カナダ
カナダ観光
スケールの大きい自然や美しい自然を感じられる国

昼も夜も楽しめる、観測率抜群のイエローナイフ「オーロラビレッジ」で冬のカナダを満喫しよう!

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:16ヶ国

2016年10月21日更新

1,096view

お気に入り

写真:まきまき

死ぬまでに一度は見たい景色のひとつ、オーロラ。カナダの北部にあるイエローナイフは、オーロラ発生率が高く、鑑賞にはもってこいのスポットです。中でもオーロラ鑑賞施設「オーロラビレッジ」では、あらゆる設備が整っているため、夜間の発生待ちや氷点下の真冬でも安心です。昼間は自然の中でアクティビティを楽しむことができ、夜とは違った雰囲気を満喫できるでしょう。オーロラは季節を問わず発生しますが、夜が長く、空気の澄んだ冬のオーロラビレッジをご紹介します。

この記事の目次表示

カナダのおすすめツアー
【ナイアガラ1泊&トロント1泊&アナハイム3泊周遊7日間】[ナイアガラは終日観光付き]ナイアガラ・トロント「スタンダードクラス」&アナハイム「クラリオン」宿泊ナイアガラとトロントは日本語送迎付き
178,000円~482,000円
【ナイアガラ1泊&トロント1泊&ロサンゼルス3泊周遊7日間】[ナイアガラは終日観光付き]ナイアガラ・トロント「スタンダードクラス」&ロサンゼルス「メイフェアホテル」宿泊│エアカナダ指定│ナイアガラとトロントは空港~ホテル間日本語送迎付
186,000円~485,000円
≪わずか4週間限定催行!秋の絶景紅葉を巡る6日間≫モントリオール3泊&ローレンシャン高原1泊│VIA鉄道駅直結の4つ星デラックス「マリオットシャトーシャンプラン」&「スーペリアホテル」*往復直行便
185,000円~210,000円

抜群のオーロラ発生率

  • 写真:まきまき

北極を中心にドーナツ型に現れる光の帯をオーロラベルトといい、イエローナイフはその真下に位置する地域です。つまりオーロラから最も近い場所ということですね。自然現象であるオーロラに遭遇するには運が必要ですが、イエローナイフは3日も滞在すれば一度は観れると言われるほどで、その発生率はかなりのものです。

充実したオーロラビレッジ施設内

暖かくオーロラ待ちができるティーピー

  • 写真:まきまき

オーロラビレッジには「ティーピー」というテントがあり、中はストーブの火でとても暖かです。テント内はイスとテーブルが並んでいて、スペース的にも窮屈さはありません。ホットドリンクを飲みながら待機することができるので、しばらく星空を眺めたあと、ティーピーに戻ってくつろぐのもいいでしょう。旅人同士の会話が弾む場でもあり、出会った人はみんな親切に接してくれます。

氷点下でも寒くないオーロラこたつ

施設内は展望の良い場所がいくつか用意されています。その中のひとつに「オーロラこたつ」という、首から下をすっぽり覆うヒーター付きのベンチがあります。これなら寒さが苦手な方でも大丈夫。なんと360度回転しリクライニング機能まで付いていて、自由に向きを変えることができるのです。タイミングが良ければこたつの中からオーロラ鑑賞できるかもしれません。(要予約)

便利なギフトショップ

ギフトショップではカメラの三脚をレンタルできたり、オーロラ撮影の仕方を教えてくれたりします。アクティビティの受け付けもでき、氷点下で本当にバナナで釘が打てるのかなど、ちょっと変わった実験もやっているようなので、時間があったら覗いてみてはいかがでしょうか。手作りドリームキャッチャーのワークショップを行うときもあるようです。天候が優れない日でも時間をもてあまさずに過ごせますね。

夜空に舞う光のカーテン

  • 写真:まきまきイエローナイフ、オーロラビレッジから観測したレベル3のオーロラ

夜空を見上げていると、ぼんやり雲のようなものが見えてきます。オーロラの光はとても繊細なため、レベルが低いと雲との見分けがつきません。そんなときは写真を撮ってみてください。カメラは肉眼では認識できない光を捉えるので、緑や赤に染まっていればそれは間違いなく本物のオーロラです。

イエローナイフの空にはこのような光がうようよしています。つまりオーロラだらけということですね。しばらく見ていると光のカーテンが動き出し、空一面に広がります。気まぐれなオーロラは数分で消えてしまうこともあれば、長くうねり続けることもあるので、くれぐれも見逃さないように光との出会いを楽しんでください。

オーロラビレッジでの鑑賞は冬季は22時頃から開始され、約2時間半の自由行動となります。出現をもっと待ちたいという場合は90分の延長が可能です。(有料)

極寒地ならではのアクティビティ

迫力の犬ぞり体験

  • 写真:まきまき

昼間のオーロラビレッジでは、いくつかのアクティビティが用意されています。中でもたくさんの犬達に引かれて雪の中を滑走する「犬ぞり」は、大人気のアクティビティです。迫力満点のスピード感がたまりません。犬ぞり師と息をぴったり合わせながら力強く走る犬達の姿など、極寒地ならではの様子が伺えます。

氷の上を走るスノーモービル

  • 写真:まきまき

ティーピーの目の前は湖ですが、冬は全面凍結しているため広場のようになっています。そこをスノーモービルで走り回ることができ、真っ白な世界を駈けぬける体験は、普段はできない贅沢さがありますね。運転に自信がない方でも、ガイドさんがいるので安心です。

かんじきを履いて森散歩

  • 写真:まきまき

カナダ先住民のガイドで森の中を散歩する「かんじき体験」は、徒歩でなければ観れない景色に出会えます。他のアクティビティのような派手さはありませんが、イエローナイフの冬の自然をじっくり感じることができるでしょう。途中かんじきをソリのようにして、坂道を滑り降りる場所があります。静かな森で雪だらけになりながら、童心にかえった気分になれるかもしれません。

おわりに

  • 写真:まきまき

イエローナイフへは日本からの直行便はなく、カルガリーかエドモントンを経由するのが一般的で、空港から市内までは車で約10分ほどで到着します。オーロラビレッジのパッケージツアーを宿泊込みで申し込んだ場合、防寒具のレンタルや空港送迎が含まれます。宿泊施設とセットでない場合はオプショナルツアーとして単品での申し込みとなり、空港送迎や現地サポートなど含まれないサービスがあるようなので、予約の際に確認してください。

オーロラの光はとても繊細なため、鑑賞には街明かりの届かない郊外へ出かける必要があります。極寒地の夜の郊外は危険もありますが、 設備の整っているオーロラビレッジなら安心です。スタッフ、観光客ともに日本人が多いので、言葉の壁を気にすることもありません。冬ならではの美しい北の地を、是非楽しんでみてください。

イエローナイフ オーロラビレッジ
カナダ / その他スポット
住所:4709 Franklin Ave, Yellowknife, NT X1A 2P4地図で見る
Web:http://www.aurora-tour.com/index.html

カナダ旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばカナダのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でカナダのすべてのツアーをみる>>

カナダの旅行予約はこちら

カナダのパッケージツアーを探す

カナダのホテルを探す

カナダの航空券を探す

カナダの現地アクティビティを探す

カナダのWi-Fiレンタルを探す

カナダのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年10月21日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ビルド・ア・ベア ワークショップ】で世界に1つだけのぬいぐるみ作り〜世界各地で体験できる!〜

世界に1つだけのぬいぐるみ作りができる「ビルド・ア・ベア ワークショップ」は、ユーモア&可愛いがあふれるお店。残念ながら日本店舗は撤退してしまったため、アメリカ...


早朝が一番感動?!【ナイアガラの滝】は一泊がオススメ

日帰りプランになりがちな「ナイアガラの滝」ですが、せっかく素晴らしい大自然を見に行くなら、ぜひ一泊して滞在してみてください!日帰りでは味わえない、刻々と表情の変...

【カナダ】トロントと言ったらココ!定番の楽しみ方8選

カナダ屈指の大都市トロント!せっかく楽しむなら、ここは行くべき!という定番スポットを、留学経験があり、2016年・2017年と立て続けに訪問しているトロント大好...

これは痺れる!ナイアガラの滝を下から見上げる「Hornblower Niagara Cruises」

全身びしょ濡れ!でもそんなこと気にならないくらい感動する光景を見てみませんか?!そんなアトラクションとして大人気なのが、ナイアガラの滝の「アメリカ滝」と「カナダ...

【カナダ】イエローナイフのオーロラビレッジへ大迫力のオーロラに会いに行こう

オーロラは「northern lights(ノーザン・ライツ)」とも呼ばれる、カナダやアラスカ、北欧などで見られる幻想的で美しい光のカーテン。その中でもカナダ・...

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...


スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...

世界一の築地市場!場内見学をする際のおすすめ時間と注意点

日本の食の台所と言われる築地市場。世界一の規模を誇る卸売市場は、移転が決まってからも人々の関心は衰えることはなく、80年の歴史を惜しむ声が上がるほどの伝統のある...

のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

チェコ旅行に必要な出発前の準備と現地情報

芸術の国チェコ共和国。街には数々の歴史的建造物が建ち並び、郊外には美しい田舎の風景が広がっています。ヨーロッパにはステキな場所がたくさんありますが、中でもチェコ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?