青森
青森観光
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

青森県のおすすめ温泉16選!秘湯・名湯ガイド<エリア別>

取材・写真・文:

2019年5月29日更新

25,709view

お気に入り

青森県は全国でもトップクラスの温泉地数を誇る、知る人ぞ知る湯どころで、秘湯・名湯が揃っています。青森県でおすすめの温泉を下北・津軽・南部(三八上北)の3つのエリアごとにご紹介します。

この記事の目次表示

下北地方

1. 下風呂温泉郷

  • 下風呂温泉

本州北の果て、津軽海峡に面してある下風呂温泉郷。室町時代から栄えた湯治場で、壮大な海の眺めとともに風情ある温泉を楽しめます。見どころは全国的にも珍しい、ひとつの温泉郷で3つの源泉を楽しめること。海辺から湧き出る「浜湯」をはじめ、100mも離れていないところから泉質の異なる2つの源泉が湧き出る「大湯」「新湯」とそれぞれの源泉も珍しく、温泉ファンにはたまらない名湯と言われています。

下風呂温泉を楽しむなら「温泉手形」を利用して、湯めぐり散歩をしてみてはいかがでしょうか。散歩中には、下風呂温泉郷の見どころのひとつ「海峡いさりび公園」へぜひ立ち寄ってみてください。公園内には奇岩・二見岩があり、その上に海上安全と大漁を祈願する小さな祠と鳥居が立っています。夕日に染まる海を背に、綺麗な景色をご覧になれますよ。

日帰り入浴情報(2018年9月現在)
「温泉手形」800円で購入すれば、共同浴場「大湯」「新湯」・ホテル・旅館のお風呂のうち3箇所に入浴することができます。
下風呂温泉郷
青森 / 町・ストリート
住所:青森県下北郡風間浦村下風呂地図で見る
電話:0175-35-2111
Web:http://www.shimohuro.com/

2. 恐山温泉

  • 恐山温泉

比叡山、高野山と並んで日本三大霊場に数えられる恐山。硫黄泉が至るところから湧出し、亜硫酸ガスによって岩肌が焼けて、この世の風景とは思えない幻想的な風景を魅せます。極楽浜や血の池地獄、三途川、イタコによる口寄せなどのスポット・催しがあり、観光名所としても知られている場所。

ここ恐山温泉は、恐山菩提寺の境内にある共同浴場。花染の湯、古滝の湯、冷抜の湯、薬師の湯の4つの湯からなり、すべて源泉かけ流しの強烈な硫黄泉が特徴です。昔はこの湯で身を清めてからお参りしたそう。霊場で湯に入るなんて、と驚かれる方もいるかもしれませんが、湯小屋はとても綺麗で、清めの湯の通り神聖な佇まいで人気があります。

日帰り入浴情報(2018年9月現在)
6:00〜18:00まで、500円(入山料に含まれる)
恐山温泉
青森 / 温泉
住所:青森県むつ市田名部宇曾利山地図で見る
電話:0175-22-3825(恐山寺務所)
Web:http://simokita.org/onsen/osore/

3. 薬研温泉・かっぱの湯

  • 青森 むつ市 薬研渓流

元和元年、「大阪夏の陣」に敗れた豊臣方の落武者により発見された薬研温泉郷。なかでもかっぱの湯は、美しい薬研渓流沿いにある岩盤をくりぬいて造られた無料露天風呂で、多くの観光客が訪れています。

かっぱの湯の由来は、恐山を開いた慈覚大師が奥薬研でケガをした際、かっぱが大師を奥薬研の湯に運び入れて傷を治したという伝説から呼ばれています。野天の風呂らしく開放感があり、渓流の涼やかな音・木々の美しさを目前で楽しめます。紅葉の時期に訪れるのがオススメ。

日帰り入浴情報(2018年9月現在)
7:00〜17:00まで、無料。男女によって入浴時間が異なり、男性は7:00~9:00、11:10〜13:00、15:10〜17:00まで、女性は9:10~11:00、13:10〜15:00まで
薬研温泉 かっぱの湯
青森 / 温泉
住所:大畑町奥薬研地図で見る
電話:0175-34-2111(大畑庁舎産業振興課)
Web:http://simokita.org/onsen/kappa/

津軽地方

4. 黄金崎 不老不死温泉

  • 青森 不老不死温泉

こちらは青森県西端に位置する黄金崎 不老不死温泉。ベストセラー書籍『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』のプロデューサー・詩歩さんが「MY BEST 温泉」にあげている温泉で、湯けむりの向こうに壮大な日本海を望む、海岸と一体化した「海辺の露天風呂」が有名です。

温泉は"海辺の露天風呂"のほか、「日本海 パノラマ展望風呂」、「黄金の湯」の3つの湯があり、天候の良くない日でも屋内から日本海をご覧になれます。

不老不死温泉がある深浦町は、2000年に全国星空継続観察で日本一星が綺麗な町に選出された場所。温泉に浸かった後は、ぜひ無料の星空デッキから満点の星空を堪能してくださいね。

周辺には"神秘の青池"で知られる十二湖があり、トレッキングなどを楽しむ方が多くいますよ。

日帰り入浴情報(2018年9月現在)
8:00〜20:00まで(海辺の露天風呂は16:00まで)、大人600円・子ども300円
黄金崎不老ふ死温泉
青森 / 温泉
住所:青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15−1地図で見る
電話:0173-74-3500
Web:http://www.furofushi.com/

5. 酸ヶ湯温泉

  • 酸ヶ湯温泉

総ヒバ造りの千人風呂で有名な「酸ヶ湯温泉」。160畳分もの広さの大浴場には熱湯、冷の湯、四分六分の湯、湯滝など4つの異なる源泉からなる浴槽があります。混浴風呂としても知られる千人風呂は、女性専用時間も設けられ、女性も気兼ねなく利用できます。また男女別の「玉の湯」もあります。

周辺には地底から約90℃の熱湯が吹き出し、絶えず湯けむりが立ちのぼる「地獄沼」があるほか、着衣のまま蒸気に暖められた座椅子に座って身体を温める「ふかし湯」もあり、見どころ満載。お時間のある方は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

日帰り入浴情報(2018年9月現在)
ヒバ千人風呂・混浴7:00〜18:00(8:00〜9:00は女性専用時間)、玉の湯・男女別9:00〜17:00まで、料金600円〜
酸ヶ湯温泉
青森市 / 温泉
住所:青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50地図で見る
Web:http://www.sukayu.jp/

6. 古遠部温泉

こちらは携帯も繋がらない山奥の秘境宿「古遠部温泉」。毎分500L湧き出る100%源泉かけ流しが自慢で、豊富な湯量は湯船から溢れ出すほど。この溢れ出た「こぼれ湯」に仰向けになって寝転がる「トド寝」が観光客に人気です。人知れぬ秘境宿だからこそ出来る楽しみ方ですね。

日帰り入浴情報(2018年9月現在)
8:30〜20:00まで(冬期9:00〜19:00まで)、大人320円・こども無料
古遠部温泉
青森 / 温泉 / ホテル
住所:青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467地図で見る
電話:0172-46-2533
Web:http://www.furutoobe-onsen.com/

7. 浅虫温泉郷

  • 浅虫温泉 湯の島の夕日

むつ湾に面し、古くから伝わる浅虫温泉。開湯の由来は平安時代まで遡ります。浅虫温泉は慈覚大師(円仁)により発見され、当初は布を織る麻を蒸すためだけに使われていました。それが1190年、円光大師(法然)が傷ついた鹿が湯浴みするのをみて、人々に入浴を勧めたのをきっかけに温泉として人々に利用されるに至りました。湯名もこの”麻を蒸す”ことに由来し、「麻蒸」が「浅虫」に転じたと言われています。

浅虫温泉郷の魅力は、なんといっても温泉に浸かりながら沈む夕日に染まるむつ湾の絶景を鑑賞できること。青森に足を運んだら、必ず見ておきたい絶景です。

日帰り入浴情報(2018年9月現在)
「麻蒸湯札」1,500円を利用して、大人・こども共に3名まで、浅虫温泉の各所を3ヶ所まで湯めぐりできます。詳しくはこちらをご確認下さい。
浅虫温泉郷
青森市 / 町・ストリート
住所:青森県青森市浅虫蛍谷70地図で見る
電話:017-752-3259(浅虫温泉旅館組合)
Web:http://www.asamushi.com/

8. 大鰐温泉郷

  • 大鰐散歩・平川の流れ

大鰐温泉郷は、大鰐町を流れる平川の両岸に連ねる温泉街。約800年の歴史があり、「津軽の奥座敷」として古くから親しまれてきました。

この街には今から約400年前、弘前藩初代藩主・為信公が建てた「湯魂石薬師堂」があります。これは為信公が眼の病を患った際、夢枕で薬師如来にお告げを受け、大石の下から湧き出る湯で眼を洗い治した感謝の意を込めて建てられています。現在では大鰐(オオワニ)に因んで、ワニの口から湯が出る足湯が併設され、人気のスポットとなっていますよ。昭和を思い起こさせるノスタルジックな街並みの大鰐温泉郷へ、ぜひ足を運んでみてはいかかでしょうか。

大鰐温泉郷
青森 / 町・ストリート
住所:青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字大鰐171-1地図で見る
電話:0172-48-3231(大鰐温泉旅館組合)
Web:http://www.aomoricolony.com/~owanionsen/pege/home....

次のページを読む

青森の旅行予約はこちら

青森のパッケージツアーを探す

青森のホテルを探す

青森の航空券を探す

(三沢空港)

(青森空港)

青森の現地アクティビティを探す

青森のレンタカーを探す

青森の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年6月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【青森県】ここだけは行きたい!定番のおすすめ観光スポット5選

本州・最北端にある青森県は、三方を海にかこまれ、中央に八甲田山がそびえる自然豊かな土地。世界遺産の「白神山地」をはじめ、奥入瀬渓流や十和田湖など、一度は行ってみ...

広さ約22万坪!古牧温泉「星野リゾート青森屋」で過ごす贅沢な時間

青森県三沢市にある古牧温泉「星野リゾート 青森屋」は、この地を代表する一大リゾート施設。広大な敷地にはオリジナリティ溢れる温泉をはじめ、有形文化財の「旧渋沢邸」...


秋の絶景が見た~い!東北6県の紅葉スポット11選

暑い夏がすぎ、街が色づいてくると、お出かけ気分がムズムズ。自然が織りなす秋の絶景が見たくなりますね。東北6県で、筆者が独断と偏見でチョイスした紅葉スポットと、あ...

【青森県・西津軽】泊まって楽しむ憧れの「黄金崎不老ふ死温泉」

旅好きの人なら「いつかは泊まってみたい宿リスト」を心にストックしている人は多いのではないでしょうか?筆者にとっては青森県西津軽郡深浦町にある「不老ふ死温泉」がそ...


【青森】八甲田山をドライブして、長生きしよう!

青い森といわれる青森には、自然豊かな観光スポットがたくさんあります。その中でも青森県の中央部にそびえる火山群で、日本百名山の1つでもある八甲田山には、「長生き」...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2019】京都のおすすめお土産29選!旅ツウが選んだ京都でしか買えないお土産特集

京都らしい定番の和菓子に最新スイーツ、まだあまり知られていない隠れた名品など、旅行ツウのトラベルライターが選んだ京都でしか買えないおすすめのお土産をご紹介します...

2019春の旅行に!3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先・観光地45選

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...


2019夏の旅行に!6月・7月・8月の国内おすすめ旅行先・観光地36選

夏(6月・7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を全国から厳選しました。夏休み、お盆休みなどの旅行にぴったりな旅先がきっと見つかります...

【関東】春のおすすめ花畑24選!3月・4月・5月に見頃を迎える花の名所ガイド

あちらこちらで花の便りが聞かれる”春”。芝桜、ポピー、チューリップなど、春の花が一面に咲く花畑を見にお出かけしませんか?3月・4月・5月に見頃を迎える、関東の花...


温泉街が楽しい温泉15選!風情のあるおすすめ温泉街特集

せっかく温泉に泊まるなら、風情のある温泉街のそぞろ歩きを楽しみたいもの。国内の有名温泉地の中から、温泉街の散策も楽しめる温泉を厳選してご紹介します。

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?