フランス
フランス観光
多くの人が憧れる世界トップクラスの観光大国

パリから電車で一時間!ノルマンディー地方、ルーアンを旅して

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:4ヶ国

2019年5月20日更新

20,759view

お気に入り

写真:ムラサキ

旧ノルマンディー公国の首都だったルーアン。パリと同じく町の中心にはセーヌ川が流れ、水運の拠点として栄えた町は今でも随所に当時の姿を留めています。また百年戦争で活躍したジャンヌ・ダルクが最期を迎えた地として彼女にまつわる建物も数多く、彼女の名前を冠した教会や美術館も存在します。今回はパリから日帰り可能なこの町の見逃せない観光スポットをご紹介します。

この記事の目次表示

ルーアンてどんなところ?

  • 写真:ムラサキ

フランス北西部、イギリスを臨む海に面したノルマンディー地方。モン・サン・ミシェルやサン・マロ、ル・アーブルなど有名な観光地を有するこの地方の首府圏であるセーヌ=マリティーム県の県庁所在地です。

ノルマンディー地方は印象派発祥の地と言われ、クロード・モネを始め様々な印象派画家がルーアンでも作品を残しています。パリのサン・ラザール(Saint Lazare)駅からSNCFで1時間、チケット代も早めに予約すれば最安値往復20€(約2,400円)で購入することが出来る為、パリなどの近郊都市からの日帰り観光客にも人気のスポットです。

見所スポット

町のシンボル、大時計台

ルーアン市内の最寄駅ルーアン・リヴ・ドロワット(Rouen rive droite)駅に着けば、目の前に真っ直ぐ伸びるジャンヌダルク通り。道の名前からしてさすがジャンヌダルク所縁の地です。

10分程歩きPalais de Justiceと呼ばれる裁判所を抜けた先にあるのがRue du Gros Horloge、その名も大時計通り。この通りに入ってくると見えてくるのがルーアンの旧市街の街並み。

  • 写真:ムラサキ

木骨組みで可愛らしいカラーの家々が立ち並ぶ眺めはまさにフォトジェニック!そしてその通りを左に曲がるとまもなく出迎えてくれるのが、この町のシンボルとも言える大時計台です。

  • 写真:ムラサキ

文字盤に散りばめられた金色の星の装飾が美しく、その足元には大理石の肖像群が並びます。大時計の中は有料(7.5€、約960円)ですが見学が可能です。ハイシーズンとオフシーズンで営業時間が変わりますので要注意。

大時計台
フランス / 観光名所
住所:Rue du Gros Horloge, 76000 Rouen, フランス地図で見る
Web:http://www.rouentourisme.com/monuments/le-gros-hor...

見応えたっぷりの教会

ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Rouen)

尖塔の高さは何とフランス随一の151m!全体像を撮影するには広角レンズが必須です。フランスゴシック建築の最高峰のひとつとも呼ばれ、外観を埋め尽くす肖像群、内観の素晴らしいステンドグラスは必見です。

  • 写真:ムラサキノートルダム大聖堂

しゃがんで撮影してもこの通り。

  • 写真:ムラサキ

教会の奥には悲しげに祈るジャンヌダルクの像も

ルーアン・ノートルダム大聖堂
フランス / 社寺・教会 / 教会
住所:Place de la Cathédrale, 76000 Rouen, フランス地図で見る
Web:http://www.cathedrale-rouen.net/

サン・マクルー教会(Église Saint-Maclou)

ノートルダム大聖堂のさらに奥、カテドラル広場からサン=ロマン通りを抜けたところにサン・マクルー教会はあります。大聖堂に比べれば小さいですが、こちらはルネサンス様式の尖塔やステンドグラスにまた違った味わいがあります。

  • 写真:ムラサキサン・マクルー教会

こちらの教会は基本的に土〜月しか入ることが出来ません。また10時〜12時と14時〜17時半 or 18時(季節により変動)と空いている時間も限られています。

サン・マクルー教会
フランス / 社寺・教会 / 教会
住所:7 Place Barthélémy, 76000 Rouen, フランス地図で見る
Web:https://www.rouen.fr/eglise-saint-maclou

印象派の作品を多数所蔵 ルーアン美術館

印象派発祥の地とされるノルマンディー地方、中でもその首府圏に在するルーアン美術館では数多くの印象派作品を所蔵しています。もちろん季節毎で展示会もありますので訪問の際は是非そちらも合わせて確認してみてください。2017年9月11日まではピカソ展が開催中

  • 写真:ムラサキルーアン美術館
  • 2017年9月11日まではピカソ展が開催中。
ルーアン美術館
フランス / 博物館・美術館 / 美術館
住所:Espl. Marcel Duchamp, 76000 Rouen, フランス地図で見る
Web:http://mbarouen.fr/fr

次のページを読む

フランスの旅行予約はこちら

フランスのパッケージツアーを探す

フランスのホテルを探す

フランスの航空券を探す

フランスの現地アクティビティを探す

フランスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ヨーロッパの人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

ローマのコロッセオやパリのエッフェル塔などのヨーロッパの観光名所の中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行ってい...


ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP30!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城などヨーロッパの城・宮殿の中から、トリップノートの6万3千人の旅好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行って...

諸説あり!世界三大美術館・世界四大美術館(博物館)に数えられる有名美術館・博物館を一挙紹介

実はいつ、誰が言い始めたのか定かでない「世界三大美術館」に「世界四大美術館(博物館)」。そのためその候補も諸説ありますが、この記事では候補として挙げられることの...

ヨーロッパ・世界遺産の美しい街並み10選!

ヨーロッパの旧市街は、中世の美しい街並みを保持しているところが多く、世界遺産に登録されている地区も多数あります。今回は、美しいヨーロッパの世界遺産の街を厳選して...

世界の人気美術館TOP10!旅行好きが行っている美術館ランキング

世界各国に数多ある美術館の中から、トリップノートの4万人の旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が実際に行っている世界の人気美術館ランキングTOP10をご...

この記事を書いたトラベルライター

TRY before THINK !
2017年から一年間、憧れのパリの地で食べ歩き・飲み歩き・美術館巡りを満喫したワーホリライターです。
暮らしてみたからこそ知っている隠れスポット、オススメグルメ、話題のアクティビティなど旬な情報をお伝えしていきます。

皆さんの旅が実りあるものになることを願って!
Bon voyage !
http://misojo-giliholi.hatenablog.com/

本当は内緒にしておきたい!パリのバー&レストラン6選

パリといえば街中に溢れるオシャレなカフェやレストランに目が行きがち。せっかく訪れるのだから有名店や贅沢フレンチを楽しみたくなるのも当然です。勿論それもオススメの...


【神戸】密かな人気店!ヒシミツ醤油 磯上出張所の美味しいご飯

三宮の喧騒から少し離れた磯上にあるビルの一階に2018年12月オープンした「ヒシミツ醤油 磯上出張所」。16席ほどの店内はいつもお客さんでいっぱいです。人気の理...


実は激戦区!パリのイマドキラーメン屋事情

パリと聞いて「ラーメン屋?」と思う方も多いはず。そうなんです、パリではここ数年でラーメン屋が急増中。特にアジア系のレストランが軒を連ねるオペラ・ピラミッド周辺で...

【フランス】まさに絵画の世界!ジヴェルニーのモネの家を訪ねて

ノルマンディー地方の小さな町ジヴェルニー。モネの大作『睡蓮』のモデルとなった庭はあまりにも有名。絵画の世界をそのまま目に映すことができる、まさにおとぎの世界。幻...

パリのアウトレット・La Vallée Villageを楽しもう!

ファッションの街・パリに来たらやはり楽しみたいのがショッピング!シャンゼリゼやサントノーレの有名ブティック巡り、サン・ジェルマン・デ・プレやマレ地区でセレクトシ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でフランスの音声ガイドを聴く

フランスの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります