青森
青森観光
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

【青森】廃校活用!山の楽校に咲き誇る200万本のひまわり

取材・写真・文:

宮城在住
訪問エリア:32都道府県

2023年7月5日更新

163view

お気に入り

写真:dory

八戸市にある廃校になった小中学校の校舎を利用した体験交流施設の「山の楽校」。田舎の伝統文化を守るため様々な体験ができる施設ですが、夏には校舎の裏に200万本以上のひまわり畑が広がる素敵な景色が見られるスポットになっています。

この記事の目次表示

山の楽校とは?

山の楽校は、旧南郷村(現在の八戸市南郷地区)にある廃校になった増田小中学校の校舎を利用し、2005年に体験交流施設として生まれ変わった青葉湖展望交流施設です。

  • 写真:dory

田舎の伝統文化を守る目的で、地元農家で作られていた味噌や手打ちそば打ち体験など田舎暮らしの体験できたり、農家レストランで食事ができます。校舎の隣接地にはそば畑とひまわり畑が広がっており、施設の名所になっています。

圧巻の光景!校舎裏のひまわり畑

  • 写真:dory赤い屋根も校舎と黄色いひまわりのコントラストが素敵

毎年8月下旬頃になると200万本以上のひまわりが校舎裏に咲き誇るスポットとしても人気です。校舎がある少し高い位置からみるだけでなく、ひまわり畑の中も散策できますのでまた、是非畑の中を歩いてみてください。かなり背の高いひまわりがにょきにょきと生えているのが実感できます。毎年8月中旬から下旬にかけて、そばとひまわりの花見週間が開催されています。期間中はひまわりの切り取り体験などが楽しめます。

  • 写真:dory大人の背の高さほどもある大きなひまわり

蕎麦の白い花の花畑も見逃さないで!

ひまわり畑の中を散策して奥のほうに進むと、白い花の蕎麦畑が広がっています。こちらも素敵な光景なので是非覗いてみてください。

  • 写真:doryそばの白い花

廃校の息遣いを感じる

明治36年に増田文教所として開校し、地域とともに100年もの歴史を歩んできた大切な場所だった増田小中学校。過疎化の波には逆らえず、児童生徒数の減少により2003年に閉校しましたが、地元の人の熱い想いで校舎の姿をそのままに2005年に体験交流ができる世増ダム建設の記念施設として「山の楽校」が誕生しました。

  • 写真:dory昭和の香りがする昔懐かしい品々が展示されています

山の楽校の教室は見学可能で、増田小中学校の備品や写真が展示されており、息遣いがまだ聞こえてくるかのようです。オルガンやアコーディオン、チャンネル式の箱型テレビなど昭和の香りがする、昔懐かしい品々にも触れることができます。また、青森県の南部地域の灌漑用水、上水のために整備され2003年に完成した世増ダム(青葉湖)の建築にあたり、湖底に沈んだ集落の暮らしを紹介した「世増ダム資料館」や畑内集落跡の出土品展示などに活用されています。

次のページを読む

青森の旅行予約はこちら


青森のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

青森のホテルを探す

青森の航空券を探す

(青森空港)

(三沢空港)

青森の現地アクティビティを探す

青森のレンタカーを探す

青森の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024最新】日本の人気の島・離島TOP50!旅行者が行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の離島を、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実際に行ってい...


【2024】日本の人気の滝TOP35!旅行好きが行っている全国の滝ランキング

華厳の滝や袋田の滝、白糸の滝などをはじめとする日本の人気の滝を、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実際に行っている...

壮大な緑の絶景!国内のおすすめ草原15選

牧歌的な風景が広がる「草千里ヶ浜」や、日本一広大な公共牧場「ナイタイ高原牧場」、阿蘇のパワーを感じる「大観峰」など、壮大な緑の絶景が広がる国内でおすすめの草原を...

6月の国内おすすめ旅行先12選!梅雨でも楽しめる観光地特集

梅雨を迎える6月。雨が似合うアジサイ名所や苔庭など、梅雨時だからこそ楽しめるスポットが日本全国にあります。6月のお休みにおすすめの国内旅行先をご紹介します。

日本の人気の渓谷・峡谷TOP27!旅行好きが行っている全国の渓谷&峡谷ランキング

高千穂峡や黒部峡谷、厳美渓や香嵐渓などをはじめとする日本の渓谷・峡谷を、トリップノートの8万9千人を超える旅行好きトラベラー会員(2023年6月現在)が実際に行...

この記事を書いたトラベルライター

まだ知らないイロドリミドリな世界へ
元海外在住、元外資系豪華客船員ライター。学生時代からふつふつとしていた旅欲を満たすため、年々フットワークが軽くなり国内外問わずあちらこちらにすぐ顔出します!定番から少しだけ外れてるけど、マニアック過ぎない、いつもより少し旅を楽しくするノウハウお伝えします!
http://irodorimidori.blogspot.jp

【香川】これでバッチリ!アートを巡る直島観光モデルコース

見どころの多いアートな場所「直島」ですが、どういうルートでめぐるか、どこを優先的にみるべきなのか迷いがちです。くまなく直島を楽しむために、効率的に直島をまわるプ...


【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...


【モロッコ】人気上昇中の旅先で絶対に食べたい絶品モロッコ料理BEST5

今、女子旅人気急上昇の旅先であるモロッコは、どこを切り取ってもフォトジェニックな異文化の香り漂うエキゾチックな国です。そんなモロッコで食べられる本場のモロッコ料...

【コロンビア】地元グルメを堪能!食べたいご当地料理&ドリンク10選

南米コロンビアの料理ってどんなものでしょうか?日本ではなかなか食べることも、また想像することも難しい方が多いのではないでしょうか。難しいからこそ訪れた時には、見...

【仙台】お土産に迷ったらコレ!老舗揃いの仙台銘菓5選

東京から新幹線でたったの1時間半で行ける仙台。旅行や出張で来たら買って帰りたい手土産ですが、思い浮かぶのはやはり「萩の月」でしょうか?いやいや、仙台には歴史ある...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります