アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

【グランドサークルの旅】アメリカ・モニュメントバレーで体験したいこと6選♪

取材・写真・文:

アメリカ在住
訪問エリア:24ヶ国

2019年6月11日更新

1,217view

お気に入り

この記事の目次表示

【4】ナバホ族手作りのお気に入り雑貨を探そう♪

  • 写真:KatieM

ビュー・ホテル内にあるギフトショップ「トレーディング・ポスト」は、ナバホ族手作りの雑貨や装飾品の品揃えが多く、お土産を購入するのにぴったりのスポットです。

  • 写真:KatieMネイティヴ・アメリカンジュエリー

ターコイズが多く使われたネイティヴ・アメリカンジュエリーや装飾品はもちろん、インテリアに使える置物やモカシンの靴など数多くの品物が揃っています。

  • 写真:KatieMゆったりとした店内

お土産の定番となるドリームキャッチャーも、素材やサイズ・色展開共に多様。いずれにせよ、広々とした店内でゆったりとお買い物を楽しめますよ♪

  • 写真:KatieM17マイル・バレー・ドライブで見られる景色

また、後に紹介する「17マイル・バレー・ドライブ」では、要所要所にナバホ族の手作り品販売所が設置されています。ここの商品をチェックしてみるのもおすすめですよ!

トレーディング・ポスト
アメリカ / おみやげ屋
住所:Indian Rte 42, Oljato-Monument Valley, AZ 84536地図で見る
電話:(435) 727-5555
Web:https://monumentvalleyview.com/trading-post/

【5】メサ・リム・トレイルでプチトレッキング♪

  • 写真:KatieMトレイルからの眺め

ホテルの周りをちょっと散策したいならおすすめなのが「メサ・リム・トレイル(Mesa Rim Trail)」。一般的にトライバル公園内の観光は、ナバホ族の引率や許可証が必要ですが、こちらのトレイルはホテルに近く往復約1.1kmと短距離のため、独自でのアクセスが可能です。

  • 写真:KatieMトレイルヘッドの目印

まずホテルを出たら建物に沿って、ビジターセンターとは逆となる南の方向に進みます。駐車場を過ぎたあたりにトレイルヘッドのサインがありますよ。

  • 写真:KatieMトレイルの様子

ここは谷の淵に沿ってなだらかな坂道と登るトレイルとなり、南側から見たモニュメントバレーの景色を楽しめます。

  • 写真:KatieM

歩いて15分ほどで絶景ポイントに到達するので、ここでひと休みを兼ねて岩に座って谷を見下してみましょう。谷底を吹き抜ける風の音を聞いたり、野生の馬がのんびり歩いているのを眺めたり、観光地からちょっと外れただけで砂漠の谷らしい雰囲気を味わえます♪

  • 写真:KatieM野生の馬にも遭遇!

もっと本格的なトレッキングを楽しみたいという方は、「ワイルド・キャット」と呼ばれる中距離のトレイルや、ナバホのガイドと一緒に歩くトレイルツアーなどもチェックしてみてください♪

メサ・リム・トレイルヘッド
アメリカ / 自然・景勝地
住所:Unnamed Road, Oljato-Monument Valley, AZ 84536地図で見る

【6】17マイル・バレー・ドライブを制覇!

  • 写真:KatieM谷底を続く17マイル・バレードライブ

同じく公園内をガイド無しで観光ができるのが、谷底をぐるりと一周する「17マイル・バレー・ドライブ(17 mile Valley Drive)」。未舗装の細い道路には11箇所の立ち寄りスポットがあり、それぞれの場所から違った景色を楽しめます。

  • 写真:KatieMジョン・フォードポイント

特に人気なのが、西部劇の舞台として多く登場する「ジョン・フォードポイント(John Ford Point)」。ここでは、崖の上からはるかに続く谷の様子を眺めたり、レンタル馬に乗って記念撮影も行えます。

  • 写真:KatieM間近で見ると巨大なメサやビュート

谷の上から見ることが多いビュートやメサですが、間近で見ることでひとつひとつが巨大であることを体感できますよ。

  • 写真:KatieMアーティスト・ポイントからの眺め

谷底では、立ち寄りスポット以外の場所で下車したり、勝手にトレイルの散策をすることが禁じられています。

  • 写真:KatieM3人の修道女と呼ばれるビュート

また、一旦下に降りるとトイレなどの休憩所は無いため、あらかじめ身支度を整えて出かけましょう。こちらのループに掛かる所用時間は約1.5時間となります。

ジョン・フォード・ポイント
アメリカ / 自然・景勝地
住所:John Ford Point, Oljato-Monument Valley, AZ, United States地図で見る

最後に

  • 写真:KatieMナバホトライブ公園への入り口

グランドサークルの旅でも外せないスポット、モニュメント・バレー。ここだけでしか見られない絶景はもちろん、砂漠の谷ならではの寒暖差や空気の質・乾いた土の匂いなどもぜひ体感してみてくださいね♪

モニュメントバレー
アメリカ / 自然・景勝地 / 6/20放送「世界ふしぎ発見!」で紹介
住所:Indn Route 42, Oljato-Monument Valley, AZ 84536 アメリカ合衆国地図で見る
Web:http://navajonationparks.org

※記事内のアメリカドルから日本円への換算は1USD=約108円で計算しています。

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022最新】アメリカの人気観光スポットTOP51!トラベラーが行っている観光地ランキング

タイムズスクエアやディズニーランドなど、アメリカの数ある観光スポットの中で、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っ...


アメリカ最強のメキシカンファストフードチェーン「チポトレ」(ボストンより)

2019年時点でアメリカで最も有名なファストフードチェーンの一つ「チポトレ・メキシカン・グリル(Chipotle Mexican Grill)」。アメリカ東海岸...

【アメリカ】In-N-Out Burgerの裏メニュー、一挙にご紹介!

In-N-Out Burger(イナウトバーガー)は、アメリカ、カリフォルニア生まれの人気ハンバーガーチェーン店。フレッシュな商品を提供することにこだわった日本...

間違いない!サンフランシスコのおすすめお土産12選

旅行の楽しみのひとつで、悩みの種でもある「お土産」。旅行中にお土産を探す時間があまりない方や「もう明日帰国!!」という方でも迷わず購入できる、サンフランシスコの...

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...

この記事を書いたトラベルライター

旅好きウェブライター
大学留学をきっかけに渡米してはや20+年。州立大学を卒業後ニューヨークで就職。長年に渡るニューヨーク生活を経て現在はサンフランシスコ市内に在住。とにかく旅行が大好き!旅先では主に、カフェ・絶景スポット・世界遺産巡りを楽しんでいます☆
http://sfbliss.com

ハワイ島ならではのお土産が見つかる!こだわりが光るお店8選☆

ハワイ諸島の中でも最も面積が広く、大自然が魅力のハワイ島。ゆったりと何もしない優雅な時間を楽しんだ後は、Made in the Big Islandのこだわりが...


【最新&保存版】メキシコシティおすすめ観光名所9選

1990年代よりはるかに治安が改善し、公共交通機関も発達したメキシコシティ。地下鉄やメトロバスを使うことで簡単に市内の観光が可能です。今回の記事では、メキシコシ...


【テオティワカン遺跡への行き方】メキシコシティからバスで行く半日観光モデルコース

メキシコシティから僅か50kmの距離にあり、日帰り観光に最適なのがテオティワカン遺跡。事前にツアーなどを予約しなくても、北バスターミナルから出るバスを利用すれば...

【グランドサークルの回り方】実際にレンタカーでドライブした9泊10日のモデルコースを大公開!

グランドサークルの旅行を計画する際にまず悩むのがそのコース。行きたいところはたくさんあるけれど、予定日程内に収まるのか、また実際にかなりの長距離を運転できるのか...

【ロサンゼルス】LAダウンタウンを満喫する観光スポット9選&おすすめモデルコース

西海岸で一番の大都市となるロサンゼルス。サンタモニカやグリフィス展望台など見どころも満載ですが、徒歩で手軽に観光できるのがダウンタウン!今回はおすすめの観光スポ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります