青森
青森観光
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

【青森】ランプの宿青荷温泉でデジタルデトックスな時間を過ごそう

取材・写真・文:

宮城在住
訪問エリア:32都道府県

2021年1月8日更新

316view

お気に入り

写真:dory

携帯電話の電波も届かず電気もない、今では珍しいそんな場所にある青荷温泉では、ランプの暖かな光と豊かな温泉、美味しい食事をゆっくり楽しむだけの極上の時間を楽しめます。日常から遮断された世界で、いつもとは違う時間の流れを楽しみませんか?

この記事の目次表示

ランプの宿青荷温泉へのアクセス

ランプの宿は人里離れた秘境、青荷渓谷の渓流沿いにあります。アクセスは自家用車か宿の送迎サービスを利用することになるでしょう。国道から山道へと入っていくと、狭く曲がりくねった道路をひたすら登っていきます。

  • 写真:dory手作りの津軽弁の案内板に宿まで導かれましょう
  • 写真:dory

舗装された道の途中からは砂利道になったりと、本当にこの道で大丈夫か?と少し心配になるかもしれませんが、道中には津軽弁で書かれた看板が時折現れますので安心です。津軽弁の手作り看板を頼りにホッコリしながら進むと到着します。

  • 写真:dory

なお冬季(12月~3月)は、宿までの山道は一般車両は通行止めになり、自家用車で訪れた場合は、道の駅「虹の湖」駐車場へ車を置き、青荷シャトルバスに乗り換えることになりますのでご注意下さい。

電気電波が遮断された宿

昭和4年に開湯された青荷温泉は、青荷渓谷の豊かな自然を楽しめる、ひなびた風情の秘湯です。電気がなくランプの明かりだけで一夜を過ごします。

  • 写真:dory自然豊かな青荷渓谷

もちろん部屋にテレビはなく、さらに携帯電話の電波すら届きません。自然の音だけがこだまし、日常から完全にシャットダウンされた場所で、昔の湯治場に来たような珍しい体験ができる温泉宿になっています。

  • 写真:dory客室の明かりもランプ

山の幸をふんだんに使った食事

山の幸を沢山取り入れた食事で身も心もデトックスできます。決して華美で豪華ではないものの、地元の食材を使った味わい深いお食事です。男性や若い世代には少し物足りないように見えるかもしれませんが、実際にいただくと十分お腹いっぱいになる量でしょう。

  • 写真:dory名物の岩魚や青森の郷土料理イカメンチなどが並ぶ夕食
  • 写真:dory山の食材煮物の小鉢が並ぶヘルシー朝食

4つある温泉

宿自慢の温泉は健六の湯、本館内湯、滝見の湯、露天風呂の4つもあり、それぞれ外の景色を楽しめるようになっています。せっかく来たからには全てのお風呂に入りたいです。他の宿とは異なり娯楽が少ない分、温泉をたっぷり楽しめます。

  • 写真:dory「健六の湯」外観

露天風呂は混浴(レディースタイムあり)、総ヒバ造りの健六の湯は豊かなヒバの香りに包まれながらリラックスして入浴できます。お湯は無色透明、無味無臭の単純温泉で、神経痛、筋肉痛、関節痛のほか、慢性消化器病や冷え性への効能があります。

  • 写真:dory露天風呂と滝見の湯へはこの橋を通ります

ランプの明かりを楽しむ

電気のないこの宿で、部屋や廊下、風呂場など館内全てを明るく灯しているのがランプですが、毎日手入れされています。敷地内にあるランプ小屋で手入れされる数は、一日200個にもなるそうです。

  • 写真:doryランプ小屋で毎日メンテナンスされている

少し日が暮れる前からランプには明かりがともされ日が段々と暮れてくると、見慣れた蛍光灯の明かりとは異なる暖かな明かりが一帯を包み込みます。

  • 写真:dory外の街灯もランプ
  • 写真:dory夜に灯るランプの明かりが幻想的

徐々に目が慣れてくると十分な明かりが館内を満たしてくれます。特に帳場の雰囲気は別の世界へ来たかのような不思議な気持ちになります。

  • 写真:dory帳場の夜の姿はなんともノスタルジックな雰囲気

周囲に明かりがなく、宿自体もランプの明かりだけになるため、晴れた日の夜には零れ落ちるほどの満天の星空が広がっています。これもこの宿ならではの楽しみの一つです。

ランプの宿青荷温泉
青森 / ホテル / インスタ映え
3.9 (34件の口コミ)
料金(目安):9,720円〜20,250円
宿泊時間:15:00〜10:00
住所:青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1-7地図で見る
電話:0172-54-8588
Web:https://www.aoninet.com/pc-index.html

この記事を書いたトラベルライターから一言

  • 写真:dory

温泉旅行となればゆっくりしたいと思いつつも、同行者と遅くまで飲んでしまったり、せっかくだからと周辺の湯めぐりや立ち寄り湯の計画も立ててしまって、結局ゆっくり出来なかったなんてことも多いはず。このランプの宿では静かにゆっくりと時が流れていて、急な連絡も入ってこないので本当に身も心もデトックスできました。

日が暮れるのが早い秋冬は特に眠くなるのも早くなり、日の光と自然の音で起床するという本来のあるべき人間のリズムで滞在できるので、目覚めが恐ろしいほどスッキリしていました。こんな体験はなかなか他では味わえないものです。(dory)

青森の旅行予約はこちら

青森のパッケージツアーを探す

青森のホテルを探す

青森の航空券を探す

(青森空港)

(三沢空港)

青森の現地アクティビティを探す

青森のレンタカーを探す

青森の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年1月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


東北の人気温泉TOP25!旅行好きが行っている温泉地ランキング

銀山温泉に秋保温泉、浅虫温泉郷や東山温泉などをはじめとする東北の温泉の中で、トリップノートの6万4千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行っ...


【青森】奥入瀬渓流・十和田湖観光2日間のモデルコース

青森県のシンボル的存在の十和田湖。湖の周囲が1,000メートル級の山々に囲まれ、大自然を満喫できるエリアです。この記事では、そんな十和田湖エリアを観光する際にお...

【青森】湯治場で人気!酸ヶ湯温泉エリアの観光スポット10選

青森県青森市の八甲田エリアは、火山の名残として数多くの温泉が湧いています。今回ご紹介する酸ヶ湯(すかゆ)温泉もそのうちの一つです。湯に酸味があるのが特徴で、日帰...

広さ約22万坪!古牧温泉「星野リゾート青森屋」で過ごす贅沢な時間

青森県三沢市にある古牧温泉「星野リゾート 青森屋」は、この地を代表する一大リゾート施設。広大な敷地にはオリジナリティ溢れる温泉をはじめ、有形文化財の「旧渋沢邸」...

全国の人気温泉TOP50!旅行好きが行っている温泉ランキング

有馬温泉や下呂温泉、草津温泉をはじめとする全国各地の有名温泉地の中で、トリップノートの6万3千人を超える旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に行っ...

この記事を書いたトラベルライター

まだ知らないイロドリミドリな世界へ
学生時代からふつふつとしていた旅欲を満たすため、年々フットワークが軽くなり国内外問わずあちらこちらにすぐ顔出します!元海外在住、元外資系豪華客船員が学んだ旅のこと、食べ物のこと、アートのこと、景色のこと、楽しく旅するノウハウをお伝えします!
http://irodorimidori.blogspot.jp

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...


【香川】これでバッチリ!アートを巡る直島観光モデルコース

見どころの多いアートな場所「直島」ですが、どういうルートでめぐるか、どこを優先的にみるべきなのか迷いがちです。くまなく直島を楽しむために、効率的に直島をまわるプ...


見たい!行きたい!世界のグラフィティ・アートスポット7選

グラフィティ・アートをご存知ですか?路地裏や建物などの外壁にスプレーやペンキで書かれているストリートアートです。落書き、イタズラのように受け取られがちですが、お...

【モロッコ】人気上昇中の旅先で絶対に食べたい絶品モロッコ料理BEST5

今、女子旅人気急上昇の旅先であるモロッコは、どこを切り取ってもフォトジェニックな異文化の香り漂うエキゾチックな国です。そんなモロッコで食べられる本場のモロッコ料...

【仙台】お土産に迷ったらコレ!老舗揃いの仙台銘菓5選

東京から新幹線でたったの1時間半で行ける仙台。旅行や出張で来たら買って帰りたい手土産ですが、思い浮かぶのはやはり「萩の月」でしょうか?いやいや、仙台には歴史ある...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります