中国
中国観光
アジアでダントツの数を誇る世界遺産の宝庫

【中国・蓬莱】不老不死の仙人が住む?五神山の一つを半日観光

取材・写真・文:

埼玉在住
訪問エリア:23ヶ国

2020年5月17日更新

1,091view

お気に入り

写真:ある通訳案内士

中国の山東省に蓬莱(ほうらい)という場所があります。蓬莱は古代中国で東の海上(海中)にある、仙人が住むと言われていた仙境の1つで、五神山の一つに数えられています。今回はそんな蓬莱観光のご紹介です!

この記事の目次表示

蓬莱閣

蓬莱観光の目玉と言えばやはり「蓬莱閣」です!

蓬莱閣とは?

  • 写真:ある通訳案内士遠くに見える蓬莱閣

蓬莱閣は、宋の時代(1070年)に建てられました。900年以上の歴史を持ち、滕王閣、黄鶴楼、岳陽楼とともに「中国四大名楼」と称されています。 山東省煙台地区の蓬莱市北部の断崖の上にあり、周囲は山东蓬莱旅游区として整備されています。

古来より蓬莱は仙境として知られ、秦の始皇帝が不老不死の霊薬を求めた場所だそうです。不思議な魅力を感じますね!

蓬莱閣へは上り道

  • 写真:ある通訳案内士石段はきれいに整備されている

蓬莱閣は断崖の上にあることもあり、山登りほどではないにしろ、麓から15分くらい登ることになります。上り道ではありますが、蓬莱閣の周囲には三清殿、呂祖殿、蘇公祠、天后宮、龍王宮、弥陀寺といった建造物があるので、それぞれの建造物を見つつ登っていくといいでしょう!

また、蓬莱閣まで登ると、渤海と黄海の交り合う海域を見渡すことができます。断崖の上にあるだけあって、眺めがいいですよ!

蓬莱閣の内部

  • 写真:ある通訳案内士親しみが持てるカラフルな八仙の像

蓬莱閣の2階にはカラフルな八仙の像があります。雰囲気は緩いですが、彼ら八仙には、天地を動かすスゴい力があるんだとか。

蓬莱閣
中国 / 建造物
住所:蓬莱閣地図で見る

登州古船博物館

  • 写真:ある通訳案内士歴史を感じる大きな木造の船

山东蓬莱旅游区内には、「登州古船博物館」という船の博物館があり、蓬莱閣と同じ入場券で入ることができます。室内は暗めな雰囲気で、展示されている大きな木造の船の存在感が強調されるような空間です。

この地方が登州と呼ばれていた当時の生活の様子を展示で見ることもできるので、せっかく蓬莱閣まで行った際には、登州古船博物館にも是非訪れてみて欲しいと思います!

登州古船博物館
中国 / 博物館
住所:登州古船博物館地図で見る

山东蓬莱旅游区内にある様々な資料展示

  • 写真:ある通訳案内士倭寇の像

時間があれば、山东蓬莱旅游区内の建物内にある様々な資料展示も覗いてみましょう! 資料展示されている建物はいくつかありますが、これらは自由に出入りすることができます。

倭寇と呼ばれる海賊が蓬莱に来ていた頃の歴史について等、様々な解説がされています。中国語がわからないと雰囲気しか楽しめませんが・・

山东蓬莱旅游区では迷子に注意

  • 写真:ある通訳案内士山东蓬莱旅游区内において現在地の確認は重要

山东蓬莱旅游区はなかなかに広く、周りが城壁のような塀にぐるりと囲まれているため、方向がよくわからなくなる恐れがあります。事実、筆者は最初入ってきた入り口を探し当てるのに苦労しました・・

山东蓬莱旅游区では、自分が辿ってきた道を逐一記憶しておくなり、写真に残しておくなりするのがオススメです!

参考:「東の海に蓬莱という山あるなり」の蓬莱

ここまで読んできて勘のいい方は気になったかもしれませんが、蓬莱は、『竹取物語』に「東の海に蓬莱という山あるなり」と記されている蓬莱なんですね。

かぐや姫の求婚者の一人である車持皇子が持参することになった「蓬莱の玉の枝」があるとされた土地なのです。

蓬莱へは煙台から日帰り旅行が可能

  • 写真:ある通訳案内士立派な煙台駅

煙台はワインやリゾートで有名

もちろん蓬莱で宿泊することもできますが、山东蓬莱旅游区は半日で一通り観光することができるので、煙台からの日帰り旅行とするのもオススメです!

煙台は山東省最大の漁港であり、最も初期に対外経済開放された沿岸都市の一つです。産業都市としても急発展しています。さらに煙台は、120年以上の歴史を持つワイン産業でも有名であったり、夏は周辺のビーチリゾートが賑わったりと、蓬莱観光とセットで楽しむにはちょうどいいです!

煙台には日本からの直行便があるのもありがたいですね。

煙台から蓬莱への行き方

煙台から蓬莱へは、バスかタクシーがオススメです。

バスだと煙台のバスターミナルから蓬莱方面のバスが頻繁に出ており、所要時間1時間半ほど。鉄道よりもバスが便利です!

筆者は煙台の郊外に宿泊していたのでタクシーを利用しました。中国のタクシーはリーズナブルで、道は広々と整備されていたので快適でした! 

DiDi(滴滴出行)等の配車サービスでタクシーを呼ぶと、自分がいる地点までタクシーが迎えに来てくれますし、明朗会計で嬉しいです。中国語が全くわからなくても目的地までは行けますよ。

煙台
中国 / 町・ストリート
住所:煙台市地図で見る

この記事を書いたライターから一言

「蓬莱」と言えば大阪の豚まんを連想する人が多いと思いますが、この記事を読んで、「蓬莱と言えば中国五神山の一つだ!」と思い出してもらえると嬉しいです(笑)

蓬莱で仙人に思いを馳せてみましょう。(ある通訳案内士)

中国の旅行予約はこちら

中国のパッケージツアーを探す

中国のホテルを探す

中国の航空券を探す

中国の現地アクティビティを探す

中国のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年5月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【中国】グルメも観光も夜景も!重慶観光で絶対やりたい10のこと

旅行や出張で中国に行くといえば、北京、上海、広州、あたりがメジャーどころ。しかし、広い中国、同じ国内であっても、ところ違えば見どころや文化、食べ物も大きく違って...


【中国】山東省・青島観光名所4選!ヨーロッパ風の街並みが残るオシャレな港街

日本で青島というと、宮崎市にある奇岩「鬼の洗濯板」が囲む島のことを指しますが、中国にも青島(チンタオ)があります! 日本でいえば神戸のような西洋風(ドイツ風)の...

一度は行きたい!世界の秘境・絶景スポット30選!

旅先にもおすすめ!美しい大自然から可愛い街並みまで、一度は訪れてみたい秘境・絶景スポットをご紹介。アジアからヨーロッパまで幅広くご紹介していますので、ぜひ旅の参...

【中国】世界遺産の少林寺風景区!深山幽谷にたたずむ少林寺を訪ねよう

少林拳でも有名な中国・少林寺。「興味はあるけれど、なかなか行けない」という方も多いのではないでしょうか。しかし思い切って行ってみると、深山幽谷の中に点々と寺院や...

【中国】癒されること必至!パンダ天国・成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地

上野動物園のシャンシャン公開により再びパンダが人気を呼んでいますが、中国には、パンダ・パンダ・パンダ!パンダづくしのパンダ天国な施設があります。パンダ好きの人も...

この記事を書いたトラベルライター

インドでIT企業に勤めていたバックパッカー
南インド・チェンナイ駐在してました/通訳案内士(英語)/生まれも育ちも日本/元インドのIT企業勤務/合気道弍段/アロマテラピー検定1級/タイ・チュラロンコン大学留学/ASEAN全10カ国制覇/インドで海外に疲れてしまったので、しばらくは平和な日本を謳歌します^^
https://zipanger777.com

観光地ではない【真の中華街】池袋北口を1時間で手軽に散策!

日本の中華街(チャイナタウン)と言えば、日本三大中華街の、①横浜中華街、②神戸南京町、③長崎新地中華街、が有名ですよね? こちら、もちろんれっきとした中華街なの...


【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...


バンコクから2時間!日帰り旅行OKなカンチャナブリで外せない3つのこと

カンチャナブリという街をご存知でしょうか? タイ・バンコクから西へ車で2~3時間の、中規模の街です。タイで最も美しいと評判の滝や、第二次世界大戦中に旧日本軍がタ...

真の理想郷??南インド・オーロヴィルで人生観が変わるかも

「理想郷」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか? 「理想郷」での暮らしは喜びに満ち溢れ、毎日幸せな日々を送ることができそうですね。そんな「理想郷」と呼ば...

【スリランカ】本格アーユルヴェーダを体験できる宿泊施設「ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハ・ゲダラ」

スリランカやインドで観光客にも人気のアーユルヴェーダ。泊まり込みでアーユルヴェーダにみっちり取り組む施設「ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハ・ゲダラ」が、スリラ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?