青森
青森観光
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

【青森】奥入瀬渓流・十和田湖観光2日間のモデルコース

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:44都道府県

2021年6月25日更新

8,734view

お気に入り

写真:Sosyu Kikuchi

青森県のシンボル的存在の十和田湖。湖の周囲が1,000メートル級の山々に囲まれ、大自然を満喫できるエリアです。この記事では、そんな十和田湖エリアを観光する際におすすめしたい2日間のモデルコースをご紹介します。奥入瀬渓流、蔦七沼、酸ヶ湯温泉など、人気のスポットを効率よく回るアイディアになれば嬉しいです。

この記事の目次表示

●1日目スタート【9:30】御鼻部山(おはなべやま)展望台で絶景鑑賞

十和田湖周辺には複数の展望台がありますが、そのなかでも御鼻部山展望台は外輪山の最高地点にあり、標高は1,011メートルあります。11~5月は積雪のため閉鎖されます。

  • 写真:Sosyu Kikuchi御鼻部山(おはなべやま)展望台

コンクリートでしっかりと建設された展望台で、駐車場、トイレもあります。早朝に行くと霧で湖が見えないこともあり、その時の天候次第で景色の見え方が変わるようです。

  • 写真:Sosyu Kikuchi御鼻部山(おはなべやま)展望台
御鼻部山展望台
青森 / 展望・景観 / 穴場デートスポット / 展望台
住所:青森県十和田市奥瀬尻辺山国有林68林班地図で見る
電話:0176-75-1531
Web:https://www.aptinet.jp/Detail_display_00000366.htm...

【10:00】奥入瀬渓流を散策・子ノ口からスタート

奥入瀬渓流は、十和田湖から唯一流れ出ている川。この川に沿った約14キロの自然散策路を奥入瀬渓流と呼び、バス停・子ノ口(ねのくち)~焼山(やけやま)までの道のりを指しています。

  • 写真:Sosyu Kikuchi奥入瀬渓流・子ノ口付近

子ノ口には十分な台数の駐車場が整備されているので、そちらに車を停車してトレッキングをスタートするとスムーズ。渓流沿いには、見ごたえある数々の素晴らしい風景が横たわっています。

  • 写真:Sosyu Kikuchi奥入瀬渓流・銚子大滝
  • 写真:Sosyu Kikuchi奥入瀬渓流・散策路
子ノ口の水門
青森 / その他スポット
住所:青森県十和田市奥瀬十和田湖畔子ノ口地図で見る
Web:http://towadako.or.jp/sansaku-map/oirase-nenokuchi...
奥入瀬渓流
青森 / 自然・景勝地 / 観光名所 / 紅葉 / パワースポット / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / ハイキング
住所:青森県十和田市奥瀬字栃久保183地図で見る
電話::0176-51-6770(十和田市役所観光商工部観光推進課観光企画係)
Web:http://www.aptinet.jp/Detail_display_00000339.html

【12:46】奥入瀬渓流・石ヶ戸で散策終了&バス乗車

筆者はバス停・子ノ口からスタートして2時間15分程トレッキングをし、石ヶ戸休憩所でゴールとしました。石ヶ戸休憩所にはトイレ、売店、バス停が整備されているので、ゴールに設定するのがおすすめです。

  • 写真:Sosyu Kikuchi奥入瀬渓流・石ケ戸休憩所

バスの時間がきたら乗車し、再び子ノ口へと戻ります。バスの本数がとても少ないので、逃さないよう計画的にトレッキングしましょう。参考までにバスの時刻表を掲載しておきます。

  • 写真:Sosyu Kikuchi奥入瀬渓流・バス時刻表
  • 写真:Sosyu Kikuchi奥入瀬渓流・バス時刻表
石ヶ戸休憩所
青森 / 休憩所
住所:青森県十和田市奥瀬字惣辺山1地図で見る
電話:0176-74-2355
Web:http://www.oirase.or.jp/ishigedo/ishigedo.htm

【13:45】とちの茶屋で十和田湖産ひめますランチ

奥入瀬渓流でトレッキングを楽しんだあとは、十和田湖畔エリアに移動してランチタイムにしましょう。ランチで特におすすめなのは、十和田湖名産のひめますを使ったお料理。ひめますは特に刺身が美味しく、脂ののったピンクの身と食感が特徴的です。

  • 写真:Sosyu Kikuchiとちの茶屋・ひめます刺身

筆者はとちの茶屋にて、ひめます刺身定食(1,850円)を頂きました。たっぷりのお刺身、佃煮、いぶりがっこ、酢の物、お味噌汁が付いてきます。ひめますは、十和田湖へ来たら必ず食べたい絶品グルメです。

  • 写真:Sosyu Kikuchiとちの茶屋・ひめます刺身定食
  • 写真:Sosyu Kikuchiとちの茶屋
とちの茶屋
青森 / 魚介・海鮮料理 / ランチ
住所:青森県十和田市大字奥瀬字十和田16十和田館地図で見る
電話:0176-75-2231
Web:http://towadako.or.jp/enjoy/post249/

【14:25】十和田神社

ランチを食べた後は、歩いて十和田神社へ向かいましょう。十和田神社は十和田湖エリアのパワースポットです。江戸時代までは十和田信仰(水神信仰)の地として、山伏(やまぶし)修行の場所であったとされています。

  • 写真:Sosyu Kikuchi十和田神社

敷地内は緑にあふれ、厳かな雰囲気が漂っています。「子宝の木」と呼ばれる御神木では、木のなかへお賽銭を入れて子宝安産を祈願できます。

  • 写真:Sosyu Kikuchi十和田神社・子宝の木
  • 写真:Sosyu Kikuchi十和田神社・鳥居
十和田神社
青森 / 神社 / パワースポット / 女子旅 / 縁結びスポット
住所:青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486地図で見る
電話:0176-75-2508

【14:35】乙女の像

十和田神社から徒歩すぐの場所にある裸体像です。詩人かつ彫刻家でもある高村光太郎の作品で、妻の智恵子を模したものであると言われており、二体が向き合う形で並んでいます。

  • 写真:Sosyu Kikuchi髙村光太郎作・乙女の像

手を合わせるように向き合う姿は、湖の透明さをイメージしたもので、影と形を表現しているそうです。両足がしっかりと地面に付いているのは、十和田湖の厳しい環境に耐える様子を表しているのだとか。

  • 写真:Sosyu Kikuchi乙女の像
乙女の像
青森 / モニュメント
住所:青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋地図で見る
Web:http://towadako.or.jp/rekishi-densetsu/otomenozou/

【14:45】十和田湖畔を歩く

「乙女の像」の目の前には湖が広がっているので、ここを少しお散歩しましょう。十和田湖は火山活動によって形成されたカルデラ湖で、600~1,000メートルの山々に囲まれています。水が美しく透き通っているのが特徴です。

  • 写真:Sosyu Kikuchi十和田湖畔

湖には二つの半島が突き出ています。二つの半島に挟まれた部分を「中湖」と呼び、十和田湖のなかで最も深いポイントとなっているそうです。水深はなんと327メートルで、日本第3位の深さなのだとか。

  • 写真:Sosyu Kikuchi十和田湖畔
十和田湖
青森 / 自然・景勝地 / 観光名所 / 紅葉 / パワースポット / 子供が喜ぶ / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / 冬のおすすめ観光スポット / ハイキング / 遊び場
住所:青森県十和田市奥瀬字十和田湖畔休屋486地図で見る
Web:http://towadako.or.jp/towadako-oirase/

【16:00】発荷峠(はっかとうげ)展望台

こちらは秋田県の展望台。標高631メートルの場所に位置していて、高いところから十和田湖を一望することができます。十和田湖畔沿いにある数々の展望台のなかでも特に最高のビューポイントとされています。

  • 写真:Sosyu Kikuchi発荷峠(はっかとうげ)展望台

青く澄んだ湖を眺めて心落ち着かせることができる場所で、屋外展望台、屋内展望室どちらも用意されています。駐車場も50台分あります。

  • 写真:Sosyu Kikuchi発荷峠(はっかとうげ)展望台
発荷峠展望台
小坂町(鹿角郡) / 展望・景観 / 穴場観光スポット / 穴場デートスポット / 展望台 / 観光名所
住所:秋田県鹿角郡小坂町発荷地図で見る
電話:0176-75-1531
Web:https://www.aptinet.jp/Detail_display_00000368.htm...

【17:00】各自のお宿へ

1日目はこれで終了です。各自予約したお宿へチェックインしましょう。十和田湖畔にはコンビニが無くレストランも少ないので、お宿で夕食をとれた方が安心です。

また十和田湖畔温泉が湧いているので、温泉でお宿を選ぶのもおすすめ。筆者も浸かりましたが、とても柔らかくて肌が潤う温泉でした。

次のページを読む

青森の旅行予約はこちら

青森のパッケージツアーを探す

青森のホテルを探す

青森の航空券を探す

(青森空港)

(三沢空港)

青森の現地アクティビティを探す

青森のレンタカーを探す

青森の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年8月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021】10月の国内おすすめ旅行先31選!秋の連休に行きたい観光地特集

10月は、北日本や標高の高い場所を中心に紅葉が各地で見頃を迎え、早いところではイルミネーションイベントも始まる時期です。10月の連休や週末におすすめの国内旅行先...


【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

【2021最新】日本の人気の島・離島TOP47!トラベラーが行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の島の中で、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順...

日本の人気の滝TOP30!旅行好きが行っている全国の滝ランキング

華厳の滝や袋田の滝、白糸の滝などをはじめとする日本の有名な滝の中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に行っている順...

【2022】2月の国内おすすめ旅行先40選!冬の旅行にぴったりな観光地特集

2月は北はまだまだ雪深く、この時期ならではの雪や氷のイベントが開催されている一方で、南は梅や早咲きの桜が開花し始める時期です。2月の週末旅行におすすめの国内旅行...

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて
海に囲まれた故郷で育ち、いくつになっても自然を求め旅をしています。これまで国内44県、海外は13か国を訪れました。その土地に根付く食を探るのも楽しみのひとつです。

▶よくある執筆ネタ
・湧き水、ネイチャースポット
・焼き芋、食文化、町の飲食店

▶Awards
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」大塚製薬賞
・R01.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2019上半期」審査員特別賞
・R03.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2021上半期」SNSシェアトップ賞

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と、一口食べれば誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

人気の焼き芋が買える店を巡ろう!茨城県の焼き芋専門店・販売店13選

茨城県はサツマイモの生産地として有名です。最近では焼き芋を取扱うお店も増えました。地元住民、観光客どちらからも大人気です。この記事では茨城県内にある焼き芋専門店...

【茨城】陶芸の町!笠間市でおすすめの観光スポット6選

茨城県中部に位置する笠間市。陶芸や陶器の町として知られています。自然に囲まれた環境のなか、思う存分に芸術と触れ合うことができるエリアです。観光には欠かせない食も...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります