青森
青森観光
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

コバルトブルーの海にそり立つ白い造形美!青森県が誇る絶景「仏ヶ浦」が想像以上の美しさだった

取材・写真・文:

オーストラリア在住

2018年2月23日更新

1,378view

お気に入り

旅行好きの人ならご存知、トルコのカッパドキアのような造形美が日本でも見られるのを知っていますか?本州最北端・青森県にある「仏ヶ浦」は、海底が見えるほど透き通った海にそり立つ、壮大なスケールの奇石海岸。実際にみるとあまりの美しさに驚嘆する景色です。ここでは知る人ぞ知る絶景の地、仏ヶ浦の魅力をご紹介します。

自然が生んだ神秘の海岸、仏ヶ浦とは

仏ヶ浦とは青森県下北半島にある、全長約2kmに渡ってつづく奇石海岸。太古の海底火山によって生まれたグリーンタフ群が、津軽海峡の荒波や風雪により少しずつ削られて、現在の神秘的な造形となったと言われます。この世のものとは思えぬ程の美しい景観は仏の住む地と称され、国の名勝・天然記念物にも指定されていますよ。ベストシーズンは5月〜10月ごろ。

仏の住む地、仏ヶ浦の見どころ

如来の首

  • 写真:mumin仏ヶ浦・如来の首

仏の住む地と称される仏ヶ浦は、ひとつひとつの奇勝に仏に因んだ名がつけられているので、探し見比べてみると面白い。こちらは如来像に似ていることからその名がついた如来の首。右側を向く横顔がお分かりになるでしょうか。高さは15m程。

双鶏門(そうけいもん)

  • 写真:mumin仏ヶ浦・双鶏門

写真中央、上のほうに映っている向かい合う小さめの岩が双鶏門です。その左に連なる大きな奇岩は、見る角度によってはモアイ像にそっくり!と写真に収める方も。

蓮華岩(れんげいわ)

  • 写真:mumin仏ヶ浦・蓮華岩

こちらは蓮華の形をした蓮華岩。陸上からもご覧になれますが、観光船に乗って海上から眺めるのがオススメ。

一ツ仏

  • 写真:mumin仏ヶ浦・一ツ仏

左側の一番大きな岩が一ツ仏です。陸上からみると、ロウソクの火のような形でまっすぐそり立つ巨岩がみられます。高さ約23m。

不老長寿の水

干潮時にだけ歩いていける極楽浜には、岩の間から不老長寿の水と呼ばれる湧き水が出ています。ペットボトルに入れて持ち帰る方も。

大町桂月歌碑

  • 写真:mumin大町桂月・歌碑

その昔地元の人以外ほとんど知られていなかった仏ヶ浦が、広く知られるようになったきっかけである文豪・大町桂月が詠んだ歌が残されています。

「神のわざ 鬼の手づくり佛宇陀 人の世ならぬ処なりけり 
呆れ果て 驚き果てて佛宇陀 念仏申す外なかりけり」

展望台

国道338号線沿いに設けられた展望台からは、仏ヶ浦を一望することができます。仏ヶ浦駐車場から佐井港方面へ1.5km程の地点にあります。

フェリーや標高差100mの階段!? 仏ヶ浦へのアクセス方法

仏ヶ浦は「日本の秘境100選」に選ばれた遠隔の地。だからこそ訪れてみたい旅人心をそそる場所ですが、潮の干潮・満潮時刻や各交通機関のチェックがかかせません。スムーズな乗り継ぎで、快適な旅を楽しんでください♪

行き方:首都圏から佐井村まで

  • 写真:mumin佐井村アクセスマップ(提供:佐井村役場様)

◼︎飛行機
各社飛行機にて函館空港または青森空港で降機。函館空港から定額タクシーまたはシャトルバスにて函館フェリーターミナルへ。青森空港からは連絡バスにて青森駅で下車。各スポットからは、下記のフェリー・電車・車へ乗り継ぎ佐井村へ。

◼︎フェリー
函館・青森・蟹田方面から各種フェリーにて佐井村へ。仏ヶ浦はさらに佐井港・牛滝港・脇ノ沢港から出ている観光船に乗り継ぐため、いずれかの港を利用しましょう。

各フェリー会社の詳細については下記をご覧ください。
津軽海峡フェリー:(運行区間)函館〜大間崎間
※大間崎〜佐井間は連絡船はありません。バス、タクシー、レンタカーをご利用ください。
シィライン:(運行区間)青森〜脇ノ沢港〜牛滝港〜佐井港
むつ湾フェリー:(運行区間)蟹田〜脇ノ沢間

◼︎電車
東北新幹線にて八戸駅または新青森駅で下車。各駅から青い森鉄道または奥羽本線(野辺地にてJR大湊線に乗り継ぐ場合あり)に乗り継ぎ、下北駅で下車。下北駅からは路線バス(下北交通)にて佐井村へ。

◼︎車
東北自動車道 八戸I.C.または青森I.C.で下車。国道4号線を陸奥湾沿いに北上し、むつ市を目指します。むつ市からは津軽海峡沿いを走行する北まわりのルート、または陸奥湾沿いを走行する南まわりのルートで佐井村へ。(薬研温泉〜佐井へ抜けるルートもありますが、未舗装で山岳地帯を通るため迂回することをオススメします。)

下北半島の観光スポットを巡りながら、佐井を目指そう!

◆北まわりルート(大畑~風間浦~大間を経由)
マグロや本州最北端の地として知られる大間崎、下風呂温泉、恐山、薬研温泉などを巡るのに最適。

◆南まわりルート(川内〜脇ノ沢〜牛滝を経由)
北限のニホンザルや鯛島で知られる脇ノ沢、川内ダム・川内渓谷の観光に便利です。

行き方:佐井村から仏ヶ浦(入り口:仏ヶ浦港周辺)まで

◼︎車
各ルート(北まわり・南まわり)を経由して国道338号沿いにある仏ヶ浦駐車場(冬季閉鎖)へ。駐車場からは遊歩道を20〜30分程歩いて仏ヶ浦港周辺へ。遊歩道は標高差100m程の急勾配な階段であるため、足腰の弱い方は観光船でのアクセスがオススメです。

◼︎連絡船
仏ヶ浦港へ入港する連絡船は、佐井港・牛滝港・脇ノ沢から出航していて全てガイド・パンフレットが付いています。佐井港からはこのルートのみ、途中「願掛岩」という観光スポットがみられたり、牛滝港から出航する「夢の海中号」は唯一海底がみえるグラスボート式の連絡船です。お好みの観光船で仏ヶ浦を堪能してくださいね。詳しくは下記をご覧ください。

仏ヶ浦へ向かう連絡船はこちら!
◆佐井港出発:片道約30分。運行2社の詳細は佐井定期観光(株)仏ヶ浦海上観光(株)からご確認ください。

◆脇ノ沢港出発:片道約45分。「夢の平成号」が運行。

◆牛滝港出発:片道約15分。運行は「夢の海中号」。
夢の海中号の問い合わせはこちらへ、電話0175-38-5818・0175-38-5018。往復1,000円、営業時間は7時30分〜17時。営業期間は5月1日~10月中旬。

歩き方

仏ヶ浦は海の波風によって複雑に岩が削られているので、歩き易い靴で訪れましょう。また散策中は岩壁からの落石に気をつけて下さい。海岸の観光地であるため、満潮・干潮時間をチェックして干潮時に訪れることをオススメします。海は透明度が高くとても綺麗ですが、水深5m〜と非常に深いので波打ち際には近づかないようにしましょう。

5月〜7月頃は、イルカの群れに出会えることもあるそう。フェリーで訪れる方は、ぜひ探してみてはいかがでしょうか。

仏ヶ浦
青森 / 自然・景勝地
住所:青森県下北郡佐井村長後字縫道石地内地図で見る
電話:0175-38-2111(佐井村役場)

青森の旅行予約はこちら

青森のホテルを探す

青森の航空券を探す

(三沢空港)

(青森空港)

青森のパッケージツアーを探す

青森の現地アクティビティを探す

青森のレンタカーを探す

青森の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年10月1日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

地獄と極楽が共存する青森「恐山」観光の見どころも!

本州北の果て、青森県下北半島にある霊場・恐山。死後に訪れるという「三途の川」や「地獄」、「極楽浄土」を彷彿とさせる風景が広がる場所で、実際に行ってみると清々しく...

一度は行ってみたい!日本のスゴイ桜の名所10選

日本の春といえば、やっぱり桜!可愛くも美しく咲き誇るピンク色の桜を見ると、心もなごみますね。近場のお花見スポットもいいけれど、日本にはその美しさに感動してしまう...


GW人気急上昇の旅先ベスト3!青森・三重・鹿児島おすすめ観光14選

2017年のゴールデンウィーク、国内で人気が急上昇している旅行先は1位「青森県」、2位「三重県」3位「鹿児島県」(楽天トラベル調べ/前年同期比でホテル予約件数の...

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...


冬だから会える景色がある!冬旅におすすめのスポット19選

寒い環境がつくりだす自然の絶景や、真っ暗な冬の夜に浮かび上がる幻想的なイルミネーション。真っ白な雪にオレンジ色の灯りがあたたかい気持ちにさせてくれる、各地のかま...

この記事を書いたトラベルライター

無計画さが玉にきず、自由気ままなトラベラー。
幼い頃からよく動き回る子どもだった私は、そのまま大人になり大の旅行好きとなりました。見知らぬ街で、はじめてみる景色や人との出会いが、冒険しているようで大好きです。国内外さまざまな場所へ行き、「旅をしながら暮らすこと」が将来の夢。自分の経験も踏まえつつ、読者の方に役立つ情報をお届けしたいと思います。

お土産も揃う、巨大市場!八戸観光の定番「八食センター」の見どころ10選

八戸観光といえばココ、「八食センター」。港町・八戸ならではの新鮮な魚介類や珍味、変わり種スイーツに八戸B級グルメモニュメントまで、ありとあらゆるものが揃う巨大市...

冬の蔵王はこう楽しむ!山形・蔵王の見どころ4選&周辺のおすすめ観光スポット4選

宮城県と山形県の県境にそびえる「蔵王連峰」。日本百名山にも選ばれた美しい山は、夏はエメラルドグリーンの神秘の湖「御釜」や、冬にはスノーモンスターと呼ばれる「樹氷...


秋田観光の穴場、「抱返り渓谷」の見どころ完全ガイド!

神秘的な碧い渓流や、紅葉の名所として知られる「抱返り渓谷」。田沢湖や角館からも程近く、秋田観光の穴場スポットです。今回は抱返り渓谷に行くならおさえておきたい見ど...

日本で一番、星空が見やすい場所!岩手「ひろのまきば天文台」

2007年度、環境省の冬期全国星空継続観察によって、日本一星空が見やすい場所に選ばれた「ひろのまきば天文台」。牧場のなかに立つ360°見渡せる天文台からは、キラ...


【青森県】ここだけは行きたい!定番のおすすめ観光スポット5選

本州・最北端にある青森県は、三方を海にかこまれ、中央に八甲田山がそびえる自然豊かな土地。世界遺産の「白神山地」をはじめ、奥入瀬渓流や十和田湖など、一度は行ってみ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?