中国
中国観光
アジアでダントツの数を誇る世界遺産の宝庫

【中国】青島といえばビール!青島ビール博物館で格別な一杯を

取材・写真・文:

埼玉在住
訪問エリア:23ヶ国

2020年2月12日更新

619view

お気に入り

写真:ある通訳案内士

日本人にも人気な中国の青島(チンタオ)ビール! 世界100ヵ国以上で愛されている中国を代表するビールで、1903年にドイツの投資家が製造を始めました。そんな青島ビールの歴史を学びつつ、格別な一杯を味わえる青島ビール博物館(青岛啤酒博物馆)をご紹介します!

この記事の目次表示

中国ビールの代表格「青島ビール」とは?

  • 写真:ある通訳案内士世界と乾杯

青島ビールは、1903年に中華民国山東省青島で製造が始まったビールのブランドで、中国で最も古いビールの一つです。青島が1898年よりドイツの租借地となったことから、ドイツのビール醸造技術を用いたビール作りが1903年に始まったのでした。「崂山(ラオシャン)」という青島市内にある道教の聖地が、ビールの水源として適していたこともきっかけです。

第一次世界大戦後から第二次世界大戦終結までは日本の大日本麦酒(アサヒビールやサッポロビールの前身)が買収して経営するなど、日本とのつながりも深いビールです!

青島ビールのラベルには、青島の観光名所である回瀾閣(かいらんかく)という建物が採用されています。また、毎年8月の第2週に青島国際ビール祭(青岛国际啤酒节)が青島で開催されるなど、青島ビールは自他共に認める青島のシンボルとなっています! もちろん、青島土産の定番は青島ビールで、街中でも空港でも様々な種類の青島ビールを購入することができます。

青島ビール博物館で青島ビールの歴史に触れよう

  • 写真:ある通訳案内士立派な煉瓦造りの建物

青島ビールを楽しむ方法は、当然飲むだけでもいいのですが、もしも青島に行く機会があるなら「青島ビール博物館」に立ち寄って青島ビールについての理解を深めるのもオススメです! 青島ビール博物館は、青島ビール創業の地にある博物館であり、1903年に建てられた煉瓦造りの工場内で、会社の歴史や生産工程を見学できます。

  • 写真:ある通訳案内士時代を感じる鮮やかな色使いのポスターたち

青島ビールの成り立ちから現在に至るまでの軌跡を様々な写真や当時のポスター、当時の設備や動画などで体感することができます。煎りたての麦の試食もできたりと、文字通り五感で青島ビールに触れることができます!

青島ビール博物館でビールの製造過程を見よう

  • 写真:ある通訳案内士色に深みのある醸造タンク

ビール好きの人も、ビールの製造過程まではあまり知らないかもしれません。いつも飲んでいるビールがどのように作られているか、旅行の際に見てみるのもいいですね!

青島ビール博物館には、昔のビール造りを再現している広いエリアや、実際に使われていた大きな醸造タンクがあったりするほか、現在実際に稼働している設備を見ることができたりもします。博物館と工場が一体となった館内で、思う存分ビールの神秘に触れることができます!

お待ちかね青島ビール「原浆」「純生」試飲

  • 写真:ある通訳案内士素晴らしき原浆とビール豆のコラボ

青島以外ではなかなかありつけない「原浆」

見学の後半では、お待ちかねの青島ビール「原浆(yuán jiāng)」の試飲ができます! 原浆とは無濾過のビールのことで、賞味期限が5日ほどと、青島以外ではなかなか味わえないビールだそうです。筆者は普段ビールをあまり飲まないのですが(飲むとしたら自宅で缶ビールではなくビアホール派)、やはり原酒はいいですね。風味が違います(少なくともそんな気がします)。

そして、一緒に提供されるビール豆(啤酒豆)がまた格別。コクのあるしっかりした味は、青島ビールにぴったりです! お土産屋さんにも売っているので、ついついお土産に買ってしまう人も多そうです。

オーソドックスな「純生」

その後、一階のBeer Barでは「純生」の試飲ができます。さっきの原浆がクリアになったような感じで、これはこれで美味しいですが、原浆の方が好みという人が多いかもしれません。

青島ビールは味があっさり目のため、ゴクゴクと飲みやすいのではないかと思います! ベルギーのモンドセレクションで3年連続金賞を受賞した「ミャンマービール」や、インドの代表的なビールである「キングフィッシャー」が好みの人は、青島ビールも気に入るのではないかと思います。

酔った気分を味わえる酔っぱらい小屋

  • 写真:ある通訳案内士酔っぱらい小屋

青島ビール博物館の最後の方には「酔っぱらい小屋(醉酒小屋)」というアトラクションがあります。このアトラクションの特徴は、少し床が傾いてること。この小屋に入ると、ビールには酔わなかったとしても、酔っぱらった気分を体感することができます!

  • 写真:ある通訳案内士酔っぱらい体験

青島ビールグッズが豊富なお土産屋さん

  • 写真:ある通訳案内士色鮮やかなビール缶たちに目移り

青島ビール博物館には広々としたお土産屋さんがあり、青島ビールが誇る様々な種類のビールはもちろん、チョコなどのお菓子から青島ビールグッズや化粧品まで、様々なお土産が並んでいます。見ているだけでも楽しいです! 是非、お気に入りを探してみましょう。

  • 写真:ある通訳案内士実は小さいチョコである

広めなお土産屋さんは博物館の出口付近にあり、その下の階のBeer Bar横には小さめのお土産屋さんがあります。

青島ビール博物館への入場料

  • 写真:ある通訳案内士好みに応じてチケットを選べる

青島ビール博物館への入場料は選ぶサービスによって違い、ガイドなど様々なサービスがついている399元(6,384円)のものから、ビール2種類とビール豆がついているスタンダードな50元(800円)のものまで、自分の好みのものを選ぶことができます。ちなみに、140cmまでの子供や70歳以上の人は無料です。

館内の表示は中国語ばかりでよく分からないかもしれませんが、チケット売り場には日本語の説明書きもあるのでご安心ください。チケットの購入には、日本のクレジットカードも使えました。また、日本語のパンフレットもあります!(日本語は若干変ですが・・)

青島ビール博物館へのアクセス

  • 写真:ある通訳案内士最寄駅にも大きな広告

青島ビール博物館へは、タクシーだけでなく地下鉄や公共のバスでも行くことができます。地下鉄は、2号線の「利津路」駅が最寄駅で、そこから歩いて約10分です。バスは、205, 217, 221番を利用して「延安一路」で降りるなど、いくつかのバス路線から徒歩圏内となっています。

青島市内のバスは、現金払いの場合どこまで乗っても2元(32円)だったので、コスパが良かったです。また、頻繁に運行しているので、百度地图(中国版Google Mapみたいなアプリ)を使えば、観光客にもなかなか使い勝手の良い交通手段となります! ただ、坂道の多い地形ということもあり、道中は結構揺れることがあります。

終わりに

  • 写真:ある通訳案内士様々な瞬間を彩る青島ビール

青島ビールについて興味が湧いてきましたか? 優れたビール醸造技術を持ったドイツが青島ビールを生み出し、ついでビール好きの日本がそれを継承し、戦後は中国の人々がさらに発展させ、現代へ青島ビールを受け継いできたのだと思うと、青島ビールに刻まれた歴史の深みをさらに感じるのではないでしょうか。青島に行くと、今までより青島ビールが美味しく感じられるでしょう!

青島ビール博物館
中国 / 博物館・美術館 / 博物館
住所:青岛啤酒博物馆地図で見る

※記事内の中国元から日本円への換算は1中国元=16円で計算しています。

中国の旅行予約はこちら

中国のパッケージツアーを探す

中国のホテルを探す

中国の航空券を探す

中国の現地アクティビティを探す

中国のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年2月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【中国】グルメも観光も夜景も!重慶観光で絶対やりたい10のこと

旅行や出張で中国に行くといえば、北京、上海、広州、あたりがメジャーどころ。しかし、広い中国、同じ国内であっても、ところ違えば見どころや文化、食べ物も大きく違って...


【中国】世界遺産の少林寺風景区!深山幽谷にたたずむ少林寺を訪ねよう

少林拳でも有名な中国・少林寺。「興味はあるけれど、なかなか行けない」という方も多いのではないでしょうか。しかし思い切って行ってみると、深山幽谷の中に点々と寺院や...

一度は行きたい!世界の秘境・絶景スポット30選!

旅先にもおすすめ!美しい大自然から可愛い街並みまで、一度は訪れてみたい秘境・絶景スポットをご紹介。アジアからヨーロッパまで幅広くご紹介していますので、ぜひ旅の参...

【中国】山東省・青島観光名所4選!ヨーロッパ風の街並みが残るオシャレな港街

日本で青島というと、宮崎市にある奇岩「鬼の洗濯板」が囲む島のことを指しますが、中国にも青島(チンタオ)があります! 日本でいえば神戸のような西洋風(ドイツ風)の...

【中国】癒されること必至!パンダ天国・成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地

上野動物園のシャンシャン公開により再びパンダが人気を呼んでいますが、中国には、パンダ・パンダ・パンダ!パンダづくしのパンダ天国な施設があります。パンダ好きの人も...

この記事を書いたトラベルライター

インドでIT企業に勤めていたバックパッカー
タイのバンコク留学や、インドのチェンナイ駐在を経験した通訳案内士登録者です。
自分が行って良かった場所について書いてます!

ASEANは全10カ国に行きました!
それぞれの国の魅力、語れます😃
https://zipanger777.com

観光地ではない【真の中華街】池袋北口を1時間で手軽に散策!

日本の中華街(チャイナタウン)と言えば、日本三大中華街の、①横浜中華街、②神戸南京町、③長崎新地中華街、が有名ですよね? こちら、もちろんれっきとした中華街なの...


【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...


バンコクから2時間!日帰り旅行OKなカンチャナブリで外せない3つのこと

カンチャナブリという街をご存知でしょうか? タイ・バンコクから西へ車で2~3時間の、中規模の街です。タイで最も美しいと評判の滝や、第二次世界大戦中に旧日本軍がタ...

真の理想郷??南インド・オーロヴィルで人生観が変わるかも

「理想郷」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか? 「理想郷」での暮らしは喜びに満ち溢れ、毎日幸せな日々を送ることができそうですね。そんな「理想郷」と呼ば...

今ドキ北京っ子はここに行く!グルメもお土産選びも外さない北京・若者の街5選

中国の首都北京は、言わずと知れた万里の長城や故宮(紫禁城)といった世界遺産で有名な観光都市でもあります。そんな北京ですが、東京の人たちが東京タワーや浅草ではなく...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります