾つにも重なって形成される「ザ・ウェーブ 」。長い年月を掛けて刻まれるこの奇跡の景観を見られるのは、1日僅か20人のみ。今回は、筆者が実際に体験したタイムラインと事前に知っておきたいポイントをご紹介します☆

この記事の目次表示

1. まずは抽選会に参加しよう

  • 写真:KatieM

2009年にマイクロソフト・ウィンドウズ7の壁紙に採用されるや否や、世界中から観覧希望者が殺到している「ザ・ウェーブ(The Wave)」。ここは、バーミリオン・クリフ国定公園(Vermilion Cliffs National Monument)」の自然保護区内にあり、薄い層で形成された砂岩の地層を保護するために、1日の立ち入りは20人のみと制限されています。従って、ザ・ウェーブへアクセスするには、連邦政府の土地管理局から認可された許可証が必要です。

  • 写真:KatieM抽選会の雰囲気

この許可証の発行は、公正なくじ引きによって決められ、

  • 1. ユタ州・カナブの町を訪れ、抽選会に参加する
  • 2. 4ヶ月先に行われるオンライン抽選に申請する

のどちらかから選択できます。

オンライン枠と抽選会枠の定員数は、1日共に10人ずつ。オンラインの抽選は倍率がかなり高い他、その日の天候も運次第。加えて当選した時点で、4ヶ月先の予定を確定する必要があります。こちらの条件でも構わない、という場合はまずはオンラインで申請を行う方法もおすすめですよ。

ユタ州・カナブの町で行われる抽選会の流れ

それではここからは、カナブ・ビジターセンターで行われる抽選会の流れをご説明します。

8:30am 受付開始

  • 写真:KatieMカナブ・ビジターセンターの外観

カナブ・ビジターセンターは、毎朝8:00amに開館し、ザ・ウェーブへの立ち入り抽選の受付も同時に8:30amから始まります。そのため8:30amには現地に到着し、抽選を仕切るレンジャーの説明会に参加しましょう。ちなみにカナブにはビジターセンターが2箇所ありますが、抽選会が行われるのはUS-89沿いの町の東端にある方です。

  • 写真:KatieM館内の様子と抽選会室(右奥)

抽選会の進め方はレンジャーによって異なりますが、大まかな流れとしてザ・ウェーブのトレッキングに関わるリスクなどの説明のあと、代表者が申込書を記入し、それぞれの申込者の出席確認と同時に番号が振り分けられる形となります。

また、この抽選は当日ではなく、次の日のトレッキングが対象です。このため、現地での抽選であれば、翌日の天候の状態も考慮しながら申請するか否かを考慮できるのもメリットとなりますよ。

9:00am 抽選会開始

  • 写真:KatieM抽選会の様子

抽選会は、ロビーの奥にある抽選会室にて行われます。ここに入室できるのは、各パーティー(グループ)の代表者のみ。申し込み人数は1グループ最大6人まで可能で、それより大きなグループになる場合は二手に分かれる形となります。レンジャーが、懸賞でよく見かける回転式のガラガラを回し、出てきた赤いボールに付いている番号がラッキーナンバーとなります。

当たった番号の人数が確認され、10人の定員枠が埋まるまでこれが繰り返されます。ちなみに当選を受諾した後に辞退した場合、その日以降14日間は再度抽選に参加することはできません。その点にはご注意を!

9:15am 許可証の購入手続きとオリエンテーション

  • 写真:KatieM日本語版もあるパンフレット

幸運にも当たりを引き当てたグループは、そのまま室内に残り、立ち入り許可証の発行手続きを行います。発行費用は、各参加グループにつきUSD7.00(782円)。現金もしくは小切手のみ有効なので、抽選会に参加する際は必ず現金を用意しておきましょう。

許可証とパンプレットを受け取ったあとは、レンジャーによるトレッキングの説明がはじまります。自然保護区にはトレイルの標識がほぼなく、周りの景色と地図のみが頼り。特徴となる地形や保護地区での心得、加えて遭難もしくは車がぬかるみにはまってしまった際など、非常事態での対処方法の説明を受けます。

10:15am 解散

オリエンテーションが終わったらこの日は終了。トレッキングに必要なアイテムなどの準備をして次の日に備えます。

カナブ・ビジターセンター
アメリカ / 観光案内所・ビジターセンター
住所:Escalante National Monument Visitor Center, 745 East U.S. 89, Kanab, UT 84741 アメリカ合衆国地図で見る

2. トレッキング当日の流れ

ここからは、筆者たちが実際に体験した当日のタイムラインを紹介します。アリゾナ州とユタ州の境にあるザ・ウェーブは、州の境界線で夏時間中は1時間の時差が発生してしまうため非常にややこしいのですが、以下はユタ州(1時間早い方)のタイムラインで統一しています。

7:00am アリゾナ州・ページのホテルを出発

筆者達は抽選に当たったその日に、ユタ州のカナブから東に1時間ほどの距離にあるアリゾナ州のページにあるホテルに移動したため、実際のトレッキングの日は、アリゾナ州ページからの出発となりました。

ザ・ウェーブ自体は、カナブとページのほぼ真ん中付近に位置し、どちらからのアクセスでも移動距離にあまり変わりはありません

ただし、アリゾナ州ページはユタ州のカナブより時差で1時間遅いため、ホテルの朝食開始時間も遅く、出発時間が遅れてしまうことは頭に入れておきましょう。

8:20am ザ・ウェーブのトレイルヘッド駐車場に到着 

  • 写真:KatieMトレイル駐車場までの未舗装の道

US-89を東から西に30分ほど走り、そこからザ・ウェーブのトレイルヘッドがある未舗装の小道(※上の地図水色の部分)を南下します。ここは前日の天候により道路のコンディションが大きく変化します

ここの運転は4WDの車高のある車が推奨されており、天候によっては4WD以外は禁止となる場合もあります。ここを30分ほど掛けて進むと、到着するのが「ワイヤーパス・トレイルヘッド駐車場」です。

  • 写真:KatieMトレイルヘッド駐車場の様子

未舗装の駐車場ですが、トイレも完備されています。まずはここで身支度を整えましょう。車内に残すもの、持参するものを確認したら、トレイル管理帳に名前と人数、時間を記入します。

  • 写真:KatieM

出発する際は、ダッシュボードに駐車許可証を忘れないように置いておきましょう。

8:30am 駐車場を出発

  • 写真:KatieMトレイルの様子

駐車場からザ・ウェーブの目的地までは片道3.3マイル(5.3km)・約2時間のハイクとなります。

  • 写真:KatieM荒野の中を進むトレイルコース

駐車場からしばらくは、乾いたクリークの底部分を歩きます。続いて右手にある脇道に上がり、荒野の砂地から岩の上と変化していくトレイルを進みます。

  • 写真:KatieM

砂地を歩く距離が長く、短い靴下だと砂が足首から中に入ってしまい、不快感の原因となります。ここでのハイクには、足首を覆う長さのソックスがおすすめですよ。

  • 写真:KatieMティーピーズと呼ばれる小山

しばらく南下すると砂地は岩地へと変化し、左にティーピーズと呼ばれる小山群が現れ、これがルートの目印になってくれます。

  • 写真:KatieM

ところどころに休憩を入れながら、2つに並んだ小山を右に抜け、大きな岩の急斜面を超えたらいよいよザ・ウェーブに到着です!

次のページを読む

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年4月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021最新】アメリカの人気観光スポットTOP51!トラベラーが行っている観光地ランキング

タイムズスクエアやディズニーランドなど、アメリカの数ある観光スポットの中で、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っ...


ワシントンD.C.で一番見応えのある美術館【ナショナル・ギャラリー National Gallery of Art】

アメリカの首都、ワシントンD.C.にふさわしい国立美術館といえば、スミソニアン博物館&美術館が立ち並ぶモールにある【ナショナル・ギャラリー National G...

【ロサンゼルス】LAダウンタウンを満喫する観光スポット9選&おすすめモデルコース

西海岸で一番の大都市となるロサンゼルス。サンタモニカやグリフィス展望台など見どころも満載ですが、徒歩で手軽に観光できるのがダウンタウン!今回はおすすめの観光スポ...

カリフォルニアのデンマーク村「ソルバング」の楽しみ方6選☆

まるで北欧の街に訪れたような雰囲気を楽しめるカリフォルニアの小さなデンマーク村「Solvang(ソルバング)」。LAやサンタバーバラからの日帰り旅行にもぴったり...

アメリカじゃないみたい!ヨーロッパのようなオシャレな街【ジョージタウン】(ワシントンD.C.)

「政治の街 ワシントンD.C.」の北西部にある街【ジョージタウン】はD.C.の中心地とは雰囲気がまた異なる、植民地時代のヨーロッパの情緒が色濃く残る街。学生や地...

この記事を書いたトラベルライター

旅好きウェブライター
大学留学をきっかけに渡米してはや20+年。州立大学を卒業後ニューヨークで就職。長年に渡るニューヨーク生活を経て現在はサンフランシスコ市内に在住。とにかく旅行が大好き!旅先では主に、カフェ・絶景スポット・世界遺産巡りを楽しんでいます☆
http://sfbliss.com

ハワイ島ならではのお土産が見つかる!こだわりが光るお店8選☆

ハワイ諸島の中でも最も面積が広く、大自然が魅力のハワイ島。ゆったりと何もしない優雅な時間を楽しんだ後は、Made in the Big Islandのこだわりが...


【最新&保存版】メキシコシティおすすめ観光名所9選

1990年代よりはるかに治安が改善し、公共交通機関も発達したメキシコシティ。地下鉄やメトロバスを使うことで簡単に市内の観光が可能です。今回の記事では、メキシコシ...


【テオティワカン遺跡への行き方】メキシコシティからバスで行く半日観光モデルコース

メキシコシティから僅か50kmの距離にあり、日帰り観光に最適なのがテオティワカン遺跡。事前にツアーなどを予約しなくても、北バスターミナルから出るバスを利用すれば...

【グランドサークルの回り方】実際にレンタカーでドライブした9泊10日のモデルコースを大公開!

グランドサークルの旅行を計画する際にまず悩むのがそのコース。行きたいところはたくさんあるけれど、予定日程内に収まるのか、また実際にかなりの長距離を運転できるのか...

【ハワイ島】コナコーストをの〜んびり巡る♪おすすめコーヒー園6選

コーヒーが好きな方なら一度は聞いたことのある「コナコーヒー」世界の生産量をみると僅か1%以下という希少価値の高いコーヒーで、少ない酸味と甘い香りが特徴です。ハワ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります